★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★ 最新KIZZ 情報!! (09/02/02 更新)
★     
★   『 お知らせ~ [KIZZ]は活動停止します ~ 』
★     
★   kizz_armyでございます。

★   約7年半に渡り、ご愛顧いただきました
★   KISSトリビュートバンド 【KIZZ】ですが、
★   2008年末を持って、活動を停止する事になりました。

★   既にライブも決定している中での決断だったため、
★   関係各位には多大なるご迷惑を
★   お掛けしたことを改めてお詫び申し上げます。
★   
★   まさに、「語りつくせば尽きないけれど…」と
★   言った思いではありますが、
★   またいつの日か、違った形になるかもしれませんが、
★   なんらかの形でみなさまとお会いできる日が来る事を
★   ちょっと期待して…

★   ほんとうにいままでありがとうございました。
★   皆様の KISSライフが 更に充実する事を願いまして…


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

《ニュース!!》
   『KIZZ』の出演している映画がありました!
   タイトルは「スペースポリス」

   詳細は該当記事にて…
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

≪クイックリンクコーナー≫
【KISS トリビュートバンド [KIZZ]】 ホームページへ…
【Charトリビュートバンド[Smoky]】Blogへ…
kizz_armyへのメールはkizz_army@hotmail.comまで…
「kizz_army」のジャンル別Blogリンク!!
興味のあるジャンルのタイトルをクリック!! (^^)

== フォトリーディング&マインドマップ活用の読書記録 ==
<< 知識増量堂 ブックセンター >>

==世界遺産を見たぁ~~~~いい!!==
≪ 世界遺産に魅せられて… ≫

==日常を向上させるヒントや情報のBlog==
≪ 日 常 向 上 旅 団 ≫

==映画鑑賞専用Blog==
≪シネ、シネ、シネマ団≫

==コンサートや、観劇、スポーツ観戦のBlog==
≪鑑賞、観戦、観劇…やっぱり生がいい≫

==テレビ観賞専用Blog==
≪テレビっこ、世にはばからせていただきます。≫

==食べ物の情報、食い物屋の情報等のBlog==
≪マスタ! おまかせでお願い!≫

==きれいな日本語を話したい! って事でそのまんま!==
《きれいな日本語を話したい!》

カテゴリ:スポーツ( 22 )
『 チャレンジ・システム@ウィンブルドンテニス 2009 』

おかげさまで、今年もこのBlogは、

「チャレンジ・システム」バブルに沸きました(^^;
日曜夜から、月曜日にアクセスが急増したんです。

そういうのを見越して記事書かんにゃあかんよね。

って事で、すでに旬は逃したわけですが、
来年の為にも、書いておきます。

って事で、まずは、復習からお願いします(^^;

『 チャレンジ・システム@ウィンブルドンテニス 2007 』

『 チャレンジ・システム@ウィンブルドンテニス 2008 』

毎年、「チャレンジ・システム」について
書いてるBlogも珍しいよね。アハハ…


2007年の記事の最後に書いてますが、
この「チャレンジ・システム」に対して、
今年も優勝を果たした、ロジャー・フェデラー選手
反対を表明してるんですね。

記事を書いた当時は、

「ふぅ~~ん、反対なんだぁ~」

位にしか思ってなかったのですが、
先月の終わりくらいに、ちょうどテニスの雑誌にて
フェデラーのインタビュー記事を読んだので、
今日はその事について書いてみますね。

まずフェデラー選手が声を大にして言っているのが、

「明らかに判定が間違っている時がある」

って事。

世界一のトッププロが一番近くで見ているわけです。
絶対の自信を持って、「ホーク・アイ・システム」
判定が間違っている事もあるって言っているんですね。

ただ、前出の記事でアタクシも言ってますが、
それは「織り込み済み」なわけじゃないですか?

