★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★ 最新KIZZ 情報!! (09/02/02 更新)
★     
★   『 お知らせ~ [KIZZ]は活動停止します ~ 』
★     
★   kizz_armyでございます。

★   約7年半に渡り、ご愛顧いただきました
★   KISSトリビュートバンド 【KIZZ】ですが、
★   2008年末を持って、活動を停止する事になりました。

★   既にライブも決定している中での決断だったため、
★   関係各位には多大なるご迷惑を
★   お掛けしたことを改めてお詫び申し上げます。
★   
★   まさに、「語りつくせば尽きないけれど…」と
★   言った思いではありますが、
★   またいつの日か、違った形になるかもしれませんが、
★   なんらかの形でみなさまとお会いできる日が来る事を
★   ちょっと期待して…

★   ほんとうにいままでありがとうございました。
★   皆様の KISSライフが 更に充実する事を願いまして…


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

《ニュース!!》
   『KIZZ』の出演している映画がありました!
   タイトルは「スペースポリス」

   詳細は該当記事にて…
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

≪クイックリンクコーナー≫
【KISS トリビュートバンド [KIZZ]】 ホームページへ…
【Charトリビュートバンド[Smoky]】Blogへ…
kizz_armyへのメールはkizz_army@hotmail.comまで…
「kizz_army」のジャンル別Blogリンク!!
興味のあるジャンルのタイトルをクリック!! (^^)

== フォトリーディング&マインドマップ活用の読書記録 ==
<< 知識増量堂 ブックセンター >>

==世界遺産を見たぁ~~~~いい!!==
≪ 世界遺産に魅せられて… ≫

==日常を向上させるヒントや情報のBlog==
≪ 日 常 向 上 旅 団 ≫

==映画鑑賞専用Blog==
≪シネ、シネ、シネマ団≫

==コンサートや、観劇、スポーツ観戦のBlog==
≪鑑賞、観戦、観劇…やっぱり生がいい≫

==テレビ観賞専用Blog==
≪テレビっこ、世にはばからせていただきます。≫

==食べ物の情報、食い物屋の情報等のBlog==
≪マスタ! おまかせでお願い!≫

==きれいな日本語を話したい! って事でそのまんま!==
《きれいな日本語を話したい!》

<   2005年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧
『お笑い戦国絵巻 勢力分布 (2005年末に向けて…)(前編)』
さてさて、先ずは以前、まだこのBlogが存在していなかった頃…
もう、2年近く前の事ですわ!
あれから早二年…… おっとろしぃ~~~(^^;

まだ掲示板を使っていた頃、2004年の2月に放送された
「笑わず嫌い王決定戦」の事を書いた記事を
前振りとして使って見ましょう!(^^;

まだ、ペナルティもレギュラーも殆ど知名度が無かった頃なんですね。


「ペナルティ/レギュラー」 kizz_army@マネージャ 2004/02/23 13:49
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一瞬、なんのこっとやねん?
と、思いましたぁ?(^^;

先週の「めちゃイケ」をご覧になった方はおわかりでしょう!

「ペナルティ」も「レギュラー」もお笑いコンビの名前です。

最近若手のお笑い芸人さんを取り巻く環境が熱いです!(^^)

ちょっとネタが古くなってしまいましたが、
kizz_army一押しと公言いたしました「フットボールアワー」
なんと、M1グランプリで優勝!エッヘン(^^)v

歴代優勝者にならい「フットボールアワー」もここに来て、
全国ネットの人気番組への露出度が急激にアップしてるのは
みなさんご存知の所ですよね。

更に、以前ご紹介した「アンタッチャブル」が敗者復活線から
最終決戦にまで進んだ上に、審査員から絶賛されてたじゃありませんか!
古(いにしえ)の漫才ブームを髣髴(ほうふつ)とさせる最近の状況は
うれしいものがありますねぇ~~

そんな中たまたま見たのが先週の「めちゃイケ-笑わず嫌い王決定戦」です。
年に1回の企画だったんですね?過去にこのコーナーに出演した
芸人さんの顔ぶれをみれば、なんか既に「登竜門」的な位置
出来上がっちゃってるような感じさえします。

そんな中でkizz_armyの琴線にピピっと触れたのが「ペナルティ」と
「レギュラー」というコンビです。
二組とも、既に若手と言う感じではないのですが、もしかしたら
今年波に乗っちゃうかもしれません。


えぇえぇ、わかっておりますとも!
えぇえい!みなまで言うな!(^^;


いやね、こういう芸人さんて、すごぉくコアなファンの人がいるわけですよ。
実際、そういう系のHPなんか行けば、いっつもお笑いのライブはチェックして
足繁く通い、無名時代から応援し続けてる方もいっぱいいるはず!

又、無名だからこそ自分のお気に入りをみつけて育てよう!って凄い人もいたり…
そんな人からみたら「なにを今更!」と思われるのは重々承知の上で
ご紹介してますが、ほんと、一気にブームが来るかもしれませんよぉ~(^^)

え?どんな感じかってぇ?
う~~ん、二組とも説明のしようが・・・(^^;
とはいえ、よく話題にする「爆笑オンエアバトル」には2組とも
何度か出演してるみたいなんですよね。

「だったら、そん時気がつけよ!>kizz_army!」
と自分で突っ込みいれたりしてたりして(^^;

なんだか、「ディスコ」もブームの再来とか言われてるらしいじゃないですか!
考えてみると、ほんと「○○ブーム」って繰り返されますよねぇ~~
「漫才ブーム」って言うほど、今のお笑いは「漫才」って単語で
括られないほどいろんなタイプがありますが、
「なんとかブーム」って呼ばれてもいい状況になってきてる様な気が
とぉ~ってもしてるんですけどねぇ~~~(^^)


土曜日の夜以来、頭から離れないんですよ。


♪ハイ!ハイ!ハイハイハイ!
♪あるあるたんけんたい!
♪あるあるたんけんたい!
♪あるあるたんけんたい!

見てない人にはさっぱりな所が痛いのよね^^;

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


てなわけで、この時は「見た人しかわからないんじゃないの?」と思われた
「あるあるたんけんたい!」
は、今は知らない人はいない状況になってしまいましたね(^^;

しかも、この時予想した2004年よりも、2005年になってからの方が
「レギュラー」、「ペナルティ」共に露出度が多くなってきてるんですわ!

「なんとかブーム」じゃなくて、
ふつぅ~~に「お笑いブーム」とか言われちゃってるしね(^^;


って事で、時々「M-1」の話題もそろそろ出始めた昨今、
ちょっとお笑いのネタでもかましておこうかな!
ってな邪(よこしま)な企画でございます。(^^)

『お笑い戦国絵巻 勢力分布 (【はねとび】の没落)』

って記事では、「はねとび終わるんじゃねぇの?」なんて言っていたのに、
なんと「ゴールデン進出」しちゃいましたね。(--;

「みなさんのおかげです」みたいな総合バラエティーって感じの
位置づけなのかな… 多分… (^^;
「グローバル TPS」あたりが復活してたし、
過去のキャラが復活するってのは、ちょっと見たいな…(^^;

まぁ、「kizz_armyの予想も大したことねぇなぁ~~」と言う
印象も非常にあるわけですが…(^^;

その辺りも、ご考慮頂いた上で、納得するもよし…
「甘いぜ!」と思うもよし… って事で!

今日は前振りのみにて終了(^^;

続きはあしたねん!♪


「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
[人気blogランキング]←クリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2005-10-31 10:38 | テレビ番組
『QUEEN+P.R @さいたまスーパーアリーナ (10/27) Part2』

※超ネタバレありです!今から見る方はご遠慮くださいな(^^;


「Part1」の続きです!

さあ! いよいよ、KISSばりの幕が落ちてライブはスタートいたしました。

ポール・ロジャース…
前評判どおり歌はうまい!

前回お話した、音響のよさも手伝ってかヴォーカリストとしての
パフォーマンス、魅力を遺憾なく発揮しておりました。

そして、ブライアンメイのあの特徴あるギターサウンド…
目の前でかき鳴らされてますよ!
いいです! やっぱり生はいい! ホンモノはいい!

非常にクオリティの高い演奏が繰り広げられます、
ましてや、知っている曲… 自然と体が動きまさぁ~ね(^^)


更に、特筆すべき点は、「照明システム」

昔からQUEENと言えば、独自の「照明システム」を使って
その世界観を確立していたとも言えなくもない位ですよねぇ?

