★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★ 最新KIZZ 情報!! (09/02/02 更新)
★     
★   『 お知らせ~ [KIZZ]は活動停止します ~ 』
★     
★   kizz_armyでございます。

★   約7年半に渡り、ご愛顧いただきました
★   KISSトリビュートバンド 【KIZZ】ですが、
★   2008年末を持って、活動を停止する事になりました。

★   既にライブも決定している中での決断だったため、
★   関係各位には多大なるご迷惑を
★   お掛けしたことを改めてお詫び申し上げます。
★   
★   まさに、「語りつくせば尽きないけれど…」と
★   言った思いではありますが、
★   またいつの日か、違った形になるかもしれませんが、
★   なんらかの形でみなさまとお会いできる日が来る事を
★   ちょっと期待して…

★   ほんとうにいままでありがとうございました。
★   皆様の KISSライフが 更に充実する事を願いまして…


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

《ニュース!!》
   『KIZZ』の出演している映画がありました!
   タイトルは「スペースポリス」

   詳細は該当記事にて…
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

≪クイックリンクコーナー≫
【KISS トリビュートバンド [KIZZ]】 ホームページへ…
【Charトリビュートバンド[Smoky]】Blogへ…
kizz_armyへのメールはkizz_army@hotmail.comまで…
「kizz_army」のジャンル別Blogリンク!!
興味のあるジャンルのタイトルをクリック!! (^^)

== フォトリーディング&マインドマップ活用の読書記録 ==
<< 知識増量堂 ブックセンター >>

==世界遺産を見たぁ~~~~いい!!==
≪ 世界遺産に魅せられて… ≫

==日常を向上させるヒントや情報のBlog==
≪ 日 常 向 上 旅 団 ≫

==映画鑑賞専用Blog==
≪シネ、シネ、シネマ団≫

==コンサートや、観劇、スポーツ観戦のBlog==
≪鑑賞、観戦、観劇…やっぱり生がいい≫

==テレビ観賞専用Blog==
≪テレビっこ、世にはばからせていただきます。≫

==食べ物の情報、食い物屋の情報等のBlog==
≪マスタ! おまかせでお願い!≫

==きれいな日本語を話したい! って事でそのまんま!==
《きれいな日本語を話したい!》

『仮面ライダー カブト(後編)』
ってわけで、昨日の続きです。(^^;


そうよ!
「仮面ライダー カブト」の何処がおもしろいのよ?!
ってはなしね。


○「ワーム」


今回の仮面ライダーは「昆虫」って部分をかなり意識しているみたいで、
敵の名前は「ワーム」

最大の特徴は「脱皮」する所ね。(^_-)
蛹の時は、みんな同じ容姿なんだけど、
一度(ひとたび)脱皮するってぇと、すげぇのが出て来るんだ…

なにがすげぇって、「絶対に、一体百万単位の金がかかってるんじゃねぇの?」
って言う、造形のすばらしさ、デザインのすばらしさね。
迫力が違うわ!

時には、そんな凄いのが数体(数匹?)出て来るんだから、
「一体、いくらかかってるんだよぉ!!」
ってなもんよ(^^;

一週でやられちゃうのは、あまりに惜しい!!

しかも、戦闘シーンなんてめまぐるしいからねぇ

「もっとよく見せろよ!!」 って言いたくなるのもわかるでしょ?(^^;


○「Masked Rider System(マスクド・ライダー・システム)」

「ライダーにならなければならなかったカルマ」
ってのが、好きです(^^)

初代のライダーは、ショッカーに無理やり改造されてしまった悲哀のライダーでした。
たまたま「変身ベルト」を身につける事になってしまったライダーもいました。
そこには、通常の科学を超えた何かがありました。

でも、今回のライダーは完全に「人間が作ったシステム」によって変身します。
(実はもっと深い何かが隠されている可能性もありますが)

それって、イマイチ好きじゃないんだよねぇ~~(^^;

なんか、ロボットっぽくてさぁ~
なんか、モビルスーツっぽくてさぁ~

「生体」が「変化」するわけじゃないじゃん?
なんか「着てる」って感じじゃん?
そこが好きになれない…

なんだけどぉ~~~~~(^^;
「カブト」の場合、そういうのが全部吹っ飛ぶくらいかっこいい!
やっぱり造形がいい!

機械っぽさが、いい方にでてると思うのよ!


