★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★ 最新KIZZ 情報!! (09/02/02 更新)
★     
★   『 お知らせ~ [KIZZ]は活動停止します ~ 』
★     
★   kizz_armyでございます。

★   約7年半に渡り、ご愛顧いただきました
★   KISSトリビュートバンド 【KIZZ】ですが、
★   2008年末を持って、活動を停止する事になりました。

★   既にライブも決定している中での決断だったため、
★   関係各位には多大なるご迷惑を
★   お掛けしたことを改めてお詫び申し上げます。
★   
★   まさに、「語りつくせば尽きないけれど…」と
★   言った思いではありますが、
★   またいつの日か、違った形になるかもしれませんが、
★   なんらかの形でみなさまとお会いできる日が来る事を
★   ちょっと期待して…

★   ほんとうにいままでありがとうございました。
★   皆様の KISSライフが 更に充実する事を願いまして…


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

《ニュース!!》
   『KIZZ』の出演している映画がありました!
   タイトルは「スペースポリス」

   詳細は該当記事にて…
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

≪クイックリンクコーナー≫
【KISS トリビュートバンド [KIZZ]】 ホームページへ…
【Charトリビュートバンド[Smoky]】Blogへ…
kizz_armyへのメールはkizz_army@hotmail.comまで…
「kizz_army」のジャンル別Blogリンク!!
興味のあるジャンルのタイトルをクリック!! (^^)

== フォトリーディング&マインドマップ活用の読書記録 ==
<< 知識増量堂 ブックセンター >>

==世界遺産を見たぁ~~~~いい!!==
≪ 世界遺産に魅せられて… ≫

==日常を向上させるヒントや情報のBlog==
≪ 日 常 向 上 旅 団 ≫

==映画鑑賞専用Blog==
≪シネ、シネ、シネマ団≫

==コンサートや、観劇、スポーツ観戦のBlog==
≪鑑賞、観戦、観劇…やっぱり生がいい≫

==テレビ観賞専用Blog==
≪テレビっこ、世にはばからせていただきます。≫

==食べ物の情報、食い物屋の情報等のBlog==
≪マスタ! おまかせでお願い!≫

==きれいな日本語を話したい! って事でそのまんま!==
《きれいな日本語を話したい!》

<   2006年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧
『仮面ライダー カブト(後編)』
ってわけで、昨日の続きです。(^^;


そうよ!
「仮面ライダー カブト」の何処がおもしろいのよ?!
ってはなしね。


○「ワーム」


今回の仮面ライダーは「昆虫」って部分をかなり意識しているみたいで、
敵の名前は「ワーム」

最大の特徴は「脱皮」する所ね。(^_-)
蛹の時は、みんな同じ容姿なんだけど、
一度(ひとたび)脱皮するってぇと、すげぇのが出て来るんだ…

なにがすげぇって、「絶対に、一体百万単位の金がかかってるんじゃねぇの?」
って言う、造形のすばらしさ、デザインのすばらしさね。
迫力が違うわ!

時には、そんな凄いのが数体(数匹?)出て来るんだから、
「一体、いくらかかってるんだよぉ!!」
ってなもんよ(^^;

一週でやられちゃうのは、あまりに惜しい!!

しかも、戦闘シーンなんてめまぐるしいからねぇ

「もっとよく見せろよ!!」 って言いたくなるのもわかるでしょ?(^^;


○「Masked Rider System(マスクド・ライダー・システム)」

「ライダーにならなければならなかったカルマ」
ってのが、好きです(^^)

初代のライダーは、ショッカーに無理やり改造されてしまった悲哀のライダーでした。
たまたま「変身ベルト」を身につける事になってしまったライダーもいました。
そこには、通常の科学を超えた何かがありました。

でも、今回のライダーは完全に「人間が作ったシステム」によって変身します。
(実はもっと深い何かが隠されている可能性もありますが)

それって、イマイチ好きじゃないんだよねぇ~~(^^;

なんか、ロボットっぽくてさぁ~
なんか、モビルスーツっぽくてさぁ~

「生体」が「変化」するわけじゃないじゃん?
なんか「着てる」って感じじゃん?
そこが好きになれない…

なんだけどぉ~~~~~(^^;
「カブト」の場合、そういうのが全部吹っ飛ぶくらいかっこいい!
やっぱり造形がいい!

機械っぽさが、いい方にでてると思うのよ!


○「ZECT(ゼクト)」


対ワームの為に作られた秘密組織らしい…
もともと、その組織が「ライダー・システム」を開発したらしいんだよね。

平成ライダーだと、結構「警察機構の異形のモノに対する対応」ってのも
リアル感があってよかったんだけど、今回のは「戦隊モノ」にも
通じる「敵と戦う組織」
ってのが最初からある。

「ライダー少年隊」とは明らかにレベルが違うちゃんとした組織ね。

でもって、「ワームを倒す」と言う共通目的があるにもかかわらず、
微妙に「カブト」と対峙する形になってるんだよね。

これが、「ライバル登場!」みたいで、話をおもしろくしてる。


○「ゼクター」


変身のキーになる何処からともなくあらわれる「カブト型」の
アダプターみたいなヤツ…

これを、変身ベルトに組み込むことで変身するんだけど…

こういう小道具って「必要不可欠」

だって、今の技術だったらほとんど劇中で使ってるのと同じ様なモノを
おもちゃとして発売できる…(^^;

「超人 バロム1」の「ボップ」なんてのは、いい例…
あれのおもちゃは、当時からの憧れ…

ウルトラマンシリーズの変身小道具も同じだけど、
どこからともなく飛んでくる「カブトムシ型」ってのがいいよね。

でもって、一応変身できる人間を選ぶらしいんだよね。
逆に言うと、「ゼクター」に選ばれた人間じゃないと変身できないわけさ!


○「キャスト・オフ」


まんま「脱皮」の意味らしい…(^^;
「ワーム」が脱皮するんだから、ライダーも脱皮する…
これ、自然の摂理… (^^)v

まぁ、蛹から成虫になるってことやね。

とするとぉ?

そ・し・た・ら・ぁ?

