★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★ 最新KIZZ 情報!! (09/02/02 更新)
★     
★   『 お知らせ~ [KIZZ]は活動停止します ~ 』
★     
★   kizz_armyでございます。

★   約7年半に渡り、ご愛顧いただきました
★   KISSトリビュートバンド 【KIZZ】ですが、
★   2008年末を持って、活動を停止する事になりました。

★   既にライブも決定している中での決断だったため、
★   関係各位には多大なるご迷惑を
★   お掛けしたことを改めてお詫び申し上げます。
★   
★   まさに、「語りつくせば尽きないけれど…」と
★   言った思いではありますが、
★   またいつの日か、違った形になるかもしれませんが、
★   なんらかの形でみなさまとお会いできる日が来る事を
★   ちょっと期待して…

★   ほんとうにいままでありがとうございました。
★   皆様の KISSライフが 更に充実する事を願いまして…


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

《ニュース!!》
   『KIZZ』の出演している映画がありました!
   タイトルは「スペースポリス」

   詳細は該当記事にて…
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

≪クイックリンクコーナー≫
【KISS トリビュートバンド [KIZZ]】 ホームページへ…
【Charトリビュートバンド[Smoky]】Blogへ…
kizz_armyへのメールはkizz_army@hotmail.comまで…
「kizz_army」のジャンル別Blogリンク!!
興味のあるジャンルのタイトルをクリック!! (^^)

== フォトリーディング&マインドマップ活用の読書記録 ==
<< 知識増量堂 ブックセンター >>

==世界遺産を見たぁ~~~~いい!!==
≪ 世界遺産に魅せられて… ≫

==日常を向上させるヒントや情報のBlog==
≪ 日 常 向 上 旅 団 ≫

==映画鑑賞専用Blog==
≪シネ、シネ、シネマ団≫

==コンサートや、観劇、スポーツ観戦のBlog==
≪鑑賞、観戦、観劇…やっぱり生がいい≫

==テレビ観賞専用Blog==
≪テレビっこ、世にはばからせていただきます。≫

==食べ物の情報、食い物屋の情報等のBlog==
≪マスタ! おまかせでお願い!≫

==きれいな日本語を話したい! って事でそのまんま!==
《きれいな日本語を話したい!》

<   2004年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧
『KISS 武道館公演 Night No3』
a0018005_142737.jpg※これから、名古屋や金沢でライブを、ご覧になる方は読まない方がいいかもぉ~~(^^;


さてさて、kizz_army的武道館公演レポートでございます。
そもそも、[Kizz Army's Room]は、KISSやKIZZに関係のない
話題を提供して行こうと思っていたわけですが、
通常の「コミニュケーション 広場」では流れてしまいますし、
「接吻狂の詩」だと、更新が遅くなってしまうし…(^^;

ってことで、取り敢えずはこちらにアップ!でございます。


いっつも迷うんですよね。事前にセットリストの情報を見るか?見ないか?
ま、結局見てしまう事が多いわけでして、今回もそのパターンでした。

ところが、1日目、2日目の情報を見ると来日以前からの情報通り、
どうやら日替わりメニューっぽいわけですよ!がぁ~~ん…
前回の来日では、東京、横浜全公演制覇したのに、今回はできない身からすると
これは結構辛いですよね(^^;聞きたかったあの曲が、自分の行った日には聞けない
可能性があるわけですから…
それも運!実際は行った時のセットリストで楽しむしかないわけです。
いさぎよく行くとしましょうか!(^^)v

しかしなんですなぁ~天気に恵まれましたなぁ~(^^)
うちの<星の子>のフライヤー配りも雨降ったら終わりですからね。
土曜は暑すぎましたが…(^^;

いつもの様に九段下の駅から、武道館に向かいますってぇと、
あれれれれ…いつもと若干様子が違います。
怪しげなグッズ売りの露天がないじゃないですか!
焼きそば屋さんが一軒のみ…
なんか規制でもかかったんでしょうか?
その割には橋を渡った敷地内にお店でてるし、よぉわかりませんね。

席はってぇと、南スタンド 2F G列です。
なかなか、アリーナには座れないもんですね。
でも、前が通路になっている席でして、思ったよりはよかったかな?(^^;

さて、今回のセットリストですがよくよく考えてみると、
95年の来日の時のセットリストと似ているんですなぁ~~これが…
どこかに書いたんですが、95年のライブを見た時は、
「このセットリストでやるなら、メイクしてやればいいじゃん!」
と、痛切に思ったんですね。
その時のメンバーは、ポール、ジーン、エリック、ブルースって顔ぶれだんたんですが、
そんな事関係なく、とにかくメイクしてやってくれ!と…(^^;
ま、それくらい楽しめたセットリストだったんですねぇ~
翌年には、りユニオンでオリジナルメンバー、フルコスチューム、フルメイクに
なったわけですから、不思議なもんです(^^;

さてさて、いよいよ客電が落ち、ライブの始まりです。
オープニングの曲は!!
1988年のライブ以来となる「Love Gun」でしたね。
前夜と同じオープニングです。
え?でも、そしたらいきなりポールは離れ小島にきちゃうわけ?とも
思ったんですが、なわきゃぁないやね(^^;
やっぱり、あれは後半に取っておかないとね。

エリック、トミーと言う顔ぶれに変わって、ある意味なんでも出来る体制になった
わけですから、これでもか!って位に新旧織り交ぜたヒット曲のオンパレードになりましたね。
「Makin' Love」や「I Want You」なんてのはほんとうれしい限りです(^^)

火吹きや、血吐きの曲を変えて来たのも、ま、妥当なセンでしょう(^^;
特に「Unholy」は思ったよりマッチしてましたねぇ~
なんか今回のジーン社長の血吐きは妙に気合が入ってたような気がしたんですが、
気のせいかなぁ~~~

「War Machine」では、エリックが、投げたスティックを取り損ねたんですが、
その後の、「チェッ!」って感じで指を鳴らすしぐさをしたのが、めっちゃ印象的で
「う~~ん…さすがだぁ~~」と思っちゃいました(^^)
ほんと、エリックはいい人っぽいよなぁ~~

