★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★ 最新KIZZ 情報!! (09/02/02 更新)
★     
★   『 お知らせ~ [KIZZ]は活動停止します ~ 』
★     
★   kizz_armyでございます。

★   約7年半に渡り、ご愛顧いただきました
★   KISSトリビュートバンド 【KIZZ】ですが、
★   2008年末を持って、活動を停止する事になりました。

★   既にライブも決定している中での決断だったため、
★   関係各位には多大なるご迷惑を
★   お掛けしたことを改めてお詫び申し上げます。
★   
★   まさに、「語りつくせば尽きないけれど…」と
★   言った思いではありますが、
★   またいつの日か、違った形になるかもしれませんが、
★   なんらかの形でみなさまとお会いできる日が来る事を
★   ちょっと期待して…

★   ほんとうにいままでありがとうございました。
★   皆様の KISSライフが 更に充実する事を願いまして…


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

《ニュース!!》
   『KIZZ』の出演している映画がありました!
   タイトルは「スペースポリス」

   詳細は該当記事にて…
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

≪クイックリンクコーナー≫
【KISS トリビュートバンド [KIZZ]】 ホームページへ…
【Charトリビュートバンド[Smoky]】Blogへ…
kizz_armyへのメールはkizz_army@hotmail.comまで…
「kizz_army」のジャンル別Blogリンク!!
興味のあるジャンルのタイトルをクリック!! (^^)

== フォトリーディング&マインドマップ活用の読書記録 ==
<< 知識増量堂 ブックセンター >>

==世界遺産を見たぁ~~~~いい!!==
≪ 世界遺産に魅せられて… ≫

==日常を向上させるヒントや情報のBlog==
≪ 日 常 向 上 旅 団 ≫

==映画鑑賞専用Blog==
≪シネ、シネ、シネマ団≫

==コンサートや、観劇、スポーツ観戦のBlog==
≪鑑賞、観戦、観劇…やっぱり生がいい≫

==テレビ観賞専用Blog==
≪テレビっこ、世にはばからせていただきます。≫

==食べ物の情報、食い物屋の情報等のBlog==
≪マスタ! おまかせでお願い!≫

==きれいな日本語を話したい! って事でそのまんま!==
《きれいな日本語を話したい!》

<   2004年 09月 ( 35 )   > この月の画像一覧
『味噌汁、右側だとあぶないっすよ!(^^;』

「きれいな日本語」やら、
「箸の持ち方」やら、
「日本て、いいね」
なんて話題が続いたところでっ!!

日本の食文化のひとつ、【配膳】のお話…(^^)
おいしいもののお話、番外編と言ったところかな?


【基本的な配膳】
・手前真ん中:箸置+お箸
・手前左手 :ご飯茶碗
・手前右側 :汁椀
・左手奥 :副菜
・右手奥 :主菜
・真ん中 :香の物

となっておりますが!
さて、これを日常の生活でみなさん意識してますか?(^^)


って言ったってねぇ、おかずの品数やら、一皿盛のお惣菜やらが
あったりするわけで、これを厳守する事はなかなか難しいっすよね?(^^;
しかし、割と日本の家庭で普遍的なモノがあります。

それは、「ご飯」と「味噌汁」

これは知っているのと知らないのとではやっぱり差がでますよん♪

出す方も、出される方も知らない場合は、割りと平和的な状態が続くでしょうが、
出す方が知らないで適当に置いてしまうと…
ちょっと恥ずかしい思いをするかもしれませんね。

「まぁいやだわぁ~こちらの奥さんたら配膳の仕方もしらないのかしらん♪」

なんてね…(^^;


しかし!!!
なぜこうなったのか?(--;

これがさぁ~調べると又奥が深いのよねぇ~(^^;

そもそも!平安時代に将軍足利義満によって「本膳料理」なるものが
確立された所から始まるらしい…

あしかがのよしみっちゃんがね、まぁ形式化してくれたわけだぁね(^^)

「ご飯の茶碗は左手で持って頂く…その為にはご飯は左だよなぁ?!」
これが一番の基本になって、この配置が生まれたんじゃないかな…
あとね。まぁ、見た目ってのもあると思うのよ(^^;
御飯茶碗と、汁椀の丸い器が並んでた方がバランスいいじゃない?
あと、右奥が主菜ってのも結構取りやすい気もするしね。

しかぁし、この配置やら作法やらには大前提となる条件があるのですよ!!

それは!
はい!ドラムロール!!
ダラララララララララララ…

「畳の上で、お膳を使って食べる」って言うこと…
(※右利き前提だってのもある)

時代を考えれば、間違いのない事実でしょう…
ってか、他の状況なんか、微塵も考えてないと思いますよ。(^^;

さてこれが、少し時代が進んで「ちゃぶ台&畳」の時代になったとしましょう…
狭いながらも楽しい我が家…日本の庶民の一般的な姿ですがな!

