★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★ 最新KIZZ 情報!! (09/02/02 更新)
★     
★   『 お知らせ~ [KIZZ]は活動停止します ~ 』
★     
★   kizz_armyでございます。

★   約7年半に渡り、ご愛顧いただきました
★   KISSトリビュートバンド 【KIZZ】ですが、
★   2008年末を持って、活動を停止する事になりました。

★   既にライブも決定している中での決断だったため、
★   関係各位には多大なるご迷惑を
★   お掛けしたことを改めてお詫び申し上げます。
★   
★   まさに、「語りつくせば尽きないけれど…」と
★   言った思いではありますが、
★   またいつの日か、違った形になるかもしれませんが、
★   なんらかの形でみなさまとお会いできる日が来る事を
★   ちょっと期待して…

★   ほんとうにいままでありがとうございました。
★   皆様の KISSライフが 更に充実する事を願いまして…


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

《ニュース!!》
   『KIZZ』の出演している映画がありました!
   タイトルは「スペースポリス」

   詳細は該当記事にて…
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

≪クイックリンクコーナー≫
【KISS トリビュートバンド [KIZZ]】 ホームページへ…
【Charトリビュートバンド[Smoky]】Blogへ…
kizz_armyへのメールはkizz_army@hotmail.comまで…
「kizz_army」のジャンル別Blogリンク!!
興味のあるジャンルのタイトルをクリック!! (^^)

== フォトリーディング&マインドマップ活用の読書記録 ==
<< 知識増量堂 ブックセンター >>

==世界遺産を見たぁ~~~~いい!!==
≪ 世界遺産に魅せられて… ≫

==日常を向上させるヒントや情報のBlog==
≪ 日 常 向 上 旅 団 ≫

==映画鑑賞専用Blog==
≪シネ、シネ、シネマ団≫

==コンサートや、観劇、スポーツ観戦のBlog==
≪鑑賞、観戦、観劇…やっぱり生がいい≫

==テレビ観賞専用Blog==
≪テレビっこ、世にはばからせていただきます。≫

==食べ物の情報、食い物屋の情報等のBlog==
≪マスタ! おまかせでお願い!≫

==きれいな日本語を話したい! って事でそのまんま!==
《きれいな日本語を話したい!》

<   2005年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧
『爆笑! オンエアバトル 第7回チャンピオン大会』
散々このBlogで取り上げております、
昨今の「若手お笑い芸人ブーム」…

『まさに泣き笑い! 【M1グランプリ 決勝】』
『M1グランプリ 決勝進出者決定』
『【人力舎】って知っとります?』


「お笑いブーム」じゃなくて、
「お笑い芸人ブーム」って表現がよござんしょ?(^^;

ま、悲喜交々(ひきこもごも)がそんな表現をしたくなっちゃう
雰囲気を醸し出していなくなくなくなくない?(^^;

なんだか、世間ではこの「お笑い芸人ブーム」を引き出したのが、
「エンタの神様」や「笑いの金メダル」みたいな物言いですが、
やっぱり「オンエアバトル」を忘れちゃいけません!!

「ここぞ老舗!」と言っても過言ではないでしょう(^^)

その証拠にチャンピオン大会も既に第七回を数えているわけなんですからぁ~~♪


とか言っておきながら、kizz_armyしばらくこの番組見てませんでした(^^;
タハハハハ…お許しを…

なんでかってぇますと、そもそも「爆笑オンエアバトル」だったのが、
「オンエアバトル 爆笑編」と「オンエアバトル 熱傷編」の二つが
隔週で放送されるという形態に変わってしまったからなんですね。

さすがに、最新のHDDレコーダーにも隔週番組予約ってのは
ないんじゃないの?(^^;
予約が面倒くさくなってだんだん見なくなっちゃいました。

なんですが、不思議なもんですねぇ~~
「チャンピオン大会」の時に限って、たまたま見る事ができちゃったんです(^^)v

「笑いの神様」憑いてるぜ!!みたいな…
「憑く」って字の方が、しっくりくるぜ!みたいな…(^^;

ま、とは言え、途中からだったんですですけどね(--;
丁度「アンタッチャブル」の出順の時から見られたんですねぇ~
こういう所もなんかの縁を感じますぅ♪

さて、チャンピオン大会の出演者はといいますと。


タカアンドトシ
アンタッチャブル
三拍子
タイムマシーン3号
磁石
麒麟
飛石連休
キャン×キャン
ハマカーン
トータルテンボス
パンクブーブー


となっておりました。
「麒麟」が見られなかったのよ!これは残念!!

で、内容はどうだったか?って言いますと…

いやぁ~~~やっぱり「アンタッチャブル」おもしろいわ!
あの、「M-1」優勝時からも全然衰えてないっすね!
「アンタッチャブル」から見ちゃったにも関わらず、
ネタの途中で既に、
「あ、こりゃ、アンタッチャブル優勝だな…」と…(^^;

その位面白かったんですねぇ~
大体過去にこの「オンエアバトル」でも見た事のある顔ぶれだったのですが、
目が贅沢になってるんでしょうね。なんだかイマイチ他の連中はおもしろく
ありません(^^;

特に、「M-1」ではそれなりだった、「トータルテンボス」
つまんなかった…(--;
なんかわざとらしさばかりが目に付いちゃいました(^^;

そんな中、割とおもしろかったのが、「タイムマシーン3号」!
ちょっと過去に見た事があるのか不明…(^^;

でも、おもしろかった(^^)

なんと言っても良かったのが、「同じボケを忘れた頃に繰り返す」ってヤツ…
でもって、それへの突っ込みがワンテンポ遅れるのね。
これが微妙で、「遅れているのか?」「遅らせているのか?」…
「遅らせている」のなら、こいつらすげぇかもぉ~

その「微妙な遅れ」の間に、見てる方が突っ込んじゃうんだよねぇ~
「又並んでんのかよ!!」って…
(↑これは見てた人じゃないとわかんないけど…(^^;)

この時のネタ自体が、見た目のキャラをいじる系だったので、
そうではないネタも見てみたいのよ!
「キャラいじりネタ」って余程じゃないと、そうそう続かないからね。
特に「デブキャラネタ」は…(^^;

さて、そんな中後半に出てきましたのが「タカアンドトシ」
もう、説明不要ですね。冒頭で紹介した記事でもいってますが、
kizz_army結構お気に入り(^^)

笑った!!いや、まじですげぇ~おもろかった!!
「M-1」の時の「タカアンドトシ」も「今まででイチバンジャン?」なんて事、
私書いておりますが、それを更に上回った感じ…

しかも!!なんか余裕と言うか、貫禄みたいなものを感じてしまいました(^^;

脂がのってきちゃったんでしょうか?

ネタ、テンポ、相変わらずのトシさんの豹変キャラ…
いやぁ~~楽しませていただきました。

そんな感じで、いよいよ審査結果の発表!!!

「タカアンドトシ」が優勝しちゃいました!!(^^)

「アンタッチャブル」の勢いも凄かったけど、この結果、妙に納得!!