エリック、トミーコンビのおかげで、音楽としてのベースがきっちりしてるので
とにかく聞きやすいですね。ポールがやりたい放題やって、ギター弾かない時が
あっても、音が薄くならないんですね。これはいいですよねぇ~
ただ、前回も思ったんですが、トミーのソロになったときの音がちと細い感じが
するのですよ。これが、どうも中途半端に思えてしまって…
いったい、トミーのバンドでの位置はどうなのかな?と思ってしまうわけですよ!
「エースの真似をとことんやるのか?」「新しいメンバーとしてキャラを確立していくのか?」
なんかどっち付かずなんですよね。もったいない気がします…

「Parasite」でも、ギターソロに入る前のリフがあるんですが、
これの最初の入りは、本来エースが弾いていたんですね。
そこに、ユニゾンでポールが後から入るのですが、
先に、ポールが引き始めていたんですよ。こういう所は、どうなのかなぁ~~?
そのまま、トミーの見せ場のひとつにしてもいいと思うんだけどなぁ~

もう、「代理」じゃなくていいんじゃない?って感じ…(^^;
いまのままでは、単なるバックバンドって思えちゃうよ…
エリックもそうだけど、1曲位歌わせようよ!
「ドラム台せりだし」や「スモークギター」に代わるソロの演出も
なにか考えたっていいじゃない?その辺の扱いがねぇ~~
「本物が二人いる、トリビュートバンド」にはなって欲しくない訳なんですね。

どこかのインタービューにあったように、「ライブバンドとして活動していく」
というなら、尚更だと思うのですが、いかがでしょうか…

あと、逆にジーン、ポールは演出ありきで、選曲に苦労しているかな?ってのが
気になりましたね。ま、「Unholy」はよかったのですが、
ポールは離れ小島に来たら、踊りまくらにゃだめでしょぉ?(^^;
踊れる曲にしないとね。いつも同じ曲でやったら飽きちゃうし、
違う曲でやるとなると選曲が難しい…
大変でしょうが、私たちを喜ばせる為にがんばってねぇ~~~

そうそう、Night No3だけのスペシャルソングがなかったのも
残念だったなぁ~~Night No2の「Love Her All I Can」は
聞きたかったぞぉ~~~!!

とは言うものの、今回の武道館 Night No3は、今まで見たKISSのライブの中で、
一番盛り上がったように感じたんですよ(^^;
とにかく、お客さんのノリが半端じゃなかった!なんでだろう…
とくに、ジーンの血吐きの時の歓声は尋常じゃなかった…
武道館自体が唸ってるような感じがしたんですよねぇ~びっくりした!

でもって、なんと観客の年齢層が広いんでしょ!
いま、これだけ幅の広い年齢層に受け入れられいてるアーティストがいるでしょうか!!
うれしいじゃ、あぁ~~りませんか!
やっぱり、能書きなしで楽しめるのがKISSだもんねぇ~
もっともっと、たくさんの人にこの楽しさを体験してもらえるように、
KIZZもがんばらないとねぇ~~(^^)


しかし、機材もどんどん進化していますねぇ~~
プロジェクターの映像の綺麗なこと、明るいこと…
でもって、スピーカーの数の少ない事!
たった、あれだけのスピーカーであれだけのいい音するんだもんなぁ~
びっくりですよ!二度目の来日の時に見た、ステージの2/3を占めているかと
思われたスピーカーの山は、遠い昔の遺産となってしまったんですね(^^;
パイロの音もパワーアップしていたような…

さてさて、今回は1日のみの参戦となりましたが、
結構おなかいっぱいになりました(^^)
相変わらずのパフォーマンスを堪能させていただきましたよ!

でも、なんだか最近は(KIZZのライブでもそうなのですが…)自分が楽しむより
周りの人がうれしそうに楽しんでいる姿を見てるほうが、楽しかったりしたりして…
(^^;


又来てくれるなら、今度はステージセットも、衣装も変えてやってねぇ~~!!
そうそう、もうひとつ「Do You Love Me」の呪縛から解き放たれて
よかったよぉ~~~(^^;
[PR]
by kizz_army | 2004-05-31 14:28 | KISS
『ほんとの所どうなのよ?男子バレー』
負けちゃいましたね。
まぁいくらなんでも、この状況ではもう五輪は無理っぽいですね。(^^;
本来なら一応全試合が終わってから書こうと思っていたんですが、
もう書いちゃってもいいかなぁ~~?って感じッすよ。まったくぅ~

見てる方は好きな事言えますけど、やってる方は大変!
「お前らになにがわかるんだ!」って思われるに決まってます。
でも、どうにもこうにも納得いかないよぉ~~ん(;_;)

「祝!女子バレー五輪切符獲得」の時には
「監督いいじゃん!さすがじゃん!」って思いました。
今回、それと全く同じレベルで、
「監督だめじゃん!なんでやねん!」って思ってしまいました。

なんで、あんなサーブ打たせ続けるん?

2セット終わった時点位で、「強いサーブは絶対打つな」位に言っても
よかったん、ちゃぁうん?いつそう言ってくれるのか、ずっと待ってたよぉ
相手が、凄すぎて負けたんなら仕方ないって思えるけど、
完全に自滅ジャン!(--;

山本選手、3セット目位で交代させてあげてもよかったんちゃぁうん?
どう見ても、疲れてるって感じがしたんだけどなぁ~
違うのかなぁ~~~

なんか、ただただ気力なくベンチに座ってる姿の印象しかないのよぉ~(^^;
互角に渡り合える底力があるだけに、残念ですな。

で、ほんとのところどうなのよ?
あれでよかったの?あれがベストだったの?他の策を取るよりあれの方が
勝てる可能性が高かったの?教えてよぉ~~~ん


しかし、バレーボールっての特殊な球技ですよね。
ゴールに入れる系っての結構ありますが、
落としちゃいけない…ってのは他にないような…
ゴールに入れる系だと、ま、盛り上がるのはゴール前に限定されるわけですが
その点、バレーボールは「落としちゃいけない」ってハラハラ間が
試合の間中見てる方をも熱くさせてくれます。

ラリーポイント制やら、リベロの導入やらでルールも随分変わって、
「ハラハラ感」って言う意味では他の球技の追随を許さないんじゃない?(^^;
その分つい熱くなっちゃうからねぇ~、上に書いたような事は、
もうTVの前で大声で怒鳴ってますからねぇ~いけませんねぇ~
ってか、それが楽しいんだけどね。