○「ZECT(ゼクト)」


対ワームの為に作られた秘密組織らしい…
もともと、その組織が「ライダー・システム」を開発したらしいんだよね。

平成ライダーだと、結構「警察機構の異形のモノに対する対応」ってのも
リアル感があってよかったんだけど、今回のは「戦隊モノ」にも
通じる「敵と戦う組織」
ってのが最初からある。

「ライダー少年隊」とは明らかにレベルが違うちゃんとした組織ね。

でもって、「ワームを倒す」と言う共通目的があるにもかかわらず、
微妙に「カブト」と対峙する形になってるんだよね。

これが、「ライバル登場!」みたいで、話をおもしろくしてる。


○「ゼクター」


変身のキーになる何処からともなくあらわれる「カブト型」の
アダプターみたいなヤツ…

これを、変身ベルトに組み込むことで変身するんだけど…

こういう小道具って「必要不可欠」

だって、今の技術だったらほとんど劇中で使ってるのと同じ様なモノを
おもちゃとして発売できる…(^^;

「超人 バロム1」の「ボップ」なんてのは、いい例…
あれのおもちゃは、当時からの憧れ…

ウルトラマンシリーズの変身小道具も同じだけど、
どこからともなく飛んでくる「カブトムシ型」ってのがいいよね。

でもって、一応変身できる人間を選ぶらしいんだよね。
逆に言うと、「ゼクター」に選ばれた人間じゃないと変身できないわけさ!


○「キャスト・オフ」


まんま「脱皮」の意味らしい…(^^;
「ワーム」が脱皮するんだから、ライダーも脱皮する…
これ、自然の摂理… (^^)v

まぁ、蛹から成虫になるってことやね。

とするとぉ?

そ・し・た・ら・ぁ?

そうよね、「イナズマン」よね?(^^;

元祖、蛹から成虫になるヒーローものよん♪

で、単に強くなるだけじゃなくて、一番の目的は「クロックアップ」
これがまぁ、魅力的なアイテムなんだよね。後で書くけど…(^^;

しかも、脱皮するたびに、それまでのメタルスーツみたいなのが
いっつも剥がれ落ちると言う、「物質保存の法則」
全く無視したようなシステムが 痺れる… (^^)



○「クロック・アップ」


もともと「ワーム」が使う技…
人間の目には止まらない程のスピードで活動できる。
「サイボーグ009」の加速装置みたいなヤツよね。

これに対抗する為に「ライダー」も「クロック・アップ」できる。

まぁ、説明だけだと「ふぅ~~ん」で終わるんだけど、
これを実際に映像にするところがすごい!

周りの景色はすべてスローモーションで動かして、
戦っている「ワーム」と「ライダー」だけ通常の速度で映し出す。

まわりにいるたくさんの人、車、電車…

全てをスローモーションにしておいて、一部だけを通常スピード…

合成やら、CGやらを使ってるんだろうけど、
毎週毎週、まぁ~~~~~~~手間のかかる事をする道を選んだもんだ!

その映像のこだわり方が、感動を誘う!(^^)いい仕事してまっせ!

現実世界なんだけど、異空間を演出できるなかなかの手法…

走る車の上で戦った時は、拍手! 喝采!
スタンディングオベーションしてしまいました。

もともと、ウルトラマンモドキで作られた「グリッドマン」とか
「仮面ライダー 龍騎」あたりは、完全に違う世界での戦いに
なってたんだよね。これは映画「マトリックス」もそうなんだけど、
これやっちゃうと「なんでもあり」になって、逆につまらん(--;

そのハザマをうまくつかえる「クロック・アップ」は秀逸!



○「ライダーキック」


お馴染み「ライダーキック」なんだけど、
これも「ライダーシステム」の機能の一部に過ぎない…

結構機械的なんだよね(^^;

しかも、「ワン!」「ツゥー!」「スリー!」とボタンを押しながら
準備せにゃならん…

最初は「なんだそれ!」って思ったけど、実はこれがはまる(^^;

カウントするってのは、あれだね、

「期待度アップ&じらし効果」

ってのがあるみたいだね。

「くるぞくるぞくるぞぉ~~~~~!!」ってやつね。

突然繰り出されるより、意識して待つ分の心理的効果があるみたいだね。

あれもそうだよ! 「サンダーバード」!