結果を見て振り返れば、上記の通り今回の「タカアンドトシ」ってば、
優勝にふさわし出来だったこと間違いないんですよね。
いやぁ~~よかったよかった♪

実は、上記の出演者リストは順位順なんです(^^;
「タイムマシーン3号」も4位に入ってます。
「トータルテンボス」は下から二番目…

なんかこの審査結果…非常に納得できるものでした。
変なプロが審査するよりよっぽど公正で信頼できるんじゃないのぉ?
なんて思っちまいましたよ!!(^^;

さて、「爆笑編」「熱傷編」の隔週放送のまずさに気がついたのか、
次回からは「爆笑編」は土曜日、「熱傷編」日曜日と放送時間を分けて
毎週の放送に変更されます。

次回の出演者を見ますと、ほとんど聞いたことない人ばかり…
やはりチェックしないとだめだよなぁ~~(^^;

これを機会に又、予約録画しよっかな(^^)v

って事で、お笑い好きなあなた!
「オンエアバトル 爆笑編」お奨めです!


「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
[人気blogランキング]←クリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2005-03-31 11:20 | テレビ番組
《 【The タイムボカン祭り】 vs 【刈り掘る庭ジャム】》
「前編」でネタ振りをしておきながら、
すっかり書くのを忘れていた事があったのですぅ~~♪(^^;


その前振り部分とは…


ほんと、チケットも即買いでした(^^;
この事が後々アチキシを悩ませることになるとはこの時点では
知る由もなかったんですがね。


ってところ…
なんで悩む事になったのか?「後編」で書くつもりだったのですが、
すっかぁ~~~り、忘れてました(^^;


実はこの日…
恵比寿のGuiltyというライブハウスでは、
kizz_armyが散々記事にもしていた「刈り掘る庭 JAM」Vol33
行われる日だったのです!!

もちろん私とて、人の子…
「刈り掘る庭JAM」開催時には
義務的に通っているわけではありません!!(^^;

見たいバンドがある時、スケジュール的に都合がつく時に
お邪魔しては楽しんでいるわけです。 こんな感じで…=>「刈り掘る庭ジャム Vol.31」

ところが今回のVol33には、『鋼鉄祭 Vol.2』ですっかりkizz_army、
楽しませていただいた「METAL ごっち」が出演する事になっていたんですね。

更に!!
とんでもない風のウワサが、それこそ風に乗ってやってきました。

『鋼鉄祭 Vol.2』の記事でボソッと言っていた曲が演奏されるかもしれない…

と…


え”ぇ~~~~~!!!

まじっすかぁ??? みてぇ!!いきてぇ!!ききてぇ!!

「UFQ」も見たいしなぁ~~~!!

うぅ~~~~ん…


ほらね。悩んだでしょ?(^^;

ここから、kizz_armyの苦悩の日々が始まったのでした。


「ジューダスのあの曲…ホンモノのライブを見に行ったって
聞けるかどうかわかんねぇもんなぁ~~」

「でもなぁ~~三悪トリオが生で揃うなんて事そうそうないしなぁ~~」
「チケット買っちゃったしなぁ~~」

「う~~ん、どしよっかなぁ~~、最悪チケットうっぱらっちゃおうかなぁ~」



悩み続けます…
悩み続けます…
悩み続けます…

おかげでっ!!

『尿管結石』になりましたぁ~~~っ!!!


いや、嘘です(^^; すんません…


と、ここで一条の光が差し込みます…

想像してください!!
雲の隙間から差し込む、金色に輝く神々しい光…
その光が、狙い澄まされたレーザー光線の様にkizz_armyを包み込みます。

その瞬間!!
どうした事でしょう!!kizz_armyの足は、フッと地面を離れました。
足だけに「フッと」地面を離れたんですね。
よくSF映画で見るあのシーンそのものです。

宙に浮いている…と思った瞬間!!意識がなくなりました。

次に気がついたときは、まるで病院の手術室の様な所にいる自分です。
周りでは聞きなれない、声、言語で会話の様なモノが交わされていました。
だんだんとはっきりする意識…周りの状況が掴めて来ました。

自分を取り囲んでいる生物は人間ではありませんでした。
身長は150cm位でしょうか?
やや灰色がかった肌…異様に大きくはっきりとした赤い目…

「グレイだ!」
「グレイだ!」
「グレイだ!」

頭の中で、記憶と言うもう一人の自分が叫んでいます!!

なんせ彼らは20万人もの観客を動員して、ライブをやっちゃう位です。
凄すぎます…


そんなわけで、kizz_armyったら、ある事に気がついたのです。

「ここはひとつトリビュートバンドの魅力の原点に戻るべし!!」

って事なんですね。

トリビュートバンドの魅力のひとつに、
「なかなか生では聞けない、あの往年の名作たちを身近に聞ける」
ってのがあるわけですよ!!

この「身近に」ってのが、今回最大のキーワード…

「いつでも」って訳にはいきませんが、ホンモノが来日したって
聞けるかどうか判らない曲を生で聞けちゃうってのが、
トリビュートバンドの魅力のひとつじゃないですか!!

ひとつじゃないですかっ!!!!

そしたら、この魅力を最大限に利用しない手はありません。
「又、いつかやってくれるさ!」
と、思う事にしたのです。

「生三悪トリオ」なんてもう見られないかもしれないからさ(^^;

ってわけで、今回見られなかったにも関わらず!!

「トリビュートバンド ばんざぁ~~~いい!」

と思ったkizz_armyなのでした。

だから、「METAL ごっち」さん…あの曲又やってね(^^;




「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
[人気blogランキング]←クリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2005-03-30 10:27 | トリビュートバンド
《ライブレポ 【The タイムボカン祭り2005 ボカンと一発コンサート】(後編)》
さて、「前編」を未読の方はまずこちらをご参照くださいませ…
《ライブレポ 【The タイムボカン祭り2005 ボカンと一発コンサート】(前編)》

とここでいきなりですが!! 反則技使っちゃいます!!
ライブの詳しい流れや、セットリストはこちらのHPをご覧ください!!↓(^^;
「ドロンボーソネット支部」のライブレポコーナー

ウハハハ…だって、こんな詳しく流れが書いてあるんだもん!
「折角」じゃありせんこと?(^^)v


全体の流れはOK?では行きましょう!!(^^;

当然ステージに幕が下りているわけでもなく、
会場に入った時からステージ上はまるみえなわけで、
始まる前からわかってしまうわけですが…

演奏がカラオケなんです(--;
これには、がっかりもいい所…


あの「アニメで救おう!」のライブは、生演奏がよかっただけに
更に残念度が増してしまいました(^^;

そりゃぁねぇ、いくら規模が違うと言っても、TOKIOのライブ
非常にコストパフォーマンスの高いものに感じられて仕方ないんですよ(^^;
チケット代殆ど同じ金額ですから…
時間的には、3時間目一杯と言うお得感はあったものの、
ライブでカラオケはねぇ~~かなり辛いです…

「これが本来のスタイルです」
と言う、アコースティックを抱えた弾き語りスタイルでは当然生演奏なわけですが、
求めているモノがちがうんですって!