そうよね、「イナズマン」よね?(^^;

元祖、蛹から成虫になるヒーローものよん♪

で、単に強くなるだけじゃなくて、一番の目的は「クロックアップ」
これがまぁ、魅力的なアイテムなんだよね。後で書くけど…(^^;

しかも、脱皮するたびに、それまでのメタルスーツみたいなのが
いっつも剥がれ落ちると言う、「物質保存の法則」
全く無視したようなシステムが 痺れる… (^^)



○「クロック・アップ」


もともと「ワーム」が使う技…
人間の目には止まらない程のスピードで活動できる。
「サイボーグ009」の加速装置みたいなヤツよね。

これに対抗する為に「ライダー」も「クロック・アップ」できる。

まぁ、説明だけだと「ふぅ~~ん」で終わるんだけど、
これを実際に映像にするところがすごい!

周りの景色はすべてスローモーションで動かして、
戦っている「ワーム」と「ライダー」だけ通常の速度で映し出す。

まわりにいるたくさんの人、車、電車…

全てをスローモーションにしておいて、一部だけを通常スピード…

合成やら、CGやらを使ってるんだろうけど、
毎週毎週、まぁ~~~~~~~手間のかかる事をする道を選んだもんだ!

その映像のこだわり方が、感動を誘う!(^^)いい仕事してまっせ!

現実世界なんだけど、異空間を演出できるなかなかの手法…

走る車の上で戦った時は、拍手! 喝采!
スタンディングオベーションしてしまいました。

もともと、ウルトラマンモドキで作られた「グリッドマン」とか
「仮面ライダー 龍騎」あたりは、完全に違う世界での戦いに
なってたんだよね。これは映画「マトリックス」もそうなんだけど、
これやっちゃうと「なんでもあり」になって、逆につまらん(--;

そのハザマをうまくつかえる「クロック・アップ」は秀逸!



○「ライダーキック」


お馴染み「ライダーキック」なんだけど、
これも「ライダーシステム」の機能の一部に過ぎない…

結構機械的なんだよね(^^;

しかも、「ワン!」「ツゥー!」「スリー!」とボタンを押しながら
準備せにゃならん…

最初は「なんだそれ!」って思ったけど、実はこれがはまる(^^;

カウントするってのは、あれだね、

「期待度アップ&じらし効果」

ってのがあるみたいだね。

「くるぞくるぞくるぞぉ~~~~~!!」ってやつね。

突然繰り出されるより、意識して待つ分の心理的効果があるみたいだね。

あれもそうだよ! 「サンダーバード」!

オープニングのカウントダウンあるじゃん!
あれも、もろにその効果を受けて、うちらの脳髄がやられちゃってるんだね。



○「もう一人のライダー」


もともと「カブト」自体、「ZECT」によって作られたシステム。
同じ様なシステムがもうひとつあって、もう一人のライダーが登場するのよ。

複数のライダーが登場するのもほんと好きじゃないんだけど、
今の所一人だけだし、「カブト」を凌駕するような「こだわりの造形」
全てを許す方向に行ってしまっている(^^;

「仮面ライダー ザビー」って言うんだけどさぁ~

まぁ、「蜂」なんだわ… すげぇ~ 蜂なんだわ…

「蜂」だっていうこだわりがたまらないんだわ…

こっちが主役でも違和感なかったかもよぉ? ってな位に…

「カブト」の「ゼクター」が「カブトムシ型」なら
「ザビー」の「ゼクター」は「ハチ型」…

どこからともなく、「ブ~~~~~ン」って飛んでくるのさ(^^)

必殺技が「ライダースティング」

初めて名前が出たときから…

「うぉぉ スティングだってよぉ~ 刺すのかよ! 刺すのかよぉ~~」
「うゎ~~~、 刺したぁ~~~~~~~!!!」

ってな、感じだったからね。(^^)


○「ハイビジョンカメラ&カメラワーク」


平成ライダーになってからは全てが「ハイビジョン撮影」なんだよね。

これが何を意味するかわかりまっかぁ?

そう、「造形ものに一切の手抜きができない」って事よ。

妙に薄汚れていたり…
いかにも「ウレタンです」って質感があったり…
ファスナーが見えていたり…
補修の後があったり…
肌が見えていたり…

そういうのは、一切許しませんからねっ!

なもんだから、ライダースーツなんか見て御覧なさいよ…

まぁ~~~~~~~、いっつもピッカピカッ!

「ワーム」だって一切のインチキっぽさを排除!

日本の特撮伝統「着ぐるみ」TV番組での、このクオリティの高さはすごいよね!

でもって、又カメラワークがいい!

「おぉ~ そこから撮るぅ?」みたいな…
「そのアングル使いますか?」みたいな…
「そこまでこだわりますか?」みたいな…
「そのカメラの切り替えは迫力を増しますね」みたいな…

前出の「クロック・アップ」を含めて、ハリウッド映画にまったく
引けを取るとは思えない出来になっているわけですね。


○「ノスタルジーはありません」


最近は「ウルトラマンシリーズ」「お父さんも一緒に楽しめる」なんて
事を謳い文句に、むかしの怪獣だしたり、昔の出演者を出したり…
それはそれで楽しめるわけですが、「単なるノスタルジー」
言われてしまえば、なかなか返す言葉がなかったりして…(^^;

ところが、「仮面ライダー」の方は、そういう「単なるノスタルジー」は
全く排除した所で、「大人の鑑賞」に堪えられる作品作りをしておるわけですな

「ノスタルジー」の場合は「それを知っていないければならない」と言う
大きなハンデがあるからねぇ~~


○「萌えキャラ」


この事については、毎度おなじみの「団衛門さん」のサイト
「AE~攻撃側全滅」に詳しい事が書いてあるので、
ぜひ参考にしていただきたいのですが… (^^;

いまや、いろんなジャンルのある「萌えキャラ」
たくにみ使ってくるうまさ… なんて部分もあったりしてね。

いろんな方々を虜にしてしまおうという、飽くなき挑戦!

すごいなぁ~~ と思うわけですよ。

そろそろ、「魔女っ子」もでてくるかもな… (--;


○「細かいコント」


主人公の天道のキャラをうまく使った「ミニコント」なんかも
結構ぶちかましてくれます(^^)

一番笑ったのが、なんと「豆腐料理対決!」

いきなり「美味しん坊」ですわ!(^^;

しかも、ライダー同士が「豆腐料理対決」って…

天道君も微妙に「食へのこだわり」があって、
まぁねぇ、kizz_armyと、話が合いそうな気もしてるわけですわ! ウハハ…


○「謎」


「ZECT」の開発したシステムを、なぜ主人公は使うことができるのか?