又、それを台無しにしてくれるのが、前回も触れたアナウンサーなんだな…
今回もさらにパワーアップしてましたね。(^^;
第一戦だったと思いますが、日本のかなり角度のあるスパイクが決まったんですよ。
そしたら…

「きまったぁ~~~!!挑戦状の様に叩きつけたぁ~~!!」

だって…
あたしゃ、固まったよ!
プロのしゃべりでこんなに引いたのもめずらしいわいな(^^;
ほんと、勘弁してくださいよぉ~~~♪

山本選手なんかは、まだ次回の五輪のチャンスもあるのかな?
残りの試合もなんかの糧になるような試合を期待しますよぉ~~(^^)
[PR]
by kizz_army | 2004-05-28 14:44 | スポーツ
映画 『スナイパー』
a0018005_143147.jpg聞いた事もないタイトルだったのですが、
レンタル屋さんの棚で比較的目に付きやすい位置にあって、
パッケージのあらすじ読んでみたら、わりと面白そうだったので
レンタルしちまいました。

主演はちょっと前にDVDが売れてる!!って事で話題になった、
「ブレイド」「ブレイド2」のウェズリー・スナイプスでございます。

さてさて、この映画、カナダ/ドイツ映画って事らしいのですが、
なんともコメントのしようがないんですなぁ~(^^;

最初から最後まで、特に大きな山場もなく単調に話は進みます…
っていっても、ストーリーって程のものもなく…(^^;
ほとんど場所も変わりません。メインの舞台は、とある公園…
9割がたは、その公園で展開されて行きます。

正直、見終わったあとは…
「なんじゃぁ?(^^; つまらん…(^^;」
って感じなんですよ。
しかも、テーマが重いっす!
映画の中だけじゃなく、実際に今私たちが生活している中でも
アメリカからはこのニュースやら、話題が飛び込んできますし、
よく取り上げられている話題でもあります。

なもんだから、テーマ自体にも目新しさもないのよねぇ~

早い話、B級?って感じなんだけど、でもこのあたりの事は
作る方も充分わかっていて作ったのかな?と、ちょっと
庇護派の立場にまわると、
「それでもどうしても作らずにはいられなかった作品」
って事なんでしょうかね~~(^^;
なんて思ったりして…

とにかく、山場がないのが辛いかなぁ~
同じテーマを同じような設定で描くにしても、もうちょっとやり方はあるような
気がしちゃうんですよ。

タイトルも内容と合致してないような…
タイトルとあらすじから受ける印象と内容が随分違っちゃってる様な気がするのも
もったいないのかもしれません。

でもね。なんか後から考えると妙に心の奥底にひっかかる感じが残るんですよ。
こんなになんにもおこらない映画も他にはないですからねぇ~
単に、そういう部分でひっかかってるだけなのかもしれません(^^;

あと、スナイパーが使うライフルがめっちゃすごい高性能な銃に見えたのが
印象深いですなぁ~

しかし、このDVD、なんであんな目に付きやすい、いい場所にあったのかなぁ?
それも不思議ぃ~~!!

オススメはしませんが、この妙な引っ掛かり具合を共有したい方は
なにかのついでにご覧になってみてはいかがでしょうか…(^^;ダハハハ…
[PR]
by kizz_army | 2004-05-27 14:32 | 映画(旧作 ビデオ/TV 鑑賞)
『そら豆の鞘つき丸ごと火炎地獄!!』
さて、さて、前回はあまり美味しくない話がでてしまったので、
今日は、おいしぃ~~お話(^^)

そら豆好きですか?
kizz_army大好きです。

ゆでたては美味しいですが、ちょっと匂いが苦手なんて方も
いらっしゃるようですね。(^^;

せっかくなので、「そら豆」について調べました。

「空豆」:なにやら、さやが空に向かって実るのでこの名前がついたとか…
原産はアフリカなんですってよぉ~
ビタミンB1、B2、鉄分あたりが豊富で栄養的にもバッチリみたい
疲労回復に効果あり!

「蚕豆」:これも「そらまめ」って読むんですって!
しらなかった…(^^;
蚕のまゆの形に似てるからなんだそうですが、だからって、
「蚕」単体で「そら」とは読まないもんなぁ~~
無理やりすぎませんか?ま、しゃれてるといえばしゃれているのですが…

でもって、皮の部分は残しますう?
だめですよ!一緒にたべなきゃ、これぞそら豆の醍醐味!
皮ごと食べた方が数倍おいしいじゃないですか!(^^)
しかも、皮ごと食べれば食物繊維もたっぷり取れるそうですよ。

とにかく、今が旬!!
地方によってはちと遅いくらいの所もあるみたいだけど…
スーパーに行けばいっぱい並んでますな
でも、鞘つきと剥いてあるのと売ってますよね。
鞘付だとちと高級な感じがするし、なんか高い気がしません?
でも、鞘を剥いた瞬間からジャンジャンバリバリと鮮度が落ちちゃうんだってさ!
たまに食べるときは、ブルジョア気分で鞘付を買い求めちゃいますかね。(^^;
あ!鞘が黒味がかってるのは、やっぱり鮮度悪いんですって、気をつけましょう!

(とかいいながら、結構冷凍のそら豆でも充分堪能してたりするんですけどね)

で!で!で!ここからが本題!!

せっかく、鞘付を買ったのなら普段とは違ったおいしい食べ方をしちゃいましょう!
いやね。なんか最近居酒屋でもこのメニュー結構あるらしいんですよ。
ま、これだけおいしければ結構広まるのも早いのかなぁ~~
しかも、これが超簡単!!