そりゃね、バラード風の曲はそれなりに聴けるのですが、
こういうのって、テレビから流れてきた音そのものが聞きたいんです。生で…
イントロの最初の一音一音の音色こそが非常に重要なんですよ!!

とは言え、山本さんの歌は非常にクオリティが高く、
変なアレンジや抑揚とかもつけないで、
まさにテレビやCDのまま生で聞けている満足感は得られましたがね(^^)

新人アイドルのイベントじゃないんだから、カラオケはやめて欲しいです。
いや、ほんとに…

アニメ系の曲を演奏するバンドなんて今結構いるんじゃないかなぁ?
たとえアマチュアでも、それなりのクォリティがあれば、
どんどん使ってあげるとかしてあげればいいのに…なんてね(^^;

でも、ギター一本で、イントロの雰囲気を出すためのアレンジとかは
結構カッコいいものもありました。
しかも、そのコード譜というか楽譜…歌い終わるたびに、前の客席に
あげていたんですよねぇ~~~
あれ、ほしぃ~~~(^^:
うらやましぃ~~(^^;;


というわけで、本編である歌に関してはそんな感じなんですよ(^^;;;


しかし!!!
しかぁ~~~~し!!


そう言った諸々の「ちょいとした不満足感」なんて帳消しにしてくれる
ものもあったんですねぇ~~~

それは!!
そう! それは、「生三悪トリオ」を見られた事…

ドロンジョボヤッキートンヅラーのお三方でございますぅ~♪

凄いよこの人達!
「アニメで救おう!」でも、声優さん達の凄さはお伝えしましたが、
輪を掛けてすごいや(^^)

存在自体がエンターテイメントと言ってもいい位なんですなぁ~
一言一言が異常なまでに価値のあるモノに思えて仕方ないんです。

多少の流れみたいなのは決まっていたのかもしれませんが、
フリートークでの会話のセンスとかもほんと素晴らしいんですよね。
声優という裏方さんにしておくのはもったいない位のボキャブラリーです。

って事で、「ライブレポの後半」は実は「三悪特集!!」なんです(^^)


★ドロンジョ 小原乃梨子さん
なんだかしらんが、ドロンジョそのものですがな!
色っぽいんだよねぇ~~~ほんでもって、山本さんとのトークも非常に
大人のお色気たっぷりの話し方&話題…
それが、ずぅ~~~っとドロンジョの声なわけですからねぇ~~
まさに「素敵なおねぇさま」って言葉がぴったりとはまってしまう…

更に、三人のまとめ役として話の持って行き方やら、フォローやらが
非常に上手い! なんだか英語も堪能な雰囲気…
一人の女性として魅力を感じてしまうじゃありませんか!!

でも、待てよ…待てよ待てよ…
アチキシ、kizz_armyが子供の頃見ていたテレビ番組で仕事をしていたんですよねぇ?
あれれれれれれ???
一体いくつなんだぁ?

と、ふと思ってしまいました。
調べますってぇと…な、な、な、な、なんと!!!
うちの母親と同じ位の歳…


え”~~~~~~~~っ!!!

もう一回!

え”~~~~~~~~~~~~~~っっっ!!!

ある意味「化け物」です(^^;(ごめんなさい、いや、いい意味ですからね!)
だってさぁ、そりゃ多少は遠目に見ていた事は事実ですが、
そんなお歳には全く見えません!!
だって、イブニングドレスとか着ちゃってさぁ~~
ほんと、めっちゃ色っぽいのよぉ~!!!

プロフィールをみますってぇと、
着物着付講師
特 技 ボールルームダンス/フルート/ハープ
趣 味 美術/クラシック音楽/バレエ鑑賞


だってさ…すげぇ~~~

kizz_army、参りましたm(__)m 本当に参りましたm(__)m

でもね、
不思議な事にこの方、少年の役が多いんです。(^^;

ドラえもん :のび太君
アルプスの少女ハイジ:ペーター
未来少年コナン:コナン
海底少年マリン:マリン
アラビアンナイト シンドバットの冒険:シンドバット

ね?
でもって、変わりどころでは、

旧ど根性ガエル :ひろしのかあちゃん
ベルサイユのばら:ナレーター

なんてのもあるんですねぇ~
ベルサイユのバラのナレーター…言われれば確かにそうですわ!
いいねぇ~~~(^^)

すっかり、小原さんのファンになってしまいましたとさ…(^^;



★ボヤッキー 八奈見乗児さん

この方、存在自体が「ボヤッキー」なんです。
いやぁ~~~おもしろいおもしろい。
断片的にボソッと言う一言がこんなにおもしろい人、
芸人さんでもいないんじゃないのぉお???

でもって、ご本人がそれを意識してるのか意識してないのか
判らないところが又おもしろさに拍車を掛けてるんですよ(^^)

意識してないのかなぁ~~と思うと、「ポチットな…」とか
急にキャラのセリフを言うし…
意識してるのかなぁ~~~と思うと、あまりに「天然ボケ」的
発言をしたり…

う~~~ん、不思議な人だ…(^^;
ほんとに、終始そこにボヤッキーがいる感覚なんですねぇ~
で、お歳は他の二人と殆ど同じなんですが、
風貌は妙に老けて見えちゃうんです。(^^;
(一般的には相応だと思いますが…)
そのギャップが又変におもしろかったり…

この方もいろんな有名どころの声やってますよぉ~
なんと言っても、すぐに思い浮かぶのが
「ドラゴン・ボール」のナレーション ですよねぇ~~
これは、ボヤッキーをあまり感じさせない緊迫感のある
ナレーションがいいですよねぇ~~

でもって、「巨人の星」の 伴 宙太

アニメ以外では
「ダウンタウンDX」 や 「中居正広のキンスマ 」のナレーション…


若干マニアックな涙モノは…

「アクマイザー3」:ガブラ
「ゲッターロボG」 :車弁慶
「サイボーグ009」:ギルモア博士
「星の子チョビン」 :ふくろう
「マジンガーZ」 :弓教授

一発でそのキャラが蘇りません事?(^^)
「星の子チョビン」って言ったら、KIZZの星の子の親父ともウワサされる方
こんな所にもご縁があろうとは…(^^;


★トンヅラー たてかべ和也さん

ご存知、ジャイアンです。
なぜか、「トンズラー」より「ジャイアン」を強調してました(^^;
その所為で、小原さんもついついのび太の声で「じゃいあぁ~~ん」と返してました。
ドラえもんの声優交代のネタが多かったですね。

さてこの方は…と言いますと…

「ド根性ガエル」:ゴリライモ
「はじめ人間ギャートルズ」:ドテチン
「ろぼっ子ビートン」: ブリキン
「星の子チョビン」:レーダーこうもり


ドテチンだぜぇ~~!!(^^)
もうさぁ、藤子不二雄さんの漫画に出てくるガキ大将キャラは
全部この方でもいいんじゃないの?って感じですよねぇ?(^^;


って事で、まぁ、この3人のトークだけでも、実はチケット代元を
取ったかもしれません(^^)

