★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★ 最新KIZZ 情報!! (09/02/02 更新)
★     
★   『 お知らせ~ [KIZZ]は活動停止します ~ 』
★     
★   kizz_armyでございます。

★   約7年半に渡り、ご愛顧いただきました
★   KISSトリビュートバンド 【KIZZ】ですが、
★   2008年末を持って、活動を停止する事になりました。

★   既にライブも決定している中での決断だったため、
★   関係各位には多大なるご迷惑を
★   お掛けしたことを改めてお詫び申し上げます。
★   
★   まさに、「語りつくせば尽きないけれど…」と
★   言った思いではありますが、
★   またいつの日か、違った形になるかもしれませんが、
★   なんらかの形でみなさまとお会いできる日が来る事を
★   ちょっと期待して…

★   ほんとうにいままでありがとうございました。
★   皆様の KISSライフが 更に充実する事を願いまして…


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

《ニュース!!》
   『KIZZ』の出演している映画がありました!
   タイトルは「スペースポリス」

   詳細は該当記事にて…
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

≪クイックリンクコーナー≫
【KISS トリビュートバンド [KIZZ]】 ホームページへ…
【Charトリビュートバンド[Smoky]】Blogへ…
kizz_armyへのメールはkizz_army@hotmail.comまで…
「kizz_army」のジャンル別Blogリンク!!
興味のあるジャンルのタイトルをクリック!! (^^)

== フォトリーディング&マインドマップ活用の読書記録 ==
<< 知識増量堂 ブックセンター >>

==世界遺産を見たぁ~~~~いい!!==
≪ 世界遺産に魅せられて… ≫

==日常を向上させるヒントや情報のBlog==
≪ 日 常 向 上 旅 団 ≫

==映画鑑賞専用Blog==
≪シネ、シネ、シネマ団≫

==コンサートや、観劇、スポーツ観戦のBlog==
≪鑑賞、観戦、観劇…やっぱり生がいい≫

==テレビ観賞専用Blog==
≪テレビっこ、世にはばからせていただきます。≫

==食べ物の情報、食い物屋の情報等のBlog==
≪マスタ! おまかせでお願い!≫

==きれいな日本語を話したい! って事でそのまんま!==
《きれいな日本語を話したい!》

『オリジナリティの限界 Part6(最後にトリビュートバンド)』
ここまでの経過は以下の記事をこそぉ~~りと覗いて見てくだされ…(^^)

『オリジナリティの限界 (オマージュ?orパクリ?) Part1』
『オリジナリティの限界 (オマージュ?orパクリ?) Part2』
『オリジナリティの限界 (オマージュ?orパクリ?) Part3』
『オリジナリティの限界 Part4 (いいモノはやっぱりいい!)』
『オリジナリティの限界 Part5 (そして聖飢魔Ⅱへ…)』


ってわけで、今のこの時代、ほんとうのオリジナルってのは非常に創作しづらい
時代になってしまったんではないでしょうかねぇ~

そう考えると、どうも○っ○はタイミング悪く「槍玉に挙がった感」
拭いきれません(^^;(別に盗作行為を庇護するわけではありませんが…)

突き詰めていきますってぇと、若干高尚なイメージのある

「クラッシクの演奏会」

これだって、乱暴な言い方をすれば、人の作ったものを演奏しているだけですから、
オーケストラ自体、カバーバンド、コピーバンドの類なわけですよね(^^;

しかも!著作権問題はほとんどフリー!!こりゃいいやね(^^)


よく、トリビュートバンドやコピーバンドへの批判批評として
時々聞くものに、

「他人のふんどしで相撲とってるだけ」

なんてのがあります。

でもね、上で言ってるいるようにクラシックコンサートだって
同じ様なもんなんですよ(^^;

つまり!


ちゃんとした「トリビュートバンドのイベント」は
「ロックのクラシックコンサート」を開いている様なモノ!!


なんですよ!

ウハハハハ…いや、そりゃ異論もあるでしょう(^^;
名のあるオーケストラで演奏されているプレイヤーの方なんて
それこそ、世界的に才能のある方たちばかりですからね。
イッショクタにしたら怒られます。

でもね、クラシックのコンサートになんで行くんでしょうか?
一番の醍醐味は、「過去の偉人達による作品を生で聞けるから」でしょ?

そこには、多少の独自の解釈やらが絡むのでしょうが、
それは
「オマージュ」であり
「リスペクト」であり
「トリビュート」なわけですよ

同じです、、、(^^)

そういう観点から言ったら、
フジコ・ヘミングウェイさんなんて、リストやショパンの
トリビュートバンド(バンドじゃないですが(^^;)だかんね!


青春時代に傾倒したあのバンドの名作が、
質のいい演奏で、
生音で、
目の前で繰り広げられれば、
単純に感動するんですよ!

えぇえぇ!
イントロが始まった瞬間目頭が熱くなる思いは何度もしましたよ!

そりゃ、バンドやりたいからとりあえずコピーバンド始めました
なんてレベルだと少々話しは違いますがね…(^^;


「出尽くした感」のある今、多少の「オリジナリティの限界」も感じます。
その中でたまに出て来る本当のオリジナリティはすばらしい!!
(音楽に限らずね)

でも、過去のすばらしい作品だって「イイモノはいい!」
ちゃんと語り継がなきゃあかん!

この二つの路線でいきましょうや!(^^;
って事で…(^^;;;

しかし…
「ごくせん」から始まって、最後は「トリビュートバンドで終わる…
我ながら出来すぎだな…ウハハハハハハハ…


あ、そうそう、「ごくせん」の主題歌だか、エンディングテーマだか…
TOKIOのJR CMソング「be ambitious」に似てないか?

どうしても、途中で「♪ びぃ~~あんびしゃぁ~~す♪」
と歌ってしまうぞ(^^;


「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
[人気blogランキング]←クリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2005-03-09 09:42 | 音楽
<< 『M.I.Q (Money I... 『オリジナリティの限界 Par... >>