ここでも、まだまだこの形式はOK!
でっかい皿に肉ジャガ…ちゃぶ台の真ん中にドンと鎮座まします。
あとは、それぞれに焼き魚でもありゃいいっすかね。漬物とね。

そして、威厳ある昭和のお父さんは

「ご飯は左! 味噌汁は右!」
「ご飯は左手でちゃんと持って、箸は正しく持つ!」

ってね(^^)
ちゃぶ台ひっくり返すとこまでいっちゃうのは多少特殊な人でしょうが…


さて、これが現代になりますってと、いささか問題が出てきます(^^;

まずまぁ、殆どの家が「テーブル&イス」になってませんか?
更には、ハンバーグを箸で食べたり、パスタも箸で食べたり、
たまにステーキなんかやると、ナイフとフォーク使ったり、
ちょっと和食っぽいトンカツでも、ナイフとフォーク使ったり…

もうめちゃめちゃだ~ね(^^)
この多国籍感、無国籍感が又よかったりするのですが、
それでも、やっぱり「ご飯と味噌汁」は食卓にあったりするのですね。


内容にバリエーションが出て来たことも大きな違いのひとつですが、
「実はあまり気がつかない、大きな違いが」ここに存在するのです。

それは!
はい!ドラムロール!! あ、しつこいっすか?(^^;

えっとですね。「お膳&畳」と「テーブル&イス」では
若干、「肘から料理までの距離」が違うような気がするんですね。

この「テーブル&イス」の状態で、古来の形式を守って、
「味噌汁」を右手前に置いた状態だと、ナイフとフォークは使えませんし、
ハンバーグやらを箸で切って食べると言うような場合も、
「味噌汁」が邪魔になります。ってか危ない!
右手で汁椀を引っ掛ける可能性がものすごく高くなるわけですよ!

御飯茶碗がちょっと倒れた位なら、被害は大してありませんが、
熱々の「味噌汁」を引っ掛けたらやばいっすよねぇ?

これは、上から若干見下ろして箸を使うことになる「お膳&畳」でも根本的な
所では解決されていないような気がしますね。
そもそも、汁椀だって左手で持って頂くでしょう?(^^;

つまり、ここまでの考察で、
「汁椀は右」は、単に「ご飯が左」ってのがありきで、
相対するものという位置づけで、見た目重視に決められたのではないか?


と思われるわけです。

ナイフとフォークを使う洋食では、ご存知の通り、ステーキ等のメイン料理が
真ん中手前、ライス/パンは左側となっております。

食べる物がこれだけ変化している以上、付随する食文化も多少変化しなければ
ならない時期に来ているのではないでしょうか?
適当ではない、あたらしい文化的な作法が確立されればいいんですがねぇ~

kizz_armyのお勧めとしては…

【kizz_army的な配膳】
・手前真ん中:箸置+お箸
・手前左手 :ご飯茶碗
・手前右側 :主菜
・左手奥脇 :味噌汁
・右手奥 :副菜
・右手奥脇 :酒(^^)

となります。

とは言え、基本を知っている事は大事ですよね♪
更に、来客のときは敢えて配膳を変えていることを告げないとなりませんけどね(^^;




「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
ここをクリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2004-09-30 12:11 | グルメ
『よくぞ日本人に生まれけり』

カルボナーラを食べた後、無性に日本茶が飲みたくなる…

「抹茶入り玄米茶」なんぞをすすってみる…

「はぁ~~~…」 (-_-)

至福のひと時…

「日本人に生まれてよかった」

目を閉じる…


(^^;
いやね、つくづく「日本」て不思議な国だなぁ~と思うのですよ。(^^;

カルボナーラ食った後に日本茶とかさ…なんでもありじゃん?
これが又合うんだよねぇ~~~(^^;ってか、無性に飲みたくなるんだもん!

アテネオリンピックでの日本人選手の活躍、
メダルの数を御覧なさいよ!

メダル獲得数で日本の上位にいる国の人口やら、面積やらを
比較してみてくださいよ!

下手したら、
いまだに一部の人には、地球儀のどこにあるのかもわからない、
ちょんまげして刀を腰にさしていると思われてる、
ちっちゃな島国の、体格にも恵まれているとは言えない人々が住む
この日本って国は一体なんなんだと…

いやさ、な・ん・な・ん・だ・!と…

世界初! 世界最小! 販売数世界一!と言ったものの
なんと多いことでしょう

「プロジェクトX」なんか見てるとその辺りの事をひしひしと感じるんですな。

外国の道を走る日本車の多いこと…
外国の競技場に並べられる日本企業の看板の目立つこと…

すごいですよねぇ~~

更に!国連の常任理事国になろうってんだからねぇ~~
まさに、

「不思議大国日本」

ですな!(^^)

いや、別に選民思想があるとかそういう大げさなもんじゃないですよぉ(^^;
その辺あまり意識しすぎちゃうと逆になんか変な方向へ
行っちゃうんでしょうなぁ~…過去の過ちなんてのは
その辺につながるのかもしれませんよねぇ~~

そんな愛すべき日本ですが、なんだか最近はとっても物騒になってきました…

いつの時代も繰り返される言葉なのでしょうが、

「昔はよかったぁ~~~」と…

しかし不思議なもんですなぁ~~!
政策にしたって教育にしたって、未来が良くなる様に考えているはずなのに、
いつの時代も「昔はよかった」と?

ぜんぜんよくなっとらんやん!!(^^;

「便利にはなったような気がするけど、よくはなってない」

って感じ?