それに加えて、更に最新のテクノロジーを駆使してるんでしょう!
まぁ~~~すごい「照明システム」だわ…

あれなんて言う照明なんでしょうね?(^^;
バリライトの発展系とでも言うんでしょうか…
照明の取り付けられている、フレーム自体も上下に動く
しかも、左右の高さを変えて動くので、フレームがまるで
幾何学模様を描くように動くのよねぇ~

あれは凄いわ!(^^;

なんせ、照明の一つ一つにスタンバイランプと思われる
小さな赤いランプが付いてるんだけど、
照明が消えると、そのランプだけでも赤い星の様で(赤い彗星ではない)
とてもきれいなんだわさ…

ステージ後方には、大砲の数十倍の径を持つとんでもなく馬鹿でかい
サーチライトの様なものもあったし…

QUEENワールドをそのまま復活させた感じで迫力満点です!


とまぁねぇ、それも前半の数曲迄かな…(^^;

中盤にさしかかろうとした頃…
ブライアンメイが一人、花道でアコースティックの12弦を弾き始めました。
これがねぇ~~ まぁ~~~~すばらしい!
当たり前なんだけど、めちゃうま!
始まった曲は「Love of My Life」

めちゃめちゃ感動した! でもって、会場全体が大合唱するのを聞いていると
ふと、フレディの声が聞こえてきそうな気がしたのね。
でもって、なんかフレディがいる様な気がしたのね。
ほんとうに、ステージに現われそうな…

でも、いないんだよなぁ~と思った。
そしたら、なんだか泣けてきた…(^^;

まぁ酷いよね、更に追い討ちかけるんだもん!
そのまま、アコースティックの第二弾が、「手をとりあって」

声が震えそうで、歌えなかったよ…(^^;

このアコースティックコーナーの後は、
ワタクシすっかり意識が変ってしまいました。

あの「Delay」を駆使しまくった、ブライアンの一人ハモリギターソロ
生でしっかりと聞けたよぉ~~
しかも、「さくら」を取り入れたアレンジまでしてくれて…
また当たり前の事言うけど、ほんとギターうまいわ!(^^;
全くミスなしって言ってもいいんじゃない?

しかもあのギターってさぁ、22フレット以上あるんだよね。
でもって、22フレット以降のフレットの間隔なんてほんと狭いのよ。
とすると、ちょっとした押さえ方のブレで音が出なかったりする事あるんだけど、
そこを使ってあれだけ全くノーミスってのはほんと凄い!
プロフェッショナルの領域の違いをまざまざと見せ付けられた感じですわ!


ロジャーのドラムソロありぃの…
ロジャーが歌う「These Are The Days Of Our Lives」ありぃの…

結局ポールが歌ってても、コーラスのロジャーの声ってすごく目立つのね。
そこだけQUEENだったりして、そこだけに感動したりして…(^^;

で、この一連のコーナーを見て、繰り返しになるけど完全に意識が変っちゃった…
ポールの力量で、前半はそれっぽく楽しめたけど、

「やっぱり違う」…って思っちゃったのね。

いや、今更なのはわかってるけど…
ポールが居ない時、ブライアンやロジャーの奏でる楽器の音、
歌声を聴いていると、どうしても頭の後ろの方でフレディの声がするのよ。


その幻覚の様な歌声と、ブライアンとロジャーの生演奏の方が
しっくりくるのです。感動するんです。


次第に、ポールいらないんじゃないの?って思い始めてきちゃったんです(^^;

みんなすごい大合唱なのよ…
よく歌えるよねぇ~ 英語の歌詞なのに…(^^;
覚えようと思って覚えないと覚えられないと思うんだけど、
ほんとにみなさん歌ってる… その声が又心地いい…

ここで、考え付いたんですよ!
もう、QUEENのライブにボーカリスト要らないんじゃないの?って…


ブライアンと、ロジャーが生演奏する中、
フレディのVoトラックの寄せ集めかなんか、コンピューターでうまく編集してさぁ~
それを流すわけですよ!
でもってビデオクリップも流して、大きなモニターには歌詞を表示して、
後はみんなで歌えばいいんじゃないの?って…


ライブが進むほどにその思いは強くなりました。
それほど、やっぱりフレディってのは印象に残るエンターティナーだったんだな
って改めて思い知らされました。
まぁ、いないからってのも手伝ってるとは思いますがね…(^^;

おかげで、ちょっとこのライブが虚しいものの様に思えちゃいましたよ。

でもね。笑っちゃったのが上に書いた企画、「ボヘミアン・ラプソディ」
現実になっちゃいました(^^;

フレディの歌声と、フレディの映像で、演奏されたんですね。

「なんだよ! わかってるじゃん!」と、ひとり納得した瞬間でした。
全部あれでやればいいのに…(^^;

アンコールではギター一本で「Born To Love You」
演奏されました。 日本だけのスペシャル曲のようですが、
バンド演奏して欲しかったなぁ~~~

その後はまぁ、ほんとお決まりコース!!
言わずもがなの展開でして…

しかし、あれ程終わり方がお約束どおり、寸分たがわず決まってると。
ある意味つまんないね。
そこで絶対終わりだもんね。
「ハプニング的なその後」は絶対ないんだからなぁ~(^^;


それなりには楽しんだけど、値段分はどうだったかな(^^;
ブライアンはポールについて、「フレディを真似てない部分」を
評価してるらしいんだけど、

ワタクシとしては、栗田貫一方式を望みますね。
本当に、声も見た目もそっくりな人探してください。
それで、トリビュートバンドとしてやってもらった方が
楽しめるかもしれません…(^^;

そういう意味では、日本のQueenトリビュートバンドさんにも期待しますね。
以前の記事『ライブレポ【Queenだらけのコピーバンド大会】』で紹介した
「ROYAL FAMILY」のROYさんは
今回テレビにも出まくってましたね。(^^;
まぁ~~、会場でも目立つ目立つ…
おかげで、「ROY」を検索キーワードにこのBlogに
辿り着いている方もいらした様です。

まだ、横浜公演ありますからね。
さいたま行ってないけど、読んじゃって興味を持った方…
まだ、間に合うかもしれませんよ(^^)


「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
[人気blogランキング]←クリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2005-10-28 11:36 | 音楽
『QUEEN+P.R @さいたまスーパーアリーナ (10/27) Part1』

※超ネタバレありです!今から見る方はご遠慮くださいな(^^;


さてさて、究極のQUEENトリビュートバンド「QUEEN+」
を見てまいりましたよん♪


以前、『【キュイ~~ン】とかでどうですか? 』なんてモノを「前編後編」に渡る
超大作として書いた経歴もあるワタクシですが、

やっぱり、ブライアンのギターの音も生で聞いとかなきゃあかんでしょ?

って事で、はるばる「さいたまくんだり」まで行ってきました(^^;


先ずは、「さいたまスーパーアリーナ」
駅ビルと言っていいくらいの場所にあれ程のホールがあるってのはすごいね!
きれいだし、でかいし…

しかも! 音響がいい! なんなんでしょ…ナチュラルな残響感が非常に心地よい…
「音が回っちゃってなんだか訳わからない」と言う悪条件から
脱しているだけでなく、「いい方向」に反響が作用しているように感じました。
そういう設計なんですかねぇ?

でもって、でかいねぇ~~ 武道館の倍以上の収容人数…
外から見たら、まぁ~SFの中に出て来るような建物なのだわさ!

Yahooの先行予約分に一応申し込んだのが当たって手に入れた
チケットなのですが、レベル200とかいう所なのね。
早い話が、アリーナじゃないわけです。

「さいたまスーパーアリーナ」のHPで座席レイアウトを見ると
二階席って感じに見えたんですね。

「なんだか、そんなにいい席ではなさそう」な雰囲気で
非常に心配だったわけですが…

「レベル200」ってのは、どうやら「横浜アリーナ」でいう所の「アリーナ席」
(ご存知の様に「横浜アリーナ」では一般的な「アリーナ席」は「センター席」と言う)
実際の、床面から続きの様に斜面になっている席だったんですね。

それの、まぁまぁステージより…
なんで思ったよりは、結構いい席だったのでは?って感じでした。
まぁ、遠い事は遠いのですが、良く見えました(^^)
しかも、椅子が「結構いい椅子」…
でもって、映画館などにある椅子と同様座る部分が上方に畳める方式だったんですね。
これが意外と便利!!(^^)

席自体が結構な斜面になっているので、椅子を畳んだ状態で、もたれかかるように
使うと、オールスタンディングでも割と楽して見られるんですわ!
これはよかった(^^)

こうやって、見てる方… 結構多かったんじゃないかな…
だって、だって… なんせ、年齢層高い!(^^;

実際そうだったんだから、はっきり言うけど、
「おじさん、おばさん」が多いわけですよ!(^^;
でもって、どうみても「おじいさん」って感じの方まで…(^^;

「KISS」よりも、若干高めの感じがいたしました。


まぁ、そんな感じの席だったのですが…
実は! 昨日! あるBlogで「衝撃的な記事」を発見してしまったんですね。

それは、
「アリーナ席の後方は、【見え難い】ではなく【全く見えない】」
と言うもの…

実際、縦長方向に配置されたアリーナ席の後方ははるか彼方…
しかも、その記事にもあったように、とにかく「ステージが低い」

センターには結構な長さの花道があるのですが、そこはメインステージより
更に一段低いんですね。で、ポールは割りとそこに居る事が多いんですよ。

「あれじゃ見えないよな…」って感じでした。

もし… もしも… 本当に「全く見えない」のだとしたら…
更に、その事についてチケット購入時に「全く説明がなかった」のだとしたら…

あまりにも酷くない?
それで、¥12000よ?