この辺りも「謎」として残しているあたりに
「はまらせられている原因」があるわけですねぇ~

なんだかさぁ~ 「ZECT」の上層部も怪しいんだよねぇ~~(^^;
なんか企んでるみたいでさぁ~

微妙な「謎」も大きな魅力なのさ…



ってなわけで、「仮面ライダー カブト」の魅力を
ちょっとだけ、ご紹介してみました。


軽い気持ちで読み始めたあなた…

とんでもない事になってしまいましたね。
心中お察しいたします。(^^;

でもまぁ、これだけ書きゃ、アタクシとしては満足(^^)

「言いたい事が言えました」ってなもんですわ…


これで、興味が出て見始めたなんて人が出たらすごいよね。
まぁ、ストーリーは今や公式サイトでも充実してますからね。
今からでも、遅くないかもよん♪



「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
[人気blogランキング]←クリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2006-03-31 09:24 | テレビ番組
『仮面ライダー カブト(前編)』
所謂、「平成仮面ライダー」とか言われるシリーズの
最新版が 「仮面ライダー カブト」です。

ご存知の様に、元々「仮面ライダー」は「バッタの改造人間」
だったわけですが、昭和の仮面ライダーシリーズも
後期になるにしたがって、最初のコンセプトは影を潜めてきましたよね。

でもって、「仮面ライダー ストロンガー」に至っては
もろに、「カブトムシ」がモチーフ…

最初に「カブト」の名前を聞いて、「ストロンガーと同じかよ!」
と、つぶやいたとしても、まぁ無理のないところですよね?

で・す・よ・ね?

って… あぁ、もう冒頭からして、
通常の方々は若干引き気味の展開ですか?
ああ、そうですか?
でも、それはしょうがないですよ(^^;

あははは…


この平成シリーズの最初は「仮面ライダー クウガ」

つい最近も「時効警察」なるドラマで、すっかり独特のキャラで
自分の位置を確保した感のある、オダギリ・ジョーさんの主演ですわ!

最初の2,3話を見逃したにも関わらず、はまったはまった!
設定もなかなかリアルだし、主人公の「人類への無償の愛」みたいな
テーマが感じ取れて、非常に良かったですな!


その後も、「仮面ライダー 555」やら「仮面ライダー アギト」やらは
夢中で鑑賞させていただきました。(^^)

他にも、
「仮面ライダー 龍騎」
「仮面ライダー 剣(ブレイド)」
「仮面ライダー 響鬼」

とあるわけですが、 「龍騎」と「ブレイド」は途中で挫折(^^;
「響鬼」は最初の数話分を録画し忘れたので挫折…

「カブト」は、「カブトムシのモチーフ」をどんな風に使うか
非常に興味あったので、第一話を絶対に録り忘れないように、
事前から最前の処置を施し! 見始めたわけなんですわ!(^^)



そしたらね…



あのね…




すげぇ~~~~~~~~~~~~~~、おもれぇ~~~~~~~~~~~~!!

ちょぉ~~~~~~~~~~~~~~、たのしぃ~~~~~~~~~~~~!!


参ったねこりゃ… (^^)

もう、毎回毎回、ワクワク、ドキドキ、ソワソワ…

「恋のベンチシート by ジューシーフルーツ」かよ!ってなもんよ!
(わかんねぇ~~~(^^;)

「仮面ライダー カブト」を見ているkizz_armyを見ていた方がおもしろい!

なんて噂も聞かれるほどなわけなんですわ!(^^)

え? どこがそんなにおもしろいのか? って…

まぁまぁ、慌てなさんな! 順に説明するからさ… (^^)


○「主人公ー天道総司」

「俺様キャラ」って言うらしいですが…(^^;
第一話の前半くらいまでは、

「なんなんだ、このセリフ棒読みの変なヤツはっ!」

ってな感じなんですが、まぁ、いいね、このキャラ…
今まで、こんな仮面ライダーがいたでしょうか?(^^;

平気で「俺が一番」「俺が最高」「地球は俺の周りを回っている」
と言ってはばからない…下手したら「超! いやなヤツ」…

なんだけど、「あえて、そういうキャラなんだ」ってのがわかると、
逆にはまるね(^^;

セリフの一つ一つが時代劇の「キメ台詞」みたいな感じでさぁ=
下手したらそのうち「ひとぉ~~つ…」とかいいそう…

と、思った瞬間に思い出すのが… 同じ「カブトムシ」の
「仮面ライダー ストロンガー」

「ストロンガー」も、この「キメ台詞」あったんだよねぇ~~

「天が呼ぶ、地が呼ぶ、人が呼ぶ…」
「悪を倒せと俺を呼ぶ…」 ってさ…(^^)

全部のセリフがそんな感じなんだもん!
よくこんなキャラ考え付いたよねぇ

あ、でも、なんか、聞く所によると「ホスト」でも
そういうキャラをウリにして、
そういう接客で人気がある人いるらしいじゃん?

話題騒然の「KAT-TUN」のコンサートも
そんな感じの所が受けてたりするんでしょ?(^^;

もしかして、その辺りの接客を喜ぶ「おかあさん達」をも対象にしたのかぁ?

恐るべし! 仮面ライダーぁ~~~~~~~~!!


って事で、今日はこの辺で勘弁しといてやるよ! (^^;


「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
[人気blogランキング]←クリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2006-03-30 10:13 | テレビ番組
『 2005 年末 ~ 2006 初春期 ドラマ 終了 』
一応、
『久々【TVドラマ】の話…』
の続きって事になるんですかねぇ?(^^;


一通り、今期のドラマは終わったみたいですね。


・「アンフェア」

やっぱり、おもしろかった!
まさか、そう来るとはねぇ~~~~ びっくりだよ!
やられた(^^)

やっぱり、なぁ~~~~んか「QUIZ」ってドラマに
似てる気が最後までしたのよねぇ~

「アンファエなのはだれか?」

まさに、今の世知辛い世の中を投影しているような話でした。
それが根底にあってこそ、犯人探し部分とかが更におもしろく
見られたような気がしましたねぇ~

「はやく次が見たい!」 と、ワクワクさせてくれる久々のドラマでした。

サントラもよかったなぁ~~~~!
欲しくなったよ! サントラ盤! オークションでさぁがそっと!(^^)


・「N’s あおい」

病院モノ、医師モノってやっぱりはまるのかなぁ?(^^;
ほんと単なる「石原さとみだしときゃいいだろ」的なドラマかと思いきや、
意外にもずいぶんとたのしませて頂きました。

