★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★ 最新KIZZ 情報!! (09/02/02 更新)
★     
★   『 お知らせ~ [KIZZ]は活動停止します ~ 』
★     
★   kizz_armyでございます。

★   約7年半に渡り、ご愛顧いただきました
★   KISSトリビュートバンド 【KIZZ】ですが、
★   2008年末を持って、活動を停止する事になりました。

★   既にライブも決定している中での決断だったため、
★   関係各位には多大なるご迷惑を
★   お掛けしたことを改めてお詫び申し上げます。
★   
★   まさに、「語りつくせば尽きないけれど…」と
★   言った思いではありますが、
★   またいつの日か、違った形になるかもしれませんが、
★   なんらかの形でみなさまとお会いできる日が来る事を
★   ちょっと期待して…

★   ほんとうにいままでありがとうございました。
★   皆様の KISSライフが 更に充実する事を願いまして…


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

《ニュース!!》
   『KIZZ』の出演している映画がありました!
   タイトルは「スペースポリス」

   詳細は該当記事にて…
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

≪クイックリンクコーナー≫
【KISS トリビュートバンド [KIZZ]】 ホームページへ…
【Charトリビュートバンド[Smoky]】Blogへ…
kizz_armyへのメールはkizz_army@hotmail.comまで…
「kizz_army」のジャンル別Blogリンク!!
興味のあるジャンルのタイトルをクリック!! (^^)

== フォトリーディング&マインドマップ活用の読書記録 ==
<< 知識増量堂 ブックセンター >>

==世界遺産を見たぁ~~~~いい!!==
≪ 世界遺産に魅せられて… ≫

==日常を向上させるヒントや情報のBlog==
≪ 日 常 向 上 旅 団 ≫

==映画鑑賞専用Blog==
≪シネ、シネ、シネマ団≫

==コンサートや、観劇、スポーツ観戦のBlog==
≪鑑賞、観戦、観劇…やっぱり生がいい≫

==テレビ観賞専用Blog==
≪テレビっこ、世にはばからせていただきます。≫

==食べ物の情報、食い物屋の情報等のBlog==
≪マスタ! おまかせでお願い!≫

==きれいな日本語を話したい! って事でそのまんま!==
《きれいな日本語を話したい!》

映画『中尾彬版【本陣殺人事件】』
まぁ、タイムリーっちゃぁタイムリーなんだわなぁ~~

先日の「稲垣版 八つ墓村」もまだ記憶に新しいこの時期に、
スカパーでは、「24時間 まるごと金田一」なる企画を
やってくれちゃったりなんかしちゃったり…(^^;

そのラインナップは…

 本陣殺人事件 1975年 
 獄門島 1977年 
 八つ墓村 1996年
 犬神家の一族 1976年 
 女王蜂 1978年 
 幽霊男 1954年 
 悪魔の手毬唄〉 1977年 
 吸血蛾 1956年 
 悪霊島 1981年 
 病院坂の首縊りの家

の10本…
しかも、事件の発生順に並べられていると言う凝り様なんですな!

一連の「石坂金田一モノ」はDVDBOXなるものを持っているもんで
対象外なのですが…(ちょっと自慢?ちょっと自慢??(^^;)

「本陣殺人事件」はちょっと見てみたいなと思っておったんですよ。

この作品ほど、映像化が意味を持つ作品も少ないですよねぇ?

あのトリックをビジュアル化するってのはまじ興奮します。

TBSの古谷版「横溝正史シリーズ」での映像化を見た時には、
驚愕したもんですよ!

でまぁ、中尾版がどれくらいの仕上がりになっているのか
確認したくなっちゃったわけなんですな(^^;

ほんとはね。この企画の中に「渥美版 八つ墓村」を入れて欲しかったんですよ!

なんやかんや言っても、味があるんですよねぇ~あの作品は…
ま、それはいいや…(^^;

えっと、ご存知の方も多いとは思いますが、この「本陣殺人事件」は
更に以前に「三本指の男」ってタイトルで映画化されておるんですねぇ~

で、実は今回放送される作品はこっちだと勘違いしておりまして、
モノクロ映像だと思っていたんです(^^;

製作年を見ると、なんと「石坂版 犬神家の一族」のたった一年前に作られて
いたんですねぇ~~知りませんでした(^^;

こうやって映像化される金田一耕介が、原作通りの姿になったのは、
石坂版が初だと聞いていたので、普通の格好をした、中尾版金田一には
そんなに違和感は感じませんでしたね。

この作品はどちらかと言えば、金田一のキャラより事件の特異性、
トリックの醍醐味なんかがメインであるわけですからね。(^^)

それが当然わかっているかの如く、おどろおどろしいと言うよりは、
「不思議な感じ」、とか、「狂気」とか言う雰囲気が全体の映像に
現れているような気がします。

まぁ、それはいいのですが…

この映画ったら、餡のない饅頭のような仕上がりになっちゃってます…
う~~ん、でも、あたしったら餡より皮の方が好きだからなぁ~~

クリープを入れないコーヒーの様な仕上がりになっちゃってます。

違うな…

ミッキーのいないTDRの様な仕上がりになっちゃってます。


おぉ~~、これいいじゃん!これで行こう!!(^^)


肝心な所がないんです!!(あ、実際はちょっとあるけど…)

この作品の一番の肝…まぁ、確かに動機の異常性とかはありますけど、
やっぱりなんと言っても、トリックの謎解きでしょう??

えぇっ? 違いますか?

ついにトリックの謎に辿り着いた金田一が、それを再現する所が
一番の見所じゃないんじゃないんですかぁ~~~!!!

それがありきで、動機の異常性やらなんやらが明らかにされていくってのが
この作品の醍醐味じゃないんですかぁ~~???

ハァハァ、ぜぇぜぇ~~…すいません、大きな声を出してしまいました…

おかげで、ぶちきれそうでしたよ(^^;
原作でのこの辺りの順序的なものは忘れてしまいましたが、
映像にするならやっぱりねぇ~~そこが肝要かと…

って事で、キャストとかもそれなりに良かったし、雰囲気も出ていたのに、
とっても残念な事になってしまいました。

う~~~ん、残念!


「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
ここをクリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2004-11-04 11:59 | 金田一耕助シリーズ
<< 『【あるあるある!】又は【そう... 漫画「ONE OUTS」 >>