今年は、「タイムボカン」が始まって丁度30周年なのだそうで、
「なにかやりたい」…
と、しきりに言っておりました。

失礼かもしれませんが、実際問題お歳を考えれば、ほんとやるなら早くやって!
と言う感じです。
現実に「ドラえもん」の声優交代というニュースもあるわけですからね。
ま、あの元気加減があれば大丈夫でしょうが、お三方ともいつまでも現役で
私たちを楽しませて欲しいと切に思いましたよん♪


「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
[人気blogランキング]←クリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2005-03-29 10:37 | 音楽
《ライブレポ 【The タイムボカン祭り2005 ボカンと一発コンサート】(前編)》

「ヤッターマンがいる限り、この世に悪は栄えない!」


でもって、

「勝利のポーズ!」
「ヤッター ヤッター ヤッターマン!」
「ヤッターワァ~~~ン!」


なんだわさ!(^^;

行って来ました「タイムボカン 祭り」


ま、薄々感ずいている方も多いと思いますが、
こんなライブに言ってこんなレポートを書く位ですからぁ?
kizz_armyってば、こう言った系のモノにも非常に興味があるわけなんですね(^^)


みなさんも当然ご存知のはず!!
なんつったって、そのハチャメチャさ加減に必ず一度はテレビの前で
釘付けになり大笑いした事は、隠そうたって無理だかんねっ!
絶対に、無理ですからぁ~~~~っ!!

さて、このアニメ…内容もさることながら、なんつったって主題歌がいい!!
すばらしい!!感動モノ!!(^^;

あのティンパニーの音が効いた「ヤッターマン」の主題歌のイントロ
流れて来たら、絶対にみんな目をキラキラさせちゃうに決まってるんだから!


でもって、その主題歌やら挿入歌ですが、ほとんど一人の人が作ったものだって
知ってましたか?

「山本正之」さんと言う方なんですねぇ~
この方のメロディーってのがですねぇ、異常なまでに、kizz_armyの琴線を
ジャカジャカとかき鳴らすわけですよ!!


かっこよくて、聞きやすい!!

でもって、なんかしらんが、心にぐっと来るメロディーの数々…
すばらしい!! 更に、歌詞もいいんだよねぇ~~♪

なものですから、今から15年以上も昔…たまたま秋葉原の石丸電気で見つけた
「タイムボカン名曲大全」なる2枚組CDを発見と同時に即買いしてしまったり
なんて苦い過去もあったりするわけなんですねぇ(^^;

それまで、断片でしか聞いた事のなかった主題歌や挿入歌…
あらためて、そのすばらしさを実感いたしました。
結構聞き込んじゃいましたねぇ~~~~(^^;

しかも、そのCDったら…
オープニングは、な、な、な、な、なんと!
ドロンジョ、ボヤッキー、トンズラの3人が偶然出会う所から始まるんです。
すばらしいじゃありませんか!(^^)

その山本さんが、時々ライブをやっていると言うのは実は知っていたんですが、
なんかアコースティックの弾き語りらしかったんですね。
「う~~む、ちょっとイメージ違うな…」と言う感じ…

所が今回!!
「タイムボカン祭り」と題して、大々的にライブをやるらしいと聞きつけまして、
いてもたってもいられなくなりましてですねぇ、参戦する事になったわけです。


とは言っても、実はタネを明かせば、
「アニメで救おう!新潟地震 チャリティーコンサート」
に言ったときのチラシかなんかでこのライブの事を知ったんですがね(^^;

ほんと、チケットも即買いでした(^^;
この事が後々アチキシを悩ませることになるとはこの時点では
知る由もなかったんですがね。

なわけで、すっかり梅の花も咲きまくっている中!
「Shibuya O-East」なるライブハウスへ向かったわけです。
いや、しかしすごいね!驚いた!!

立ち見も含めて、超満員ジャン!!
しかもその熱気の凄い事… みんな好きなんだね(^^;
会場内を見渡せば、男女比率 9:1位っすかねぇ~
明らかに男性の方が多い! 更に年代が…年代が…
でもって、その風貌が…風貌が…

「アニメで救おう!新潟地震 チャリティーコンサート」
での「そういう感じ」、更に7割増し位です(^^;

はっきり言いましょう!!
そうです、ほとんどが「ア○バ系オ○ジ」…(^^;

その集団がですよぉ?その集団がです!
歌詞のキメの部分を大合唱したり…
「オタスケマンの主題歌」のイントロの振り付けを全員でやったり

「普通の人は近寄れないぞ光線」が、
数百万ルクス位の輝きで放たれておるわけです。

その中に、このkizz_army混ざってきました(^^)
さすがに、「♪キラッキラッキラッキラッ スタァースタァー♪」
オタスケマンの振り付けは出来ませんでした。m(__)m
(でもいつもカラオケでは歌ってます(^^;)


とは言えねぇ、みんな楽しんでる訳ですよ!
満面の笑顔ですがな!(^^;

いいねぇ~~こういうのは…(^^)

さて、肝心のライブの内容ですが…
それは「後編」にてお送りいたしましょう!…(^^;



「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
[人気blogランキング]←クリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2005-03-28 11:32 | 音楽
『エールタイプ? ラガータイプ? あなたはどっち?』
「尿管結石」なんて普段は聞かないキーワードなのに、
ひとたび口に出すと…

「自分もやった事ある」
とか…
「だれだれがなった」
とか…

なんだ、みんな知ってるんじゃん?ってな感じ…(^^;

でもって、
「ビール飲むといいんだよね」
「スイカ食べるといいんだって」
「縄跳びするといいらすぅぃ~~いよぉ~~~」
と、話は広がります。

さて、現在では「ビールや利尿剤」による強制的な結石の排出は
お奨めできないらしいです(^^;
多量の水分摂取による、自然排出がよいらすぅぃ~~よぉ~~(^^)

「縄跳び」も、強制排出のひとつ…
実際に効果がある事もあるらしいのですが、
水分と一緒に押し出すわけではないので、激痛を伴うとの事…
やだやだ…(--;

って事で!!!
ビールつながりで、ビールの話っ!!!(^^;


「へぇ~~…そんなんもあるんだ?」と、
たまたま知ったジャンル…たいして珍しくもないモノだと思いきや、
再度詳しくその世界を調べてみると…

まぁ~~~、マニアックなんだねこれが…驚くよほんとに…

ビールっちゃぁねぇ~せいぜい、ビンビールか?ジョッキの生ビールか?
はたまた、ドライか?そうじゃないか?位だったでしょ?

ま、今はビンビールや缶ビールも「生」があるけど…
昔は違ったからねぇ~
外人さんがお店に来て、
「Beer Please」
と言ったら、

「Draft? or Lager?」(生ですか? ビンですか?)
程度で済んでいたのさっ!(^^;昔はシンプルだったんだがや!

しかも、そんなにこだわらない…
お店にあるモノを注文する位だよねぇ~~~


所がですな…今一般的に「ビール」と言われているのは
殆どが「ラガータイプ」と呼ばれているもの…

もうひとつ「エールタイプ」ってのがあるんですわ!
知ってましたか?