病院、医師、看護士、「陰と陽」の部分をちゃんと問題として
扱っていた所がよかったです。

単なる「おちゃらけドタバタドラマ」じゃ
なかったところがよかったですね。

「石原さとみ」も結構自然体の演技ができるみたいだしさ(^^;

でもって、最後に柳場さん演じる医者が、いい事言ってたなぁ~~

ほんとに、「いい人」ばっかりだったら、法律もルールもマナーもいらないよね。

「アンファエ」にも通じる部分だけど、法とかってむずかしいよねぇ~
「法律より大切なモノ」ってのも絶対あると思うし…
だからと言って、「その特例をどうやって判断するか?」となると
主観が入ることだから更に難しい…
でも、人間の根本として大切な事ってやっぱり単純な気もする…

堂々巡りに入るわけですな(^^;


・「西遊記」

えっと、まだ最後見てません(^^;

ここまで見た分でいいますと、「それなりにおもしろかった」
と言った所でしょうか?
「最終回」が、すごくおもしろかったら又なんか書くかもね(^^;


・「功名が辻」

見始めたら、一気にはまりました。
なんか視聴率やら評判はイマイチっぽいですが、
結構おもしろいと思うんだけどなぁ~~

仲間さんがどうのこうのとか、そういうのを置いておいても、
話としてそれなりに鑑賞できるレベルだと思うのですが…


とまぁ、おかげさまで、
「なんだこれ…(--; つまんねぇ~~!!」
ってなモノにはあたらず、それなりに楽しんだ&楽しんでいる
アタクシの「ドラマライフ」でございますが…

ございますが!

上に書いた ドラマ達も(べた褒めの「アンファエ」さえも)
一気に吹き飛ぶようなすごい作品が残っていましたっ!!!!!


それが 「仮面ライダー カブト」… (^^;

最初は
「いくらなんでも【カブト】はねぇだろ! 【カブト】はっ!」
と、思っていたわけですが…

まぁ~~~~~~~~~~~~~~~~! おもしろい!

すごい!

すばらしい!

素敵!!

スタンディングオベーション!



「仮面ライダー クウガ」
「仮面ライダー 555」
「仮面ライダー アギト」

あたりも、そのこだわりに大絶賛を送っていたわけですが、
そのいい所を全て踏襲し、更なるエッセンスを組み込み、
子供ならずも、大人までも魅了するその「作り」は賞賛に値しますな!


って事で、とてもじゃないけど、この後に続けて書くのは
はばかられる様な量になりそうなので、次回に続く… (^^;

ってことは?

そう、次回の記事は興味のない人にはまったくもって
チンプンカンプンな記事になりそうだってことだよね(^^;

次回は「仮面ライダー」を語ります。

ウハハハハハ…


「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
[人気blogランキング]←クリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2006-03-28 09:40 | テレビ番組
『麺屋探訪 【九州じゃんがららあめん】@原宿』
あの頃の「秋葉原」って、もちょっと硬派だったような気がする(^^;

もちろん、ベースは変ってないのかもしれないけど、
メディアで注目されるジャンルが微妙に違ってきてるような…(^^;

フィギアだったり、
メイドだったり、
おでんだったり、
アイドルだったり…

アタクシが田舎から出てきて、恐る恐る足を踏み入れた
あの「秋葉原」とはちょっと違うような気がするのよねん♪

とまぁ、若干の様変わりの否めない秋葉原ですが、あの頃から変らない
知名度を保っているのが「九州じゃんがららあめん」…

今みたいにおいしいものを求めて、フラフラと出歩き、
Blogのネタにするなんて事をしていなかった頃のkizz_armyでさえ、
その名前と、場所は知っていたくらいの有名店…

でもまぁ、なぜか、今まで食べたことなかったのよね(^^;

今回、「原宿」に行く事があったので「原宿店」に行ってみる事にしました。

さすがだね! 5組位でしょうか、既に待っている方々の行列が出来てました。
先に、入り口脇のレジで精算をする方式…
脇のメニューをみますってぇと…

う~~~~~~~ん、 種類が多すぎてよくわかりません(^^;

妥当な「じゃんがららあめん」にしておきましょうか…
しかも、めったにやらない「味付け玉子のせ」
すいません、ちょっと贅沢しちゃいました。(^^)

15分位だったかな? 席につきますってぇと、
先に注文を聞いていただけあって、
わりと早く「じゃんがららあめん」のお出ましになりました。

カウンターの下には、荷物を置く棚もありましたし、
なんと言っても初めて見たのが、カウンターについてる
傘を立てかける用に用意された便利な「ワッカ」…

この時は天気も悪くなかったので、実際に使ったわけではないのですが、
なかなかの心遣いをしてくれるお店のようですね(^^)

接客も活気があってよいです。

本格九州ラーメンを謳うだけあって、替え玉がありますねぇ~
しかも、びっくりしたのが、「替えスープ」ってのがあるのね。(^^;
初めて見ました!!

紅しょうが、高菜、ニンニク等の薬味がカウンターに並びます。
これも、「ならでは」と言った感じでしょうか!

さぁ! 実食です!(^^)

一口スープをすすりますってぇと…







はあぁ~~あ、実はさあ、この記事書くのにさぁ、
実はあまり気乗りがしなかったのよねぇ~(^^;

また、「味がわからねぇやつだなぁ~」
とか言われそうでさぁ~(^^;

でも、しょうがないもんねぇ? そう思ったんだから…

と、気を取り直して書きますと…(^^;

一口スープを飲んだ瞬間に、
「カップの味だ」と思いました。

なんだか、どこのブランドだかもわからないような、
特売でよく¥99とか¥84とかで安売りしている
単に「博多ラーメン」とか書いてありそうな、
「トンコツ系のカップラーメン」の味でした。

いやでもね、これも二つの考え方がありまして…

「カップめん」自体がいまや、そういうレベルになってきたとも
言えるわけですからねぇ、一概に、同じ味だからと言って
否定されるものではありませんよね(^^;

とは言うものの… あまりによく知っている、普通の博多ラーメン系の味…

よく言えば、「トンコツラーメンの王道」とも言えるのかも知れませんが、
これだったら、「桜吹雪が風に舞う」の方が好みだなぁ~~

で更に、印象を悪くしたのが「味付け玉子」…
なんか「おでんの玉子」そのまんまって感じで…(^^;

いや、ごめんごめん… だからと言って別に「まずい」訳じゃないですよ。
なんつっても、おなじみの味… ふつうに全部食べましたけど…

食べましたけど…

食べましたけど…

(^^;