題して「そら豆の鞘つき丸ごと火炎地獄!!」
(「そら豆の蒸し焼き」とも言う…)
鞘つきそら豆買ってきたら、とにかく、魚焼きグリルでも、オーブントースターでも
焼き網でも、なんでもいいんで、鞘ごと丸焼きにしちゃうんです。
そうですね。あんまり強火だと、中に火が通る前に黒焦げになってしまうんで、
強めの中火(弱めの強火?(^^;)といったところでしょうか…
多少焼きすぎかな?位になっても全然OK!鞘がいい具合に焦げる程度に焼いてくださいな。

そして、焼きあがったらすぐに食べましょう!
鞘が熱くなってますから気をつけてくださいね。

蒸し焼きになったそら豆…うまいっすよぉ~~!
ゆでたときより若干あくが強いような気もしますが、
それこそ野趣あふれる美味でございまするぅ~~~(^^)

そうそう、食卓塩じゃない自然塩-赤穂の塩あたりっすかね-
をちとつけながら食べてくださいね。
なんか、今思ったんですが、酢味噌とかも合いそうな気がしてきました。
う~~ん、辛子酢味噌にしてもいいかもなぁ~

ゆでたそら豆でも、スライスオニオン敷き詰めた上に乗せて、
辛子酢味噌ベースでドレッシング作って、「そら豆のサラダ」…
おお~~、かなりいい感じじゃない?(^^;

うわ!さらに思いついた!
この丸焼きってば、バーベキューでやったらめっちゃいいっすよ!
夏休みには間に合いませんが、今の時期もバーベキューいいじゃないっすかぁ?(^^)


うぅ~~よだれたれそう…ぐふふふふ…

さっそくおためしあれぇ~~~
[PR]
by kizz_army | 2004-05-26 14:20 | グルメ
『[麺喰王国] 名物くんたま 竈KAMADO本店』
a0018005_155818.gif

ラーメンの味なんて好みの問題!

でも、やっぱり美味しいラーメンが食べたい!!

今日も捜し求めて、ラーメン道楽…




※最初にお断りしておきますが、わたくし決してクレーマーではありません(^^;
おいしいもの見つけたら、みなさんにも教えてあげたいだけなんですぅ~~


さぁさぁ、行ってきましたよ。
えっと、前回渋谷に行ったのはなんの時だっけ?(^^;
あ、そうそう!ラーメン気分じゃないから居酒屋に行ったんだった。
そのあたりは以前のKizzArmyRoomをご覧頂くとして、(現在閉鎖中)
ついに行ってきました!
渋谷 麺喰王国にあります、超有名店名物くんたま 竈KAMADO本店へ!

前回、ちらっと覗くだけで終わった「麺喰王国」ですが、
「刈り掘る庭ジャム」観戦の為せっかく恵比寿まで行ったので、
兼ねてより食べてみたかった「竈」のラーメンを頂いてみることにしました。

さて、この「竈」ですが、一時は新宿界隈では最高にうまいラーメンとまで言わせた程の
超人気店でありまして、渋谷の「麺喰王国」でも、常に待ち行列ができているようです。
しかし、前回のレポート時にもお伝えしましたが、
この「麺喰王国」大丈夫なんでしょうか?(^^;
いやね、たしか前回も土曜日の夕方行ってるんですよ。その時もかなりガラガラ状態、
行列があったのは「竈」だけだったような…
それが、今回も行列になっているのは「竈」だけ!
しかもそんなに長い行列じゃないんですよね。
あまつさえ、隣の店はお客だれもいないのよ…(--;
土曜日の夕方ですよぉ?「ラーメンファンド」とか言ってたけど、
大丈夫なんすかね(^^;
一説には、ラーメン屋が増えすぎて飽和状態にあるとの話もチラホラと…


「竈」オフィシャルページを見てみると、この「麺喰王国」のお店が
本店になっていたはずなのに、いつのまにか「新宿本店」なるお店ができてます。
渋谷は本店じゃなくなっちゃったんでしょうか?(^^;


冒頭にも書きましたが、わたくしクレーマーじゃありません。(^^;
ただ、おいしいラーメンが食べたいだけなんです!
おいしいラーメン屋さんがあったらみなさんにも教えてあげたいんです。
でも、その為にはやっぱり正直に書かないといけませんよね。(;_;)
だから、敢えて書きます。


この「竈」のラーメン、今まで食べたラーメンの中で一番不味かったです!

最後には怒りがこみ上げてくるほどのまずさでした。
それで、「特選ラーメン」-800円っすよ。(^^;
並んで待った分、期待していた分も考えると、まじで、泣けてきました。(T_T)


この「麺喰王国」はどこも食券制になってます。
だからこの「竈」も待ち行列にならんで、入店直前まで来たら、
食券を買って待つわけです。そうすると、店員さんが人数を聞いて、
順に案内してくれるって寸法になっております。

さて、入り口近くの席が空いたので案内されて席に着きました。
ま、新しいので当然ですが、なかなかコジャレタ感じの雰囲気はなかなかでした…
しかし!まず、荷物を置くところがない!
これは、kizz_army、ラーメン屋さんの判断基準として非常に重要視しております。
カウンターの下にちょっと手荷物が置ける棚さえもないんです。
又、それなのに手荷物を持っていてもなんの心配も、案内もないって事は
早い話、お客の事なんか全く考えてないことの証なんですな…(^^;
ま、こんなのはラーメン屋に限らず飲食系のお店全てに言える事なんですけどね。
これで、まずかなりのマイナス点!

次に、遅い!
なっかなか出てこないんですよ。注文したものが…
席に付いてしばらくして出てきたのは、結構先に入店したと思われる
隣の席のラーメンでした…(^^;
若干太麺ではありましたが、そこまで時間はかからんでしょぉ~~
待ち行列が出来る原因は単に出てくるのが遅いだけなのかも…
注:カウンター席の上に「こだわりの職人が作っているので若干出るのが遅いかも?」
ってな事が一応書いてあります…が…

さて、問題のラーメンです…
謳い文句は「魚介系だし+とんこつのダブルスープ」だそうな…
ふむ、たしかに最初はちと魚系のだしの味がしました。
しかし、それっきり…あとは、醤油の味というか
「塩っ辛いなにか」
の味しかしないのですよ。

麺はまぁ普通ですわな、お腹がすいていたので麺はなんとか食べました。
しかし、話題の燻製卵を食べた所で、断念しました。
この燻製卵…燻製だかなんだかしらんがたんなる醤油漬けゆで卵…
一気に、血液塩分濃度が上昇しそのまま脳溢血になるかと思うほどの塩辛さを
堪能させて頂きました(^^;

ここで、蓮華を投げ捨て、これから食べようとしているの前の席のお客さんには
悪いと思いましたが、「まずっ!!」
と思わず言ってしまいました…(^^;

これは、水分を取らずにはいられないと思い、最初に出された水を一気に飲み干し、
テーブルの上に常設してあるお水のポットを手に取ると…
「水が入ってねぇよ!!」(--;

厨房から注文品が出てくるカウンターの前で、従業員がプラップラしてるくせに
テーブルの水ポットにも気を配らない体たらく…
今時ラーメン屋では常識と言っていいティッシュも置いてない…
ましてや、ペーパーお絞りなんぞ出てくるわけもなく…
でもって、このラーメンにこの値段…

味、サービス共に最低ランクのお店を発見してしまいました(^^;

とっても個人的な意見ですが、このお店オススメしません!

