★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★ 最新KIZZ 情報!! (09/02/02 更新)
★     
★   『 お知らせ~ [KIZZ]は活動停止します ~ 』
★     
★   kizz_armyでございます。

★   約7年半に渡り、ご愛顧いただきました
★   KISSトリビュートバンド 【KIZZ】ですが、
★   2008年末を持って、活動を停止する事になりました。

★   既にライブも決定している中での決断だったため、
★   関係各位には多大なるご迷惑を
★   お掛けしたことを改めてお詫び申し上げます。
★   
★   まさに、「語りつくせば尽きないけれど…」と
★   言った思いではありますが、
★   またいつの日か、違った形になるかもしれませんが、
★   なんらかの形でみなさまとお会いできる日が来る事を
★   ちょっと期待して…

★   ほんとうにいままでありがとうございました。
★   皆様の KISSライフが 更に充実する事を願いまして…


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

《ニュース!!》
   『KIZZ』の出演している映画がありました!
   タイトルは「スペースポリス」

   詳細は該当記事にて…
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

≪クイックリンクコーナー≫
【KISS トリビュートバンド [KIZZ]】 ホームページへ…
【Charトリビュートバンド[Smoky]】Blogへ…
kizz_armyへのメールはkizz_army@hotmail.comまで…
「kizz_army」のジャンル別Blogリンク!!
興味のあるジャンルのタイトルをクリック!! (^^)

== フォトリーディング&マインドマップ活用の読書記録 ==
<< 知識増量堂 ブックセンター >>

==世界遺産を見たぁ~~~~いい!!==
≪ 世界遺産に魅せられて… ≫

==日常を向上させるヒントや情報のBlog==
≪ 日 常 向 上 旅 団 ≫

==映画鑑賞専用Blog==
≪シネ、シネ、シネマ団≫

==コンサートや、観劇、スポーツ観戦のBlog==
≪鑑賞、観戦、観劇…やっぱり生がいい≫

==テレビ観賞専用Blog==
≪テレビっこ、世にはばからせていただきます。≫

==食べ物の情報、食い物屋の情報等のBlog==
≪マスタ! おまかせでお願い!≫

==きれいな日本語を話したい! って事でそのまんま!==
《きれいな日本語を話したい!》

<   2007年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧
『 藤崎マーケット 』
さってと…
久々にお笑いネタです。

「M-1」「R-1」と大きなイベントも終わり、
若干お笑い界も、平静を感じられる今日この頃ですが
いかがお過ごしでしょうか?(^^;

ここ4、5年ですかねぇ~
「お笑いブーム」なんて言われて、
その真っ只中に「若手」と言われた人たちも
すっかり、「冠番組」を持つ位置に…

なもんだから!

某国営放送の割と良心的なお笑い番組、

「お笑い オンエアバトル」

も、一時に比べると全体的なレベルがかなり落ちた様な
気がするわけなんですよ(--;

「なんで、これでオンエアーなんだよぉ!!(ーーメ 」

なんて、叫んでしまうこともしばしば…

上位組と下位組の点数の差が、以前に比べて随分大きいような気もする…

「こんな所にも格差社会が!!!」

てなかんじですわなぁ

そんな中、久々に注目株を発見!!
それが、

「藤崎マーケット」

でございます。
タイトル読んだだけでは、
「どこのスーパーマーケット?」
なんて、思わず思ってしまった方も多いのでは? ウハハハ…

調べてみますと、コンビを結成して1年ちょっとらしいのですが、
アタシャ初めて見たのね。

でもって、はまった! (^^)

あぁ~~~~~、もう今週は、頭の中で、
ずぅ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~っと…

♪ ラ、ララ、ライッ♪
♪ ラ、ララ、ライッ♪
♪ ラ、ララ、ライッ♪ ライッ♪ ライッ♪

と、鳴り響いてるんですわ!

いやね、このコンビのネタで
「ラ、ラ、ラ、ライ体操」
ってのがあってね。

まぁ、耳に残ること残ること…
でもって、ネタ自体、内容自体おもろいんだわさ!

笑いっぱなしでした!!

なんかしらんが、みょぉ~~~に、ネタがこなれてるんだよねぇ
ベテランの風格さえ漂う…(^^;

危なっかしいところとか、もどかしいところがない…
見た瞬間にその世界にどっぷりと引きずり込まれる…

すぐさま、保存用DVDにダビングしました。

でもって、何回も見てる… (^^)アハハハ…

そうするとね、まず、すぐに歌いたくなるわけだ!
一緒になって…

♪ ラ、ララ、ライッ♪
♪ ラ、ララ、ライッ♪
♪ ラ、ララ、ライッ♪ ライッ♪ ライッ♪

って、大きな声で歌ってる…

でもって次に、一緒に体操やりたくなる…


・ちょっとこっぱずかしい気もするけど、
・いてもたってもいられなくなって…
・すくっと立ち上がり…
・歌いながら、一緒に体操しはじめる…


でもねぇ~これが実は割りと難しかったりして…(^^;
最初は妙にぎこちない…
そして、慣れてくると、異常に
たのすぅいぃ~~~~~~~~~~~!!
(^^)/

しかし、ここである事を悟るんですな…
この体操、想像以上にものすごぉ~~~くエネルギーを消耗するんですわ!
すぐに、

(*´д`*)ハァハァ (;´Д`)ハァハァ (*´Д`)ハァハァ (;´Д`)l

ってか、そこに行くまで続かないから…(^^;

あの人たちゃ凄い体力だわ!!

まぁ、見るからにいい体してるけどね。(^^)

あとねぇ、右側の藤原さんの表情がいいんだよねぇ~ いい顔するんだこれが…

一気に火がつく予感が、ひしひしと…(^^;

残念ながら、今メインの活動場所は「baseよしもと」みたいなんで
そうそう簡単には見られないのですが…
ですが…

そうなんだよねぇ~ 今ったらさぁ~
「ようつべ」なんて便利なものがあるじゃない?(^^;
しっかりと、映像あるみたいです。

興味のある方は、ぜひ探してみてくださいな…(^^)

でもって、一緒に体操しちゃいましょう!!