更に更に、書くのを躊躇させた理由がありまして…
やっぱり、ちょっとネットを検索してみますってぇと…
「かなりの大絶賛」が多い…

まぁ、実は独特のメニューである所の
「ぽんしゃん」とか「こぽんしゃん」っていう方がおいしいという
事らしいのですが、それでも、通常の「じゃんがら」でも

「びっくりするくらいおいしい」

なんて、記述を目の当たりにしますと、そりゃまぁ、書くのを躊躇するのも
わかるでしょぉ?(^^;


あ、でもねでもね、この時いっしょに行った方は「味噌味」を注文したのよ…
ワタシってば、すぐに「一口頂戴!」って言って、
ちょっとだけ、味見させてもらうんだけど…(^^;

この「味噌味」の方がおいしい気がしましたよん♪
なんかねぇ、田舎味噌っぽい、味噌の独特の匂いがして
札幌系の味噌ラーメンとはちょっと違う、いい感じの味噌スープでした。

「通常じゃんがら」は、割とさっぱり系なんですが、さすがトンコツだね!
途中からずっしりと胃来ました。
でもって、値段が割りとリーズナブルなんでね。それはいいですよね。

って事で、「九州じゃんがららあめん」でした。

もし今度行く時は「味噌」にしてみよっと…



<今の所の好みの味のラーメン屋>
「くじら軒」
「黒船」
「揚州商人」
「桜吹雪が風に舞う」

<結構辛いラーメン屋>
「竈」麺喰王国店
「芳蘭」
「一風堂」


「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
[人気blogランキング]←クリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2006-03-27 10:43 | ラーメン
『 速報!! KISS 来日決定!! 更にF1も決定! 』
珍しく速報をお届けします。(^^;

通常の本日の記事はこちら
   =>『爆笑! オンエアバトル 第8回チャンピオン大会』


さて、当 バンド 「KIZZ」と言えば、
当然、「KISSのトリビュートバンド」でございまして…

「KISS」の動向もきになるところ…

ちょっと前に 「KISS ONLINE」にて、
来日にアナウンスがあったと思ったらすぐに消えて… (^^;

「また、例のお騒がせ?」

ってな感じ見ていたら、ほんと決まっちゃいました(^^;

その時も、「UDO ROCK FES」ってな名前があって、
アタクシなんぞは、

「新しいライブ会場でもできたかぁ?」

なんて思っていたわけですが、


「ザ・ロック・オデッセー」の進化形としてウドーが主催する
大型野外コンサートだそうで、


「ウドー・ミュージック・フェスティバル」


ってのが正式名称のようですね。

会場は、あたらしくなった「富士スピードウェイ」

「F1」の開催も噂になったりしております。


関西の会場は 「大阪・泉大津フェニックス」だそうで…
知らなぁ~~い(^^;

7月 22日、23日 同時に行われるんだってさ…

大規模野外ステージのKISS…

どうなるんでしょうね?

しかし、微妙だよなぁ~ これ、見に行った方がいいもんですか?(^^;

そりゃぁ、結構前で見られるならいいけど…

大規模野外ライブって事になると、下手したら音しか聞こえない
みたいな事も考えられなくもない…

その為に、「富士スピードウェイ」まで行くか?

う~~~~ん、 しばらく悩みそうですね(^^;

そほ他にも、 「サンタナ」、「ジェフベック」の名前が挙がっています。
ほんとかね? すごいねこりゃ…

※なんて言っている間に、2007年の日本グランプリ開催も
 決定したようですね。
[PR]
by kizz_army | 2006-03-24 13:14 | KISS
『爆笑! オンエアバトル 第8回チャンピオン大会』
『爆笑! オンエアバトル 第7回チャンピオン大会』
を書いてから、もう一年経つんだねぇ~ はぁ~~~あ… (--;

考えたら、「NUDA」より先にこっちを書けばよかったかな…(^^;
放送されてから、もう一週間たっちゃうもんね。 あはは…

ってことで、一応「第7回」を振り返ってみると…


タカアンドトシ
アンタッチャブル
三拍子
タイムマシーン3号
磁石
麒麟
飛石連休
キャン×キャン
ハマカーン
トータルテンボス
パンクブーブー

ってな顔ぶれ… 優勝は「タカアンドトシ」だったんでしたね。


で、「第8回」は? と言いますと…

もう先に結果を言っちゃいましょうね。
以下の様になりました。左側は点数です。


946 タカアンドトシ
894 ハマカーン
818 キャン×キャン
794 三拍子
750 NON STYLE
738 磁石
702 タイムマシーン3号
646 星野卓也
542 東京03
526 トータルテンボス
506 ホーム・チーム


「タカアンドトシ」の2連覇で幕を閉じました。


なんかさぁ~ もしかしたら…

お笑いブームも ひと段落?

「ブームだと騒がれ始めた時に旬だった人達で、生き残っている人」

もう、それぞれレギュラー番組持っていたり、
冠番組持っていたり、普通にネタをやっている所をすっかり
見なくなってしまいましたよね。

あの人達に、追いつけ!追い越せ!でがんばっている人達も
なんか、突出したひとって中々ねぇ~

基本のレベルが高くなってきちゃうから、
みんなそれなりにはおもしろいんだけど…

と、言った所でしょうか?!


・タイムマシーン3号
「第七回」の時からの注目株!
いきなり「M1ファイナリスト」になったり、
「お台場で実物に遭遇」したり…
去年がピークだったか?(^^;

・キャン×キャン
コンスタントにおもしろい!
ボケの方… どうしても出川さんとかぶる…(^^;

・東京03
珍しく3人組
こういう点数を競うものは分が悪い。
アイディアもネタもすごくいいと思うし、
唸らせられるのになぁ~~ シュールさがたまらん!
ジャンルが違うのかな?と言う感じ…(^^;

・NON STYLE
突っ込みの方のキャラが特徴あっていいかな…
でもなんか、安心して見てられない様な危うさを感じる(^^;

・三拍子
ここもコンスタントにおもしろいと思う。
でも、あきらかにセミファイナルの方がおもしろかった。
残念! タイミングとかいろいろ難しいよね。
左のでかい人、どうも板尾さんに見えるんだけど、
いいキャラしてます。

・ホーム・チーム
インパク度がちょっと弱いかも…
ぱっと思い出せない… (^^;

・星野卓也
おもしろい事は、おもしろいんだけど…
結局、「おもしろい部分」より、
「すげぇ~」っとか「うまいね!」って部分の方が
大きくなってしまう。
それと、見るたびに、「ネタの枯渇」を心配してしまう(^^;

・ハマカーン
お馴染みの顔だし、コンスタントにおもしろい!
ファイナルでは特によかった気がする。
だから2位?