ボールの接地面積の問題から始まり、
所詮、コンピュータの計算結果なわけですよ。

あくまで「妥当なセン」って事ですよね。

ただ、そこには「アルゴリズムの一貫性」ってモノがあって、
同じ入力に対しては、同じ出力が得られるはずなんです。
そういう意味では「公平」なんですね。

しかも! 「審判」だって間違う事があるわけですから…
その為のシステムなわけですから… (^^;

それを言い始めたらどうどうめぐりですよね。

加えて言っているのが、
「10台もカメラ使っているなら、一番正しく判定ができると思われる
映像が映っているカメラを使えば済む話じゃねぇの?」

って事なんです。

これはね、ほんと「その通り!」って感じ… (^^;
別に、軍事技術を使わなくたって、
10画面マルチビジョンで、一気に映像だして、
一番わかりやすい映像を、スローモーションで再生すればいい…

確かに、エンターテイメント性は今のシステムに
軍配が上がると思うけど、上述のマルチ画面方式でも
やりようによっては、結構エンターテイメントになりえるよね?

何にもまして、とんでもないコストダウンになるんじゃね? (^^;

そして、もうひとつ…

「同じ大会においても、
コートによってこのシステムの有無があるってのは、
公平性に欠けるんじゃねぇの?」


って事を言ってます。
でもまぁ、これも、審判員の「個性」って事を考えれば
絶対的な「非」ではないような気がしますよね。

ロジャー! あなたの言いたい事はよぉ~~くわかったよ! (^^;
「一番わかる映像みれば済む話」ってのは、
ほんとその通りだと思う!

でも、やっぱり、見てる方はこのエンターテイメントに、
とても、ワクワクさせられるんだよ♪(^^)

やり方はいろいろあると思いますが、
今のこのご時世、あらゆるスポーツでビデオ判定を
導入すべきだと思っております。


さて、全然関係ありませんが、
一応、更新情報も載せておきますね(^^;

今日の更新は ↓ です。
『 鎌倉紫陽花紀行 2009【 成就院 編 】 』
[PR]
by kizz_army | 2009-07-08 10:55 | スポーツ
『 チャレンジ・システム@ウィンブルドンテニス 2008 』
えっと、まずは
以下のアドレスにアクセスしてもらおうかな…
http://www.yahoo.co.jp/index.html
割と有名らしいサイトなんだけど、もしかしたらみなさんも
一度は訪れたことあるかもね。

でまぁ、いわゆる検索サイトらしいんだけど、
上のほうの検索ワードの入力項目に

ウィンブルドン チャンレンジシステム

って二つの言葉を打ち込むわけ、
でもって検索ボタンを押すと…

どうよ!

な、な、な、なんと
「KISS! KIZZ! Rock'n Roll Fire 」
が 一番最初に表示されたでしょ?

すごくね? (^^;

いいなぁ~ みんな幸せだなぁ~

Yahooでトップに表示されるBlogが読めて… ギャハハハ…
てなわけで、「月初」ってのは割とおもしろい現象が見られるのね。

なんどかネタに使ってるけど、Exciteの提供する
ExBlogの簡易アクセス解析機能を使うと
アクセスキーワードってのがわかるのね。

で、月ごとの集計になるから、月半ばにかかるくらいから
「常時検索率の高いキーワード」が累計値で生き残るのよ。

でも、月初は、まだ累計がすすんでないから「少数派」も
上位に食い込んでくるのね。
そんななか、ひときわ目だったのが
「ウィンブルドン チャレンジシステム」ってキーワード…

まさに「話題のキーワード」だと思っていたから
よくもまぁ、うちのBlogなんかにきてくれるなぁ~と…(^^;
検索したらどれくらいに表示されるのかなぁ~ と…(^^;

おもしろいもんで、Googleじゃ、40番目位なんだよね。
それが Yahooじゃ、トップ表示!! なんだこれ…(^^;

で、改めてその当該記事
『 チャレンジ・システム@ウィンブルドンテニス 2007 』
を読んだら 笑っちゃった…
チャレンジ失敗したら、「罰ゲーム」って… 「罰ゲーム」って…
昔のアタクシ… 結構おもしろかったのね(T_T)

さてさて、そんな話題の「チャンレンジステム」相変わらず「賛否両論」の様ですな。

あたくしkizz_armyですが、
1年たった今でもこの「チャレンジシステム」は大絶賛します!