この「エールタイプビール」にはまっている人ってのが又いるわけですよ。
でもって、独自のマニアックな世界を形成しているんですねぇ~~
そこをちょいと覗いてみると…

あまりの衝撃写真が載っている本を開きかけて、
思わずバタンと本を閉じてしまうような、そんな感じ…
見てはいけないものを見てしまった感じ…

それほどマニアックなのよ…(^^;
「足踏み入れたら、あかんでぇ~~、はまりまっせぇ~~」
みたいな…

最近でも聞いた事ありませんか?
「古代エヂプトでも、ビールが飲まれていた!!!」
なんて話…

実は、古代からあるビールはこっちの「エールタイプ」のビールらしいんですねぇ~
「ラガータイプ」の歴史は割りと浅いって事なんですな。

「一番の違いはなにか?」ってぇと、
発酵に使う酵母の違いらしいんです。

当然出来上がりも違うわけでして、大きな特徴としてはフルーティな感じ…
「麦汁を発酵させてそのまんま」ってな感じかなぁ~~
そうそう、すっきりしてないのよね。モヤモヤした感じ…(^^;

でもって、やっかいなのが、その種類が膨大だって事…
産地やら、その特徴やらで細かぁ~~く分けられてるのよねぇ~

スコッチやらワインと同じ位のはまり甲斐がありそうなわけですよ。

「もうこれ以上、手を広げられませぇ~~~ん(T_T)」

と、なるわけです(^^;

この「エールビール」ですが、たまたま目をつけていたShotBarが
かなりの品揃えをしておりまして…

それもそのはず、よく看板を見ますれば…
「ビールとスコッチの専門店」だそうで…(^^;

ほぉ~~~~んと、いろんなジャンル、世界があるのねぇ~~

ちょっと興味を持ったあなた!
そう言った「エールタイプビール」が飲めるお店のガイドも用意しました!
これねー> 「お店ガイド]

飲みに言ったときのウンチクにも最適なネタじゃございません事?(^^;
でもひとつ難点が…、普通のビールよりちょいと高いです。
飲み比べるなら、数人で行かないと結構きついかもねぇ~~~


「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
[人気blogランキング]←クリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2005-03-25 11:30 | お酒
『尿管結石』
kizz_army…
人生四度目の尿管結石にて、もんどりうっております(^^;
せっかくコメントしていただいたのに、大変もうしわけありませんが、
お返事はしばしお待ちくださませぇ~~♪
-------------------------------------------------------
kizz_armyでございます。

とりあえずのお知らせ記事だったので、

「すぐに消してしまえばいいか…」

位に思っていたのですが、お悔やみメッセージまで頂いてしまって、
却って申し訳ないくらいでございます(^^;
ほんとすいませんm(__)m

なもので、消せなくなりましたこの記事!!
せっかくだから、続きを告白いたします。

「尿管結石」…

知っている方は、

「あぁ、あれ痛いんだよねぇ~」

位で終わってしまいそうですが、知らない方はなんだか
いかにも病気っぽい感じがして必要以上に
心配されてしまったかもしれませんよね(^^;

最初に、この「尿管結石」になったときにはさすがに驚きました。

よく「その痛みに七転八倒」とか言いますが、
とてもじゃありませんが「七転八倒」できる余裕すらない程の激痛!!!!(^^;

やっとたどり着いた家の玄関で、うずくまったまま、
ただ脂汗を流すのみ…

「いてぇよぉ~~~~!!!」
と、叫び声をあげる事すら出来ない

下手したら、出産の時より痛いんじゃないのぉ?

と、「激痛自慢選手権」に出場したい位の激痛でございました。

でもって、人生最初に救急車を呼ぶ時ってのは、多少躊躇するんですなぁ~

「しばらくしたら治まるんじゃないか?」
「さすがに、救急車は大げさでは?」

頭の中はぐぅ~~るぐる、背中の痛みはキィ~~リキリ…

ったく、救急車呼ぶ時も、これ位に謙虚な気持ちでいれば、
「有料化」なんて憂き目にあわなくても済んだのにねぇ~~~(^^;

「はじめてのきゅうきゅうしゃ」

ってな、題名でりっぱな作文を書けそうな位ですからねっ!
でもって、作文コンクールの学年代表までは行くんだけど、
さすがに全校代表まではギリギリ行けない…みたいなぁ~~(^^;

救急隊員さんも、慣れたものです。
「う~~ん、尿管結石っぽいですねぇ~」と…

なんとか救急車に乗ったものの、あまりの激痛に「救急車乗車経験」という
その貴重な体験も全く記憶に残らないありさまでございました。

病院に着いたら着いたで、看護婦さんは…

「尿管結石? あぁ~~、そりゃ痛いわ!」

そうですか?
あぁそぉ~~ですか?
看護婦さんも公認の痛さですか? これってば…(T_T)

そんな激痛も、翌日にはまるで嘘の様に消え去って…

「いったい、なんだったんだ!!!」

ってな具合…

二回目は、休日に会社で一人仕事をしている時に…
正確には、休日に会社で一人昼食の「ハヤシライス」を食べていた時…

なんだか、覚えのある痛みが腰の辺りに…
あとはもう各種あるサービスコースの中から、
「激痛うずくまりコース」まっしぐら!
自分で救急車呼びました(^^;

そんなんも、今回が既に4回目…
先週末の土曜日の夕方から、なぁ~~んか怪しげな痛みが腰の辺りに…
月曜あたりになりますってぇと、時折襲い来る激痛が顕著に…
休日診療の末、やはり「尿管結石」と…(T_T)

あわや入院かと思ったのですが、ま、痛くなったら薬を飲む…
それでもダメなら病院で注射…
石が出るのをまつしかないよね。って話…

今日も、「結石」という時限爆弾を抱えたまま、
仕事に勤しんでおります。<後半は嘘(^^:


でもねぇ、これねぇ、笑い事じゃ済まないのが、

「人事じゃないよぉ~~」
「明日は我が身よぉ~~」

って事…(^^;

なんせ、あの「あるある大辞典」ですら取り上げられる程の人気ぶり!(^^)v

これを機会に正しい知識を身につけましょう!!

って、オマエ誰やねん!って感じですね(^^;タハハハハ…



「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
[人気blogランキング]←クリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2005-03-22 11:21
『シングルモルト 【アードベッグ・ウーゲデール】』
さて引き続き新宿のショットバー「Ruffian」でのお話…(^^)

なんつったって、「Ruffian」を紹介していただいた
Hirokiさんとの接点は「シングルモルト(「スプリングバンク21年」)」
ですからねぇ~~~

二杯目は「シングルモルト」と、ある程度決めていましたのよ(^^)

一杯目の話はこちら => 『パーフェクト・マンハッタン』


場合によっては、

「スプリングバンク21年」に行っちゃってもいいかぁ???