「おいおい、kizz_army、いい加減な事いってんじゃないのぉ?」って方は
逆に怖いもの見たさって事か、あるいはkizz_armyの舌加減を確認するって事で
行ってみるのも一興かもしれませんよ。(^^)

あ、もちろん「おいしい!」と思う方もいるかもしれません。
やっぱり、好みの問題ってのもありますからね。(^^;

で、もしかして、わたしの味覚っておかしいのかな?位に思ったんですよ。
だって、まがりなりにも「超」のつく人気ラーメン店ですよぉ?
店にいる間ずっと、悩みました。従業員呼んで、確認しようと思ったんです。
「ほんとにこの味であっているのか?」
「間違って作ってしまったんではないか?」と…

だから調べてみました。

さすらいのラーメン道
negitaku@ra-men
No Reason

味がかわっちゃったんですかね。(T_T)

お店を出た後、まだ入り口に並んでるお客さんに向かって、
「ここだけはやめた方がいいですよ」
と本当に言いたかったkizz_armyなのでした…_| ̄|=○ ガックシ
[PR]
by kizz_army | 2004-05-25 15:59 | ラーメン
「刈掘る庭ジャム Vol.31」
a0018005_14612.gif
さてさて、以前のKizzArmyRoomから
お付き合いいただいている方は、当然ご存知かと思いますが、
「刈掘る庭ジャム」とはなんぞや?と言う方はぜひ HPをご覧頂きたい!
簡単に言ってしまうと、70年代、80年代のRock大好き人間にとっては
めっちゃ楽しめてしまう、悪徳P氏プロデュースのライブイベントなわけです!
前々回のVol.29には、我らがKIZZも出演させて頂きました。

そんな「刈り掘る庭ジャム」のVol.31が5/22(土)に
行われましたので、今回はその観戦レポートであります。

とは言っても、都合で、
・Loudless (Loudness)
・三文オペラ (Queen)
・Mr.EGG (Mr. BIG) (途中まで)
のみの観戦となっちゃったんですけどね(^^;

5月だと言うのに、そぼ降る雨の為、ちょっと肌寒さをも感じる
この日でしたが、大雨やら、ピーカンで汗だくになりながら、
とかよりも、むしろいい感じだったんじゃないでしょうかな(^^)

会場である恵比寿Guiltyに到着すると、
丁度「Loudless」が準備中でありました。
いつもの様に、ステージに向かって前方に若干の椅子が並べられておりまして、
ラッキーな事に空きがあったのでちゃっかりと座って観戦させて頂きました(^^;

しかしなんですな。いつも思うのですが…
このイベントとにかく雰囲気が妙にいいのよねぇ~
自分はじっくり見たいタイプなんで、すぐに座っちゃうんですが、
後方でビール片手に、リラックスモードで観戦してる方とか結構いて、
「70年代、80年代大好きじゃ!」「これぞライブハウスの楽しみ方じゃ!!」
って感じが会場全体に充満している空気が、
わたくし、みょぉ~~に好きなんですよね(^^)
これって、「刈ジャム」のレポートする時はいつも書きそうな気がする…(^^;

てなわけで、いよいよ「Loudless」の演奏が始まりました!

がぁ~~~ん!!
すっげぇ~~!!

めっちゃいいです!
ギターの音まんまじゃん!(って私は思った(^^;)
歪み過ぎてない、固めのあの音っすよ!
しかも、フレーズ完コピ!
Loudnessのタッカンは割りとライブでもレコードと同じに弾くタイプだと
思うのですが、それでもキメフレーズ+アドリブってのも多くて…
特に後期にはアドリブ率が増えていた感じがするんですよ。
しかし、Loudlessのギター、TACKさんはレコードと全く同じ!
いやぁ~~これはうれしいですよ。わちきらにとっては…(^^)

タッカンのフレーズをあれだけほぼノーミスで弾くってのはすごい!
バンドとしてもまとまっていると思うし、期待以上に楽しんじゃった。
更に、選曲がいいっすねぇ~こだわりが感じられるし、そのこだわりを
演奏でも表現しきってると思いました。
何度も何度も、立ち上がりたくなっちまいましたよぉ~~

ただ、残念だったのが、Voが急に脱退しちゃって3人編成での
ライブになっちゃったって事なんです。
ま、常々言ってますがバンドを維持し続けるってのはほんと大変な
事でして、「胸中お察しいたします」って感じなんですよ…
とは言うものの、今回のLoudlessに限っては、
その問題は単にビジュアル的な問題だけに終わってしまいました(^^;
VoをギターのTACKさんが兼任していたわけですが、
1曲目の「Crazy Doctor」では、まだあったまってなかったのか、
若干不安定な感じがしたんですね。ところが、曲が進むにつれてどんどん
ニイチャンぽくなってくるんですよ。高音部もガンガン声でてきて…
しかも、あれを弾きながら歌ってるんですからね。
二重に驚いちゃいましたよ!
しかし、もったいない!だって、どっちやらせても十二分なパフォーマンス
発揮しちゃうんだもの…体を半分にできたらどんなにいいか…(^^;
こりゃま、贅沢な悩みを抱え込んだもんです。
ビジュアル、声質、パフォーマンスを完璧に備えたVoじゃないと
今回のLoudless自身を超えられなくなっちゃうじゃない…
なんて、余計な事も思ったりして…(^^;

「Loudness」(曲の方ね)のオープニング部もあれだけ完璧に再現
できちゃうなら、オープニングでやって欲しかったなぁ~~
と、これは贅沢なリクエスト…
とにかく「Loudless」オススメです!