むしろ、更に「強行推進派」として活動したいと思います。(^^;

確固とした理由があります。もう単純明快…

「チャレンジシステム自体がエンターテイメント」であるからです。

それ自体が「ゲーム化」されているんだよね。

「人間味がない」とか「選手のリズムが」とか、そんなもんどうでもいい…(^^;
見てる人が楽しめりゃいいんです。

だって、プロスポーツなんて観客を喜ばせる「エンターテイメント」でなければ
存在する意味がないわけですから…

って事で、「チャレンジシステム」は他のプロスポーツでもぜひ採用していただきたい。

実際、審判だって楽しんでる人だっていると思うよ。
「自分の判定の方が正確だった時」…
「ほらみてみろ!」… って思うよね? (^^)

こんなモチベーションあがる事ないと思うんだけどな…

ってわけで、今日の更新情報は
<< 知識増量堂 ブックセンター>>
のみです。

今日は
『口コミ伝染病』
です。

★この記事には続きがあります。
『 チャレンジ・システム@ウィンブルドンテニス 2009 』
[PR]
by kizz_army | 2008-07-02 10:13 | スポーツ
『 嵐の中の親善テニス 』

2月23日(土)



<最大瞬間風速>
・東京都心:15.9メートル
・千葉:22.9メートル
・横浜で23.4メートル

と言った中で、テニスをやってきました。(^^;


当然土曜日の午前中は、毎週恒例のテニスがあるのですが、
それが終了した後、続けざまに台東区の某所にて、

あの KISS Tribute Band 「KIZZ」

ジーン役であります「泥悶」と一緒にテニスに興じたのでございました。


なんと学生時代は「泥悶」もテニスをやっていたとか…
さらに、ピーター役の「化け猫」も学生時代はテニスをやっていたとか…

そんな事もあって、
「そのうち一緒にテニスできればいいねぇ~」
なんて話をしていたのが、とうとう先日実現したわけなんですね。

なんかね、「泥悶」は最近ご近所さんに誘われて、
月イチ位でテニスをやってるんだってさ!

そこにアタクシ、マネージャのkizz_armyが図々しくもお邪魔するって事に
あいなったわけなんでございます(^^)

いつも「泥悶」達が使っている、
台東区のテニス場まで遠路でかけたわけですが、
わりと出来たばかりらしいのですが、
まぁ~きれいなテニスコートなんだわさ!

設備も充実してるし、やっぱり公立のテニスコートはいいねぇ~安くて…(^^;



ところが!!!


みなさまご存知の様に、更には冒頭に書きましたとおり、
この日、関東では「春一番」吹き吹き荒れまして… (--;

しかもさぁ~ 場所的には、
どっちかってぇと千葉より…
でもって更に、
どっちかってぇと海より…

まぁ~~~~~~~~、びっくりだね。


どんよりと垂れ込めた雲の中に、
更に、砂塵でも巻き上げているのか、
黄土色の不気味な雲が渦巻き、
すごいスピードで流れ行くのを眺めると…

「天変地異」の中でテニスやってるのかと思ったよ(^^;

まるで、SF映画に出てくる
「核戦争の後の、荒廃した未来の地球」
みたいな感じなのさ!(^^;

ちょっとボールが浮いたとたん、
ほぼ直角… 下手すりゃ直角以上の角度を持って急降下…

サーブのトスはどこへ行くかわからん…

挙句の果てには、
相手コートに一旦ワンバウンドしたボールが
自分のコートにそのまま戻ってきてしまうと言う
「奇跡の魔球」まで見ることに… (^^;

もうねぇボロボロですよ(^^;
なんだか普段自分がどうやって打っていたのか
判らなくなってしまうほど… (^^;