次回の「KIZZ ライブ」では、この体操をみんなでやる時間を
特別に設けようと思っています。(大嘘)

ざっとネットを見たところ、早くから目をつけてる方結構いらっしゃるのね(^^;

この微妙な乗り遅れ感がちょっと悔しい、kizz_armyでございました。ウハハ…

って事で、「藤崎マーケット」オススメデス。
[PR]
by kizz_army | 2007-04-26 09:33 | テレビ番組
『 千住 明 個展コンサート @ NHKホール 』
この記事は移動しました。


《鑑賞、観戦、観劇…やっぱり生がいい!! 》


ってブログの、


『 千住 明 個展コンサート @ NHKホール 』


一応原文も残します。
[PR]
by kizz_army | 2007-04-24 11:07 | 音楽
『 TVドラマ版 【砂の器】 & ピアノ協奏曲【宿命】 まとめ記事 』
旧掲示板版の記事を転載しております。
っていうのも、『 千住 明 個展コンサート @ NHKホール 』って記事の為ね(^^;


「宿命」 2004/03/01
------------------------------------
もうあきまへん!
息も絶え絶え…
青色吐息…

とにかくねぇ、ドキドキ感を100万倍位煽られるんですよっ!
胃のあたりがキュ~ッとなりそうです。
冷や汗なんかも出ちゃったりしてるかも…
いつ警察の手がのびるか?いつ過去がばれてしまうのか?
まったく目が離せません!
その原因となっているのが、劇中で主人公の和賀さんが作っている
「宿命」と言う曲…

そりゃね。映画化された時だって超話題作ですよ。
原作自体、有名な作品です。
おもしろくないわけがないとは思って見始めたのですが…
とんだ拾い物が「宿命」でした。

はっきり言って、今回のこのドラマの魅力…
あえてkizz_armyは言いますが、「内容40」対「音楽60」って
感じでしょうか(^^;
内容は又、ドラマネタで書こうと思っているので今回はこの「宿命」について…

って、あ、そうそう、「砂の器」の話です(^^;
興奮しすぎて、タイトルを言うの忘れてた…

音楽なんて、個人の好みがあるのはわかっていて言いますが、
この「宿命」って曲、とにかくすばらしすぎる!
いや、ほんとすばらしいです。
難しいことはわかりませんし、基ネタの曲があるのかもしれませんが、
単純にすばらしい!!(^^)

もともと、「サントラ」っていうジャンルは結構好きでして、
「サントラCD」なんてのも結構もっていますが、
最近聞いた「サントラ」系の曲では群を抜いてます(^^;

なんかのインタビューで坂本龍一さんが言っていたんですよ。
「音楽家が行き着くところは映画音楽等のサントラだ」
(単なる記憶なので間違っていたらごめんなさい)
みたいな事を…
映像つきの音楽ってのは又一味違いますよね。
でもって、いい音楽ってのは映像から離れても更にイマジネーションが
広がって二度楽しめるって感じがするんですよ。

この「宿命」って曲はドラマ自体のイメージを奏でると共に、
主人公の気持ちが見事表現されてるって感じるのは私だけでしょうか?(^^;

あぁ~~ピアノ弾ける人がうらやましい~~
これって、楽譜があったらきっと弾けると思うんですよね。
生でこの曲が聞けるなんて・・・いいなぁ~~

サントラの発売日は3/3みたいなんですよね。
早速買いに走ろうかな…

なんて思っているところへすごいニュース!

■羽田健太郎(p)&モスクワ・フィルハーモニー交響楽団
今話題のTBS系ドラマ「砂の器」で主人公が演奏する『宿命』。
この曲、実は羽田健太郎さんが弾いています!今回のモスクワ・フィルとの
共演では、この曲を羽田健太郎さん本人が、演奏する予定です!羽田さんの
ファンはもちろん、ドラマのファンの皆様!この機会をお見逃しなく!!
<大阪公演>
公演日:3/31(水)19:00
会場:フェスティバルホール【所在地:大阪府】
<東京公演>
公演日:4/2(金)19:00
会場:東京オペラシティコンサートホール【所在地:東京都】

(2004年の話です(^^;)


あぁ~~いきてぇ~~!
羽田さんと言えば「宇宙戦艦 ヤマト」やら、
「タモリの音楽は世界だ」で有名ですね。

まさか、あの羽田さんが弾いていたとは…二度びっくり!
いきたいよぉ~~~(^^;




「ドラマ 2004 新春期 終了 [砂の器]」 2004/03/29
------------------------------------


はぁ~~っ…
終わっちゃいましたね。

なんか、先週は週末が近くなると、
「このまま最終回なんてやらなきゃいいのに…」
なんて思い始めちゃいましたよ(^^;

だって、先週放送分の「宿命・最終楽章前編」が凄すぎたんだもの…
「一体、いつから撮影してたのよぉ??」と思わず叫んでしまうくらい、
四季折々のすばらしい風景が映し出されましたよね。
風景だけでも、NHKのドキュメント番組-しかもハイビジョンの-
が一本作れてしまう位の超ド級の迫力!
これだけでも、スタッフの苦労とセンス、こだわりが伺い知れると言うものです。

「世界ふしぎ発見」とかでも、各国の美しい景色とかやるけど、
なんというか、日本ってのはほんと独特の景観を持っている事を
改めて認識させてくれましたね。美しい!!
単なる迫力ある景色じゃないんだよなぁ~~
繊細とでもいえばいいのかなぁ~

更に!そこを旅する「重き宿命を背負った親子」の姿が重なると、
ただただ画面に見入ってしまうばかり…
更に2! 加えて、「宿命」がBGMで流れるわけだ!
やりすぎ!というか、できすぎ!というか(^^;
「ため息モノ」ってのはこの事ですな!

そんなわけで、その余韻がずっと尾を引いて、
最終回でこのなんとも言えない世界観が終わってしまうのが
なんとも惜しくなってきてしまったわけですよ(^^)

だからって見ないわけには行きませんからね(^^;
トラブルを防ぐために、ビデオ2台で録画しながら鑑賞させて
いただきました。アハハ…

前に書いた「宿命」では…(上の記事ね)
-------------------------------
あえてkizz_armyは言いますが、「内容40」対「音楽60」って
感じでしょうか(^^;
-------------------------------

なんて書きましたが、訂正します。
最後の2週を見た段階で、
「内容100」対「音楽100」とさせていただきます。
この相乗効果はすごいっすね!
作品全体の点数を付けたら、数倍になっちゃうんじゃないのぉ?(^^;

最終回でとにかく凄かったのは、無駄な場面、無駄なセリフ、
無駄な表情…ないのよのね。
はやい話、むだな時間がまったくなかったって感じ…

一瞬一瞬の表情の重たさ、意味…この人達上手すぎます(^^)
特に原田芳雄さんの表情、目の動きには感嘆させられました。
こんなにもすごい役者さんだったんですね。

でもって、中居君もよかったねぇ~
最後に連行される車の中でふと目を上げると飛び込んで来た、
「昭島病院刑務所」の看板に驚いたときの表情なんかはうまいっす。

ドラマの発端ともなる「村八分」ですが、kizz_armyが子供の頃なんて
-程度の程はわかりませんが-まだ実際にあった事らしいんですよ。
集団心理と言うかなんというか、普通の人達でも心の闇の部分を
あからさまに出してしまう、怖い事だと思います。
それが元凶となり子供の頃に悲惨な目にあった和賀の、その過去を
知る人物が現れたときの恐怖と言ったら言葉にできない程のものだったのでしょう!
三木さんを殺さなければならなかった気持ちもなんかわからなくもない所が
悲しさを一層深いものにしているのでしょうね。