・磁石
ファイナルでは、中盤からすごく乗ってきました。
オンエア常連だし、おもしろい

・タカアンドトシ
いつからだろう… あの形が完全に出来上がったのは…

「欧米かっ!」のつっこっみは、芸人さんの間でも
「伝説」になりつつある?…(^^;

時々、あのスタイルじゃない、昔の様な漫才も見て見たいけど、
あのスタイルにプラスアルファしてくるから、たまらん…(^^;

「またかぁ?」と思わせといて、意外な展開で度肝を抜かれる…

今回も、頭ひとつ抜きん出てた感じ…


・トータルテンボス
唯一、ほとんどおもしろくない…
いや、このファイナルだけじゃなくて…(^^;
おととしの「M1」で始めてみた時は
「お、新しいスタイルだな…」って好意的に見たのですが、
どうも、あかん…(^^;


でもって、残念ながらファイナルには残れなかったものの、
kizz_armyの注目株…

・イワイガワ
最初は、「なんだぁ?この人は?」と思ったけど、
すっかりとそのキャラにはまらせられている(^^;

最近はなんかあるたびに、アタクシも「あっ!」って、
手足の動作付きで言ってしまう(^^;

セミファイナルのネタは感動さえ覚える程の秀逸さだったけど、
「単純な爆笑度」からしたらちょっと難しかったのかな?

・U字工事
ほんとうに、スタンダードな漫才に好感が持てるし、実際おもしろい
でも、セミファイナルのネタ…
いままで見た中で一番つまんなかった(^^;

・パンクブーブー
結構好きよ!
安心して笑ってられる(^^)

・5番6番
・流れ星

去年の「M1」の時期あたりではイチオシだったんだけど、
なかなか波がこないっすねぇ~

・カンカラ
ほとんど、「ドリフ」の世界…
よく練られたネタと、立ち回りのおもしろさが好き!
金を払っても見たいと思わせる人達ですね。

・ヤポンスキー
アイディアいいんだけどなぁ~~
セミファイナルどまりでした。残念!


「ブラックマヨネーズ」や「タカアンドトシ」みたいに
スタイルが完全に出来上がってるところは今強いのかな…

みんなそれぞれおもしろいんだけど、全体的に見ても
おもしろい時と、そうでない時の差が激しいような気がする。

「あれぇ~ この前はすげぇ~おもしろかったのに…」

って、結構思うんだよね(^^;


来年は又どんな新しい顔が飛び出すやら…

「爆笑 オンエアバトル」… 今年もチェックしていきまっせ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
毎週金曜深夜24時(土曜午前0時)からの放送です。
新たなバトルの幕開けは4月7日金曜深夜です!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


だそうです! お間違いのないよう! (^^;

で、すごいサイトを見つけちゃいました。

「爆笑オンエアバトルサポーター」

データが凄いです!
今回の記事を書くのにも参考にさせて頂きました。m(__)m


「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
[人気blogランキング]←クリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2006-03-24 09:51 | テレビ番組
「KIRIN NUDA (ヌューダ)」
出遅れ感もたっぷりにお送りする、「KIRIN NUDA」のお話…


このBlogの歴史を紐解いてみますってぇと、
割と「飲料モノ」の記事ってのも多いんですよね。


『コカ・コーラ C2』

『続 コカ・コーラC2』

『A&W root Beer(ルートビア) フロート?』

「●徳暴●飲料 ※△★φ」

『ペプシブルー』

『冒険活劇飲料 サスケ』


で、まぁ、読んでもらえばわかるのですが、
「とにかく甘くないのが欲しいぞっ!」
って、事なんですね。(^^;

妙にコーラを飲みたくなるときもあるわけですが、
実際に飲んでみると、だいたい後悔する事が多いわけでして…

「げぇ~~ あまぁ~~~」ですよね(^^;

今風に言うと、「あまぁ~~~~~~~~~いっ!」ですか?

アタクシの様なものでも、同じ事を何度も繰り返しますと、
多少の学習ってのはするもんでしてねぇ~

後の後悔を考えると、買う時点でちょっと躊躇なんぞしたりするわけですわ!

なもんですから、最近の選択は「ジンジャーエール」
「まぁ甘くない方かなぁ~」ってね!(^^)


kizz_armyだってさ、もちょっと「稼ぎ」ってもんがありゃ、
そりゃぁ~ あの セレブの象徴! 「ペリエ」 なんてものを、
ごっそりと箱買いしたりして、常に冷蔵庫に並ばせておいたりしたりして…
なんて事もやってみたい所ではあるんですがねぇ~~

なかなかそうもいきやせんやね。

「あるある大辞典」だったかなぁ~ ??

「天然ミネラル炭酸水」

が身体にいい… なんてやってたましたよねぇ~

あるんだよね、 イタリア産かなんかの、「天然ミネラル炭酸水」

ペリエより安いヤツよ… 星のマークかなんか入っちゃってたりするやつ…

「お! これならたまには買えるかな?」

とか思ったって、まぁ、うまくないんだなこれが…(^^;

仕方がないので、たまに「素ソーダ」(単なるソーダ水ね)なんか
飲んでみたりして…(^^;

甘すぎないくらいに、ちょっと「カルピス」入れてみたりして…(*^^*)


そんなんだから、随分と前から妙に気になる商品があるのよね。
それが…

「そぉ~~~だ まっすぅぃ~~~~ん」…

「ソーダマシン」ってヤツよ!

東急ハンズとかで売ってるの見た事ない?
テレビとかでも時々出て来るかな?

小さな炭酸ボンベを使って、普通の水をソーダ水にしてくれる
ミニポットみたいなのが、あるわけさ…


これを使ってですねぇ、以前紹介した『浄水器 ブリタ』で作った水
から炭酸水を作れば、なかなかいいんじゃないかな?と…

まぁ、コストパフォーマンス的にはPETボトルの炭酸買うのと比べて
「どうなのよ?」って感じもしなくはないんですがね。(^^;


さて、たかだか「炭酸飲料」如きの事で、下手したら脳性疲労を
起こしかねないくらい、ごちゃごちゃと考えているアタクシに
とうとう、福音が訪れました。


最初CM見たときは、
「また 新しい発泡酒でもできたのかぁ?」
と、思ったんですが、違いました(^^;
だって、KIRINだし…

それが、「KIRIN NUDA」
(「ヌューダ」と書いても「ニューダ」と同じ発音だそうですが…)

これはまぁ、kizz_army的には、「だぶるおっけい」… (^^)v


いよ! 待ってました!