訴訟起せる位のレベルじゃないかと思ってしまいましたよ。
いや、まじで…

いつも言っているのですが、
「良心あるミュージシャンはドーム公演はしないで欲しい」
と言うのがあります。

そりゃ、やるほうは一度で武道館の5倍近い動員があるわけですからいいですよね。
又、その動員を見込めるこそのドーム公演はステータスなのでしょう…
でも、見るほうはたまったもんじゃありません。

しかも、今回の「QUEEN+」… 更に酷いよね。
だって、「もう見られないかもしれない…」って思ったから
平日にも関わらず、豆粒くらいにしか見えないかも知れない
「スーパーアリーナ」の公演に
¥12000も出してチケット買ったのに…

「横浜アリーナ」で週末の追加公演… 値段は同じ…

「横浜アリーナ」の方がいいに決まってるじゃん!
最初にTVでこのCM見たときは愕然としましたよ(^^;

でもって、更に…

今回の「QUEEN+」…活動開始と同時にネットニュースでも
一般の記事と同様に扱われていたわけですよ。
マスコミの盛り上がりは凄かったわけです。
当然、チケットも下手したら即日完売… プレミアチケットになりかねないのかな?
と、思っていたんですね。

アタクシが申し込んだ「Yahooの先行予約」も
当然抽選になるだろうと思っていたし、予約完了のメールが来た時も
「抽選に当たった」と思っていたんです。

ところが!!

まぁ~~、ものすごいチケット余り状態…(^^;
先々週辺りは、アリーナ席でさえ捨て値同然でオークションに出てました。
アリーナ席以外のチケットは全く入札が無い状態でねぇ~
それでも、不思議な事にほぼ席は埋まるんだからね(^^;
どういう流通経路があるんでしょう… ほんと不思議…

とは言え…、実は… 変な客席の作り方しててねぇ~
あるブロックだけ、全く客席として使用していない所があって…
そういう所でも、最前列位には数人のお客さんが居たり…

もしかして、席減らさないといけない位チケット余ってた?(^^;


だからねぇ~でかい会場でやるときは、もっと細かくチケットの値段設定
してくれないと、ほんとおかしいと思う…

ましてや、会場にあわせてその上限も設定するべきだと思う…

チケット代だけで、一晩に3億の金が動いてるわけですよ!
アリーナのセンター部分、前から20列位はもっと高くてもいいと思うし
ほんとに見えなかったのなら、アリーナの後方なんてどう考えても、
半額以下の値段設定が妥当だと思うんですけどねぇ~


あともう一点…
会場内の飲食物…

ソフトドリンクが¥250…
まあ、値段的にはそんなもんかな?とは思うものの…
コーラ、Qoo、ウーロン茶、アクエリアス…
販売ブースの後ろで2リットルのPETボトルから
ただ紙コップに注ぐだけってのはどうかと思う…(^^;
(あ、氷も少々、蓋とストローはつくか…)

せめて見えないところでやるとか…
ディスペンサーを用意するとか…

いくら会場内だからって、よく¥250って値段がつけられよね。(^^;

とまぁ、ライブの内容以外だけでこんなになっちまいました。

ライブの内容に付いては「Part2」にて…(^^;


「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
[人気blogランキング]←クリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2005-10-28 10:02 | 音楽
『【24 シーズン3】 完了 ネタばれ非表示対応』

※毎度のことながらストーリーに関わる部分は後半部分にて、非表示対応にしております。


「あれだけ盛り上がっといて、続きはどうした?」

誰でも言いたくなるセリフのはずなのに、
だれもこの件には触れず…

非常に大人な対応をしていただき感謝でございます。

なんてね。 なわきゃないわな(^^;


【24 シーズン3】のレンタル開始にあわせて、
早々と見始めたVol1~Vol3の記事を書いたのが、既に1年前…

びっくりしちまいますわ!(^^;

「なぜ続きをすぐに見なかったのか?」

まぁねぇ、この歳になりますってぇと
「いろいろな大人の事情」ってモノもありましてねぇ~(^^;
(なんじゃそれ!)

てなわけで、幸いにも先日! フジテレビで! 「シーズン3」を!
放送してくれたもんで、やっと全編を鑑賞する事ができました。

で、全体的な感想から言わせてもらいますと!

「 やりすぎ! (--; 」


ちょいと、おまえさん!
いくらなんでもやりすぎでんがな!


そりゃぁもう、「ハラハラ度」「ドキドキ度」なんてものは、
「シーズン1」「シーズン2」を凌ぐ程の仕上がりを見せている訳ですが、
あまりにもその代償が大きすぎますって!(^^;


DVDでのVol1~Vol3に収録されている分は二回目の鑑賞に
なるわけですが、そこまであたりは、ほんと1年前に書いた記事が
非常に端的にわかりやすく、そこまでを表現していると思えるわけですが(^^;

そのすぐ後くらいから…

「やられた…」(--;

まさに、この一言でした…

も一回いいますね。

「やられた…」

です!

まぁ、散々同じ事いってますが、よくもまぁこんな話を作れるもんですな!

「驚嘆」… としか言い様がありませぬ。

でも、やっぱり全編に渡って「やりすぎ」…(^^;

「シーズン3」を今回見始めるに当たって、非常に参考になったBlogの
記事がありまして…

それは、
「KISS! KIZZ! Rock’n Roll Fire!!」
ってBlogの
『今から【24】をご覧になる方の為に…』
ってヤツ… これがまぁ、役にたったね! 「シーズン1」から続く不変の
「24の見方」を復習!実戦させて頂きました!m(__)m

更に見終わった後、読んでおもしろかったのがこれ ↓

『【24】シーズン3の見所はここだ!』


「まったく関係なかったね」 ってのと、「ポイント押さえてるねぇ~」
ってのが、はっきりしてておもしろかったわ!(^^) ウハハハ…


まぁねぇ、ジャンルが違うからって事もあるけど、
話題のドラマとか、微妙に話題になってる映画とか、旬のスポーツ中継とか…

一切合財、ぜぇ~~~んぶ切り捨てても… かなぐり捨てても
「24」を見た方が有意義な時間すごせると思うよ(^^;

特に!! 10:00~11:00の回なんて
その痛快感! 迫力! どれを取ってもTVドラマの枠を超えてる!

まさに必見!!

でもねぇ、今回のテレビ放送には若干の不満が…
「シーズン4」のDVDのCMが頻繁に流れていたようですが、
例の如く「ネタバレ」から身を守る為に、
そんなものは全て飛ばしていたにもかかわらず。

笠井アナウンサーがご丁寧にも「シーズン4」の内容について
しゃべってくれたんですね(--メ

ほんと余計な事言うよなぁ~~ 途中のコメントなんか、なかなの事いう時も
あったにもかかわらず、「全くわかってなかった」って事が判明しちまいました。

それと、スケジュールの都合等々あるのでしょうが、
関根勤さんが、ナビゲーターとして出演しなかったのがちと残念。

しかし、「シーズン3」でこの状態じゃ
「シーズン4」ほんとどうなっちゃうんでしょ(--;

って事で!

以下は見た方用のコーナーです。
[PR]
by kizz_army | 2005-10-27 10:17 | [24 TWENTY FOUR]
『恵みを喰らふ! Vol26【筋子】=>【いくら丼】』
kizz_armyが幼少の頃…
よく親戚全員で遊びに行く事がありました。
総勢30人弱と言った所でしょうか…

海や山に行くわけですが、
なんと! 叔父さんの一人に魚屋さんがいまして、
海に行ったりすると魚を捌いてくれるんですよねぇ~

今考えたら、むちゃくちゃ贅沢な…
その頃はまだ今の様に「生もの大好き!」って感じでもなかったんで、
「はぁ~~~、もったいない事したな…」と言う感じぃ(^^;

さて、最初に「いくら」に出会ったのは、このメンバーで山に行ったとき…

叔父さん連中は結構「釣り」を楽しみにしてたようでしてねぇ~
目的地に着くと、「竿」やら「餌」やらの準備に余念がないわけですな(^^;

そこで始めて見た、プラスチックの容器に入ったオレンジ色に輝く物体

「マスを釣る餌だ」と言うのですよ(--;
更に、
「人間も食べられる」と言うのですよ(--;

「食べてみるか?」って言うんで、一粒食べてみました…

「うぇ======っっっ…」(T_T)

生臭いやら、トロッとした感じも気持ち悪いやら、

完全に、「騙された!」と思いました。

「単なる釣用の魚の餌を 面白半分に食わされた」

と、思ったんですね(^^;

そんなイタイケナワタクシも、世間の荒波に揉まれて、
いろんな事がわかってくると「いくら」なんてものも
「ご馳走」と化すわけですから不思議なもんですな!