最後の10分位のシーンは原作にも、映画にもないんだそうです。
でも、このシーンがなきゃだめじゃんねぇ?(^^:
このシーンで今までの事が全て帰結したわけでして…
「言うんだろうな…」「いつ言うんだろう…」「あぁ、でもそれ
言っちゃったら、わたし更に泣いちゃうな…」
ってみんなが思っていただろうと思われる
和賀の「とぉちゃ~ん!」のセリフ…
日本中が号泣したんでしょうな…(T_T)

終わってみれば、ダントツ1位!
いや、視聴率は関係ないです。
見た人のほとんどがそう思えるドラマだったんじゃないかなぁ~?(^^;

「それはちとおかしいでしょ?」ってな所も微細にありましたが、
すべて吹き飛びました。
このドラマのスケールのでかさは筆舌に尽くしがたいっすな!(^^)

今朝は初めて、MDにダビングした「宿命」を持って通勤して来たのですが、
「宿命」が頭の中で鳴っている時に、ちょうど満開の桜が目に入ったんですよ。
なんだかそれだけで、胸が苦しくなるような思いでした。

更に、
公式HPの掲示板の書き込みを
ちょっと読んだだけで泣けてきてしまいました。

ドラマ史に残る名作のひとつでは?
と、思ってしまったkizz_armyなのでした。(^^;


P.S.-
さて、かねてからオススメしているサントラCD「宿命」ですが、
CDの帯を送ると先着1000名に作曲者の千住 明さんの直筆
ピアノ楽譜がプレゼントされるって事だったんで、
kizz_armyも応募しちゃいました。(^^)v

実は、ちょっと出遅れたんですよ(^^;タハハハ…
応募方法の確認をサボってまして、実際に応募したときは、
「もしかしたら、もう1000名なんてとっくに行っちゃってるかもな?」
と思っていたくらいだったんです。

が!来ました!直筆楽譜!
実は一曲丸ごとだと思っていたんですが、メインテーマの所だけ…(^^;
ま、なんていうか、実用品じゃなくて装飾品、記念品の類だったんですね。
でも、ご安心を!ピアノ譜、スコア譜共に楽器屋さんに売っています。
ピアノが弾けるという羨ましい方!
自分のオーケストラで演奏しようと思っている信じられないくらい、羨ましい方!
この機会にお求めになられてはいっかがでしょうか?(^^)



「モスクワフィルハーモニー & 羽田健太郎」 2004/04/05
------------------------------------
行って来ました!

生「宿命」を聞きに…
場所は「東京オペラシティ」!
初めて行ったんですが、すごいですねぇ~ここ…(^^;

特に「ガレリア階段」という大きな階段通路は
TVドラマ等ではもう頻繁に出てくるので、
きっと一度はご覧になった事あるんじゃないですかぁ?
「仮面ライダー555」では頻繁にでてきましたよね(^^;

さて、正当な「東京オペラシティ」への辿り着き方は、
京王新線の「初台」駅から徒歩5分。
駅と直結してまして、早い話駅ビルの様になっているわけですな…

しかぁし!新宿の南口から歩いても大したことないわけですよ。
もうひとつ先の駅「笹塚」まで歩くとなると1時間位かかっちゃいますが、
「初台」だと、ほとんど新宿のエリア内って所かな…(^^)
だいたい、新宿南口から15分位ですね。

こっち方面で有名なのが「文化服装学院」!
略して「ぶんぷく」、さらに略して、「ちゃがま」(略してねぇじゃん!)
とか言われてますな(^^;

それが、久々に見てびっくら!
あれが学校なんでしょうか?近未来高層建築になっちゃってますがな…
20階だてなんだってさ!ありゃぁ学校じゃねぇよ(^^;

そんな事を思いながら、「東京オペラシティ」に到着したわけですが、
「ぶんぷく」だけでなく、このあたり一帯殆どが近未来都市の様相を
呈していたんですね。知らなかった…(--;

でもって、最終目的地のコンサートホールは3階!
エスカレーターで上がろうとすると、
そこには今丁度非難の的になっている「回転ドア」が
使用禁止の張り紙と、工事現場にある黄&黒の棒で囲われて
無残な姿をさらしておりました。 (ー人ー)

上に記したHPでコンサートホールの写真を見てもらえば
わかると思いますが、なんか変わった作りの天井ですよねぇ?
ピラミッド型!
なんでも、これが音響効果抜群らしいんですねぇ~

え?実際はどうかって?(^^)
それがですねぇ~専門的な事はわかりませんが、
なんというか、「ナチュラルショートディレイ」が心地よいんです。
更に、「ナチュラルリバーブ」が微妙に加わりまして…
ここで、重要なのが多分、反響しすぎない事だと思うんですよね。
ウワンウワン言っちゃう様なら台無しじゃないですかぁ?
きっと、吸収と反響が超、超、緻密に計算されてるんでしょうね。

パイプオルガンも常設してありまして、ほぼクラッシク専用的な
ホールですから、生音のみ!
電気的な増幅装置の類(たぐい)は基本的にはない分、
音響的な作りは技術もお金もすっごくかかってるってのが、
説明とか聞かなくてもビシビシ伝わってくるぅ~~って感じです。(^^)

席はといいますと、二階の前から3列目、ほぼど真ん中の席!
運がよかったです。(^^)

クラッシク系は、数年前に「高島ちさ子」さんのコンサートに行って依頼…
フルオーケストラとなると、相当久しぶりのライブ(笑)でした。

あぁ~~!!でも、やっぱり生はいいっすねぇ~
前半2曲、後半1曲、正味2時間弱でしたが、
クラッシクは1曲がなげぇ~~んだ(^^;
前半2曲目は車かなんかのCMで使われてたような…
その分聞きやすかったですね。

で、指揮者のユーリさんて方なんですが、まぁとにかくすごい人だってのは
当然の事ながら、なかなかのパフォーマーでして、指揮を見てるだけで
なんか楽しめちゃうんですよ(^^)
でも、演奏する人って指揮者のどこを見てるんでしょうね。(^^;
指揮者によって曲自体が変わっちゃうんでしょぉ??
う~~ん…素人にはさっぱりわからん…(^^;

さて問題の「宿命」は前半のアンコールとして演奏されました!
「砂の器」が終わった翌週に…、これだけ話題になっている「宿命」を
羽田健太郎さん本人の演奏で、しかも、バックはモスクワフィルハーモニー交響楽団…
これを生で聞けるなんて…あぁ~~なんちゅう幸せ(^^)v

隣の席も、その隣も席も、涙しておりました。
そりゃそうだよなぁ~~感動するわなぁ~~
残念なことに、半分位の長さにアレンジされていたのですが、
CDより「タメ」の効いた演奏でして、非常に心打たれました。

そうそう、しかも!しかも!な、な、なんと!
作曲者の千住 明さんも客席にいらしてまして、
羽田さんから紹介されると、帰り際にはサイン攻めにあっておられました。

クラシックを演奏する事ってのは、「究極のトリビュート」だと思うんですよ。
「クリエイターの意図をどれだけ汲んで再現するか?」って事が基本じゃないですか?
たまには独自の解釈やら、アレンジやらもあるわけですが、それってやっぱり
「カバー」って事になると思うんです。だから、その精神ってのはKIZZあたりの
トリビュートバンドにも通じるものがあるのかな?と勝手に思ったりしちゃったり
するわけなんですよねぇ~、わたくしなんぞからしてみると…(^^;