何かが、すこぉ~~しずつずれているような…
小さなひずみがどんどん蓄積しているような…

なんだか悲しいっすよねぇ~最近の悲惨な事件の話を聞くとさぁ~

こんなに平和で、モノがあふれていて、優秀な人たちもいっぱいいて、
自分の生き方も自由に選べる様な、そんな幸せな国に生まれたんだからさぁ~

そのこと自体に少しでも感謝できたら、もちょっと変わるような気がするんだけどね。

なんでわざわざ他人に迷惑かけるような事するのかねぇ~~

いかんいかん!なんだか暗くなってきた…(^^;

さてここらあたりで、さが姉さんから頂いたコメントに
お答えする流れに持って行きたいのは山々なのですが…
サービス業のわたくし、昔上司に言われたことがあるのですよ…

「サービス業たるもの、
【宗教】
【プロ野球】
【政治】
の話をお客さんとしてはいけない」

と…
特定の球団の話ではないし、今時それで揉める様な事もありませんが、
先日の野球の話は、実はちょっと躊躇していたりもしたんですね…(^^;

更に【宗教】となるといろんな面で難しい問題が…(^^;

なんだか人に迷惑かけたり奇行に走るような単なる「危険集団」は論外ですが、
それでもねぇ~なんか基本的な宗教観みたいなのって、
今の時代こそやっぱり必要なんじゃないかな?とは思いますよねぇ~

信仰とかじゃなくて、哲学的な人間観みたいなものとかさ…

そしたら、もちょっとこの国もよくなるかもね(^^)

さっ!ここはいっちょ盛大に
「日本に生まれてよかったね運動」
でもおっぱじめますか!(^^)v

でも、「愛国心」とか「愛社精神」とか「愛校心」とかは、
とっても希薄なわたくしでございます…オイオイ…(^^;

※さらに、03年時点で世界最長寿国だとか… 不思議だね。日本…(^^;
※さらに、さらに、04年時点で女性の寿命20年間世界一だとか… 不思議だね。日本…(^^;

「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
ここをクリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2004-09-29 12:02
『きれいな日本語を話したい!!』
この記事は移動しました。


《きれいな日本語を話したい!! 》


ってブログの、


『きれいな日本語を話したい!!』


でございます。

原文も一応残します。
[PR]
by kizz_army | 2004-09-28 12:46
麺屋探訪『究極のラーメン サムライ@花月』
a0018005_160367.jpg



---------------------------------------------
ラーメンの味なんて好みの問題!
でも、やっぱり美味しいラーメンが食べたい!!
今日も捜し求めて、ラーメン道楽…
---------------------------------------------

お待たせいたしました!あの究極のラーメン【サムライ】
レポートでございます。(^^;

調べ物と言えばやはり「Google」を使ってしまうのですが、
なんやかんやとお世話になってしまう「Yahoo」
大々的に宣伝していた「究極のラーメン」
そりゃkizz_armyならずとも気になりますよねぇ?(^^;

てなわけで、どんなもんか早速食べてみる事にいたしました。

この究極のラーメンを出しているのは、みなさまご存知ラーメンチェーン店
「花月」でございまして、なんと全国210店舗もお店があるんですね。

最初に「花月」を知ったのはもう10年も前でしょうか…
当時まだ「にんにくげんこつラーメン」なるものもまだ目新しい時代でして、
しかも、当時としては結構うまかった記憶があるんですよねぇ~

しかし、これだけラーメン店がひしめき、話題のラーメン屋さんとかも
多くなってきますってぇと、あえて「花月」でラーメンを食べるって機会も
自然と減るってもんです。

久々の「花月」ってのも兼ねて行って参りました(^^)

謳い文句はってぇと…
食欲の秋のラーメンは素材の深い味わいと香りを堪能したいもの。
そんなコンセプトにぴったりなのが、焦がしみそスープ。
みそと野菜をじっくり焦げるまでいためたスープはほうじゅんな一杯に仕上がっています。
一口、スープを含んだ瞬間に濃厚なみその風味が広がります。
そんなスープにマッチする具材はバラ肉。
肉の脂身がスープに溶け出し、焦がしみそとのハーモニーが最高! 
さらにバラの脂はコクがあり、とんこつダシとの相性はバツグンです。
とろける肉の食感も楽しめるトッピングです。

となっておりまして、なかなか期待をさせてくれます。

言ったお店はなぜか、「鷺宮店」(^^;
ま、用事のついでです…

しかし、大丈夫なんでしょうかこのお店…
入り口の自動ドアは壊れて「手動」と張り紙が…(--;
週末の夜なのに、店員さんは一人…
kizz_armyが入ると同時に出て行ったお客さんが一人…
店内には他にお客さんがいません…
ガムテープで破れの補修をしてあるカウンターのイス…
もう一度言います。大丈夫なんでしょうかこのお店…(^^;

さて登場しました「サムライラーメン」
トッピングはオーソドックスなもやし、チャーシュー、卵…
そして目を引くのが、水菜…

スープは予想通り黒いのですが、スープ自体が黒いのではなく
焦げて炭の様になった残骸の様な細かい粒が
どうやら黒さを増している様なんですよ

いつも通り、スープを一口すすってみます…

うわ、結構炭の味が…(^^;
「焦がし味噌」って言うより、「炭」に近いんでしょうか…
焦げたものの苦味が結構あります。

スープ自体はといいますと、オーソドックスな味噌って感じなんですね。
トンコツの濃厚さは前面に出てこないっす!
コクもまぁまぁあって、なかなかうまいですよ。

さて、お次は麺ですな。
ふむふむ、ま、チェーン店ぽい普通の麺と言った所でしょうか?
茹で具合的には悪くありません。

「焦がし味噌」ってのは始めて食べました。
変わっているといえば変わっているのですが…
なんか今の時代「変わっている(今までにない)ラーメン=うまいラーメン」
勘違いされているのでは?と思われる節がありましてですねぇ~(^^;

kizz_army的には単純にそういう図式は有り得ないと思っているので、
「変わっている」即「うまい」とはならないわけですよ。

なんですが、このちょっと変わった「焦がし味噌」悪くありません。

「なんだよ炭の味じゃんか!」で切り捨てる事もできなくはないのですが、
それを上回る味噌スープとの相乗効果がなかなかいいですね。

これで¥1000近い値段だと問題ありですが、¥680なら合格ラインでしょう!