有り得ないボールの動きだからね。

本来のテニスを楽しむって面では、
若干の難ありって感じではありましたが、
まぁ、ある意味貴重な経験でしたわ! (^^)


って事で!

a0018005_9412060.jpg
これが…


















↓↓↓↓↓↓↓↓


こうなります。
a0018005_1448231.jpg


















珍しく、翌24日もテニスの予定があったのですが、
この貴重な経験を元に、
キャンセルさせていただきました(^^;
[PR]
by kizz_army | 2008-02-25 09:41 | スポーツ
『 日本クリケット協会 クリケット初心者講習会 』
まずは復習していただきたいのが、


『 ぶっちゃけインドってどうなのよ? 【インド旅行記-テレビ&クリケット 編】』

と言う話題… (^^;

最後の所…

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
せっかくだから、日本の普及度とか調べようとしてたら…
なんと! タイムリーな事に、明日(11/23)に
日本クリケット協会主催の「講習会」が開催されるみたいなんです。

ちょっと、見学に行ってみようかなぁ~~(^^)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

って書いてあります。


なんだよ!

結局言うだけかよ!


とか思われた方も多かったのではなかったのでしょうか?


でも、残念!

アタクシ、ちゃんと、ほんとうに見学に行ったのでした。 (^^;


タイミング的な事もあって2ヶ月も経ってから
話題にしてるわけですが…
そこは、まぁ、ひとつご勘弁いただいて…(^^;

ここ最近の冷え込みはそりゃもう尋常ではないのですが、
当日… 11/23もねぇ、寒かったんだわさ!
冷たい風が結構強くてねぇ~


で、そんな中にあっても、ちゃんと「講習会」が行われておりました。

a0018005_9475721.jpg


a0018005_948947.jpg



とまぁねぇ、正直な所、「微妙な閑散度」
感じずにはいられない状況でございまして…


でね、だからこそ… だぁかぁらこそ!

指導にあたられている、

「日本クリケット協会」

の皆様には、ほんとぉ~~~~~~~~~~~に!

頭の下がる思いでございました。


って事で、改めてご紹介いたします。

日本でのクリケットの普及にご尽力いただいております。


「特定非営利活動法人 日本クリケット協会」

公式HP => http://www.cricket.or.jp/

です!

当日の様子も、ちゃんとレポートがありました。

東京・練馬区での初心者講習会報告-11/23(祝)



その報告の中には、

「時間が経つにつれて、心地よい暖かさを感じる中での体験会となりました」

とありますが、実際にはそれはそれは寒かったんです(^^;
まぁ、最後まではいなかったんで
後半はかなり暖かくなったのかもしれませんが…

もちろん好きだからやっているのでしょうが、
貴重な休日の朝、寒い中、一種のボランティア的活動を
毎月されているわけですからねぇ?

講習の内容とかよりも、その事実を非常に感じる「見学」となりました。
だってさぁ、道具でさえも普通には手に入らないって言うんだよ?
大変だよねぇ~

怪しいやつが、一人いたでしょ?
こんなご時世ですからねぇ
ほんと怪しかったと思います。 すんません(^^;


で、実物を見ても相変わらずルールはよくわからないんです(^^;
でもって、競技自体についても、もうちょっと深く調べたのですが…

あれだよね、本格的にやればやろうとするほど、
「文化的な違い」と言う大きな壁が立ちはだかっている事が
わかりました。

だって、ほんとうの試合やったら、何日もかかるってぇんだよ?
だから、試合の間に「ティータイム」とかあったりするらしいんだよね。

すごいよね? (^^;

だからそのあたり考慮した「短縮版」とも言えるルールもあるらしいのですが、
「一般的な普及」って事を考えるとね…

って事で、そのあたりを知るに至るとですね。
なおさら、ご尽力されている
「特定非営利活動法人 日本クリケット協会」
皆様には、ほんと頭がさがる思いでございまして…

でも、なんか「ゲーム」としては、たしかに面白そうなんだよね。
小学校の体育の授業とかでやるには「野球」「ソフトボール」なんかより
やりやすい面もあるのかも?とかも思いました。