このモスクワフィルなんですが、この後フジコ・ヘミングさんとの
コンサートもやってるんですよねぇ~
あぁ~~こっちも聞きたかったなぁ~~ま、贅沢すぎますが…(^^;

さてさて、この「東京オペラシティ」ですが、デートスポットとしては
これ以上ない位に最適ではないでしょうか?
なんつっても、53F展望レストランなんてものもありまして、
クラシックのコンサートを見た後、新宿の夜景を眺めながら食事…
または、一杯…

その辺計算されていると言うか、心憎いと言うか、53Fには
レストランはもちろん、Barが2件も入ってるんですね。
まんまとはまってやるのも一興かと…(^^;

とかいいながらkizz_armyはこの日、歌舞伎町で回転寿司なんぞを
つまんでいたりして…(^^;タハハ…

なかなか至福のひと時をすごさせて頂いた、
2004年春でございました。(^^)
[PR]
by kizz_army | 2007-04-24 11:06 | テレビ番組
『 ペヤング ソースやきそば 』

「四角くって、食べやすい! ペヤング・ソースやきそば!」


うまいよねぇ~~~~(^^)/

「ペヤングソースやきそば」は、なんと!
1975年! 既に30年も前に、日本最初のカップソース焼きそばとして
発売されてるんだよねぇ~

最初食べた時は衝撃だったわ!

美味かった! (^^)
・キャベツも妙にシャキシャキだし、色もいいし…
・ひき肉みたいな肉も、ちゃんとアクセントになってるし、
・なんつったって、やっぱりソースが美味かった!
・紅ショウガの混じったふりかけもにくかった!

最初に発売したのに、あの完成度は凄いぞぉ~~~♪


「焼いてないのに【やきそば】」って有無を言わさず認知させちゃったからね!

この功績はでかいよぉ~~~?
いや、ほんとに!

ヘタしたら、「JARO」やら「公正取引委員会」が出てきても
おかしくない位のもんだからねぇ~ ウハハハ…

「やきそば風 カップ麺」なのにさ!
誰もが思っているのに、完全に定着させてしまいました!


そして、その対抗馬として大企業の「日清」が万を辞して、
その1年後に発売したのが、「UFO」なんだね。

どこかにも書いたけど、これは、
「U:うまい F:ふとい O:大きい」の略だっつうんだよね。

でね、かの日清さん、何かにつけてそれを強調して

「未確認飛行物体のUFOとは関係ない」

って言うわけさ…
だけど、あの形やパッケージからして、ぜんぜん「かけてない」って
こたぁないと思わない?

しかも! アタシらの印象としては、どうしても
「ピンクレディ」の「UFO」とリンクしちまうわけで…
あれだけ、強烈にイメージ植えつけられるCMかまされたらねぇ~(^^;

でも、調べてみると、シングル「UFO」がリリースされたのって、
1977年の年末なんだね。
「日清 UFO」の方が随分先行してたわけさ…

でもさぁ~ 1975年つったら、そりゃもう、かの「木曜スペシャル」に代表される
「超能力」やら「UFO」やらの大ブーム時期…

やっぱり、「関係ない」つったって、「はいそうですか」って訳にはいかないやね!(^^)

ここまで来たら黙ってないのが、「赤いきつね」でお馴染み
「東洋水産」(まるちゃん)でございます。

「焼きそば バゴォ~~ン」の登場となるわけです!

たしかねぇ、小柳トムがCMしてたんだよね。
今じゃ、すっかり「ブラザー トム」なんて言ってるけど、
アタシャ今でも、「小柳」だからね! 忘れないからね!(^^;

1979年に発売されたらしいけど、売れなかったんだろうね(^^;
苦肉の策だかなんだかしらんが、「中華スープ」が付いたのさ…
でもって、これをウリにして、盛んにCMしてた記憶があるのよね。

が!

この中華スープのまずさと来たら… ウハハハハ…
いやもう、「子供心」が深く傷つく位にまずかった(--;

しかも、手軽に食べられる「カップ麺」なのに、このスープを作るために
別にカップを用意しなきゃならんと言う、強制労働付…(^^;

「だから消えた」と、ずぅ~~~と思ってました(^^;

でも、あきらめなかったね、「まるちゃん」
がんばりました!

「昔ながらのソース焼きそば」にて、面目躍如!!
「からし入りマヨネーズ」のおかげで、やっと日の目をみたんですな!

でもね、アタシャあのベトベト感がどうもイマイチでして…(^^;
味濃すぎるし…(^^;

これをきっかけに「まるちゃん」がんばってます!

なんと! あの「バゴォ~ン」も、「東北・信越地方限定」ながらも
生き残ってるんですな!

最初は夏季限定だったと思う「俺の塩」は、単純にうまい!

更に、北海道地方限定「やきそば弁当」に至っては、かなりうまいらしいんですわ!

あきらめずにがんばるのってやっぱり大切なんだね。ウハハハ…

ちなみに…

一番売れてるのは「UFO」だそうです…

でもさぁ~「ペヤング」は関東地方限定なのに、「UFO」は全国区でしょ?
そりゃ仕方ないよね。

しかも! なんか「UFO」って、
「だんだん『ペヤングの味』に近づいてるだけじゃないの?」
とか思っちゃうんだけど…(^^;

やっぱり、アタシャ「ペヤング」がすきぃ~~~
最後に、器にへばりついたキャベツがうまいんだよぉ==っ! (^^)

でもって、最近気が付いたんだけど…
「カップ焼きそば」ってビールに合うよねぇ~~~(^^)/

あの、モサモサ感が非常にビールにマッチしとるんですよねぇ~♪
一人寂しい夕食は、缶ビールにカップ焼きそば…
寂しいはずが、妙にワクワクしてしまう… そんな組み合わせでございます。
ギャハハハ…

なんかこの記事書いてたら、おなかすいちゃってさぁ~
さすがに朝から職場で「カップ焼きそば」食べるわけには行かないんだけど、
コンビに行ったら、おもしろのがあったね。

みなさん知ってました? TVでCMとかしてるのかな…

その名も「カップヌードル リフィル」

詰め替えタイプの「カップヌードル」…
「専用マイカップにて、中身だけを買ってきて食べる」ってんだから驚き!

最近のエコブームにうまく便乗しましたなぁ~
さて、これどうなるのかな? はやるのかな? 微妙…(^^;

洗い物が出ないってのが、ある意味「最大の魅力」でもあるからね。
インスタントラーメンを「鍋で調理する」ってなる以前の、
本来の「チキンラーメン」の食べ方に戻ってるだけだからね。(--;
それを知ってる方には「今更感」たっぷりなのではないでしょうか!