とは言っても、高級品… そうそう食べられるもんじゃありません。

逆に、最近は回転寿司やらの台頭により
「人工かぁ?」ってな感じの「うまくない、いくら」も氾濫する世の中になりました。
まぁ、その分身近に、安くそれっぽいものが
食べられるっちゅうメリットはあるものの、
どうにもこうにも、うまくないものになりつつもあったり…(^^;
折角の「高級なごちそう」のイメージも薄れつつありますわな!

そんな中でも、「ちゃんとしたいくら」を「ちゃんと調理」すればやっぱりうまい!

「なんじゃこりゃ!」って位うまい!

「えせ いくら」にはない、旨味、甘味、プチプチ… 健在でございます。

で、元に戻るけどそういうのは「高い!」…(T_T)

堂々巡りやね(^^;




そこに差し込む一筋の光!

「筋子」君の登場と相成るわけでございます!

今が旬! ぼちぼち終わりに近づいてるけど、まぁギリギリ…(^^;

その値段の違いに、「全く違うもの」だと思ってた位だからね!
見た目の違いもあるけど…(^^;

「筋子」をうまくほぐせたら、夢の「いくら丼 かきこみ食い」があなたのモノに!!


結構前なんですが、「伊東家の食卓」だったかなぁ~
「魚焼網にこすり付けると簡単に筋子がいくらに…」みたいなの見たのね。

早速やってみたんだけど、まぁ~~~哀れな姿に…(^^;
「全然うまくいかない」訳ですよ。

しかも、今は魚焼くには大体魚焼グリルを使うわけでして、
ましてや、普段魚を焼くのに使っている焼き網を
筋子に使うわけにはいかないわけでして…
それ専用にきれいな魚焼き網を用意して置くってのも
現実的ではないわけでして…(^^;

「やっぱり素人には無理なのかねぇ~~」

って事で、「まっとうないくら」は「まっとうな店」で
ちょっと贅沢に食べるもの… のままになっておったわけです。


所が最近、ちょっと「筋子」の調理法を耳に挟みまして
再び「やってみよう!」って気になったんです!

でもって、更にネットで調べました。
まぁ~~~人それぞれ、諸説紛々…(^^;

いろぉ~~~んなやり方、いろぉ~~んなうんちくがあるのね。

まぁ、とにかくその辺りいろいろ参考にしてやってみた結果がこれ!

a0018005_102982.jpg


まずはやっぱり「お湯につける」って言う王道から始めたんですが、
最初に取れる「血合い部分」や「筋」なんかと、
その後に、いくら自体が壊れて浮いてくる「いくらの皮部分」の
見分けが付かない…(^^;

まぁ、つまりは、「破損率」がやっぱり少々高めだったのかな?
って感じなんですよね。
ただ、どの程度の「破損率」だと「成功」なのか?の基準がわからんから
困るんですけどね(^^;

それでも、魚焼き網を使ったときよりはだいぶきれいに取れた感じ(^^)

あとは、特製漬け汁にちょっと漬け込んで、白いご飯に乗せれば出来上がり!

正直いいますと… … … 「うまかった!」

これで、一杯約¥400位かな…
これだったら、「かき込み 食い」OKよね? 大丈夫よね? やっていいよね?

って事で、やっちゃいました(^^)


ごちそうさまでした… グフフフフフ…

ネットで検索したのを参考に、とにかくやってみるのがいいかも…
失敗は、気にしない気にしない…(^^;
多少の試行錯誤は必要なのかもしれません…

二回目以降、ちゃんと重さを量って「破損率」の計算もしてみようかねぇ~~(^^)

って事で、「筋子をつかったいくら丼」おすすめです。


「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
[人気blogランキング]←クリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2005-10-26 10:30 | 恵を喰らふ!
『衝撃の味? 目玉のおやじ汁』
「モノクロの鬼太郎は怖かった!」

単なる、思い込みなのかもしれないんですが、
みょぉ~~~~に怖かった記憶があるんですよねぇ~

あんまりオチャラケタ部分がなかった様な…
全体的にシリアスっちゅうかなんちゅうか…

鮮明に覚えている方、教えてくださいな(^^;

しかしあれだよねぇ~、「鬼太郎の主題歌」ってのも又素晴らしい作品だよねぇ~

巨大ロボ系アニメの主題歌なんてのは、そりゃまぁとにかくイントロからして
メチャメチャカッコいい! どこを切り取っても「かっこいい!」って
言葉しか出てこないわけなんだけど、
「そうじゃないジャンル」…、
「単にカッコいい!」じゃ済まされないジャンルとしては
ほんと秀逸ですよねぇ?(^^)

なんつったって、あぁ~~た! あの大正琴をふゅ~ちゃぁ~~したイントロ…

それだけで、怖い気分に…、怪しい気分に…、
なるんだから音楽のパワーってのはまぁ凄いよね(^^)

でもって、やっぱり歌うのは熊倉一雄さんよねぇ~~
作品自体もさることながら、熊倉さんを抜擢した人はすごいセンスじゃ! 脱帽!!

声優陣もドンピシャだしね!
目玉のおやじ役の「田の中勇」さんなんて、
「他に考えられない」って感じじゃん?
ちょっと調べたら、アニメ、実写共々全ての作品で唯一「出まくり」なのね。この方…
そりゃそうだよねぇ~~

野沢雅子さんはまぁ、
哲郎なのか…悟空なのか…鬼太郎なのか…あたりは若干微妙だけどね(^^;


さて、そんな「ゲゲゲの鬼太郎」のキャラを使ったドリンクがあります。

その名も、「目玉のおやじ汁」
a0018005_1055463.jpg
実は存在だけは知っていたのですが、「買って飲むまでは…」って感じ?(^^;

それがなぜか、家の冷蔵庫にぃ~~~~!!!
不思議な事があるもんですな!


一応ラインナップはこんな感じ…


「目玉のおやじ汁」ーゆず(果汁4%未満)
「ねずみ男汁」-夏みかん&はっさく(果汁30%)
「妖怪汁」ーカラマンシー&シークワーサー(果汁10%未満)
「妖怪珈琲」ーコーヒー(ミルク入り)

詳しくはメーカーのHPをご覧頂くとして…

飲んでみました!!

普通…(--; いやさ普通…(--; でもって普通…(--;

まぁ「ゆずジュース」ってカテゴリ自体が少ないとは思うけど、
普通に飲める「ゆずジュース」です。

なのに!
なぜか! なぁぜぇかぁ~~っ! 飲むときは恐る恐るなんだよね(^^;

こうなんちゅうの、ちょっと唇をすぼめて、熱いお茶でもすする感じ?(^^;

これがさぁ、不思議な事に一口目だけじゃなくて、
二口目以降も飲むたびにどうも「恐る恐る」になる…(^^;


昔はさぁ~、入浴剤って言ったらデファクトスタンダードは
「バスクリン ジャスミン」だったじゃない? (ほんと?(^^;)

その生活が長かったせいか、アタシャ「ジャスミン茶」ってのはどうも苦手でねぇ~

だって…

「バスクリンの 風呂の残り湯 飲んでるみたい」

じゃありません?(^^;

それと同じ感覚なんですね。この「おやじ汁」は…
頭ではわかっているんですが「おやじ汁」って名前がどうも
「脳中枢」に働きかけ、「それを飲む」と言う行為に若干のブレーキを
本能的にかけてるようなんですねぇ~~~

しかも、缶のデザインよく見るとおやじの茶碗風呂が「ゆず湯」になってるのよ
いろいろ想像しちまいますよねぇ?
(ちっちぇぇ~ゆずだなぁとかじゃなくてね(^^;)

ジュース自体はたぶん「おいしい部類」なのに…

最初に手にしてもらう為の話題性をとるか!
続けて飲んでもらう為のイメージをとるか!

でかいトレードオフだぜ!(^^;

でもって、もう一点… 微妙に値段が高い…小売だと¥185とか…
う~~~む… そんな高級品がなぜ家にあったのだろう…(^^;


おっと、ここで新情報!!