位の勢いでね(^^)

とはいえ、やっぱりそうそう手が出る値段じゃありませんでした(^^;

「なにかのお祝い」ってな日じゃないと、
おいそれとは飲めないお酒ってことでさぁね。
いやね、それでもここの値段は、多分他に比べたらリーズナブルだと思いますよ。


なものですから、一応バックバー(お酒の並んでいる棚ね)のシングルモルトコーナーを
ざっと見渡します…

当然なのですが…(^^;
聞いた事ある名前、知っているラベル、見た事ないラベル…
いろいろ並んでおります。



むむ? あれ? それって…(^^;

ひとつ気になる事を発見しました。

割とスタンダードなシングルモルト「マッカラン」なんですが、

「12年がない!!」

普通、マッカランと言えばまず12年って感じなのに
18年モノしかないんですねぇ~~、メニューにも18年しかない!(@_@)

これも、マスターのこだわりでしょうか(^^)

さて、「スプリングバンク21年」をあきらめたものの、
やっぱりおいしいシングルモルトがのみたい!

なおかつ!!

ちょっと、珍しいモノだったら更にオツケイ!

こんな時はどうしたらいいんだっけ??(^^;

そう!
「シングルモルトのススメ」なんて記事でも書いてますが、
バーテンさんに相談するのが一番ですね(^^)

「なんかお奨めのシングルモルトないですかねぇ?」

の問いかけに、

「かなり癖があるんですが…」

と、二列に並べられたボトルの後ろ側から取り出したのが、

「ウーゲデール」…


「ウ、ウ、ウ、ウーゲデールゥ????」

聞いたことねぇ~~~~(^^;


しかも、こんな名前覚えられねぇってよ!
何度も、名前を聞き返した挙句、携帯にメモって来ました。


今宵も、ロックで飲んでみる事に…
ここのロック用アイスはほぼ立方体のドデカイキューブアイスがひとつだけ…
これもちょっと珍しいかも…

その大きなロックアイスを取り囲んでいる「ウーゲデール」の色は、
結構淡い色でしてねぇ~、グラスをそっと口元に運びますってぇと…


うわ、なんじゃこりゃ!

「超!・せ・ん・り・つ・め・い・きゅ・う・か・よ!!!!」

と、思いましたね。「超・戦慄迷宮」に関してましてはこちらの記事をご参照↓
                   『富士急ハイランド【超・戦慄迷宮】』

判りやすく言いますと、その「戦慄迷宮」に入った時に、強烈に鼻を突いた
クレゾールの臭いなんです(^^;
あの、昔の保健室でも堪能できた、消毒液の臭いですがな!!

いやさ!もっと判りやすく言いましょう!
「イソジン うがい薬」を薄めた匂いです。

しかし、「シングルモルト」って単語だけで、「妙に気取った感じ」、
「鼻に付く感じ」
がして、書いていても若干の躊躇を感じる程の庶民派代表(^^;

「シングルモルト」を取り上げてるのに、「イソジン」とか言ってるヤツ
いねぇよな… ブハハハハハハ…


普通さあ、「シングルモルト」を飲んだ時の感想なんて
「テイスティングノート」とか言って、
そりゃもう叙事詩の様な文体で綴られるものなんですよ。

それを、あぁ~~た、「イソジン」って… 「イソジン」って…(^^;;;

こりゃまぁ、「癖がある」の最たるもんだねぇ~~(^^)


そんな中にあっても、じっくり味わいますと、ほのかな甘みも感じてきまして、
時間が経つにつれ、味わい深いものとなって来たような気もしました(^^)


さて、「体験してから調べる」ってパターンが多いわけですが、
この「ウーゲデール」も調べました。

「アードベッグ」って言う蒸留所のモノなんですね。
この「アードベッグ」ですが、「アイラ地区」と言う産地に属しておりまして…

「アイラ」っちゃぁ、癖のある「シングルモルト」で有名…

これ位は、kizz_armyも知っていたんですね。
産地位その時聞けばよかった…(^^;
そりゃ、癖があるわけだ…

さらに、その特徴を読みますってぇと…

・荒々しい
・きな臭い
・海藻の香り

そして!

・ヨード臭

なんだよ!そのまんまじゃん!(^^;
一応特徴は捉えていたようです。ってか、そのモノすぎますね。


「かまんべーる」の話でも言ってますが、匂いのキツイモノははまると癖になります。
これも、その一種らしいんですね。
ツウには堪らないらしい…

しかも、マスターも出してくれる時に言ってたんですが、
これってば、結構なレアモノらしく、なかなか手に入らなかったりするらしいのです。
実際に、ネットでもその希少価値に付いて書かれているものが多かったんですね。

kizz_armyの様なレベルではちょっと早すぎたのかもしれません。(^^;


単純に「お奨め!」とは行きませんが、「シングルモルト」の奥深い世界を
ちょいと垣間見るにはいいのかもしれませんよぉ~~~(^^)


参考までに、他のシングルモルトの記事…
『【竹鶴 17年】 in 「510's Bar」@下北沢』



「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
[人気blogランキング]←クリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2005-03-18 08:51 | お酒
『カクテル 【パーフェクト・マンハッタン】』
TOKIOのライブの後に寄ったショットバー「Ruffian」

そこで飲んだカクテル「マンハッタン」のお話でございます。


まずは「マンハッタン」の基本的なレシピから復習いたしましょう(^^)v


------------------
ウィスキー      2/3
スィート・ベルモット 1/3
アロマチック・ビターズ 1 dash
レッド・チェリー 1 個
------------------


となっております。

しかし!
ちょっと詳しいレシピを見ますと、
「ウィスキーはカナディアン、ライ、バーボンのいずれか」となっておりましてですねぇ。
「スコッチウィスキー」を使うと「ロブ・ロイ」と言う名前の違うカクテルに
なってしまうんですねぇ

まず、このあたりからきちんとしなければいけないようです(^^;

「Ruffian」で使用していたのは、「カナディアンクラブ」と言う、
超メジャーなカナディアンウィスキーでした。


さて、次に「ベルモット」ですが、これはまぁなんといいましょうか
ワインベースの「養命酒」かな…(^^;

ワインにハーブやらスパイスやらを加えたものなんですね。
ドライとスウィートがありまして、スィートの方を使います。
ドライの方は「マティーニ」に使うので有名ですよね。

単にベルモットと言いましても、やはりいろんなメーカーのモノがあります。
普通のBarやらで置いてあるのは「CHINZANO(チンザノ)」ってのが
多いですかねぇ~   ほんとよく見かけるラベルです。(^^)

「Ruffian」で使用していたのは「Noilly Prat」
こちらはちょっと高級品…(^^;
ベルモットでこのブランドを使っている店は要チェックといった所でしょうか、
ま、好みの問題もありますけどね(^^;

とここで、マスターが取り出したのは、ドライとスウィートの両方…

更に、通常1dashと言うのが決まり文句の様な
「アロマチック・ビターズ」をドボドボと注ぎ込みました。
「アロマチック・ビターズ」と言うのは、まぁ、名前からしてなんとなく
想像付くと思いますが、香り付けのリキュールみたいなもんです。
普通のリキュールの様なビンではなく、ちいちゃな、調味料入れの様な
ビンに入っているのも特徴…
その中でも「アンゴスチェラ」と言うブランドのモノを使っておりました。
これが又高いのよ!(^^;