さて、そんな「カップ麺業界」ですが…

ご存知のように、アタシャ麺類大好き!(^^)/

「カップ焼きそば」が出た頃から思っていたことがあります。

それは、「カップ 冷やし中華」の出現です。

「カップ焼きそば」最大の弱点は、
一度お湯を捨てなければならない事…

この「ひと手間」が許されるのなら…
もう「ひと手間」、水で麺を冷やす…
ってのも許されるのではないか?って思うんですけど…(^^;

まあ、具に関してはちょっと工夫が必要かも知れんけど、
後は、冷やし中華スープをかけるだけでしょ?

素人考えでは、理屈としては簡単な様な気もするんだけどねぇ~
なにか大きな問題があるのかもねぇ~

それが行ければ、「ざるそば」とかもいけそうじゃん?

「だったら、普通に今コンビにで弁当コーナーで売ってる
冷やし中華とかざるそばでいいじゃん!」


って感じもするけど、カップにすると「日持ち」するからね。

さぁ! 近い将来、店頭に並ぶ日が来るのでしょうか!

きっと既に研究してるとは思うんだけどねぇ…(^^;

ってか、カップ焼きそばのお湯をきった後に、
水を二度位入れて冷やした後、冷やし中華スープかければできるかも…

と、数十年おもいつつも中々実行までは辿り着かない、kizz_armyでございました。

m(__)m おそまつ!
[PR]
by kizz_army | 2007-04-20 11:06 | グルメ
『 プリズン・ブレイク 』
※基本的にストーリー的なネタバレはありませんが、
事前情報を仕入れたくない方は読まない方がいいかもぉ~~♪


「朝ズバ」でさぁ~ 根本君が、

「2月下旬並みの気温ですから暖かくしてお出かけください。」

って言ってたもんだからさぁ~
寒がりのアタクシ、完全真冬バージョン
雪山登山装備で朝出かけてきたわけですが…

さすがに、数値だけは2月下旬並みかもしれませんが、
やっぱりちょっと違うね(^^;

やりすぎだったようです。ウハハハ…
でも、スーツだけって人もチラホラいたけど、
あれじゃいくらなんでも寒いでしょ? (^^; まぁ、なこたぁどうでもいいや…

話題の米連続TVドラマは押さえておかなきゃならんでしょ!旋風
非常に個人的に巻き起こっているアタクシkizz_army…


[24 TWENTY FOUR]



[ LOST ]


に続き、

「プリズン・ブレイク」でございます。

思い起こせば、既に半年以上前…

『 【LOST】見始めました 』

って記事のコメントにて、Aradas_jさんが
この「プリズン・ブレイク」に付いて触れております。

その時は、「そういうのもあるんだぁ~」程度の認識だったのですが、
なんと、2007年正月にですねぇ~
あの日本テレビさんが一気に放送してくれたんですねぇ~

毎度の事ながら、事前情報を仕入れたくないアタクシは、
そもそも、「何話あるのか?」、「 どういう話なのか?」
一切知らずに、ただただ放送されるままに録画していたんですね(^^;

まぁねぇ~ いくらなんでも、「プリズン・ブレイク」って言うタイトル見りゃ
だいたいどんな話かは察しが付くわけですが…(^^;

アタクシの愛読書である「テレパル F」で調べますってぇと、
一気に11話を放送するみたいだったので、てっきり…
ほんと、「てっきり」11話で終了する話だと思ってたわけさ…

いや、確かに「変だなぁ~」とは思ったよ。
「そんなわきゃねぇよなぁ~」とも思ったよ。
でも、その11話の放送の日から「テレパル」のページをパラパラめくっても
番組タイトルは見つからなかったんだもん!!!(--;

そしたら、酷いね。
しばらく間を空けてから、週一回の放送を始めたんだね(T_T)

しかもさぁ~ それがね、録り溜めていたビデオの11話目の最後に
その次の12話の放送日が告知されていたわけさ!
11話目を見終わったのが、その放送日の数日後だったんだねぇ~

いいねぇ~~ 相変わらず、コントみたいでしょ?

「ざけんなよぉ~~~~!!」

と言う、アタクシの叫び声が、夜のしじまに響き渡ったことは
言うまでもありませんな… ウハハハハ…

で、なんとか13話目から残り全部を録画したわけですが、
12話目はどうしたもんかと…(^^;

「まあ、DVDで見るしかないよなぁ~ 」

ってなもんでさぁね… 微妙に面倒くさい(--;

しかも、追い討ちかけてくれるねぇ~~

週一の放送になってから、2度位放送時間がずれやがった。
キィ~~~~(>_<)/""~~

結局DVDとのあわせ技で、やっと全話鑑賞する事ができました。


あれだね、はまり度って観点からすると…

う~~~ん、そうだなぁ~~

[24 TWENTY FOUR]10とするならば、

7.0位かなぁ~~

「LOST」7.5~8.0
「チャングム」9.0

てな目安…(^^;


「あぁ~~~~ん、早くかえって『プリズン・ブレイク』みたいよぉ~~~」

とまではならないんだね(^^;
「なくてもなんとかなる」って感じですな! ウハハハ…
そりゃ、見始めりゃ結構おもしろいんだけどさぁ…

「プリズン」と言う、閉ざされた空間がドラマにとって
「よくもあり」「わるくもあり」なんだね。
そりゃ、見始めりゃ結構おもしろいんだけどさぁ…

本当に特筆すべき「すごい所」ってのもあまり思い浮かばないんだよね。(^^;
そりゃ、見始めりゃ結構おもしろいんだけどさぁ…

で、残り数話を残した頃、「LOST Season1」の終盤の時と
同じ様な不安がよぎりました。

割と「目的」ははっきりしているドラマですからね。
すっきりと、爽快にまとめてくれるのかと最初は思っていたわけですが…

思っていたわけですがぁ~~~~!!! (--;

2007年 5月 24日 (木) 25:56~

「シーズン2」の放送をやってくれちゃんですねぇ~~~ (--;

「期待」&「がっかり」半々ですな(^^;

その前週には、「特別番組」もあるんだってさ!

更に、中途半端な事に!!

「シーズン1」の後半11話を一挙に放送してくれます。(^^;

2007年4月30日(月)25:47~ 毎週月曜深夜

って事で、「ちょっと乗り遅れちゃったかな?」と言う方も
まだまだ、ブームは今からかもしれません(^^;

このチャンスをお見逃しなく!!


「そりゃ、見始めりゃ結構おもしろいんだけどさぁ…」

って事で… (^^;
[PR]
by kizz_army | 2007-04-18 10:06 | テレビ番組
《 ミュージカル 【マリー・アントワネット】》
「 映画 【マリー・アントワネット】」
は、イマイチだったので、
「 ミュージカル 【マリー・アントワネット】」
を、見学してきました(^^;

場所は「帝国劇場」

基本的には田舎モノのワタクシ…(^^;

『 【Char】ライブ at 日比谷野音 05/07/23 (辿り着き編)』

でタクシーを利用した件(くだり)がありますよねぇ?