「ヤッターマンドリンク」 マンゴー
「ヤッターメカドリンク」 かぼす

ってのもあるらしいっす!

うわわわわ…
「スカポンタン ドリンク」温州みかん
ってのもあったのね。
こっちは、完売だそうです(^^;

つぎは、
「オダテブタ ドリンク」 やしのみジュース
かぁ???(^^;
(やっべ、これまじでいいアイディアじゃねぇのぉ?)

さてさて、では、最後に「ガセビアのタネ」… じゃなかった、
また怒られるとこだわ!

「ガセビアの沼」行きましょう!


「目玉のおやじは鬼太郎の目玉である」 は ガセ …


目玉のおやじさんは、ほんとうの父親の目玉なんですよ
鬼太郎が赤ん坊の頃に死んじゃうんですが、あまりにも
鬼太郎の事が心配で、目玉だけ生き残っちゃうんですねぇ~
顔から、ズルッと取れて…(^^;

ま、昨今ではこれ位のネタでは「常識問題」のレベルかもしれませんが、
一応ね、いちおう…(^^;


「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
[人気blogランキング]←クリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2005-10-25 10:55 | グルメ
『ミュージカル キャッツ(CATS) by 劇団四季』

♪ Me-mory Hit memory Foota Memory~~♪

訳:目盛り… 一目盛り、 二目盛り…(ものさしの歌)



a0018005_10471595.jpg
っちゅうわけで、F1の興奮冷めやらぬその翌週に
「キャッツ」を見に行ってきました。(^^;



それがさぁ、なんだかしらんけど今月は予定がめっちゃ重なっておりまして…
しかも、ほんと偶然なんすよ!

だって…
この「キャッツ」のチケット手に入れたのは半年前なんですから…(--;


もともと、音楽ってものは、ジャンルに関係なく
「いいものはいい!」
と言うスタンスだったわけですが

どうにもこうにも、「オペラ」と「ミュージカル」ってモノだけは少々苦手でねぇ~
どぉ~~~~~~~~~しても、

「なんで、そこで歌わにゃならんのやぁ!!!!」

って、思っちゃうんですよね(^^;


しかし!
それもある事をきっかけに、ちょっと意識が変りました。

それは、以前記事にした事もあるんですが、「宝塚」を見た事なんですね。(^^)
「やっぱり生はいいよねぇ~」を強く意識した大きな出来事のひとつでもありました。

もうひとつ、「中村龍史」さんて方ご存知?(^^;
この方、四季の出身なんですが、まぁ非常に多方面でプロデューサーとして
力を発揮してる方なんですよ。
有名どころでは、「東京パフォーマンスドール」とかね…

この方が「中村一座」と言う、ミュージカルあり、ミニコントみたいなのあり、
みたいな公演をやってまして、これがおもしろい!
一時、公演のある度に見にいってました(^^)

それと、もうひとつ!

普段自分が触れないジャンルでも、たくさんの人が「いい!」と言っているモノは
とりあえず、体験しとけ!

って事… 話題になってるもの、流行っているもの、全部が全部じゃないけど
とにかく、体験してみないと始まらないよね。って事よね(^^)

そしたらほら、「KIZZ」のステージングにもなんか参考にできる事
あるかもしれないじゃないですか?
メンバーに、アイディア提供できたりするかもしれないじゃないですか?

って事で、「キャッツ」も一応体験しとけ!って事で、見に行く事にしたのですが…
まぁ~~~~~~~~、すごい!
ちょっといい席で見ようと思ったら、半年以上先の平日の昼間ででもなきゃ、
席はのこっとらんのですよ(--;

「そこまですごいのか!!」と、逆に期待が増すっちゅうもんですわ!(^^)

と言うわけで、春先に確保したチケットで、
やっとウワサの「CATS」を体験したわけでございます。

現在、「キャッツ」はご存知の様に、五反田の専用劇場で公演が行われてまして、
専用劇場の強みってのはすごい!
いろんな「それ専用の演出」が出来るんだもの…

「KISS」も専用劇場でライブやったらすごいと思いません?(^^;

劇場の中が全て、その世界になってるわけでして、劇場の中に入って
その雰囲気に触れただけで、否が応でも気分は盛り上がるってもんです。

でもって、驚いたのがその劇場の付帯設備&サービス…

「ホスピタリティ」 とでも言えばいいのでしょうか?(^^;

まず、「このスペースはなんだ?」と思った所が
「車椅子専用」のエレベーターだった事。
一度階段を上がらないと劇場には入れないんですが、
真ん中に堂々と、かなりのスペースを割いて「専用エレベーター」が
備え付けられてるので、まず、「すごいな…」と…

でもって、トイレが凄い!
女性用のトイレは一方通行になってましてですねぇ~
入り口と出口が完全に、分かれておるのですよ。
一度、幕間に休憩が入るのですが、その時がすごいのよ!
ディズニーランドみたいな、あのジグザグの列が作れるように、
テープが張り巡らされて、ほんとにディズニーランドみたいな
ができるのね(^^; ある意味圧巻!

で、混雑時ってさぁ、使用中のドアの赤マークってドアの
正面に立たないとわかんないでしょ?
でも、ここのは横から見てもわかるように、ドアの上に
手旗信号みたいなマークが表示される様になっていて、
入り口入って、横から見てもどこが空いたかわかるようになってるわけ!

こういう人の気持ちになった、人に優しいシステムって好きだわぁ~
なんで今までなかったんでしょうね(^^;

更に、子供二人を連れてその膨大なトイレ待ちの列に並んでいる
お母さんが居たのですが、係りの人はすぐに、その列から連れ出し、
車椅子も方も利用できる個室の方に案内してました。

この一連のシステム&考え方&接客には感動したぜ! > 劇団四季…

さてさて、前フリが長くなりましたが…(いつもの事)
話題の「キャッツ」の内容はどうだったか?

あ、もちろんストーリには触れませんからね(^^;


正直言いまして…

「なにがそんない凄いのか?いいのか?わかりませんでした」

ギャハハハハハ… (≧▽≦)彡☆バンバン

確かにねぇ、なんちゅうか独特の世界観ていうか、そういう雰囲気的な事は
体験の価値あり…かなとも思うんですが…

「えぇ?? どうなるのぉ?」とか…
「うぇ~~~ん、感動したよぉ~~~(T_T)」とか…
「ワクワク ワクワク… おもれぇ~~!!」とか…

ありませんでした(^^;

「う~~~ん、あの世界はお前の様なモノにはわからないのだよ!」

と言われるのなら、それはそれでOK…(^^;
別にくやしくもなんともない…
「単純に楽しめなかった」それだけ…(^^;


でもね、でもね、
「グリザベラ」って猫の役、 重水由紀さんて方なんだけど、
この人の歌だけは別格… すばらしいです!

最初に出てきて歌っただけで、
他の猫たちとは完全に「一線を画す何か」を感じました。

いや、他の猫がダメって事じゃないですよ。とにかく、あの人は何かが違う!


確かに、アップテンポの曲で、たくさんの猫が踊りまくるような場面では、

「これぞ、劇団四季ぃ~~~~~!!」って感じで、
迫力満点! すごいなぁ~~とは思うんだけなぁ~~~…


でね、もし見に行くのなら、通路側の席がいいです!絶対に…
それと、一番いい席「回転S席」ってのがあって、
これはステージと連動して回転するんだけど、猫をほんとに間近で見たい方
以外は避けた方がいいかも…(^^;

いや、回転するって言うから、なんかストーリーにあわせて、
演出効果の中で、ぐるぐる回るのかな?って思ったのね。
でも、回転するのは一度だけだから…(^^;
しかも、前過ぎると、全体を見渡せないから却って楽しめない事多々…
だと思うよん♪

全体的に、コジンマリした劇場だから、二階は二階で楽しめるんじゃないかな?
って感じよ…


ま、どんなもんか気になる方は取り合えず見てみてよ!
って言うには、それなりの値段だし、かなり先までチケット取れないし…
微妙だよね(^^;

なんつったって、最新の延長公演情報では、既に来年の10月分迄
チケット発売してますからねぇ~~ すごいわ!