もう一度食べてもいいかな?と思えるレベルだと思いますよ。(^^)

しかし、「花月」もしらばらく行かない間にいろんなメニューが増えてて、
ちょっと食べてみたいな…ってのもいくつかありました。
今度食べてみよっと…(^^)

「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
ここをクリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2004-09-27 15:58 | ラーメン
ドラマ『逃亡者』
とうとう終わりましたねぇ~と言うわけで、江口版「逃亡者」のお話です。
内容を知りたくない方は読まないでくださいね。


いやぁ~ハラハラしました。結構はまってましたよぉ~
なかなかがんばって作ってるジャン!と思ってました。
最終回を見るまでは…(--;


最後はなんか馬鹿にされてるような気にもなってきました(^^;

最初の方だって、
「そんな馬鹿な!」
とか…
「たんなる警泥じゃん!」
とかって批判もあったのですが、若干それを上回るテンポある展開でして、
「どうなるんだぁ??」となかなか楽しませていただきました。

しいて前半で引っかかる事はといえば、子供まであの惨劇に巻き込まなくて
よかったんじゃないのかなぁ?って点ですかね。

サウンドトラックもよく出来てましてねぇ~~
ドラマを盛り上げてくれましたよ。
「砂の器」「白い巨塔」「人間の証明」…
そして、「逃亡者」と、サウンドトラックが秀逸な作品が最近目立ちますね(^^)

初回からいきなりマルチ画面を使って、「お!早速『24』を意識してるね」
とそこだけで思ったのですが、実は全体的に「24」をやりたかったんですね(^^;

出演者全員を怪しく見せてさ、疑わせてさ…

その割には、真犯人は第一回放送時の予想通りという、しょぼい展開…(^^;
しかも、最終回のグダグダ感はどうしちゃったんでしょうか?

あの状況で、あんなに撃つ気満々で、ピストル構えてたら
問答無用で周りの警官は発砲可能でしょぉ?
特に峰島刑事ぃ~~!
しかも、なんか特殊部隊みたいなのもいませんでした?
その後自殺しようとした瞬間も余裕で腕とか撃てたでしょぉ?

峰島刑事役のあべちゃんも最初の頃は最近にしては珍しい程の
ワイルド感を出していたのに、
最後は普通のあべちゃんになっちゃってたぞぉ~~

なんか台無しっすね(^^;

動機にしたって、各々の関係にしたって浅すぎるよねぇ?
あぁ~~イライラするわ!(--;

結局「24」の出来の良さを改めて認識する結果となった…

って事なんすかねぇ~~♪


「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
ここをクリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2004-09-27 14:50 | テレビ番組
ドラマ『エースをねらえ!~奇跡への挑戦~』

ドラマ『エースをねらえ!』(過去記事転載)

ドラマ『エースをねらえ!』(終了時過去記事転載)

と、ネタ振りも無事終了いたしまして、いよいよ本筋であるところの

「エースをねらえ!~奇跡への挑戦~」

のお話…

しつこいようですが、原作、ドラマ共々内容を知りたくない方は
読まないようにしてくださいね(^^;


さ、いかがでございましたぁ?このSP版は?

kizz_army的には…

「ダメだ、ダメだ、ダメだぁ~~~!!」(^^;


とにかく、ストーリーがダメっすねぇ~~
もったいない…
せっかく、連ドラの時に出来上がったキャラやら、路線やらを生かしきれて
ないんじゃないのぉ~??って感じかなぁ~~

でもね。よかった所もあるのよ…(^^)

・桂大悟(寺脇康文)
これは、いい配役だったすねぇ~
最近寺脇さんってぇと、すっかり「王様のブランチ」って感じだったのですが、
このキャストはベストに近かったんじゃないでしょうか!
あまりにはまっているので、原作漫画がそのまま生身になったような感じがして
心打たれましたよぉ!!

・オープニング
いきなり寺の情景からはいりましたよねぇ?
これはよかった!あの雰囲気から桂大悟の登場が予感され、
凛とした姿の彼の登場を想像した所に例のテーマソング!
この時点でkizz_army既に、涙ボロボロです…(;_・)

・寺とその周辺の風景
すばらしかったですねぇ~
まるで、NHKの自然をテーマにした特集番組を見ている様でした。
まだまだあんなすばらしい景色を持った所があるんですね。
日本てすばらしいのねぇ~♪

・原作へのこだわり(特に衣服)
これってば、原作を見てない人にとっては、「なんじゃぁ???」
って感じだったでしょうね(^^;
特に桂大悟のパーカー姿…、托鉢僧のいでたち…
かなり奇異に感じられたんじゃないのぉ??(^^;
原作の絵を知っていても、「あのフードはないだろ?」と思ったくらいだからなぁ~
でも、こだわりが伝わってきたのはいいです。(^^)
あと、ひろみのウェアもちょっと原作を意識しているのでは?と思えたよん♪

・ひろみの慟哭(どうこく)
慟哭って言葉が頻繁に出てくるのですが、このスペシャルが放映されると知って
一番気になったのが、「上戸あやが、ひろみの慟哭をいかに演じるか?」って
所だったんですよ。思っていたよりは、うまく演じていたんではないでしょうか?
(^^)

・みんなテニスがじょうず!
いやぁ~みんなテニスがじょうず(に見えた)(^^;
フォームだけ見てるとほんと綺麗ですよねぇ~
サービスのフォームだけはさすがに難しそうだったけど…
さすが!松岡氏!(^^)
藤堂、尾崎の二人は普段テニスやってるんじゃないのぉ?