こういう地道な活動が実を結んで、
「クリケット」自体の知名度があがることをお祈りする次第でございます。
[PR]
by kizz_army | 2008-01-25 09:48 | スポーツ
『 チャレンジ・システム@ウィンブルドンテニス 2007 』
久々のテニス関係の話題でございます。


当ブログの「スポーツ」なんてカテゴリを覗いてみますれば、
テニスの話題も割りと書いているのよねん♪ (^^;

さて、先週あたりかなり盛り上がっていたウィンブルドンテニス
本来なら、ゆっくりと各試合見たいって気もするわけですが、
なかなかねぇ~ そうも行きませんやね。

それでも、愛ちゃんの動向が気になったり…
シャラポアの試合はいつなのか?気にしてみたり…

ってのはあるんで、断片的にはテレビ中継も見ていたわけです。

そんな中の大ラス… 男子決勝は、「フェデラー vs ナダル」

あんまり男子の試合は見ないんですが(^^;
この組み合わせの決勝はちょっと見逃すわけには行きませんやね。

なんつったって、ここ最近のフェヴァリットプレイヤーは「フェデラー」でして…

あのプレイスタイルは憧れますよねぇ~~

特に、芸術的なバックハンド!!

バックハンドを打つたびに、ため息モノでございますわ!(^^)

しかし、今回の決勝は、かなり苦戦してましたね。
ナダルのフォアハンドのスピンはすごいねぇ~ しかもあの角度…(--;

ゲームカウントからしても、さすがのフェデラーも危うかったのが事実…
ラリーが続けば、かなりナダル有利でしたからね。

そんなこんなで、なんとまぁ見ごたえのある決勝だったことでしょう!
まさにプロのプレイでしたね。
ミスが少なく、技術、パワーの応酬での戦いぶりには、
テレビの前で、大騒ぎして見てました。

つっても、録画してみたんですけどね… アハハ…


さて、そんなただでさえ見ごたえのあった試合を、更に面白くしていたものに
ウィンブルドンでは、今年から採用されたらしい
「チャレンジ・システム」ってのがありました。

1セットに付き三回まで、審判の判定に疑問がある場合は「チャレンジ」を宣言して
「ホークアイ自動ライン判定システム」と言う、複数のカメラとコンピューターを使用した
装置による判定を行うと言うもの…

審判のジャッジが正しければ「チャレンジ権」が一回分消滅。
誤審であれば「チャレンジ権」はそのまま。

簡単に言うとそういうシステムなんだけど…

これがまぁ、おもしろい! エンターテイメント性抜群!! (^^;

「チャレンジするか? しないか?」

でもって、

「チャレンジが成功するか? しないか?」

それに伴っての「チャレンジ権の減り具合は?」

加えて、判定システムのCG画像がよくできてるもんで、
画像が映し出されるだけで、ハラハラ、ドキドキ、ワクワク…

「おっと、ナダルがチャレンジを宣言しました。」

なんて実況が入るだけで、もう胸躍っちゃいますからねぇ~ ウハハハ…

しかし、問題もないわけじゃない…(^^;
このシステム、ミサイル誘導のシステムを応用してるらしいが、
やっぱり100%正しい…ってわけじゃないらしいこと…

そりゃそうだよね。だってさぁ、ボールが着地したときの
接地面積ってもんがあるわけじゃない?

ボールのつぶれ具合や、回転具合によっては、
ボールのどれだけの部分が、地面に接地したかって微妙に違うと
思うわけなんですよ。

そしたらば、まったく同じ位置に落ちたとしても、
ラインに触れる場合と、触れない場合がある様な気がするわけさ!

まぁ、そこまで微妙な判定なわけだから接地面積なんて
一律で決めちゃっても、それこそ「それが判定」って言い方も
できるわけだけどもね(^^)

そもそも、あくまでコンピューターの計算値であるって事自体微妙ではあるしね。

って事で、このエンターテイメント性抜群のこのシステム、
「誤審云々」が問題になる全てのスポーツに採用していただきたい!