観光バスで乗り付けてる人達…
北海道から来てるのでは?と思われる人…
チケットの売れ行き…

まぁ、世間一般ではものすごい人気の様でございます…


でもって、性懲りも無く、次は「ライオンキング」を見に行く算段を
している最中でございます。 ウハハハハ…(^^;


あ、そうそう…
もしも見に行ったら、入り口脇の「本日のキャスト」が書いてある
ボードの下に、同じ内容の紙切れが置いてあります。
これは、取り合えずもらってきた方がいい…(^^;

ちょっとした特典がありますよん♪

「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
[人気blogランキング]←クリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2005-10-24 10:48 | 旅行&レジャー情報
『 ~F1日本グランプリへの道~ Vol.13 (F1観戦ガイド)』
『 ~F1日本グランプリへの道~ Vol.12』のつづきでございます。


さ! と言うわけで、どう考えても「書籍化」の話が来そうな
「 ~F1日本グランプリへの道~ 」でしたが、いかがでしたでしょうか?

なんか、4、5人の方しか読んでいない様な雰囲気もありますが…(^^;


とにかく、アタクシ楽しみました。
出発の前の不安はどこへやら… 当初想像していたのの300%増し位は
楽しんだ気がします(^^)

と言うわけで、たった一度の体験なのにおこがましいとは思いながらも、

kizz_army流、「F1観戦ガイドォ~~~~~~~~~~~~ッッ!」

まずは、今回参戦した全体的な感想から…

★まとめ
  やっぱりね。こりゃ見に行った方がいいよ… ほんとに…(^^;
  でもって、行くと決めたら絶対に金曜から行く事…
  できれば、金曜の午前中のフリー走行から見たい!
  じゃないと、意味がないと思う位…
  (だからって、事故とか起こしたら大変だからね。)
  (無理な計画はやめましょうね。(^^;)

  それにはやっぱり車ですね。特に東京やら遠くから行く場合は…
  充分すぎるほどの装備が結局役に立ちます。
  「雨対策」「暑さ対策」「寒さ対策」「飲食対策」すべて完璧に…
  これらを抱えて電車移動は実質かなり辛そう!

  ちゃんと準備すれば、天気なんか全然関係ない!
  そりゃ、「中止になる位の大雨」は困りますが(^^;
  今回、金、土、と雨だったわけですが、それでよかったと思える位ですもん!
  水しぶきを上げて疾走するマシンはカッコいい!
  たとえ、最高速にならなくたって… ですよ!
  そこまで楽しめたのはやっぱり、装備のお陰だと思いますもの…


★移動

  実は、帰りも来た通りに「鈴鹿IC」から高速に乗ろうとしていたんですね。
  途中までは「道間違えたんじゃないか?」って位順調だったのですが、
  インターまであと5km位の所で突然大渋滞…
  100m走るのに10分近くかかるんですよ(--;
  単純計算すると… とんでもない時間がかかります。
  そこで、すぐさま「カーナビ」君にがんばってもらって
  ひとつ先のインターを探します。  今抜け出せば、約1.5時間の道のり…
  しかも、そこは「四日市ジャンクション」を過ぎた所なんですね。
  つまりジャンクションから別ルートに入る車分減少しているはず…
  すぐにそっちから高速に乗る事にしました。
  特に渋滞表示は出てない!
  たとえ、1.5時間で着かなくたって、走っていたほうが気が楽です。
  鈴鹿市内~四日市市内を名古屋方面に向かう事になるんですが、
  こっちの方がいいかも? 実際にあのまま渋滞にはまっていたら
  どれ位の時間がかかったのかわからないのですが、
  ほぼ計算どおりに「みえ川越IC」に到着しました。
  東京方面の場合、行きも帰りもこっちを使ったほうがいいかもしれません。


★駐車場

  一番の心配のタネだった駐車場ですが、実は全く心配する事はなかったんですね。
  確かに、サーキットに近いところでは多少高いのかもしれませんが、
  サーキットまで20分位の所では、三日間出入り自由で¥5000と言う所が
  あると言うのがわかりました。しかも、ちゃんと付随設備付き、24時間営業で…
  ただし!これも、金曜に行くのが前提かも?
  自分の見つけた駐車場も金曜の午後ではかなり空きがあった様な感じでしたが、
  土曜日の早朝には「満車」の表示が出てました。
  参考の為に、日曜の朝に付近の駐車場情報のラジオを聴いたのですが、
  それでも、まだ空駐車場はあったようです。
  ただし料金の方はわかりかねるのですがね。(^^;


★宿泊

  これはもう早めに予約するしかないようですね。

  名古屋に拠点を置き毎日通う…と言うような方もいらっしゃるようですが、
  さすがにそれは辛い様な…

  正直言って、今回宿泊した所には二度と行きたくありません(^^;
  決勝の朝に、車でちょっと寝た時の方が清潔感、安堵感共に勝っておりました。
  更に一番の目的である風呂は結局銭湯を利用したわけでして、
  なんとももったいない感じもしました。

  結論から言いますと、そりゃ普通の宿が予約できれば
  それに越した事は無いのですが、風呂の確保さえできれば車中泊でもいいかな…
  と言った感じですね。三日間出入り自由、トイレ付きの駐車場が確保できた
  上での話ですけどね。(^^;
  とは言っても、駐車場の仮設トイレも決してきれいとはいえないし、
  順番待ちの列が朝はできてます。ファミレスあたりをうまく利用するのも
  手かもしれませんねぇ~
  
  サーキットランド内にもクアハウスがあるらしいのですが、
  人が多すぎてとてもじゃないけど使えないらしいです(^^;
  銭湯も絶対数が少ないですしね。
  結局、早めに宿の確保…に戻る…(--;


★「持ち物」

  持ち物は前に書いたからいいよね?(^^;
  でも、絶対に忘れちゃいけないのは「FMラジオ」
  なぜかって言うのは後で言います。


★観戦場所

  ほんとは図を見てもらいながら説明するのが一番なんだけど、
  既に「鈴鹿サーキットのHP」からは消えてました(^^;
  
  図は実際に必要になった時に参照してもらうとして、一応見た感じの印象ね。

  「F2」
  たぶん値段とかも総合的に考えて一番いい席
  メインストレートから1コーナー、2コーナーとも良く見える
  なんと言っても割安感がある
  特に、A,B,C,Dブロックあたりはいいんじゃないかな?
  車が近くに見えるけど金網があるより、少し遠くても金網無のほうが
  ストレスはないと思う。だから、「F1」より「F2」がオススメ
  (同じアルファベットの場合は、「2」の方が上段)
  (更に、席の列数は上段から昇順。1列が一番上って事ね)
  「F席」は近くに仮設ではないトイレが二つある。これも大きなポイント
  しかも、「E席」よりの方がなぜか空いている
  飲食関係も充実

  「E2」
  1コーナー~2コーナーを横の上から見下ろすような感じ
  メインストレートからマシンが自分に向かってくる様に見える席。
  S字の方まで一望できる
  値段を考えずに本当に質だけを言うなら一番いい席かもしれない
  ただ、目の前を高速で疾走するF1マシンが見られないのが難点かな?
  「Eスタンド」には専用のトイレがあるのよ。
  だから! 「Eスタンド」脇の仮設トイレはかなり空いてます。
  ここは穴場よん♪


  「V」
  実際に入ったわけではないので、かなり想像の部分が大きいけど…(^^;
  グランドスタンドの上段席…
  通常販売では一番高級な席…
  もちろん、見晴らしはいいしスタート、ゴールを
  リッチな気分で見られるんだろうけど…
  でも… たぶん… 車が遠くておもしろくないと思う…


  「S1,S2」
  「V」の下… 高級席…(^^;
  ピットの作業とか、メインストレートの疾走とか見える
  でも、それだけっちゃぁそれだけ、なんせ高い!
  ま、ドライバーとかが出て来るときは見えるか…
  でも、ワタクシ的にそれはあまり興味なし(^^;
  ドライバーの顔の造形とかはどうでもいい
  とはいえ、確かに、ライコネン、バトンあたりはカッコいい!
  しかも、速いんだからすごいわなぁ~(^^)

  「シケイン手前の自由席」
  ここは早めに行って最前列を取れるなら、下手な指定席よりいいかもしれない
  ここ位近い位置で見て、初めて「オイルの匂い」がする。
  普通の席じゃ殆どしないよ(^^;

  てなわけで、結局ねぇ、どこも一長一短なのよ(^^;
  特に、マシンが前を通り過ぎるだけの席は間違いなく飽きる
  マシンの挙動が変る所が2箇所位見えるところがいい…
  メインスタンドはそりゃいいだろうけど、やっぱり通り過ぎるだけの席の
  部類になると思うのよね。

  その点、立体交差の下側出口あたりの自由席は、
  完全にコースの二箇所が見えるのでお得感があるように思う。
  見るのに忙しいけど…(^^;

  結局、鈴鹿の場合はオーバーテイクのポイントは決まっているのよ!
  1コーナー、シケイン、バックストレート、メインストレート…
  テクニックを見るとか、興奮度から言っても、やっぱり1コーナーが
  若干抜きん出て「見たい場所」だと思う…