とまぁ、いい所もあるのですがねぇ~

細かく行きますよぉ~~(^^;

・桂大悟登場の衝撃
これ、じぇんじぇんだめあるよ(^^;
ひろみと藤堂しか渡米してないって設定になっちゃってるので
無理かもしれないけど、アメリカで試合しているひろみと
宗方コーチの死を知ってしまった、周りの人間の思いが交錯する中で、
宗方、桂の現役時代を知っているお蝶婦人が、桂大悟の姿を見かけて
驚きの中で、「代わりにいらしたのですね」ってセリフが出てこないとさぁ~

この周りの人たちの「宗像コーチへの思い&ひろみへのいたわり」がもっともっと
描かれないとじぇんじぇんダメジャン!
後から全員アメリカに追いかけて行くっていう設定に変えてでも、
ここは入れて欲しかった。

・宗方と桂の関係
ライバルであり、親友であるこの二人の関係ももっと深く描かないとさぁ~
最後に二人で酒を酌み交わすシーンとかさ…
原作の方なんか、いま思い出すだけで泣けるわ!
桂の後姿を見送る宗方の姿ときたひにゃ…きたひにゃぁ~~(;_q)

・桂が僧侶になる道を選んだ理由
そんな設定じゃ、ぜんぜん重みがないじゃないか!
本質が損なわれとるよ…(--;

・宗方コーチの死を知るひろみ
帰国後すぐに、日記を手渡され読んだ後打ちひしがれて朝を迎えるひろみ…
同じようなシーンをあえて数日後の設定にしたのはなぜ?
ここも、ちと理解に苦しむのよねぇ~

・宗方コーチの墓参り
なんとか最悪の状態を脱して、やっと宗方コーチの墓参りにいける様になったひろみ…
「やっとお墓参りに来られる様になりました」
って、ひろみ本人に言わせるなよぉ!!!
ここは、蘭子が、
「やっとここに来られるまでになったのね」
涙するシーンじゃなきゃ、だめでしょぉ~
まあね。最初の段階で周りの人たちの慟哭やら、ひろみへの思いやらが
描ききれてないから、そうなっちゃったんだろうけどね。

・藤堂さんがひろみのコーチ
恋愛モノとして見せるためにはこういう選択だったんですかね(--;

・ひろみvsお蘭
が、後半のメインになっちゃったのね。
無理やり感が否めませぬ。

・ミズノのラケットって…(^^;
なんで、宗方コーチのラケットだけミズノなんですか?
ストーリ的には関係ないんですがね(^^;
ミズノのラケットって使ってる人見たことないんですけど…

・藤堂さん
どうしても、最後まで藤堂さんとして認められなかった…(^^;
もうちょっと「ぽい」人いなかったのかなぁ~

って事で、きっとスポンサーのしがらみやら、時間制限やら、
目に見えぬ縛りがあったのかもしれません。
だから仕方ないのかな?とも思いますが、

スタッフの原作の細かい所へのこだわりが見える分、
ストーリーへの不満が残りますねぇ~
原作者はあれでよくOKだしましたねぇ(--;

宗方コーチが死んでからの方が内容が濃いのに2時間に詰め込むって事
自体無理がありますよねぇ~~
大河ドラマの様相を呈してきますからねぇ~原作の後半は…

原作を知っている人には、中途半端…
原作を知らない人には、よくわからない部分あり…
って感じで、どっちつかずになってしまったんじゃないでしょうかねぇ~

続編をドラマ化出来るという幸運な状況にあったのなら、
ちゃんとした連続枠で原作に忠実にやってほしかったなぁ~~
う~~ん、残念…


「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
ここをクリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2004-09-27 14:13 | テレビ番組
ドラマ『エースをねらえ!』(終了時過去記事転載)
えっと、連続で「エースをねらえ SP版」へのネタ振りです(^^;
一個前のは始まる前に書いたやつね。
今度のは終わったときのヤツでぇ~す。

あっと、当然内容について触れておりますので、
原作ともども、内容を知りたくない方は読まないでくださいね(^^)

--------------------------------

「ドラマ 2004 新春期 終了 [エースをねらえ!]」
kizz_army@マネージャ 2004/03/25


「ドラマ 2004 新春」
では、最初の印象をちょこっと書いてますね。
なんか、最後までそのままいっちゃったって感じっすかね(^^)

とにかく良かったのはスタッフのこだわりかなぁ~
ほんと原作に忠実に忠実に、旧版アニメの主題歌を使うあたり
旧版のアニメも参考したりとかもあったかも?