さて、次に登場したのが、クィーンのコピーバンド「三文オペラ」
今や、某TVドラマのおかげですっかり大ブレイクしてしまった
クィーンのコピーバンドがタイムリーに登場したわけです。

一番驚いたのが、ギターの機材です。
ま、ブライアンメイのあのディレイ追っかけフレーズとか
再現するにはあれくらいの機材が必要なんでしょうが、
それにしても、凄かった…あのギターも高そう…
「金かけ放題じゃないのぉ?」って思わず叫んでしまいました。(^^;
うらやまぴぃ~~

で、内容なんですが…
う~~ん、一応お金を払った1個人の客として率直な感想を
私見として言わせていただくと、
「もうちょっとがんばってほしいな…」と言った所でしょうか?

演ってる本人が楽しむってのは、基本中の基本ではあるし、
とってもそれは伝わってくるのですが、それを見ている方として
共有する事ができない内に終わってしまいました。
「なにをしたら見ているほうが喜ぶのか?」ってのを、
「媚びる」って言うのとは違う意味で考えて欲しいな…と…
ヒット曲メドレーのあたりは実はそれを考慮していたのかも知れませんが…
偉そうな事いって、スイマセン…(^^;
マネージャなんていう、「やる方」「見るほう」両方の気持ちがわかる様な
立場にいると、どうしても、「せっかくやるんだから…」とか
「せっかくみるんだから…」ってどうしても思っちゃうんですよね(^^;

さて、お次は、途中までしか見られなかった「Mr.EGG」
もう、名前からして、「刈ジャム」にぴったりですよね。
あ、「Loudless」って名前もそうですよね。(^^)

実はMr.BIGは詳しくないんです(^^;
しかし、ポールギルバートやっちゃうんだから、半端じゃない!ってのはわかります。
しかも、予想通りすごいし…まいった!
ギターの人の指…ながくてほそぉ==い、フレット押さえてもネックとの間の
手の隙間のでかい事でかい事、めちゃうらやましい!!(^^)
などと思いながら、4曲程聴いて会場を後にする事になりました。

余裕があったら、Wingsもスカパラも見たかったなぁ~~
又の機会に期待!!

KIZZも又やらしてもらえねぇかな…(^^;
[PR]
by kizz_army | 2004-05-24 14:07 | トリビュートバンド
「チューハンター」そして「THE DERBY」 Part3
あり?一件落着したはずなのに…(^^;
だから、「しつこい」って言ったじゃないっすか!

まだ、想像の範囲を出なかった部分もあったので、直接旧シグマ社(現 アドアーズ)さんに問い合わせちゃいました。
ま、だめもとですからね。
そしたら!!!!
なんと、こんなに詳細な情報おしえてくれました!(^^)
業者さんでもない、単なる1個人にここまで真摯に対応していただけるとは…
感動です!!
アドアーズ(旧シグマ社)さん、担当の和栗さん

ありがとうぉ~~~~~!!!!! m(__)m


いや、ほんとありがとうございました。
で、この資料を見ますに、想像していた「Mark1」は実在しなかったわけですな(^^;
一番馴染み深かったのはやはり「Mark2」って事になるようです。
「V0」と思しき筐体の25セントらしき文字も妙に記憶に残っていたんですが、
考えてみれば、ちゃんと倍率やらなんやらを意識して遊んだのが「Mark2」って
事なら全部説明つきますもんね。(^^)オホホホホホ…


----------------------------------
1.「THE DERBY」シリーズ各バージョンの特徴にについて
 *THE DERBY V0(1975年7月発表)
  5頭立て競馬模型の周りに10ステーションを配置した、
  ザ・ダービーシリーズ1号機。単勝式・連勝複式。連勝複式は
  単勝に20BET以上で投票可能。10ステーション。

 *THE DERBY MARKⅡ(1976年8月発表)
  馬の走りのリズムや、脚質の変化など、1号機よりも、
  より現実に近づけ大型化。連勝複式で3点賭けられる。
  筐体のステーション数は10ステーションだが、20ステーション
  を処理できる高性能コンピューターを搭載。

 *THE DERBY MARKⅢ D-5、D-31(1981年2月発表)
  5頭立てのコンパクトタイプで、10ステーション、連勝複式のみ。

 *THE DERBY MARKⅢ C-2(1982年8月発表)
  D-5タイプの後継機。ノイズ対策、静電気対策を施したカジノ仕様。

 *THE DERBY MARK Ⅳ (1984年4月発表)
  V0、MARKⅡの流れを汲む大型競馬ゲーム。
  単勝、連勝複式、連勝単式の本格派。8頭立て、12ステーション。
  決勝にはフィールドから模型の鼓笛隊が登場して演奏するなどの
  演出も。

 *THE DERBY MARKⅢ C-7、C-15(1985年2月)
  ラスベガスのカジノへの納入を皮切りに世界中のカジノで活躍
  したヒットマシン。5頭立て、10ステーション、連勝複式のみ。

 *EXCITING DERBY(1988年1月)
  ワイドモニターにCGでレースを展開するフィールド模型のないコンパクトタ
イプ。
  6頭立て、単勝、連勝複式。芝、ダート、障害のレース設定。実況放送付き。
  6ステーション。

 *EXCITING DERBY F-2(1989年10月)
  EXCITING DERBYの後継機。メダル貸出し機機能付き。6ステーション。

 *THE DERBY SX-1(1989年12月)
  メカトロ二クス競馬ゲームで初めて芝、ダート、障害の3種類のコース設定を
搭載
  した、コンパクトタイプの直線型競馬ゲーム。落馬シーンも演出。単勝、連
勝複式、
  連勝単式、ディリー(重勝)の4つの投票パターン。6ステーション。
 
 *EXCITING DERBY F-3(1991年2月)
  F-2の後継機。

 *CRYSTAL DERBY(1992年11月)
  MARKⅢをベースに、客船クルージングをイメージした未来的なデザインの競

  ゲーム。5頭立て。連勝複式のみ。

 *SCOT FIELD(1993年10月)
  THE DERBY MARK Ⅳをベースにした施設一体型のカスタムダービー。
  競走馬と併走するCCDカメラによるレース中継を大型プロジェクターに映し出
す。
  ロンゴロンゴ渋谷店(63ステーション)でデビューし話題となる。その後、
ロンゴロンゴ銀座店
  (51ステーション)、大阪にはロンゴロンゴ イン よしもと店(70ステーシ
ョン)が登場。