  だから、とにかく金曜日に行って、フリー走行の時にいろんな場所から見るべし!
  自分の席では見られないような部分を堪能すべし!
  で、決勝は自分の席でゆっくり… そんな感じがたぶんベスト!
  今回の旅では、これをやったからこそすべてにおいて満足感があるのよ
  自分の席でだけ見てたら、まず1時間で飽きるよ…(^^;
  だって、極論しちゃうと、
  同じ車が、同じラインで、同じ速度で、同じ様に通り過ぎるだけなんだから(^^;
  
  更に、歩いてみると場所取りテクニックとか、涙ぐましい努力とか
  いろんなモノが見える。「次があるなら」の参考にすればよいかも…

  でもって、絶対に「FMラジオ」は必要!
  特に決勝の時はラジオがないとレースの展開は全くわからない
  順位もわからず、ただマシンが通り過ぎるだけだとやっぱりつまらないと思う
  (隣の隣の人は途中寝てました(^^;)
  しかも、数メートル違っただけでラジオの入り具合が全然違うのね。
  だから、デジタルチューニングの高性能なヤツの方が絶対いい!
  指定席でもサーキットビジョンが遠かったり、見難い角度だったりする事もある
  場内実況もあるけど、エンジン音で殆ど聞き取れませんからねぇ~
  予備の電池も忘れずに!
  (あ!ラジオは会場内でのレンタルもあります)

★F1以外のレース

  度々本文にも出てきた「インテグラチャレンジカップ」と
  「Formula Dream」

  これも、フリー走行から見るべし!(^^;
  普段からレースを見に行くような人にとってはそんなに珍しくないのかも
  しれないけど、アタクシの様に「F1だからこそ見たい」って感じで、
  初めての生のレース観戦って方々こそ尚更見たほうがいい!
  絶対におもしろい!


★写真

  とにかく写真を撮ることが最大の趣味で、レース結果はあまり関係なく、
  ロケットランチャーの様なレンズと、
  脚立を持ち歩くことが全く苦にならない人又は、家が近くてF1が身近な人以外は
  あまり写真を撮っても、もったいないような気がする。
  その分、生のマシンの疾走を見たほうが…
  なんとなく普通のデジカメで撮ってみようつったって、殆ど無理だから…(^^;
  でもまぁ、好きだからやってるんだろうけど、あの人達は凄いわ!


★地元民

  あまってる土地があって、駐車場として営業できるとか、
  便乗して店が繁盛とか、そういう人たち以外の地元民にとっては
  ほんとに「いい迷惑」だと思う(^^;
  車での通勤、車で仕事してる人、「大迷惑」ですよ。
  だからね、少なくともマナーやルールは守るようにしましょう!
  幸い今回は、マナーの悪い人たちに直接遭遇していや思いをする様な
  事はありませんでした。それも、満足度の大きい一因でもあります。


★レギュレーション

  数年前からF1を見なくなったひとつの理由に
  レギュレーションの変更がありました。
  一番見ていた全盛期のレギュレーションは「給油しちゃいけない」でした。
  この方が絶対おもしろいと思う!
  
  今の給油ありのレギュレーションだと途中順位の意味があまりないでしょ?
  確かにチームとしての作戦がはまった時には、チームは嬉しいでしょうが、
  見ている方はイマイチつまらん!
  
  なんつたって、ピットクルーが真夏でもあの格好でいなければならないのが
  見てて辛すぎる…(;_;)

  「途中でマシンが軽くなったから早くなって、次に給油すると重くなって
  遅くなるから、抜かれるかもしれない…」

  これって、みんなおもしろいレースだと思ってるのかなぁ?
  ギリギリの燃料で走る緊張感…
  全車が徐々に軽くなって、一様にスピードが変化するわかりやすさ…
  この方がいいと思うんだけどねぇ(^^;

  給油があるお陰で、解説がないと全くレース展開がわからないんだよね。
  「ラジオ」があっても…って感じ…
  だから、「ラジオ」がない人は尚更つまらないと思うよ。


★テレビ

  それに付随して、やっぱりテレビの解説は凄い!
  あれだけの人数の専門家がよってたかって取材してるだけの事はある(^^;
  帰ってきて録画したレースを見て、納得することが一杯あった。
  
  大きいのは「アロンソのペナルティ」…あったでしょ?
  ショートカットして追い抜いてしまった後のペナルティが…
  「一度追い抜いた車を前に出して、再度追い抜かなければいけない」
  ってやつね。

  あれねぇ、ラジオの実況だと、
  「あぁ~~、アロンソ、スローダウン!!!」
  「一体どうしたんでしょう!」
  「すぐに復活しましたねぇ、どうしたんでしょう!」

  って言うだけ…、結局スローダウンは謎のまま…(^^;
  
  公式な実況やってるんだから、その位の情報すぐ入りそうなもんだけどね。
  もしかしたら、その後聞き漏らしたのかもしれないけど、
  テレビではすぐに「どういう事か?」説明してたもんね。
  いや、その前から「あれっていいの?」ってなってたでしょ?

  場内に流れる実況、ラジオの実況、テレビの実況…
  全く内容が違うんですよ。
  来年も生放送があるのなら、液晶小型テレビ又は、テレビ付き携帯電話の
  使用がいいかもしれませんね。電波状態はわかんないんですが…(^^;

  R・シューマッハが「セーフティカー導入」のせいで、
  ずるずる順位が下がってしまった事とかね。
  テレビを見てやっと理解したのですよ(^^;


★佐藤琢磨

  やっぱり応援したくなるよね(^^)
  たしかに、今年はいろぉ~~んな不運がありました。
  ほんと運が悪いと思うよ。連続だしね。
  でもね。冷静に考えるとさ、20回もチャンスがあって一度もそれを
  生かせないってのはやっぱりそこどまりなのかな?とも思っちゃうよね。
  M・シューマッハの事を考えれば、やっぱりF1はマシンによる所が大きいのかな?
  とも思うものの、琢磨のチームメイトのバトンは
  それなりの成績残せてるわけでしょ?
  単純にマシンのせいには出来ないわけじゃない?
  もちろん個体差はあるだろうけど…
  違反やペナルティの多さもあるじゃない?
  才能あるからこそ、あそこにいるんだろうからさ!
  来年は、今年の全てを見返せるような走りをして欲しいもんだよね。


というわけでございますよ。
ま、あくまで、個人的な感想です。
「単なる参考」程度にしてくだいね(^^;


って事で! 終わった終わった!
最後も二つに分けようと思った位だけど、これはまぁ、資料みたいなもんだからね。


とにかく、今回の「F1ツアー」トラブルや、いやな思い等のマイナス要素が
皆無といっていい位の楽しく感動に満ちた旅
でした。

トラブル続出の珍道中を期待した方ごめんねぇ~~(^^;

普段なら、50CCのバイクの音でも「うるせぇなぁ~」と思うのに、
あのF1マシンサウンドは今でも思い出しただけで、なんか心にグッと来る
感じがする位なのですよ! 不思議なもんだねぇ~~~(^^;

みんなが、あの金額出して、あの苦労して見に行くのがわかったような気がしますよ。
三日間とも、丸々一日楽しめるわけですからねぇ。
よくよく考えると、チケットもそれなりの値段なのかもしれない…
とか、思っちゃったりしてねぇ~~~ウハハハハ…
ま、交通費、宿泊代をプラスするとちょっと変ってきますが…(^^;

って事で! kizz_armyの 「2005 F1 日本グランプリ観戦記」
一応の終了でございます。 m(__)m



「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
[人気blogランキング]←クリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2005-10-21 09:06 | 旅行&レジャー情報
『 ~F1日本グランプリへの道~ Vol.12』
『 ~F1日本グランプリへの道~ Vol.11』のつづきでございます。

いよいよ、明日は怒涛の最終回!
って事で、本日は二本立よん!


フリー走行にしろ、予選にしろ、今までバラバラに走っていた
あのF1マシンが、一斉に走り出すわけですからねぇ~~

もう、フォーメーションラップの時から、今までにない興奮がワタクシを襲います。

サーキットビジョンに、次々とスターティンググリッドに付くマシンが映し出され
自席からは見えないグランドスタンドの方から、全てのマシンのエンジン音が
一斉に聞こえてきます。

もうねぇ~、どうしたらいいんでしょ?(^^;

目の前の金網にしがみついて、ゆっさゆっさとやりながら叫び出せばいいの?(^^;


正直、「ここまで興奮するとは…」って感じですわ!

わかるっしょ?思わず胸を押さえたくなる程の「トキメクく苦しさ」

シグナルが変り、F1マシンが一斉に1コーナーに入ってきました。

これよ! 本当はこういう興奮の時に立ち上がるものなのよ!
お決まりのお約束の様に、なんとなくライブで立ち上がるのなんて嘘っぱちよ!