「うぉ~!そこまでやるか!」って思わせてくれたのが、
宗像コーチの着物の柄です。
原作読んだときもみょ~~~に印象に残ってる着物の柄があって、
なんか蜘蛛の巣みたいな柄のがあったんですよ。
一回ぐらいしかでてこないんじゃないかなぁ??
なんか不思議な柄だったのですが、そっくりそのまま再現しやがって!(^^;
うれしくなっちまうじゃないのぉ~~(^^)

でも、宗像さんも良かったよねぇ~
なかなか雰囲気でてたと思います。

とはいえ、なんと言ってもダントツはお蝶婦人でしょ!
彼女いいっすねぇ~
始まる前から「だれがやるんだよぉ~???」って
思いの裏には、
「あんなのだれにもできないんじゃん?」
って意味も少なからずあったと思うんですよ。

ところがどっこい!あれだけ自然に不自然な役をできちゃったのは
やっぱり特筆すべきところですな!
「よろしくってよ!ひろみ!」
ギャハハハ…いい感じ!いい感じ!

「だれです?わたくしのパートナーを動揺させるような事を言うのは?」
なんて、めっちゃはまってますがな…
ルックスもかなりいけてるしねぇ~~

千葉ちゃんも後半に行くにつれてよくなってきましたねぇ~
原作では空手の達人なんだよねぇ~その辺も出してもよかったのに(^^)

ちょっと弱かったのが、藤堂さんと、緑川蘭子かなぁ~
藤堂さんはもっとなんというか、器のでかそうなソフトな感じがいいのになぁ~
緑川さんももっとでかい人がよかったなぁ~

あとみんなテニスうまいねぇ~、びっくりしたよん♪
やっぱり、すごい人に教わると違うねぇ~
フォームがめっちゃ綺麗だもんねぇ~
ひろみのバックのストロークのフォームなんて、ほんとに
うまそうだもんなぁ~~

なんてね…(^^;
なんかボールの動きはほとんどCGで作ってるって感じだったすね。
ほんとにストロークやってるとしか思えない感じがグッドでした。(^^;

だって、めっちゃ綺麗なフォームで打ってるのに、あきらかに
とんでもない方向にボール行っちゃってるの時々ありましたもの…

(おいおい、ほめてるのかけなしてるのか…(^^;)

でも、あれだけフォームが綺麗だったらちょっと練習したら
マジで上手くなるんじゃないですかね。

お正月のかくし芸大会とかでも思うんですけど、すごい人に教わると
ほんと上達の速度って全然ちがいますよね。
もちろん本人の努力も必要ですけど、長年やって気が付くコツみたいな
ものを最初の時点で教えられたらやっぱりスポーツも楽器も違うだろうなと思いますよ
そういう環境におかれる人は幸せですな(^^)

しかぁし、前も書いたかもしれませんが「エースをねらえ!」の
真骨頂はこの宗像コーチが亡くなってからの話なんですねぇ~
ドラマもここまで盛り上がったんだから、「エースをねらえ!2」に
なだれこむかぁ??と思ったんですが、ドラマの最後の場面は数年後に
活躍する岡ひろみの姿でしたね。
ま、そこにいたるまでの経過としてくっつけちゃうのも出来なくはないですが、
なんせ内容が内容なだけに、一般受けするドラマにはなりにくそうではあります
(^^;

アニメはOVA(オリジナルビデオアニメ)として「2」もあるんですが、
なぁ~~んか雰囲気違うんだよなぁ~~~
ひろみの声もちがっちゃってるし(--;

この「エースをねらえ!」の影響でテニス界ももっともっと盛り上がるかと
思いきや、なんかイマイチですねぇ~
なんせ、杉山の愛ちゃんが、世界ランク10位以内にいると言うのに
その扱いの小ささときたら…(--;
プロの世界で、世界の10本指にはいるんですよぉ?
半端じゃなくすごい事の筈なんですが…変じゃ変じゃへぇんじゃ!


そうそう、このドラマのロケの一部は「昭和の森」って所で
やったみたいなんですが、なんと偶然にもkizz_armyそこで
テニスやってきちゃいました。
そしたら、翌日の「エースをねらえ!」でちゃっかりと
まさにkizz_armyも歩いた通路で、岡と緑川が会話してる部分が
あるじゃありませんか~~!
「おぉ~~!!」と思ってしまった、
結構ミーハーなkizz_armyなのでしたぁ~~(^^;

なんだよ、肝心の岡ひろみの話してないじゃん・・(--;
あ、でも明日へ続かないよ…(^^;


--------------------------------

「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
ここをクリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2004-09-27 12:16 | テレビ番組
ドラマ『エースをねらえ!』(過去記事転載)
お気づきの事とは思いますが、「エースをねらえ SP版」への
ねたふりでございます。
これはドラマが始まる前に書いたやつじゃね。


--------------------------------
[エースをねらえ!] kizz_army@マネージャ 2003/11/17 17:21


「エースをねらえ!」がドラマ化されるそうな…

あぁ~~この漫画ほど思い入れがある漫画も珍しいかも??なのですよん。
あ、そうそうストーリーを知らなくて、このドラマ楽しみにしている方は
以下は読まないほうがいいですよ(^^;

今まで二度ほどアニメ化されてまして、みなさんもよくご存知の事かと
思います。でも、なぜか二度目の時は「新・エースを狙え!」となってまして、
単なるリメイクではない事が強調されていたかのように思われましたが、
ストーリーは原作にほぼ忠実に作られていました。

でもなぁ~最初のアニメ化されたヤツってあんまり記憶ないよのよね(^^;
ま、時代的な事もあるんですが、みょ~~に画面が暗い・・・(--;
でもって、雰囲気も暗い…
セルの枚数もちょっと少ないんじゃない?って感じがしました。

「新」になりますと、絵やキャラもかなり明るい感じ・・・
しかも、テーマ曲、BGM等々かなりレベルアップしておりまして、
岡ひろみの明るさもこっちの方が際立ってますな。
なのに、不思議なんですが、なんか昔のアニメ特集とかいった番組で
取り上げられるのは「旧版」でして、「新版」はなぜか不当に評価が
低いのでは?なんておもっちゃったりします(^^;


アニメだけを見てた方!宗方コーチが死んじゃって、この話は終わり…
って思ってません?