 *THE DERBY MARKⅤ(1993年11月)
  MARKⅢをベースにした6頭立て競馬ゲーム。各ステーションにモニターを搭載
  してレースデータを表示。10ステーション。

 *THE DERBY MARKⅥ(1995年10月)
  5枠10頭立て、競走馬が入り乱れて走行するフリートラック式。投票は単勝、
枠番連勝、
  馬番連勝。ボックス賭け、流し賭け機能搭載。長距離、短距離あり。
  横置き8ステーション、縦置き10ステーションの2タイプ。サテライトステー
ション最大40
  ステーション増設可能。CCDカメラによる中継をワイドビジョンに映す。

 *THE DERBY MARKⅥ HILL CREST PARK(1999年3月)
  MARKⅥバージョンアップキット、1クール11レースを12レースに。オッズの
ダブルアップ、
  トリプルアップを加える。
[PR]
by kizz_army | 2004-05-24 14:05 | 旅行&レジャー情報
「チューハンター」そして「THE DERBY」 Part2
さてさて、捜し求めていた競馬ゲームに辿り着くまでの
道のりの続編でございますぅ~~


「競馬 ゲーム メダル コイン」あたりのキーワードはもう検索しつくしたんで、
違う方面から攻めてみようと思ってたのよね。
でも、実は「ダービー」って単語に妙にひっかっかていてそれもキーワードに
指定したりしていたんですが、なんせヒット件数が多くて…(^^;
今考えると惜しかったんだよなぁ~~~

で、昔のアーケードゲームの機種あたりから、なにか出てこないかと…
そこで「なつかしの競馬メダルゲーム」を書いた晩、シャワー浴びてる時に思いついたのが、「チューハンター」!!
最初は「チューチューハンター」かと思ったんですが、「チューハンター」でした。
実際、よくこの名前思い出しましたよぉ~~(^^;

この辺のレトロなゲームの名前とかから探していけばなんか判るかも?
と思ったわけですな…
それで検索していくといろんな事がわかってきました。
TVゲーム出現以前の、こうしたレトロな機械仕掛けのゲーム機を業界では
「エレメカ」って言うらしいんですね。さらに、まだこのエレメカマシーンが
動作しているお店もあるんですね。
東京多摩地区昭和娯楽堂
ロッコウプレイランド

いやぁ~まいりました。忘れていた懐かしいゲーム達がいっぱいです(^o^)
件(くだん)の「競馬ゲーム」もこの「エレメカ」をキーワードにすると
又違ったアプローチができるかな?と思ったんですが、甘かった様です。
でも、見てくださいよ。この「ミニドライブ」とか、「カヌーのコイン落し」とか…
涙ちょちょぎれますな(T_T)
六甲まで行っちゃう?ねぇ、行っちゃう? < 誰に言ってるんだ(^^;

「チューハンター」だって、こんな綺麗な画像を見ることができるとは…
で、この「チューハンター」ですが、もしかすると以前のKizzArmyRoom
「ビジョナリアム」のネタの中で射的ゲームの事を書いた時に
ちょっと触れたかもしれないのですが、
昔、ねずみをライフルで撃ち殺す射的ゲームがあったわけですよ。

とてもじゃないけど、TDLになんかは絶対におけないゲームですな(^^;
ねずみを撃つってのは、基本的な所でNGだわな…ギャハハ…

確か持ち弾が20発、ある点数以上行くとリプレイが出来たってな代物でした。
ところが、kizz_armyが幼少の頃行った、某繁華街の、某デパート屋上では
この「チューハンター」全弾命中すると、メダルゲーム用のメダルが20枚
プレゼントされると言う特典があったんです!!!
不思議なことに、kizz_army、この「チューハンター」とめっちゃ相性がよくてですね。
(^^)ほぼ、100%に近い状態で全弾命中させる事ができたんです。
エッヘン(^^)ちと自慢モードぉ~~エヘヘヘ…
なもんですから、この某デパートの屋上へいくと先ずは「チューハンター」で
タネ銭ならぬ、「タネメダル」を稼いで、いざメダルゲームコーナーへ向かうわけです
たかだか20枚ですが結構遊べたんですよね。

あ、そうそう、そんなわけで「エレメカ」のDeepな世界をちと堪能した
わけですが、相変わらず競馬ゲームの情報は出てきません。
この過程でゲットした、ゲームメーカーへのリンク集でも使って
ローラー作戦でも開始しようと思ったときに、ふと原点に戻って、
一旦はあきらめていた「競馬 ゲーム」という最初からのキーワードとの
組み合わせを使ったらどうだろうと?思い始めまして…
「競馬 ゲーム エレメカ」をキーワードとして検索を始めたんです。
(いや、なんかね。単に[エレメカ]っていうとメダルゲームは含まれない様なんでね)
としたところどうでしょぉ~~
最初に発見した例の論文がヒットしてくれたんですよ。
あとはPart1に書いた通りです。

よかったよかった(^^)
「めでたしめでたし…」
はたまた、「一件落着!」
さりとて、「ヨヨヨイ、ヨヨヨイ、ヨヨヨイヨイ」v(^^)by 伝七
[PR]
by kizz_army | 2004-05-24 13:28 | 旅行&レジャー情報
「チューハンター」そして「THE DERBY」 Part1
えぇ~、結構しつこいです。結構、あきらめ悪いです。

探しました。(^^;
インターネットという荒海を…
Webと言う名の波を…IEという名のサーフボードで…(--;

まず、こちらの論文を見ていただきたい!
発端はこの論文の中の一節でした。
「昭和五〇年に多人数同時参加型の競馬ゲーム「ザ・ダービー・V0」が同じくシグマから発売され」
とあります。
これだぁ~~!!
と思いましたね。(^^)v
こっからは芋づる式ですがな!
「ザ・ダービー」 「シグマ」をキーワードに又検索しまくりです。

で、出てきたのがこの貴重な証拠写真です。
ページの下のほうに、筐体の一部が写っているのがお分かりになりますか?
きたぁ~~~!!
これですよこれこれ…
上の電飾部分に小さく「25」って見えますよね。となりはたぶん「¢(セント)」だと思うんですよ。
もちろん、ゲームセンターではメダルで遊ぶのですが、実はこれってばアメリカあたりだと
本物のコインが使えたんじゃないのかな?なんて勝手に想像しちゃってりしてました。
さらに、その隣の「4000」の文字!
思い出しました!倍率が200倍って書いたじゃないですか?
でもって、一度にBETできるのが、20枚までだった様な気がしてきたんです。
そう! 200倍x20枚=4000枚! 最高払い出し枚数を強調していたわけなんですね。

さらに!次のバージョン?
と思われる筐体の貴重な映像さえも発見する事に成功しました!