いや、実際は迷惑になるんで立ち上がりませんでしたけどね。(^^;


でもってご存知の様に、この興奮の大アラシの中、琢磨コースアウゥ~~ト!


なんだよ、なんだよ、なんだよぉ~~~~!

もぉ~~~~っ!


「はやくおいつけ! がんばれぇ~~!!」ってなもんでさぁね。

でもなぁ~あそこまで遅れちゃったらなぁ~~(--;

なんつってるうちに、今度は「セーフティカー」が出てきちまいました。

こっちにしてみりゃ、じっくり全てのマシンを見られるチャンス!(^^)

ちと長かったけど、これはこれでOK!… … ? (^^;


でもって、しばらくすると「アロンソ vs M・シューマッハ」の攻防に
完全に釘付け…

もぉ~~、ハラハラドキドキよ…
特に1コーナーね。

その後はすぐに、「ウェバー」との攻防だったけかな?(^^;

とにかく、「アロンソ」から目が離せませんでしたわ!
なんちゅうか、抜いた後の引き離しが凄いよね。

とまぁ、後はテレビで見た方もご存知の結果です。

「キミ」の最後の追い上げ…

「あれ? いつのまに?」って感じで、トップに近づき始めた頃からの
盛り上がりは凄かった! 更なる興奮を与えてもらいました(^^)


琢磨や、TOYOTAは残念だったけど、そのあたり全部吹っ飛ぶ位
見所のあるレースだったように思いますね。

変な話、これが「上海グランプリ」みたいなレース展開だったら…(^^;


まさに、あっという間に終わっちゃいました(--;

終わった瞬間にダッシュで出れば、比較的道も空いているなんて
話もありますが、そんな事はできませんやね(^^;

レースが終わった後も、余裕で一時間位は余韻だけで過ごせます(^^)




上空を行き交ういくつものヘリコプター…

臨戦態勢のサーキットクルー… にぎわう露店…

スタンド一杯の人人人… その歓声… その反応… はためくフラッグ…

目の前を走り過ぎるF1マシン…

その造形… その輝き… そのエンジン音…


そして、その中にいる自分…



Blogに書くって作業もあるので、尚更なのですが
完全に自分の中では「F1参戦ドキュメント」のTV番組みたいですわ!

最初に駐車場に入る前に聞いたエンジン音から始まって、
各場面がフラッシュバック…

最後は、自分のアップから、回り込むように上方からのショットになり、
更に上空からの自分の頭上ショット…、でもって、ずぅ~~~と果てしなく
「ヒキ」のカメラワークになって、スタンド全体、サーキット全体、近隣、
日本全体、地球全体… ってなっていくようなヤツ…

それで終わる… みたいな…(^^;

そんな感じよ!


スタンドもかなりまばらになった頃、
やっと重い腰を上げて帰路に着くことになりました。

出口に向かう途中…
「D席スタンド」の裏

今まで、¥500で売っていたカレーが¥200…

うっそぉ~~~! これは買うしかないでしょ!
買うよね? 買おうよ! だって¥200よ!
ちょうど小腹も空いてるしさ! (^^)

もう!今までの感動的な終わり方はなによ! って感じでしょ?
でも、¥500が¥200よ!

そりゃ、買うよね? ウハハハハ…(^^)

でもって、また、遊園地側の出入り口を利用しようとそっち方面に向かうと、
ちょうどいいところに「A席」の入り口が…


「A席」は最終コーナーから、メインストレートに入る所ね。

ここにもぐりこみまして、今買った¥200のカレーを頬張ります。

「戦い終わって日が暮れて」…

夕暮れのパドックでございます。

a0018005_23194776.jpg



ここで又ひとつ発見!

最終コーナーから、メインストレート、1コーナーまでって、想像以上の「下り坂」

これ凄いよ… テレビじゃ殆どわかんないね。こういう高低差ってさぁ~

この「下り坂」を1コーナーめがけて疾走していくってのは凄いわ!(^^;

さてさて、¥200のカレーも食った!
ほんと、¥200の価値はあったよ!
だって、到底¥500の価値があるとは思えないもの…(^^)ウハハハ…

こんどこそ本当に「鈴鹿サーキット」とはお別れです。

いやぁ~~~、楽しませてもらった。

本当に楽しませてもらったよ!


「また来年!!! 」 … … …


なのかぁ?(^^;


おっと、まだ終わらんよ!(^^; つづく…



「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
[人気blogランキング]←クリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2005-10-20 09:08 | 旅行&レジャー情報
『 ~F1日本グランプリへの道~ Vol.11』
『 ~F1日本グランプリへの道~ Vol.10』のつづきでございます。


いよいよ、決勝だわね。

前日の宿への帰路… 「裏道攻撃」がすっかり功を奏したに気をよくし…
さらに、なんとなくいろんな位置関係がわかってきたので、
この朝は、「裏道攻撃! Ver2.0」を敢行してみました(^^)

すぐ、駐車場についちゃった(^^:
前日同様の早起きをしたので、ちょっと車の中で寝たりなんかして…
ウハハハハ…

さってと、頃合も良い様ですんで、今日もサーキットに向かいましょう!!

つってもねぇ~、入り口に面したメインの通りがあるんですが、
実はここがすごい人でねぇ~~

なかなか入り口まで辿り着かないわけですよ!(前日の記憶)
その最たる原因が、「途中にサーキットへの関係者車両の入り口がある」
からなんです(--;

ある程度の間隔で、人の流れを止めて車をこの入り口に通すのね。
それだけでも、結構な流れの妨げになるのに、
そこを通る関係者を一目見ようと、歩道の脇にカメラを構えた
人たちが溢れてるんですわ…(--メ

あれは本当に邪魔&迷惑だわ!入り口角の通り道になってない所ならまだしも
完全に通り道にはみ出してるからね。
警備員もたくさん使ってるんだから、その辺、もちょっと一般人に
迷惑がかからないようにして欲しいもんだわね。

なもんで、今日のワタクシ…
全く人通りのない、道路の反対側を歩く事にしました。(^^;

慣れてる人は大渋滞&横断禁止のその通りを、さっさと入り口付近で
渡って行くのですが、もう少し歩けば、遊園地の正面入り口に辿り着くんですね。

なかなかの遠回りになりますが、その分ストレスは全くありません(^^)

で、遊園地の中を通るようにして、スポンサーブースの辺りまで辿り着くと…

まぁ~~~~~~~~~、びっくりよ…

まともに歩けない!

朝の通勤電車並みの窮屈度なんですわ!
まったく、空きスペースと言うものがない!

かぁ~~なり気合入れて前に進まないと、人の流れに巻き込まれ、
そのままどこかに流されていってしまう危険が…(^^;

さすが!決勝日ともなると違うね!

金曜の時点でも、「やっぱすごい人だなぁ~~」と思うんだけど、
それでもねぇ~、スタンド全体を見渡すと「2割」位の人なのよ。

でもって、予選の日になると、
「うわ、やっぱ人増えたなぁ~~」と思うんだけど、
それでもねぇ~、スタンド全体を見渡すと「5割」いくかいかなか位の人なのよ。

で、決勝日の異次元とも思える人の多さに驚く… っと…(^^;

何が凄いって、トイレの行列…(--;

気分に流されて、ビールなんかがぶ飲みしたら「地獄を見る」事請け合い!(^^)

昼ごはんが済んで決勝が始まる前なんて、その行列さえ見たくない位…(^^;
30分以上はかかるんじゃないのぉ?

幸い穴場を発見したのと、ピークには行かなくて済んだ事が重なって、
その日は行列に並ぶ事はありませんでした。 ラッキー!

露店も同様な行列ですからねぇ~、飲食物は事前に準備しておいてこれもラッキー!

午前中は例の、「インテグラチャレンジカップ」と
「Formula Dream」
の決勝が前座として行われるんですね。

ここまでの過程も一応知っているだけに! 楽しめましたねぇ~~(^^)
当然といっちゃぁなんですが、「Formula Dream」の方は
前回紹介した、カーナンバー「2」「塚越広大」 が優勝!

で、これが終わるとぉ~「ドライバーズ パレード」ってのが用意されてるんですね。

クラッシクカーに、それぞれドライバーが乗り込みまして、
コースを一周! 手を振ってくれまっせぇ~~~

双眼鏡でも使わないと、ほとんど顔はわかんないけどね。(^^;

a0018005_23192631.jpg


さ! でもって、いよいよ決勝の始まりです。


って事で、つづく…(^^;


「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
[人気blogランキング]←クリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2005-10-20 09:02 | 旅行&レジャー情報