実は、なにを隠そうこの漫画、宗方コーチが死んじゃってからの
話のほうが重要なんですねぇ~(^^;

こんな泣ける漫画はほかにありません!

正直言いますと、何回読んでも大泣きです(T_T)
声をだして泣く位泣けるんですよ!なんちゅうか、まぁ、すごい漫画です。

後半若干宗教くささも加わりますが、まぁ、心洗われるっちゅうかなんちゅうか、
がんばって生きていこう!ってな気分になりますわ(^^)
じつは、この後半部分オリジナルアニメとしてはビデオで出ているんですよね。
でもねぇ~なんかちょっと世界観が変わってしまっているというか、
あんまり惹かれないんです。(^^;

さて、そんなすごい漫画をドラマ化するとな・・・
まぁいいんですが、お願いだから世界を壊さないキャストにして欲しいもんです。
こんな所でいっくら声を大にして叫んでも、まぁ勝手に決まってしまうものなんで
どうしようもないんですがねぇ~(^^;

主役以外はまだ決まってないそうで、お蝶婦人だれがやるんでしょ?
宗方コーチは自分の中では、かなり昔から「中山仁」さんなんですよね。
「サインはV」のイメージがあるからかもしれませんが、
「宗方仁」は「中山仁」がモデルなのかも?なんて思ったりもしたくらいです。
でも、年代が違いますからねぇ~いくらなんでももう無理でしょ(^^;
京本政樹はやめて欲しいですね。
とにかくクールな人がいいですねぇ。

当然、高校が舞台なわけでして、最近の若い俳優さんなんてほとんど知らない
kizz_armyがキャスト予想なんて出来るわけがありません(^^;
でも、年代を全く無視してこんな人がいいなぁ~ってのはいかがでしょうか・・・


宗方仁:中山仁
やっぱりこの人
お蝶婦人:
金髪のたて巻きロールでしょぉ?難しすぎます。
マキ:優香
ちょっと主役を食ってしまいそうですね(^^;
藤堂さん:
千葉ちゃん:
尾崎さん:
緑川蘭子:
竜崎理事:
宝力冴子:


って、書き出して考え始めたんですが、
一向にうかびませんわ…(^^;
あきらめて、みなさんのご意見を聞くことにしました。
思いついた方はkizz_armyまで・・・
とほほほ・・・

--------------------------------
「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
ここをクリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2004-09-27 12:02 | テレビ番組
『BLACK SABBATH トリビュート【SECRET LOSER】』
a0018005_1495147.jpg
昨夜は【SECRET LOSER】のLIVE、見に行ってきちゃいました(^^)
(ホームページはこちらから…)

「KIZZ」関係からお越しの方はご存知かと思いますが、
そうでない方の為に一応御説明をば…

簡単に言いますと「ブラック・サバス [BLACK SABBATH]」(以降[サバス])の
トリビュートバンドなんですな!

しかも!!
ロニー・ジェームス・ディオ(RONNY JAMES DIO)(以降ディオ)
在籍時代にこだわっているんです!!

やっぱねぇ~トリビュートバンドっちゅうのは、
「拘(こだわ)り」が大事っすよね。こ・だ・わ・り・が…(^^)


kizz_armyがこの「SECRET LOSER」を始めて見たのは、
2002年の[OyaZZFEST]で[KIZZ]のタイバンとしてご一緒させて
いただいた時なんですよ。

当時のkizz_armyは「BLACK SABBATH」も知ってましたし、
[RONNY JAMES DIO]をも知っておりました。

でも、ディオ在籍時のサバスって聞いたことなかったんですよ。
タハハハ…すいません(^^;
ま、サバス自体あんまり聞いたことなかったんですけどね(^^;

で、この時「SECRET LOSER」を見て、単純にカッコいいと思ったんですな!

硬派な感じがいいんですよ(^^)
しかも、メンバー全員が職人って感じで演奏レベルが高い!!

単純に「いいな」と思ったkizz_armyったら、泥悶@KIZZにお願いして、
サバスのベスト盤を作ってもらいました(^^;
ちなみに泥悶@KIZZもサバス好き&「SECRET LOSER」好きでもあります。

このサバスには、あの超変わり者カリスマおじさん、オジー・オズボーン
在籍時代もありまして、この辺取り混ぜたベスト盤を作ってくれたのですが、
改めてオリジナルの楽曲を聴いても好みの系統があってるものですから、
なかなか耳に馴染むわけなんですよぉ~♪(^^)

そんな状態で、なんと2003年5月以来のライブとなった
「SECRET LOSER」の久々のライブ!!

あぁ~~、やっぱライブっていいねぇ~~(^^)
場所は先日[KIZZ]がライブを行ったライブハウス「SANCTUARY」

やっぱ、ここ音いいわ!
改めて思ったよ!(^^)
バランスがいいのか、抜けがいいのか…
「ちゃんと聞こえる」って感じがすごく心地よいライブハウスです。
かと言って、大爆音じゃないしね(^^)

しかも、今回の「SECRET LOSER」ったら、今まで見た中での
ベストパフォーマンスでは?と思える程の演奏の「熟れぶり」でして…
堪能させていただきましたぉ~~!!