に、に、に、にっぽんいち!!

たっぷりとっ!


ってな感じでさぁね。


微妙なスポーツドリンクっぽい、 人口甘味料的な味が
いいような悪いようなですが、「素ソーダ」も同じ様な値段だからねっ!

先日も「ファミマ」では、お試し価格みたいなので売ってたし…

じゃっかん、今、マイブームであったりしたりしてまする(^^)


とはいえ、相変わらず、たかが水如き、高いよねぇ~~(^^;

「●徳暴●飲料 ※△★φ」 をじっくり復習して、これからもがんばろっと…


まぁ、なんやかんやありますが、結局の所…

「コカ・コーラC2」、 「ペプシブルー」、「バニラコーク」…

どこいったぁ~~??? って事で…(^^;



「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
[人気blogランキング]←クリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2006-03-23 09:57 | グルメ
『 宮川 泰さん… ありがとう…』
朝一のニュース… ちょっと愕然としてしまいました。

時々言ってますが、当Blogを書くためのネタ帳ってのがあります。

そこには、かなり以前から
「宮川 泰」と言う名前が書き込まれていたんです。


以前 『 阿久悠 さんの事 』を書いた事がありますが、
カラオケのイントロで表示される作曲家の名前ってあるじゃないですか?

あれを見ると、いっつも、

「えぇ~~~~~~! この曲も あの人が作ったんだ!」

と、驚かされる事がよくあるんですよね。
その作曲家のひとりに 宮川さんも入っているんですよ。

まぁ、有名どころでは「ザ・ピーナッツ」の曲ですよね。

子供の頃から、ずぅ~~~~~っと耳に残るあのメロディ…

カラオケやらでイントロが流れた瞬間に、

「あ、この曲も好きだったよなぁ~」とか
「この曲っていいよなぁ~」なんて思うと、必ず、
作曲かの名前は知っている人…

最近では驚きより「やっぱりそうだったのか」と言う納得の方が
大きくなっていたりして…

でもって、宮川さんの訃報のニュースには、
ほとんど全てと言っていいくらい

「宇宙戦艦ヤマト」

の文字が扱われています。

ご存知の様に、アタクシったら、「サウンドトラック」と言うジャンルにも
非常に傾倒しておりまして、家にあるCDのジャンルとしては
たぶん一番多いんですね(^^;

アニメ、特撮TVモノ、洋画、邦画、ドラマ…

いろんなのがあります。

そんな中でも、「宇宙戦艦ヤマト」のサウンドトラックの
壮大さと言うのは、ほんとに感動します。 すばらしい!

番組冒頭… 放射能に犯された地球をバックにあらすじが語られる時に流れる
女性コーラスをフィーチャーした物悲しいメロディ…

覚えてますか?

この曲を聞くと、今でも 「ヤマト」の背負った使命、
イスカンダルへの果てしなき旅、全てが甦ります。

以前、宮川さんの生い立ちを語るようなTV番組を見た事あるんですけど、
やっぱり 苦労した時があったみたいなんですよね。

あれほどの才能のある人でも、そういう時代があったというのは
ほんとうに以外でした。 厳しい世界なんだなとも思ったものです。

数年前にはまったTBSのドラマ「砂の器」で音楽を担当した
羽田健太郎さんは、宮川さんの弟子であると公言されてました。

羽田さんも後期の「宇宙戦艦ヤマト」の音楽を担当されていた事も
あるんですよね。そんな関係で、羽田さんにも注目していたもですから、
「砂の器」の音楽にもはまり、コンサートまで見に行ってしまったわけです。

偉大なクリエイターが亡くなるというのは、
もう新しい作品が生み出されない事なわけでして、
その損失と言うのはほんとうに大きいですよね。

加えて、宮川さんの場合はあの明るいキャラがありましたからねぇ~
トークなんかもすごくおもしろかった! 楽しませて頂きました。

あの、素晴らしいメロディ達は一生記憶に残る事でしょう…

作品とともに、宮川さんの元気な頃の姿も思い出すことでしょう…


宮川さん、素敵なメロディをありがとう…
[PR]
by kizz_army | 2006-03-22 09:18 | 音楽
『チケット争奪戦(ベルバラ編)』

最初から贔屓にしていて、いつも応援していて思い入れも人一倍…
お金だって、普段からたくさん使ってます。

そんな方々にとって、
「ちょっとテレビで見たから行ってみよ!」
なんていう「にわかファン」と言うのは、実はちょっと迷惑(^^;

普段は取れていたチケットがいきなり取り難くなったり…
あまりいい席が手に入らなかったり…

もちろん、

自分の好きなものをたくさんの人に知ってもらって
この喜び、すばらしさを共有してもらいたい!

って気持ちもあったりで、ちょっと複雑…(^^;

でもさぁ普段から、ファンサイト作ったり、
なんやかんやと布教活動、宣伝活動やったりしてるようなファンの人たちには、
たまにはなんかメリットあってもいいと思いますよねぇ?

なんのジャンルでも…

だから、たまには「KISS」近くで見させてくれよ!(^^;

と言うのは置いておいて、まずは!


『プロジェクトX 【ベルサイユのばら 愛の逆転劇 ?宝塚復活?】』

やら

『観戦!宝塚!』

読んでいただきましょうかねぇ~~♪ (^^;

「宝塚」自体、
「機会があったら又見てもいいかなぁ~」

ってな所へきて、先日の「ベルバラ」の話でしょぉ?

「やっぱり、みたぁ~~~いい!」

と、思ってたわけですよ。
一応チケットの発売日もチェックして、カレンダーに書き込みました。

その時点では、発売日も結構先…

「忘れないようにしなきゃなぁ~~」って所…


とすると、発売日を前にして、朗報が届きました。

「プレリザーブチケットのお知らせ」

ですがな!

「これは出来る事なら確保しておきたいな」

と言うチケットは割りと利用させてもらってます(^^)
でもまぁ、「すごくいい席」ってのは、逆にこれでは
とれなかったりするわけですが… いけないよりはマシです。

「なんだよラッキーじゃん!」

って事で、早速申し込ませていただきました。

でもって、初めて見ました!!!