でもって、各競技毎に「チャレンジ失敗時のリスク」をいろいろ設定すれば
おもしろいんじゃね? (^^;

そうねぇ~ プロ野球だったらどんなのがいいかねぇ~
1試合のチャレンジ権回数はどれ位にしましょうか?
やっぱ、二回くらいかねぇ? (^^;

でもって、チャレンジ失敗の時は、当然チャンレンジ権の減少…
それと、う~~ん、どんなのがいいかなぁ~
点が入るとか、アウトの回数いじるとかじゃ、
根本的に野球じゃなくなっちゃうもんな… (^^;

いっその事、まったく関係ない「罰ゲーム」とか? ギャハハハ…

難しいなぁ~ やっぱ「チャレンジ権の減少」だけでいいか?
白黒はっきりするわけだし…(^^;

抗議による無駄な試合の中断やら、それを起因とする乱闘やらがなくなることを
考えりゃ、もう、今すぐにでも採用すべきですよね。

野球や、相撲なんて別にCGシステムじゃなくて、
複数のビデオで確認すりゃ一目瞭然でしょうし…


って事で、この「チャレンジ・システム」… 当のフェデラーは反対派らしいけど、
kizz_armyは 賛成派です。 (^^)/

だって、おもしろいんだもぉ~~~~~~~~~~ん! (^^;

★この記事には続きがあります。
『 チャレンジ・システム@ウィンブルドンテニス 2008 』
[PR]
by kizz_army | 2007-07-11 09:24 | スポーツ
『 2007 F1 開幕 』
※レース結果について書いてますのでご注意を!

2007のF1グランプリが開幕いたしました。


あれからもう1年半も経つんだね。
そうです、2005年F1日本グランプリを生で観戦した
あの日から、既に1年半も経ってるんだねぇ~

あの時から比べると、メンバーガラっと変わりました。

「シューマッハ」の引退と共に、移籍や新人の参入が相次ぎ、
まさに「F1 新時代」に突入したわけなんですねぇ~

なもんだから!
昨日放送された2007年 第一戦、オーストラリアGP
ひじょぉ~~~~~~~~~~に楽しみにしておったわけです。

つってもまぁ、ワタクシなんぞはあくまで素人代表(^^;
別に、メカニカルな部分でも、F1事情についてもマニアックに追求してる
わけじゃないので、あくまで素人としての感想なんぞを…

そもそも、いつも言ってるけど、アタシャ人の名前と顔を覚えるのが
とぉ~~~~~~っても苦手…

F1ドライバーの名前とチーム名を一致させるのでさえ、
すごく大変なわけさ… ウハハハ…

「コバライネン」とか…
「デビッドソン」とか…
「ハミルトン」とか…

新しい名前はほんと覚えられん(--;
更に、どのチームなのか?って事を絡めて考えなくっちゃ
ならないわけで、かなり脳内パニック状態なんですわ!(^^;

なのに! 非常にこのニューフェースがキーマンになってたりしてね。
是が非でもおぼえにゃならん!

まずは、なんと言っても「マクラーレン」のハミルトンだよね。
デビュー戦でいきなり、3位

おったまげたよ!
たぶんだけど… 彼は別格の様な気がする…

「セナ」とか「アレジ」とか「シューマッハ」
最初に出てきた時の感じになんか似てる様な気がするんだよね。

いや結果だけじゃなくて、なんかオーラっちゅうか雰囲気がさ…


「ルノー」の「コバライネン」だって凄いよ!
普通に変換したら「子払い年」になっちゃうからね!(^^;

だってさぁ、いきなり、2年連続チャンピオン「アロンソ」の
代わりをやれって事でしょ?
でもってそのプレッシャーの中決勝で10位よ?
並みの神経じゃないよね(^^;

「スーパーアグリ」の「デビッドソン」も気になる…
だって、結構「琢磨」が食われそうになるからね(^^;
がんばってもらいたいんだけど、「琢磨」より前に行かないでぇ~~
みたいなね(^^;