つまりここのレシピは…

------------------
カナディアンウィスキー (2/3)たぶん
ノイリープラット・ドライ (1/6)たぶん
ノイリープラット・スウィート(1/6)たぶん
アンゴスチェラ・ビターズ(ドボドボ)
マラスキノチェリー (飾り)
------------------

となっているわけなんですねぇ~

「なるほどねぇ~~~」

と、美味しさの秘密をちょっち垣間見た感じがしましたねぇ~~♪(^^)


「複数のお酒を混ぜて、新しい味を作る」という
カクテルの一番の醍醐味を存分に発揮している味だと思っちゃいました(^^;

だって、自分の知ってるマンハッタンは、
ウィスキーの味にちょっと薬っぽい味と香りが付いただけ
ってな感じだったんでねぇ~

そうそう!グラスもカッコよかったねぇ~~
普通の逆三角のカクテルグラスじゃなくて、角のあるワイングラスっぽい形で
切子風の柄(ガラ)のついたグラスでした♪

帰り際に…


kizz_army:「いやぁ~、マンハッタンおいしかったですよ(^^)」
マスター:「そうですかぁ? ありがとうございます。」
kizz_army:「ベルモットは両方使うんですね」
マスター:「パーフェクト・マンハッタンって言うんですけどね」
kizz_army:「へぇ~~~!! そうなんですか…ビターズも結構多めでしたよねぇ?」
マスター:「ほんと自分の好みでやっちゃってます(^^;」


「ふむふむふむ…」
「パーフェクト・マンハッタン」
そんなんがあったのねぇ~~~!!(^^;

勉強になりました。 m(__)m

さ!あなたも「パーフェクト・マンハッタン」おひとついかがですか?

「Ruffian」に行って試すもよし…

又は近くのお店で、
「えっと、パーフェクト・マンハッタンなんていけますかねぇ?」

と、ちょっちばかし気取るもよし…(^^;

実際あんまり気取らずに、さらっとこんな事言ったら、

「ムヌヌヌヌヌ…、お主できるな…」

なんて、バーテンさんに思ってもらえるかもよ?ウハハハハ…

てなわけで、「パーフェクト・マンハッタン」お奨めです!



「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
[人気blogランキング]←クリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2005-03-17 10:06 | お酒
『SHOT BAR 【Ruffian】@新宿』

眠らぬ街新宿…

今夜も、きらびやかなネオン輝くその裏側で、

あらゆる欲望が渦巻いている。

まるでその渦の中に投じられた、一滴のインクが描き出すフラクタルの様に

今夜もさまざな人間模様がそこに描き出されているのだ。

心地よい音楽に身を晒した後は、薄暗い照明に照らし出される

琥珀色の液体を無性に体が欲しがる。

ただ飲めるだけではいけない…

日常から遠ざかる、魔性の街の空気というエッセンスも必要なのだ…

それが満たされる街…それが新宿なのだ。

俺の脚は自然と、人込みと喧騒の待つ、そこへと向かっていた。

店は決めてある、「荒くれ者」と言った意味を持つ【Ruffian】と言う店だ。

「荒くれ者の天使の羽」を連想させるそのロゴマーク…

そのロゴの施された看板脇の階段を、地下へと向かってゆっくりと降り始める。

今夜はどんな芳醇な刺激が俺の体に染み込んでいくのだろうか?

その期待に、思わず頬が緩むのを感じながら、重厚なドアを押す手に力を込めるのだった。

う~~~ん、マンダム!!




ギャハハハハ…(_≧▽≦)ノ彡☆ばんばん

しかし疲れた…_| ̄|○ もう一日分働いた!(^^;


って事で、とにかく、TOKIOのライブの後は新宿のショットバーに行ったのよ!
なんでかと言いますと、このBlogにもコメントいただいてます
hirokiさんのブログ、「thinking of something」でたまたま
このお店の記事を見つけたからなんですねぇ~

でもって不思議な事に…
以前紹介した、「Spring Bank」なるお酒の記事をたまたま見つけてコメントしたら、
それが又、、「thinking of something」だったんです(^^;

こういう事ってほんとよくあるのよね。


さて、お店の雰囲気はといいますとhirokiさんのBlogにもあるように、
なんと言っても、目立つのが真鍮製のカウンター…
そこにあたる照明の円形模様がなんともいえない雰囲気を醸し出しております。
角度によっては、その反射光がもろに顔へのスポットライトになったりします(^^)

ライブハウスなんかで見かける、結構背の高めの丸いテーブルが三つ位…
カウンター席が10席位ですかね。
あと、VIPルームなんてのもありましたよん♪
かしこまり過ぎない高級感がなかなかよろしいのではないでしょうか(^^)


さて、hirokiさんによると「マンハッタン」がお奨めとか…

「マンハッタン」ってのは、ウィスキーベースの比較的有名なカクテルでしてねぇ。
自分の知っている味は「イマイチ」だったんですよ(^^;

でも、「ここのは違うから!」とhirokiさんに奨められて、
早速飲んでみました(^^)v

ふむ…
明らかにうまい!(^^;
kizz_armyの知っている「マンハッタン」とは全く違いました。

なんとも言えない、甘い香り…(^^)
「マンハッタン」の見方がかわりましたねぇ~

所が!この「マンハッタン」…おいしさの秘密があったのです。

それは又別記事にて…(^^; オイオイ…


でもって、二杯目に飲んだのが聞いた事もない「シングルモルト」

「ウーゲデール」って言うんだって!

これも、別記事にしちゃいましょうかねぇ~~(^^; オイオイ…


マスターの他に、女性のバーテンさんもいらっしゃいました。
実際にカクテルとかは作っていなかったので、バーテンさんとは
呼べないかもしれないのですが…(^^;

やっぱり、女性の方がショットバーのカウンター内にいるといいですよね。
特に、きちんとしたバーテンダーの格好してると、妙にカッコいい!!(^^)

値段的には、さすがに地元で飲むようなわけには行きませんが、
納得できる値段設定だと思いました。

おつまみに至ってはどちらかと言うとかなりリーズナブルかもしれません。
「チーズの盛り合わせ」を頼んだのですが、ちょっと、普通すぎたかな…
せめて、ブルーチーズ系を一種類いれて欲しいところでした(^^;

新宿で行きつけのSHOT BARをお探しのあなた
ためしに、覗いて見てはいかがでしょうか?(^^)


ってしまった!
場所を書くの忘れた…(^^;

えっとですね。新宿駅の中央口階段を上がって、アルタを見ます。
すぐ右側には、見慣れた交番…

その交番の方へ向かいますと、正面はヨドバシカメラでございます。
ま、わかる方は、新宿駅東口ロータリー側ってだけでわかると思いますがね(^^;

で、そのヨドバシカメラの右脇に、路地がありまして、
もう一軒ヨドバシカメラがあるのわかりますぅ?
「ヨドバシカメラ東口別館」って言うらしいですが…
その隣です。

「コムサの裏側」って方がわかるかたも多いかも…

しかし、新宿のあんないい所にお店持てるなんてうらやましぃ~~~~♪

「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
[人気blogランキング]←クリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2005-03-16 11:21 | グルメ
『麺屋探訪【渡なべ@高田馬場】』

---------------------------------------------
ラーメンの味なんて好みの問題!
でも、やっぱり美味しいラーメンが食べたい!!
今日も捜し求めて、ラーメン道楽…
---------------------------------------------



「今日はライブ見に行くんじゃぁ~~~~!!!」


って、喜び勇んで出かける時…

たとえ、それがプロのバンドだろうと、アマチュアのバンドだろうと、

「さてどうしたもんかねぇ~~~(--;」

と心配になるのは…


そう!!