あの事件で、非常に再認識した事がありまして…

それは、あの有楽町周辺ってさぁ~
まぁ~~~~~、地下鉄の駅が密集してるわけさ…

だからね、ホームページとか、何かの案内に書いてある
最寄駅ってのは本当に一番近い駅であって、
実は、自分の家から行くのには、別の駅から行った方が
乗り換えの分を考えると、便利だったりするんですよね(^^;

なもんで、今回「帝国劇場」へは、
案内にある最寄り駅「有楽町」とか「日比谷」じゃなくて
「大手町」から「丸ビル」抜けて向かってみました。

「東京駅」からだって、すぐそこじゃんねぇ?(^^;

さてまぁ、そんな事はどうでもいいのですが…(^^;

「帝国劇場」なんて初めて行ったんだけど、すごいじゃん!
「オケピット」がちゃんとあるんだね。

まぁ、それだけでもミュージカルを見に来たって気分は高まりますわな(^^)/

座席は、2階の3列目… ステージ全体が見渡せるので、
素人のアタクシなんぞにとっては、非常にいい席かもしれません(^^)

なんかね、ミュージカルの話題作ってぇと、大体ブロードウェイとかで
大人気の作品の「日本向け焼き直し版」見たいなのが多いわけじゃない?

そんな中、この作品は「完全日本発」なんだってさ… すごいじゃん?

「映画『シカゴ』 」なんて記事にも書いてますが、

イマイチ、ミュージカルって肌に合わないと思っていたわけですが、
『観戦!宝塚!』 あたりの様に、やはり生で触れますと多少見方も
変わってくるってもんですわな…

だからまぁ、割と期待して見に行ったのですが…
やっぱり、「知っている話」ってのが若干のマイナス要因だったかな…(^^;

さすがに、「え? どうなるのどうなるの?」とか「ハラハラ、ドキドキ」とかは
ないわけですからね。

「そんなもん、最初からわかってるやろ!」
「じゃ、なにを期待して見に行ったんだよ!」

って、言われると、確かに、「う~~~ん…」って感じでもある。ウハハハ…

まぁ、それでも、たまにはミュージカルも見たいじゃん?!
でも、一番の要因はチケットが安く手に入ったからでした。ウハハハ…

なもんで、どうしてもストーリー以外の所に目が行ってしまうわけですが…

あれよ、音楽はすばらしかったね。「いい曲揃いじゃん!」って思っちゃった。

舞台装置も効果的で、すばらしいし…

でなんつっても、あれくらいの大作になりゃ、どの作品だってそうなんだろうけど、
出演陣が凄いよねぇ~
やっぱり一流のミュージカルスターの皆さんはすごいよ!
普通の演劇と違って、セリフ+メロディもおぼえにゃならん…
そこに、「感情表現」まで加わるわけだからねぇ~

その中でも、謎の錬金術師 カリオストロ 役 山口祐一郎 さんは凄い!!!

どんな流れの中でも、彼が出てきて一声発すれば、
背中がゾクゾクする程の存在感と、歌声…

結構NHKの大河ドラマとかには出演されている方みたいなんですよ。
とにかくねえ、あの豪華出演人の中にいても偉才&&異彩を放っておりました。

作品自体の完成度とか、テクニック的な面ではほんと
すばらしいミュージカル作品だと思いましたね。

でもねぇ~ まぁ~~~ 眠かった(^^;
劇場の中が、暖かくてさぁ~ ましてや、昨日は外の気温自体とても暖かかったでしょ?
更に、前日の夜は、飲み会があってですねぇ、
飲んだくれて大騒ぎしてたもんだからさぁ~…(^^;

かなり「ミンティア」のお世話になってしまいましたとさ…(^^;


「知っている話」とは言え、内容も濃いですよ。

「映画」なんかより、ずぅ~~~~~~~っと、中身があります。
「派手さ」「きらびやかさ」って面よりは、
民衆の貧しさ、悲惨さの方に結構重点置いてますから…

興味のある方、割引チケットも手に入りますので、
アタクシまで、ご相談くださいませ(^^;


次の観戦予定は、
「千住 明 個展コンサート」
「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」
あたりでございます。(^^)
[PR]
by kizz_army | 2007-04-16 10:27 | 旅行&レジャー情報
《 関 根 麻 里 》
すげぇタイトルだな… (^^;

さて、ご存じ「関根 勤」さんの娘さんですな!

彼女を初めて見たのは、たぶん…
「みなさんのおかげでした」
「細かすぎてわからないものまね」のコーナーだったのかもなぁ~

まあその時は、関根さんも出ていてそのコントラストも
加わっていたって部分もあるにしろ、ネタ自体おもしろかったのさ!

それをきっかけにするように、
まぁ、彼女をテレビで見ることが多くなったね。

でね、見るたびに、
「頻繁にTVで見るようになったのも必然!」
って、思うようになったのさ…

とにかく、嫌味な所が一切ないじゃない?
お笑いの血統を受け継いで、笑いをとる事に貪欲で物おじしない…
しかも、ネタっちゅうかやることが爽やかなんだよね(^^;

なぜか女性には異常に人気のある、某お笑い劇団員の様に
普通の女性にはできないような、いわゆる「はしたない」
「みっともない」言動をして笑いを取ってるような次元ではない
って所が非常に評価できるわけですよ!

更に、見るたびに、
「この子頭いいんだな…」
ってのが、わかるよね。

語学も堪能、学業も優秀、でもってルックスもいいわけじゃない?

そりゃ、デビュー10か月でレギュラー番組が11本ってのも
頷けるところですわ!

さて、そんなノリノリの状態の極みつけ!
4月1日付の「日刊スポーツ新聞」では、なんと
ほぼ一面を割いて、彼女の記事が載ってるんですわ!
「日曜のヒロイン」とかいうコーナーらしいんだけどね(^^;

彼女の経歴や、活動内容をみて
「やっぱりなぁ~~」と頷かされること多々!

その中でもね、なんつっても特筆すべきことは…

ちょっと引用するね。

「最低限の人としてのルールは親は妥協しませんでした。」
「日本語の正しい使い方は今も勉強中です。」

って言うんだよね。
で、その例として挙げているのが…

「例えば今、『すごい』と『すごく』の使い方が間違っている」
「ケースが多くて。『すごいカワイイ』ではなくて、」
「形容詞に連なる時は『すごくかわいい』。」
(中略)
「今、仕事で言葉を使うプロなので意識して正しい日本語を」
「使うようにしようと…」


ど う よ !?

なんかどっかで聞いた話でしょ? ウハハハ…
ちょっと忘れちゃった方は、

『 【すごく】気になる話… 』

ってな、記事を読んでくだされ… (^^)

この彼女の記事を読んで、更にファンになったね!(^^)
今の彼女の世代で、こんな事をきちんと言える子がいるとは…

素晴らしいです!!!!

