★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★ 最新KIZZ 情報!! (09/02/02 更新)
★     
★   『 お知らせ~ [KIZZ]は活動停止します ~ 』
★     
★   kizz_armyでございます。

★   約7年半に渡り、ご愛顧いただきました
★   KISSトリビュートバンド 【KIZZ】ですが、
★   2008年末を持って、活動を停止する事になりました。

★   既にライブも決定している中での決断だったため、
★   関係各位には多大なるご迷惑を
★   お掛けしたことを改めてお詫び申し上げます。
★   
★   まさに、「語りつくせば尽きないけれど…」と
★   言った思いではありますが、
★   またいつの日か、違った形になるかもしれませんが、
★   なんらかの形でみなさまとお会いできる日が来る事を
★   ちょっと期待して…

★   ほんとうにいままでありがとうございました。
★   皆様の KISSライフが 更に充実する事を願いまして…


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

《ニュース!!》
   『KIZZ』の出演している映画がありました!
   タイトルは「スペースポリス」

   詳細は該当記事にて…
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

≪クイックリンクコーナー≫
【KISS トリビュートバンド [KIZZ]】 ホームページへ…
【Charトリビュートバンド[Smoky]】Blogへ…
kizz_armyへのメールはkizz_army@hotmail.comまで…
「kizz_army」のジャンル別Blogリンク!!
興味のあるジャンルのタイトルをクリック!! (^^)

== フォトリーディング&マインドマップ活用の読書記録 ==
<< 知識増量堂 ブックセンター >>

==世界遺産を見たぁ~~~~いい!!==
≪ 世界遺産に魅せられて… ≫

==日常を向上させるヒントや情報のBlog==
≪ 日 常 向 上 旅 団 ≫

==映画鑑賞専用Blog==
≪シネ、シネ、シネマ団≫

==コンサートや、観劇、スポーツ観戦のBlog==
≪鑑賞、観戦、観劇…やっぱり生がいい≫

==テレビ観賞専用Blog==
≪テレビっこ、世にはばからせていただきます。≫

==食べ物の情報、食い物屋の情報等のBlog==
≪マスタ! おまかせでお願い!≫

==きれいな日本語を話したい! って事でそのまんま!==
《きれいな日本語を話したい!》

『フジテレビ 金田一耕介シリーズ 女王蜂 ('06/01/08)』
年末年始のテレビ番組ネタシリーズ!

第一弾は『 日本テレビ 「輝け 2005年 お笑いネタグランプリ」('05/12/31)』 …
第二弾は『 「Pride」 vs「K1 Dynamite 」('05/12/31)』
第三弾は『超豪華!!歌謡史決定版ザ・ヒットメーカー 作詞家・阿久悠40周年記念特別企画 ('05/12/29)』
第四弾は『フジテレビ 爆笑ヒットパレード ('06/01/01)』
第五弾は『TBS イロモネアの夜明け ('06/01/02) 』
第六弾は『TBS ザ・ドリームマッチ ('06/01/04)』


「フジテレビ 金田一耕介シリーズ 女王蜂 ('06/01/08)」


ドラマ 『稲垣版 【八つ墓村】』
ドラマ 『稲垣版 【犬神家の一族】』

に続いての、フジテレビ 稲垣版 金田一耕介シリーズの 第三弾!

「女王蜂」を持ってくるところなんざ、結局映画化されたモノで
無難なセンを狙っときましょ? って事なんでしょうか?(^^;


前回の「八つ墓村」がよかったからねぇ~~
ちょいと期待しちゃうよ!


ってな感じで、見始めたわけですが…

う~~~~ん… イマイチっすね…(^^;

あれですか、「女王蜂」は伝統的に、大道寺智子役には若干演技はこれから…
みたいな方を抜擢する風習でもあるんですかねぇ(^^;
な事言うとまた怒られるかな…(^^;;;

映画版の「女王蜂」も、「他の人が智子さんだったら…」と、
何度見ても、思わざるを得ないんですよねぇ~~

しかし、今回の智子さん…
ビジュアル的には最高じゃないっすか?
「まんま感」たっぷりじゃなぁい?(^^)

とまぁ、それは置いておいておいても、
その世界にのめり込んで、食い入る様に見るような状況にはなりませんでした。

確かに、セットとか凝ってるし雰囲気あったよねぇ~
「月琴島」をリアルに描く事に力を注いでたのもよかった。

あの崖の雰囲気… いいじゃありませんか。
地図やら、島の形をビジュアル化したものやらもOK!

あの感じを発展させると江戸川乱歩の「パノラマ島奇談」
「かなりいい感じで映像化できるんじゃないかな?」なんて思ってしまいました。
こうもりは多過ぎですが…(^^;

まあ、造っている側も充分承知してやっているでしょうから、
たっぷりと映画と比較してあげます…(^^;

やっぱり、絵図らの重厚さが足りないような気がしますよねぇ
それは、テレビvs映画の根本的な問題かもしれませんが、
それでも、造り方によっちゃぁ、映画を超えることもあるますからねぇ~

「八つ墓村」同様に「作りこみ度」は感じたものの、
「八つ墓村」を超えることは出来なかったような…

「じゃぁ、どうしたらいいのか? 」と言われると非常に難しいですけどね(^^;

金田一耕介と横溝正史の掛け合いも板についていいですよね。
あれはこのシリーズの最大のウリであり、魅力かもしれませんね。
ちゃんと、時系列的に「つづき」になっているのもいいし…
多少慣れたとは言え、今までの活躍を自慢する金田一はどうも馴染めませんが…


前回の「八つ墓村」の記事でも言ってますが、どうやらこのシリーズ
サウンドトラックには気を使っているようです。

今回も、ちゃぁ~んと月琴を使ったそのメインテーマともなるフレーズは
物悲しく、心に響くメロディでございました。

さぁ! この次はどこへ行くのでしょうか?

この造り込みが好きなスタッフの事を考えますと、

「迷路荘の惨劇」、「獄門島」あたりが妥当ですが、
どっちも上川隆也版金田一がやっちゃってるんだよなぁ~
時系列は無視して「本陣殺人事件」か!

「悪魔の手毬唄」はやめてねぇ~~(^^;


「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
[人気blogランキング]←クリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2006-01-10 13:19 | 金田一耕助シリーズ
<< 『 フジテレビ 古畑任三郎 F... 『TBS ザ・ドリームマッチ ... >>