夕飯………(^^;


だいたい、普段の夕飯時がライブの真っ只中…
一番盛り上がってる頃でさぁね…

始まる前だと、早すぎる…
終わってからじゃ、開いてる店も限られる…

みたいな…(^^;


行く先は、武道館だしなぁ~
高田馬場で乗り換えだから、ラーメン激戦区、高田馬場
ライブ参戦前の腹ごしらえでもしときますかっ!

で、終わってから、ショットバーあたりにしけこんで、
一杯やりながら、軽くなんかつまめばいいか…

てな、作戦で「TOKIO武道館ライブ」に挑む事になったわけです。

その為には、昼飯の時間からして、調整しないといけないからねっ!(^^;


さて、今回の矛先が向いたのは…

「渡なべ」

でございます。

「今頃かよぉ~~~!!」てな声も聞こえてきそうですが、まぁまぁ…(^^;

全く説明不要と言っていい位の有名店でございます。

しかし、まぁ、駅からこの「渡なべ」へ辿りつくまでに一体何件のラーメン屋が
あるんでしょうねぇ~~、新旧入り乱れて、まさに「激戦区」の名に恥じない様相を
呈しておりましてございますよ(^^;


さて、この「渡なべ」ですが、店の作りが変わっておりまして、
一軒、小料理屋風…
もちょっと上かな…割烹居酒屋風…(^^)

かなりしゃれた感じでございます。

土曜の中途半端な時間とは言え、多少の行列覚悟で行ったのですが…

kizz_armyの入店時に、二組位出て行ったら、なんと貸切…(^^;
すぐに、又二組位入って来たものの、あまり混んでいないんですね?

入り口脇に、券売機がありまして。食券を買うシステム…
ラーメン¥700でございます…ちと高い…
カウンター席が、10席位ですかね。

「奥の席もありますよ」

との言葉に、若干の心遣いを感じつつ奥の席に着きました(^^)
すぐ目に付く壁のハンガー…
上着を掛けながら思う事は…

「ここにハンガーかかってるなら、一言言ってくれればいいのに…」(^^;

でもって、席に座って、いつもの様にカウンターの下の荷物置きを確認します。

おぉ~、あるじゃん…
でも、あるのはいいけど、なんじゃこりゃ…
化粧ポーチが置ける位の幅しかねぇでやんの(^^;

こじゃれたお店の雰囲気も、なんだか胡散臭い感じがしてきちゃいましたよ。

どうもラーメン屋ってこういうところダメだよね。
味がよければ、「ホスピタリティ」なんてどうでもいいのかね(--;

さ! で、問題の味の方は…

あ、その前に、出されたお水をちょいと一口…

うぇ~~~、なんかグラスが生臭いです(^^;
どんぶりとかと一緒に洗ってるからっすかねぇ

ま、それは置いておいて…

さて、スープ…

わかりましたよ!
ってか、ちょっと前から気がついてたんだけどね(^^;
kizz_army…どうやら、「魚系だし」のラーメンは
イマイチ好みじゃないようです(@_@)/

ここのスープはもろにそれ…
なんかね、大量の鰹節と、大量煮干をミキサーに掛けて粉にして…
それに、トンコツ系のスープをいれて、グルグルかき混ぜた…

そんな味…(^^;


強烈な鰹節の味、強烈な煮干の味、トンコツのこってり感…
そのままの感じ…かな?(^^;

どうもこういうラーメンって、手放しで「うまい!」って思えないんですよねぇ~

しかし、ネットで調べてみると、まぁ評判のイイこと…
ほぼ、大絶賛なんですよねぇ~~

「ほんとにうまいのか?」
「ただ、既存のラーメンに比べて変わっているだけなのか?」

このあたりの評価基準がどうなっているのか微妙な所…

そりゃね。三つも旨味成分たっぷりの材料の味がすれば、
旨味はあるでしょう…でも、「おいしいか?」となると…って感じ…

麺は若干太めのストレート麺かな…
なんだか、スープが強烈過ぎて、麺の印象が薄れてしまった感じですね(^^;

でもって、最大の問題児にご登場いただきましょう!!(^^)v

「渡なべ」のラーメンの最大のウリのひとつである、

「超極太メンマ」

でございます!!

「これどうやってくえばいいんだよ!」(^^;

縦4,5cm、横3cm、厚さ1cmという、
ほぼ、ヌリカベのミニチュアの様な趣さえ漂うこのメンマ…

通常の人間の心理として、幅の狭い方から口に入れますよね。
つまり、縦にして入れるわけです。

ところが、メンマの繊維の構造上この方向に口に入れると噛み切れないんですなぁ~
だからといって、横にして入れるのはおかしいですよねぇ?(^^;
横にして、繊維方向に裂けばなんとか食べられる大きさになりますが、
そんな事イチイチやってられません…
あ!手で裂けばいいのかぁ?(^^;

男が、豪快に一口で食べるという選択をした時はなんとかいけそうですが、
女性にしてみたら、どうやってもうまく食べられそうにありません(--;

いや、このメンマ、味は最高!とてもおいしいと思います。
なのに、この「ホスピタリティ」の欠如には、泣けてきますなぁ~(;_;)

これ、四等分位にしても、十分「極太メンマ」として通ると思いますし、
その位の大きさなら、なんとか普通に食べられるでしょぉ~

あの大きさで出している意図を、知りたいもんですな。


とまぁ、いいんだかわるいんだかイマイチはっきりしない感じが拭えません。

「魚系だし」がだめと言っても、それはいままで食べたラーメンでの話し…
普通に和食で使う、きちんととった「魚系」のだしはおいしいとおもいますからねぇ~
なぜ、この手のラーメンは手放しで「おいしい」と思えないのでしょうか??
ふしぎだぁ~~~

なんで、みんなあんなにおいしいって言うのかなぁ?
「魚系だしラーメン」なんてある意味トレンドですもんねぇ?


でも、不思議な現象がおこりました!
昨日辺り、この記事を書くにあたって、味を思い出してみたんだけど、
「なんかもう一度食べてみてもいいかな…」
なんて、なんとなく思ってみたりしてねぇ~(^^;

もしかして、あの系のラーメンて「癖になるなにか」
含まれてしまっているんでしょうかねぇ~

ま、どうせ行くならまだ行ってないお店に行くと思いますけどね(^^;



「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
[人気blogランキング]←クリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2005-03-15 14:58 | ラーメン