特に、コメントの最後ね。

「仕事で言葉を使うプロなので…」って件(くだり)…

各局の、似非アナウンサーに聞かせてやりたいですな(^^;

まぁ~~~~~~~~、ほんとに今酷いよ。
どこの局のアナウンサーも…
あれでよく「アナウンサーでござい」と言えるもんだね。

上の人間が注意しないのも信じられないけどね。


って事で!

「関根麻里」大注目ですぞ! (^^)/

すぐに、CMにも起用されて、
ゴールデンタイムの人気番組にも登場してくるんじゃないですかねぇ~

最終的には「ふしぎ発見」のレポーターやりたんだとさ…

夢がかなうのも、遠くないんじゃないかな?
[PR]
by kizz_army | 2007-04-11 09:40 | テレビ番組
《映画観ました!【ナイトミュージアム 】》
※一応ストーリー的なネタばれはありませんが、
 事前情報を仕入れたくない方は読まない方がいいかもぉ~~(^^;


ここ数年、見た映画の中で一番おもしろかったかも! (^^;

大 傑 作!

でした。

何度か映画館で予告編を見たり、
最近では頻繁にTVのCMを見たり…

その時はなんとなく、

「ちょっと好みのジャンルかも?」

程度位にしか思ってなかったんですね(^^;

しかも、もしかすると、「単なる子供だまし」っぽいかも
知れないって言う心配もちょっとあったんだよね。

それでも
「一応チェックしておかないとなぁ~~」
って事で、観に行ってきました(^^)

多少ね、ジャンル的な好みってものがあるって事は
十分承知の上であえて言いますが、

最高!! でした(^^)


散々、「映画」のカテゴリの中でも「おもしろかった!」って
言ってる作品結構あるけど、ちょっと次元の違う「おもしろさ」でした。

アタシャね、一番好きな映画が
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」
なのね。

二番目が
「タイタニック」

でもって、この「ナイトミュージアム」ったら、

「三番目に入れてもいいかも?」

位に思っちゃいました。

アタシラってさぁ、なんか普通に「おもしろい」って使うじゃない?
でも、この「おもしろい」って表現が微妙でさぁ~

本当に笑っちゃう「おもしろさ」と、総合的な「おもしろさ」
両方の意味で使えるじゃない?

この作品で言えば、その両方を兼ね備えた映画だって言えるんだよね。

まぁ~~~~~~~~~~~、笑った笑った (^O^)

今でさえ、一つ一つの場面を思い出す度に笑っちゃう(^^;

しかも、その「お笑いの部分」が非常にうまく作ってあるのね。
「複線のある映画」ってホント好きでさぁ~
とにかく、イチイチ細かいんだよね。笑いどころが…

もうねぇ~アタシャ、映画館でこんなに笑い続けていたのは
初めてってくらいに笑ってました。
ちょっと恥ずかしい位にね…(^^;

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」にも言える事なんだけど、
とにかく無駄な場面がないんだよねぇ~

瞬間瞬間が全部「ネタ」みたいな…(^^;
なにかしらの意味があるような作りになってるわけさ…

楽しくて楽しくて仕方ありませんでしたよ! (^^)/

わかった! わかったよ!

アタクシの好きなジャンルが!

「SF コミカル ファンタジー エンターテイメント」

とでも、言えばいいのかな… (^^)

この作品だって、単なる「コメディ」なんて
ジャンルで括って欲しくないね!

いやぁ~ びっくりする位おもしろかったです。


あのね、この本篇が始まる前の予告編に登場する作品が
凄かったのよ。

「スパーダーマン 3」でしょ?
「ダイハード 4.0」でしょ?
「パイレーツ・オブ・カリビアン」でしょ?

もう、間違いなく超絶な面白さを誇る
大作、名作、揃いなわけですよ。

予告編見るだけで、次元の違う映像が繰り広げられてるからね。

「ダイハード」なんて、予告編だけで、思わず

「うわぁ!」

って声出しちゃったもん(^^;

「パイレーツ」だって、前二作をはるかに上回る様な
壮大な映像だったよ(^^;

本編見たら、そらもう大絶賛間違いなさそうな
作品群ではありますが、その辺りを抑えて、
アタシャこの「ナイトミュージアム」を推したいくらい
楽しませてくれた作品でございました。

ダメだ! この記事書くためにいろいろ思い出してるだけで
笑っちゃうぅ~~~~~~~ (^^)

って事で、「ナイトミュージアム」、超おススメですっ!!

ただ、一点気になることが…

実は、この作品の原題は

「NIGHT AT THE MUSEUM」

なんですな… ちょっと意味違うじゃんねぇ?

どこかの記事でも言ってますが、
今はほとんどの洋画が原題をそのままカタカナ表記しただけの
邦題が付いてます。

下手な邦題付けて、興行成績悪かった時の原因にさせられるのが
いやだからとかなんとか…

でも、やっぱり魅力ある邦題付けてほしいよね。
しかも、カタカナ表記にして、
ちょっと意味が変わってしまうなんてのは言語道断!

「KISS」の曲を思い出してよ!

「Baby Driver」「激烈! ベイビー・ドライバー」よ?

「激烈」よ「激烈」!

「Mr. Speed」「情炎! ミスター・スピード」よ?

「I Want You」に至っては「いかすぜあの娘」よ?
かけらも残ってないからね。

更には! 「Take Me」「燃える欲望」だからね。
「どっから出てきたんだよ!」位の勢いってもんがあるからね(^^;

少しは、見習いましょう! ウハハハ…

「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
ここをクリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2007-04-09 09:39 | 映画(新作 劇場鑑賞)
《【KIZZ】出演映画…【スペース・ポリス】》

あぁ~~~~~~~~~~~!!

もっと早くチェックしてればよかったよ!

って事で、なんと!

「KISSトリビュートバンドKIZZ」が出演している映画があるんです。

まぁ、出演と言っても、
役を与えられているわけではないんですがね。(^^;

その作品名は
「SPACE POLICE スペースポリス」


a0018005_9571245.jpg
と言いまして…

監督:渡辺一志
出演:忍成修吾, 榮倉奈々, 板尾創路, 目黒祐樹

となっております。
他にも
カンニング竹山、安田美沙子、岩佐真悠子
といった面々が出演しておるんですね。

で内容はと言いますと!

まあ、元々そういうジャンルなんではっきり言いますが…(^^;

「B級 SF映画」

なんですね。(^^;
それを分かっていて楽しむ分には、割と面白いんですな…

もちろん、ハリウッド映画や、超話題作みたいに
派手なアクションシーン最新SFXがあるわけでは
ないですからねぇ~ その辺りを考慮して鑑賞するのが吉でしょう!

でもって、サブタイトルが

「グルメ人喰いエイリアン vs 超ロケンロール宇宙警察」

となってまして… なぜか宇宙警察側は妙に 「R&R」 してるんです。

これがポイントね!
まぁ~~~~~~~~~、なぜか知らんがのっけから

「KISS Army」とか…

「ジーン・シモンズ」とか…

そういった単語が頻繁に出てくるんですわ!(^^)

更には、出演者、いきなり「KISS Tシャツ」着てるんだわさ!
よくよく見ると、すでにジャケットの写真からして
「KISS Tシャツ」着てますがな!