「お申し込みのチケットはご用意できませんでした」

とう、結果通知のメール… (T_T)

「プレリザーブチケット」ってのは、抽選なんですよね。

今まで申し込んだものは、あとになって見れば
「普通でも余裕で確保できたチケット」っぽいものばかり…(^^;

さすがに、今回はダメだったらしい… (--;

さすが「宝塚」、でもって、さすが「ベルバラ」ですわな…

しかぁ~~し! わすれちゃいけません!

そう! まだ、一般発売日が残っておるわけですよ♪ (^^)


発売日当日… むだに早起きしてパソコンの前で待ち構えます。
チケット申し込みページを事前に表示して、
ぴあのIDも準備万端!

「さあ、きやがれ!!」状態でございます。


さぁ! 午前10:00!

いよいよ、チケット争奪戦のスタートでございます。

「ただ今アクセスが集中して繋がり難くなっております。」

まぁまぁ、いつもの事です。(^^)
根気よく「リロード」を続けます…

5分… 10分… 15分…

時々「e+チケット」も覗いて見ますが、まぁ、状況は同じ…
若干「e+チケット」の方が許容量が低いらしく、
以前失敗した事があるので、あくまでこっちは補助的な存在…(^^;

さすがに、15分を過ぎると苛立ちが…(^^;

この日発売のチケットは他にもたくさんありますからね。
それも込みで繋がり難くなっているわけです。
もちろん、他の人たちだって同じ状況の人はたくさんおるはず!

がんばれ! kizz_army!!!

って事で、20分を過ぎたところで、やっと申し込みページが表示されました。

日程と、チケットの販売状況を確認します。


ぜぇ~~~~~~~~~~んぶ、バツマーク!


あはは… (T_T)

約2ヶ月に渡る、全公演、全座席、20分で完売になりました。

うわぁ==============ん(;_;)


その後しばらくして「e+チケット」の方も繋がりましたが、同じ状態…
しかも、「宝塚公演」って一番いいせきは「SS」なんですが、
「e+」では、その取り扱い自体ないんだよね。

まだまだ、「ぴあ」に一日の長があるようですな(^^)

ここで、「ぴあ」のページのある部分に目が止まります。

「yahooチケットでも発売しています。」

yahooのIDがあれば、そっちも利用できるんですね。
さっそくそっちに行ってみると…

うぉ! 平日分には「若干残席あり」のマークが!

でもって、リロードした瞬間にそれもなくまりました。

あぁ~~~~~~、最初からこっちに来ていれば… (--;

まぁ、「アフターフェスティバル」でございますよ。

しかし、ああいう激戦チケットって
ネットでほんとうに買えるんでしょうか?(^^;

繋がる人と繋がらない人になにか違いはあるのでしょうか?

まぁ、それは電話の時代から同じ事が繰り返されてるわけですが、
ほんとに不思議なんですよね。

この謎をだれか教えてくださぁ~~~い!


くそぉ~~~~~~!!
今度から激戦チケットは、窓口で買ってやる!


ネット販売なんて、絶対利用してやらねぇ~=!(^^;


「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
[人気blogランキング]←クリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2006-03-20 09:52 | 旅行&レジャー情報
『【hanako】&【CAZ】 吉祥寺特集 』
もちょっと早く書けばよかったんだけど…

ちょっとだけずれちまったい!(^^;

ちょうどこの時期、春の気配がしてくるってぇと…

なぁぜか、【CAZ】でも、【hanako】でも、


「吉祥寺特集」

ってのが必ずあるんですねぇ~~

えっと、
【CAZ】ってなに?
【hanako】ってなに?

って方は読み飛ばしていただければ…(^^;


でも、

【CAZ】が、
設計図を描くソフトウェアじゃないのは間違いない…

【hanako】が
「一太郎」で有名なジャストシステムの描画ソフトでもない…

位がわかっていただければ、大丈夫かもしれません…(^^)


と、書いてみたはいいものの、
このネタどうやって発展していけばいいのやら…(^^;
単なる「雑誌の宣伝」だもんなぁ~

アフェリエイトくれ! 位しか書く事ないかも… うははは…

さてこの「吉祥寺特集」ですが、、だいたいメインの記事は
「食べ物やさん」の事…

つまりは、アタクシkizz_armyもだいぶ参考にさせていただいてるんですね。

で、今回の【hanako】の方はそれに加えて、タイトルが、

「みんなが吉祥寺を好きな理由」

っていうのよ…

なんだかしらんが、吉祥寺って「住んで見たい街 No1」なんだってさ!

ほんとなのかねぇ?(^^;


都内の割と「繁華街」と言われている所ってのは、どこもそれなりの独特の
雰囲気やら空気感ってあるじゃないっすか?

わりと新宿あたりは違和感ないのですが、
どうも渋谷に行くと、

「自分の居場所じゃないなぁ~」

なんて思ったりね。(^^;

で、「吉祥寺」ってのは、それなりに何でも揃うし、
食べ物やさんもいっぱいあるし、
路地の古着屋さんなんかも、最近結構注目されてるし、
その割には、いかがわしい雰囲気があまりないし、
人が多い割には、窮屈感をあまり感じないし、
そんな所が魅力なんですかねぇ~

ここでちょっと、今まで訪れた吉祥寺のお店の記事を
振り返ってみる事にいたしましょう!!

『 手羽先専門店 【鳥良】 』

『 噂のパン屋 【ダンディゾン】 』

『 イタリア料理 RISTRANT Primi Baci(プリミ バチ)』

『【焼小龍包】by 中国家庭料理 [小龍] 』

『居酒屋 猿蔵(ENZO)』

『おすし 大益(だいます)』

『恵みを喰らふ!Vol18【とびうお】』

『麺屋探訪 【麺屋武蔵 虎洞】』

【CAZ】や「hanako」に載っている店、
過去に載った店、載ったことのない店、あると思います。

と言うわけで、今日は過去記事を振り返ってお茶を濁すとしますか(^^;

機会があったら、「hanako」風… 「アド街っく」風…
に、吉祥寺の他のお店のコネタ特集でもやってみましょうかねぇ~~

とりあえず、まだバックナンバーがあると思うので、
興味のある方はご購読くださいませ…

吉祥寺の本屋さんには、一年中山積みになってます(^^)


「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
[人気blogランキング]←クリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2006-03-16 09:56 | グルメ