オープニングのカウントダウンあるじゃん!
あれも、もろにその効果を受けて、うちらの脳髄がやられちゃってるんだね。



○「もう一人のライダー」


もともと「カブト」自体、「ZECT」によって作られたシステム。
同じ様なシステムがもうひとつあって、もう一人のライダーが登場するのよ。

複数のライダーが登場するのもほんと好きじゃないんだけど、
今の所一人だけだし、「カブト」を凌駕するような「こだわりの造形」
全てを許す方向に行ってしまっている(^^;

「仮面ライダー ザビー」って言うんだけどさぁ~

まぁ、「蜂」なんだわ… すげぇ~ 蜂なんだわ…

「蜂」だっていうこだわりがたまらないんだわ…

こっちが主役でも違和感なかったかもよぉ? ってな位に…

「カブト」の「ゼクター」が「カブトムシ型」なら
「ザビー」の「ゼクター」は「ハチ型」…

どこからともなく、「ブ~~~~~ン」って飛んでくるのさ(^^)

必殺技が「ライダースティング」

初めて名前が出たときから…

「うぉぉ スティングだってよぉ~ 刺すのかよ! 刺すのかよぉ~~」
「うゎ~~~、 刺したぁ~~~~~~~!!!」

ってな、感じだったからね。(^^)


○「ハイビジョンカメラ&カメラワーク」


平成ライダーになってからは全てが「ハイビジョン撮影」なんだよね。

これが何を意味するかわかりまっかぁ?

そう、「造形ものに一切の手抜きができない」って事よ。

妙に薄汚れていたり…
いかにも「ウレタンです」って質感があったり…
ファスナーが見えていたり…
補修の後があったり…
肌が見えていたり…

そういうのは、一切許しませんからねっ!

なもんだから、ライダースーツなんか見て御覧なさいよ…

まぁ~~~~~~~、いっつもピッカピカッ!

「ワーム」だって一切のインチキっぽさを排除!

日本の特撮伝統「着ぐるみ」TV番組での、このクオリティの高さはすごいよね!

でもって、又カメラワークがいい!

「おぉ~ そこから撮るぅ?」みたいな…
「そのアングル使いますか?」みたいな…
「そこまでこだわりますか?」みたいな…
「そのカメラの切り替えは迫力を増しますね」みたいな…

前出の「クロック・アップ」を含めて、ハリウッド映画にまったく
引けを取るとは思えない出来になっているわけですね。


○「ノスタルジーはありません」


最近は「ウルトラマンシリーズ」「お父さんも一緒に楽しめる」なんて
事を謳い文句に、むかしの怪獣だしたり、昔の出演者を出したり…
それはそれで楽しめるわけですが、「単なるノスタルジー」
言われてしまえば、なかなか返す言葉がなかったりして…(^^;

ところが、「仮面ライダー」の方は、そういう「単なるノスタルジー」は
全く排除した所で、「大人の鑑賞」に堪えられる作品作りをしておるわけですな

「ノスタルジー」の場合は「それを知っていないければならない」と言う
大きなハンデがあるからねぇ~~


○「萌えキャラ」


この事については、毎度おなじみの「団衛門さん」のサイト
「AE~攻撃側全滅」に詳しい事が書いてあるので、
ぜひ参考にしていただきたいのですが… (^^;

いまや、いろんなジャンルのある「萌えキャラ」
たくにみ使ってくるうまさ… なんて部分もあったりしてね。

いろんな方々を虜にしてしまおうという、飽くなき挑戦!

すごいなぁ~~ と思うわけですよ。

そろそろ、「魔女っ子」もでてくるかもな… (--;


○「細かいコント」


主人公の天道のキャラをうまく使った「ミニコント」なんかも
結構ぶちかましてくれます(^^)

一番笑ったのが、なんと「豆腐料理対決!」

いきなり「美味しん坊」ですわ!(^^;

しかも、ライダー同士が「豆腐料理対決」って…

天道君も微妙に「食へのこだわり」があって、
まぁねぇ、kizz_armyと、話が合いそうな気もしてるわけですわ! ウハハ…


○「謎」


「ZECT」の開発したシステムを、なぜ主人公は使うことができるのか?

この辺りも「謎」として残しているあたりに
「はまらせられている原因」があるわけですねぇ~

なんだかさぁ~ 「ZECT」の上層部も怪しいんだよねぇ~~(^^;
なんか企んでるみたいでさぁ~

微妙な「謎」も大きな魅力なのさ…



ってなわけで、「仮面ライダー カブト」の魅力を
ちょっとだけ、ご紹介してみました。


軽い気持ちで読み始めたあなた…

とんでもない事になってしまいましたね。
心中お察しいたします。(^^;

でもまぁ、これだけ書きゃ、アタクシとしては満足(^^)

「言いたい事が言えました」ってなもんですわ…


これで、興味が出て見始めたなんて人が出たらすごいよね。
まぁ、ストーリーは今や公式サイトでも充実してますからね。
今からでも、遅くないかもよん♪



「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
[人気blogランキング]←クリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2006-03-31 09:24 | テレビ番組
<< 『 無駄な総集編 』 『仮面ライダー カブト(前編)』 >>