なんかねぇ、「超ロケンロール宇宙警察」ってよりは、
「単なるKISS好き宇宙警察」って感じなのよ!

そのあたり普通の方にとってはどうかと思うのですが、
「KISS」好きな方には、そりゃ堪らん、っちゅうか大笑い…(^O^)

「なんでやねん!」

って、思わず言ってしまいたくなるんですな!

でもって、しばらくすると…

「KIZZ」の登場となるのですが…

これがねぇ~ 見てびっくりしたんだけど…
どうみても、「ジーン・シモンズ」にしか見えないんだよね。
でもって、「エース・フレイリー」にしか見えないわけさ…

一瞬、ぽかんと口を開けてしまうくらい… (^^;

監督の渡辺さん! スタッフのみなさん!
あんな使い方をしてくれてありがとうございました。 m(__)m

これねぇ、なんでもっと「KISS」関係のサイトとかで
ガンガン宣伝しなかったのかと思うね。(^^;

若干今更ながらなんだけど、KISSファンには
ぜひ見ていただきたい作品となっております!

しかし!

ちょっと問題が…(^^;
このDVDですが、まあ、あまりレンタルショップとかにも
置いてないと思うんですよね。

更に、お値段が…(^^;
¥5040
となっておりまして…
作品の時間とかも考慮しますと、若干お高いんですわ!
なんせ、今どき洋画の大作でさえ、かなり安い値段設定に
なってますからねぇ~ DVDは…

「TSUTAYA」さんのホームページ探したら
一応レンタルはあるにはあるみたいです。
このあたり利用していただくのが妥当かな…なんて
思ったりしております(^^;

って事で!

興味のある方は、ぜひ「スペースポリス」ご鑑賞くださいませ…



「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
ここをクリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2007-04-05 09:52 | KIZZ ライブ情報
《 ウルトラマンメビウス 【後編】》
【前篇】のつづきです…

さて、そんな青春ドラマもちょっと入った「メビウス」ですが…

実は、最初の頃は酷かった(^^;
みんな慣れてないっちゅうか、イタイっちゅうか…

セリフひとつとっても、なんか「青春ドラマ」ってより
「学園祭用 16mm映画」みたいな感じだったわけですよ(^^;
(ちょっと言いすぎですかね?(^^;)

ギャグっぽい場面も、微妙に痛々しかったり…

「確かに、懐かしい怪獣や星人は出てくるけどさぁ~」
みたいな感じだったわけなんですね。

なんだけど…

これが不思議なんだよね。
「前篇」でも紹介した、劇場映画版メビウス
【ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟】
が公開された後位から妙に面白くなってきやがった!

いやいや、「妙に」程度じゃないんだ、
「すげぇ~」面白くなってきた。

ストーリーがよかったね。

一話、一話ちゃんと「お話」になっていて、
「なるほど!」って思ったり、ホロっとさせられたり…

それに加えて、「ウルトラ兄弟」の面々が、
ちゃんと変身前の姿で、続々と登場してきたわけなんですね。

そうするとほら、「前篇」でも言ったけど、このメビウスの
魅力というかコンセプトである所の、
「みんなでメビウスを助けながら戦う」
って部分が、さらに強調されてですねえ、なんかグッとくるものが
あるわけですよ。

メビウスである主人公の「ヒビノ ミライ」もその実直すぎる青臭さが
どんどんいい方向に強調されてね。
作品全体に一本筋が通ってる感じがしてくるわけなんですな!

特によかったのが、「ウルトラマン A」が登場する回…

予告で、ちらっとその姿が映ったときは

「えぇぇえぇぇ??? まさか、あの人がぁ??」

って、思ったんだけど、
本編見てもうワタクシ、ダァダァ泣きでした… (T_T)

だってさぁ~ 「南 夕子」出てきたんだよぉ!!!

しかも、ぜんぜん老けた感じがなくてさぁ~
素敵なおねぇさまって感じなのよね♪
また、ストーリーもよかったんだよね。
「ルナチクス」登場への持っていき方がよかったわぁ~~ (^^;


更に、もう一つこの「メビウス」では、究極のテーマに触れてるんです。

いやね、かねがね思っていたんですが、
このウルトラ兄弟のシリーズ…
なにが凄いかって、ウルトラマン達が戦う理由ね。

よく考えてよ? いい? (^^;

例えば、あなたが凄く強い人でね。
特殊な能力を持っているとするじゃない?

でもさぁ、だからって
・遥か宇宙の
・大して関係のない
・辺境の星で
・一人ぼっちで
・自分の命を賭けて
・怪獣と戦う?


ありえないでしょ?

でも、あの人たちはやっちゃうんだよね。
わざわざ別の銀河から来て、痛い目に合いながら
地球を守るわけさ… 考えられないよね?

ここがねぇ~「仮面ライダー」とは決定的に違う
「ウルトラシリーズ」の魅力だと思うのね。

「地球が好きだから」
「地球の人達が好きだから」

そんな理由で、命がけで戦うんだよ?

もうねえ、最近の政治家あたりには、
この辺の精神を「ウルトラマン」でも見て学んで欲しいね。(^^;

でね、メビウスではその辺りにもちゃんと触れていてね。
メビウスがそんな理由で一生懸命戦ってるにも関わらず
アタシラ人間共は、自分たちのエゴや身勝手な解釈
ウルトラマンを敵視したりする場面があったりするわけよ!

「宇宙人」ってだけで、蔑視したりするわけよ!

身につまされますわ… (T_T)

それでも、ウルトラマン達は人間を信じて戦うわけさ…

ほんとうに、まじで「ウルトラ兄弟」に

「ありがとうぉ!!!!!」

って叫びたくなるよね。

さあ! そんな魅力満載のメビウスですが、
とうとう、3/31に最終回を迎えてしまいました。

最後は3話構成で、メビウス最大のピンチを描いていたわけですが…

なんと! な、な、な、なんと!!

最終回だけ、放送時間が変わってました。

これだけ、盛り上がっておいて、アタクシ最終回見られませんでした。

ふざけんなぁ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!

もうねぇ、アタシャ、プンプンよ! プンプン!

だれかビデオ貸してくれぇ~~~!! (^^;

ったくぅ~~~(--;


しかし、あれだね、もうある意味
「ウルトラ兄弟シリーズ」
完結しちゃったね。(^^;

これ以降は同じようなもん作っても駄目だろうなぁ~~

歴代ウルトラマンを変身前の姿で出すのも
そろそろ限界だろうし…(^^;

それを考えると、「タロウ」も「レオ」も
無理やりでもいいから出て欲しかったな…

さあ! って事で、「ウルトラマン メビウス」
いい作品でした。

機会があれば、DVDででもご鑑賞くださいませ。(^^)


「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
ここをクリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2007-04-04 10:19 | テレビ番組