サバスファンならずとも、70年代のHR辺りを聞いた人には
超お勧めなバンドでございます。

で今回、途中でギターの弦が切れるアクシデントがあったのです。
ここで、Vocalの人間発電所さんは、一旦演奏を中止するような
素振りだったのですが、Dr、B、Keyの3人の「つなぎアドリブタイム」に突入!

本来の内容から外れる部分なので、ちょっと申し訳ない気もするのですが…(^^;
ここ、めっちゃ聞き応えありました!!

KeyのENDOWさんのジョンロード(DeepPurpleのKey)っぽい
「Smoke On The Water」の遊びフレーズなんかが飛び出してですねぇ~

スリルと緊張感の中での遊び心がめっちゃkizz_armyを熱くしてくれましたよ!
(^^)v


だって、普通コピーバンドって言ったらねぇ~
元ねたがあってその通りに演奏しないとならないわけですから、
通常なんかのアクシデント時には演奏中断という苦渋の選択をせにゃならん
事も往々にしてあるわけですよ…

自分たちのオリジナル曲だったらアレンジ変えようが、構成が変わろうが
アドリブタイムになろうが一向に構わないわけですが、そうじゃありませんからね。
ましてや、一旦崩れた構成を元に戻す技量が伴わないとならないわけです。

でもって、BassのWelderさんカッコいいねぇ~~(^^)
アドリブタイムも光ってましたねぇ~
なぁ~~んかBassの人って妙にもてるんだけど、それもわかる気がするわ!


次回は既に、11/21(日)のライブ予定が決まっております。
興味ある方はぜひ体験してみてくださいね。


今回はサバスのみのセットリストだったのですが、ディオのソロナンバーからの
演奏とかもやってくれるんですよ。

kizz_army、個人的にはディオのソロ時代や、Rainbow時代とかも
結構好みなので、この辺のレパートリーも増やして頂けると
とってもありがたい次第でございます(^^)

今度「We're Stars」なんてのはどうです?(^^;
人間発電所さんに「やりたくねぇ~~~」って言われそうですが…


とにかく、「SECRET LOSER」お勧めです!



「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
ここをクリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2004-09-24 14:08 | トリビュートバンド
『富士急ハイランド【トンデミーナ】』
いやぁ~~「パニクロック」凄かったですねぇ~~(^^;

ちとフラフラします…

でもって、次は最新アトラクション!!

「トンデミーナ」へと駒を進めましょう!!(^^;

一時期テレビでもかなりCMやってましたよねぇ?
今もやってるのかな?

巨大なアームの先にぶら下がった円盤がブランコ状態で行ったり来たり…
さらに、円盤に回転運動が加わると言う代物!!

完全「PIZZALA」提供!!この円盤が実はピザに見立てられているという設定(^^;

一度に乗れる人数が50人!!
なもんですから、待っている人の列の印象よりは比較的スムーズに
乗る事が出来るんですよぉ~~(^^)

これも、シートに座ると足ブラブラ状態…

ゆっくりと回転を始める円盤…
左右の揺れもだんだん大きくなります…

「うわぁ~~~!!」

これだけ巨大なものが、ほぼ水平に近い角度までゆれると
すげぇ~迫力っすね。でもって眼前には富士の裾野の景色が広がりますよぉ~
こりゃ、気持ちいい…

a0018005_10275732.jpg

げげ…今、資料をみたら最高速度、100km/hを越えてますよ(^^;
しかも水平に近い角度じゃなくて、垂直に近い角度じゃん!(^^;;;;

すごいわけだ…

さて、kizz_armyこれに乗ってる時から、ちょっと変な感じがしていたのですが…

こりゃだめです…
完全に乗り物酔いです。(@_@)

ったく、歳とるとどうも回転系には弱くなるようですな(^^;
しかも、回転モノ2連荘がよくなかったようです(--;

大変情けないのですが、わたくしここでGive U~~~p!!

みなさまも、回転モノには御注意くださいね(^^;
タハハハハ…

しかし、富士急ハイランドも変わりましたねぇ~
あの初代引田天功さんが、大脱出をしたジェットコースターのある時代にあったもの
なんてひとつも残ってないんじゃないですかねぇ?
あの頃だって、あのジェットコースターは世界最長だったような…
観覧車も世界一かなんかじゃなかったかなぁ?
あ!花時計も世界一だったような…(^^;

「スリラー館119」と「110」とかね…なっつかしいですねぇ~~

富士山資料館も今は「武田信玄埋蔵金伝説」とかになっちゃってるし…
「昆虫博物館」も昔はありましたよねぇ?

あの頃の方が「遊園地」って感じしたなぁ~
何時間も待ったような記憶もないしなぁ~~

「こりゃすごい!」と思ったハート型に捻り回転するコースター
「ムーンサルト」さえももうないんだもんなァ~~

すごいアトラクションが新しくできるのも楽しいけど、昔の面影がどんどん
なくなっちゃうのもちと寂しいもんですね(^^;

てなわけで、今回の「富士急ハイランド体験記」もこれにて一旦終了!!
でございます(^^)


「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
ここをクリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2004-09-24 10:26 | 旅行&レジャー情報