とうとう、結論がでました。探していたゲームは旧シグマ社(現 アドアーズ)の「THE DERBY シリーズ」だったんです。

所が、上記の製作会社のHPにはその辺の資料が全くないんですな。
なんかこの会社は「THE DERBY シリーズ」がきっかけで大きくなったような感じなのに
だめじゃないっすかぁ~(^^;

で、最新機種は「THE DERBY Mark6」まで来ているようなんですが、次のバージョン?と思われた筐体の情報は
「Mark2」となっているんです。
最初に発見した写真と見比べると、
マイナーチェンジ的な変更である事がわかりますよねぇ?
実は、ここまで辿り着くのに「馬車を引く競馬ゲーム」としての記述はいくつかあったんです。
その中で語られているゲームの内容は、倍率は固定で最高倍率は27倍(45倍?)、
BETは4枚までとなっているんです。
「参考資料」
「参考資料2」
とするとですよ…ここでkizz_armyは考えました。

最初の論文に載っていた「ザ・ダービー・V0」ってのは、Version0(ゼロ)、
またはVolume0(ゼロ)の事でこれが、上記の固定倍率のものだったんじゃないかな?
と思うわけです。

で次に出てきた「Mark 1」と思(おぼ)しきモノが最高倍率200倍のkizz_armyが探していた機種。
という事になるのではないでしょうか?

どうよ?どうよぉ?いいセンいってるんとちゃぁうん?(^^)

でもね。最初の論文に辿り着くまでが大変だったのよ(^^;

つづく…
[PR]
by kizz_army | 2004-05-21 10:48 | 旅行&レジャー情報
「24 シーズン2」
a0018005_14256.jpg※ネタばれしないよう気を使っております(^^;


どうです?
「24」テレビでやってる時に見ましたぁ?
はたまた、KizzArmyRoomを見て、DVDとかレンタルしちゃいましたぁ?

すっかりはまってしまったわたくしkizz_armyは、シーズン2に突入しております。

ま、シーズン1に、はまる様子は
以前のKizzArmyRoom
「事件はリアルタイムで起こっている…ってかぁ?」をご覧頂く事にしまして…

シーズン1の時から思っていたんですが、早い話これってば、「ダイハード」っぽいわけです。
「ダイハード」がずぅ~~と24時間続くような感じだなぁ~って思ってたんですね。
そしたら、シーズン2のビデオ用ポスターに秋元康さんだったかなぁ?
全く同じコメント言ってるんですよ。笑っちゃいました(^^)

「ダイハード」の主人公は「なんでこんな目にあわなきゃならないんだ」って
部分を結構強調してる様な気がしますが、「24」の場合は多少そういう部分も
ありますが、もっと細かい心理描写的なモノも加わりまして、
緊張感が、ズンズンと増しておるわけなんですよ。ここがおもしろいんだなぁ~~!!

これが、シーズン2になりますってぇと更にシーズン1での人間関係のしがらみやら、
わだかまりやら、痛手やらが交錯しまして、更に更に、ズンズンズンと
おもしろくなっておるんですわ!これがぁ~~!!

今はですねぇ~丁度1/3程度かな…シーズン1は0:00から始まったんですが、
今回は8:00から始まって、ちょうど夕方位まで見たってとこですな。
もう、単純に、

うわぁ~~、おもれぇ~~!!
下手したら、シーズン1よりおもしろいんじゃないのぉ~~!

ってな具合なんですよ。(^^)

なんせ、シーズン1で死んでしまった人以外は殆ど同じメンバー出てますからね。
リアルなんですよ、自分の中でもシーズン1からほんとそのまま続いてる感覚なんです。

しかしまぁ同じメンバーで、そういった人間関係のしがらみやらをうまく引きずった上で
よくもここまでおもしろい話が書けるもんですなぁ~すごいね、この人たち…(^^;

主役のキーファー・サザーランドの名前が今度はプロデューサーの所にもあるんですよね。
おかげで、CTUロサンゼル支局、ジャックバウワー捜査官の魅力全開ですがな!
(若干スーパーマン的、無敵君になりつつあるところが気になりますが)

加えて、個性的な新しい登場人物もいっぱい出てきて更に盛り上げてくれます。

とにかくねぇ、-まぁ、そういう風に作ってるんでしょうが-だぁ~~れも信用できんのじゃ!
みぃ~~~んな、怪しく見えてくる、ほんでもってそういう風に思わせる演技が
みんなうまいんだよねぇ~~、ったくぅ~~
ちょっとした、視線とかしぐさとか…なもんだから、あやしぃ~~!!と思ったやつが
実は怪しくなかったり、こいつはなんでもないよね?と思っても違ったり…
もう、わけわかんないのよのねぇ~

シーズン2はDVDで見てるわけですが、うれしいことに特典映像が付いています。
で、再生モードでこの特典メニューを挿入しながら再生ってのを選びますと、
本来入るべき場所にこの特典映像が挟み込まれて楽しめるわけなんですな。
これは、なかなかいいですよ(^^)
しかし、再生機の問題なのか、本編では日本語吹き替えに設定していても、
特典映像になると「英語+日本語字幕」になってしまうんですね。
本編に戻ると又最初の設定に戻るんですが、最初これがわからなくて、
特典映像になるたびに、音声と字幕の設定をし直していたんですよ。(^^;

それと、3話目か4話目の特典映像に、出演者による音声解説ってのが
あるんですね。で、それの再生前に…
「先のストーリーについてネタばれがありますのでご注意ください」
って、警告が出るんです。

ま、ネタばれって言っても大した事ないだろうと思って見ちゃったのですが、
見ないほうがいいです!
そこから、既に3,4時間経っているのにまだ
その部分は謎として残っている部分なんですね。

ちぃっ!見て損しちまったワイ!(^^;


てなわけで、「24」オススメです!
絶対見たほうがいいって!(^^)
[PR]
by kizz_army | 2004-05-20 14:04 | [24 TWENTY FOUR]