新しいマシンとか、ニューフェースドライバーとか
移籍組ドライバーの動向とか…
そういう部分の見所がたくさんだったので、
食い入るようにテレビ放送見ちゃったけど、
レース自体はちょっと大味だったかなぁ~(^^;

やっぱり、誰かが独走しちゃうとつまんないよねぇ~
アタシなんかのレベルとしちゃぁ…

「ライコネン」だって、「速いけど信頼性イマイチのマクラーレン」
もがいてた頃の方がなんか魅力的だったような気さえしちゃうもんなぁ~

コースの特性とかもあるんだろうけど、
なんかあの調子でいっちゃうと、フェラーリ+ライコネンの一人勝ち
状態が続きそうな気もしないでもない…(--;

とまぁ、上位陣はさておき…(^^;

なんつっても、「スーパーアグリ」よね?
土曜日の深夜、がんばって予選の放送も生で見たんだけど(^^;
なんちゅうか、久々に興奮したなぁ~~~

あれよあれよと言うまに、予選第三ラウンドまで「琢磨」が残っちゃったもんなぁ~
予選の周回終えて、最後、ピットに戻ってきた時のアグリさんと、琢磨の顔見たら、
ホロっときちゃったよ…(ノ_;)

「最後尾であたりまえ」って事をみんなが納得して、
去年のレースはずっと見ていたわけじゃない?

「必要以上に期待せずに応援しつづける」って初めての体験だったような
気がするのよ…まぁ、個人的にだけどね(^^;

だって、今までの日本人ドライバーって、それなりに名門チームに在籍して
トップに絡まないけど、そこそこの順位でさ…

「完走してくれればいい!」って応援の仕方ってなかったんだよね(^^;

それが、そのチームが、そのドライバーが…
あの活躍!! 胸躍らずにはいられないっちゅうねん!

放送見ながら、「うぉ~~~、すげぇ~~~!」とか叫んじゃったもんね(^^)
第2戦からも、非常に楽しみですわ!!

あ、そうそう…
マシンのデザイン…
アタシャ、「マクラーレン」が去年に引き続きカッコイイ度No1だな…
あのカラーリングがいいなぁ~~
でも、なんか「アロンソ」には合わん!(--;
まだ慣れてないからかな…(^^;

カラーリングはイマイチだけど、「スーパーアグリ」のフォルムはカッコイイな…

ルノーもあのカラリーングなんとかならんのかねぇ(^^;

話題の「ホンダ」のカラーリングはいいよね。
でもって、あのスポンサー戦略は中々秀逸だと思いますわ!

「BMW」と「ウィリアムズ」は同じ様な色使いをやめて欲しいわん♪(^^;

って事で、いろんな意味で今年の「F1」、おもしろくなる事に期待しますわ!(^^)/


「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
ここをクリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2007-03-19 11:06 | スポーツ
《東レ・パン・パシフィック・オープンテニス 2007》
この記事は移動しました。


《鑑賞、観戦、観劇…やっぱり生がいい!!》

ってブログの、


《東レ・パン・パシフィック・オープンテニス 2007》



でございます。

元のネタも一応残しましょう
[PR]
by kizz_army | 2007-02-05 10:12 | スポーツ
『なにかがそこにあった! 荒川さんおめでとう!』
見た見た!

朝起きて、見たよ!(^^;

つっても、3時に起きたわけじゃないけどねぇ~

例のHDレコーダーの「追っかけ再生機能」
フルに活用しましてですねぇ~

一気に、鑑賞させて頂きました。

「夏のオリンピック」では、かなり熱くなって
「水泳の記事」とか書いたけど、

どうも、嗜好的に言うと「冬のオリンピック」はイマイチ

だって、ほら、「道具が必要」じゃん?

「身体ひとつでしょうぶだぜ!」みたいなのってないじゃん?

「ボブスレー」とかに至っては… (^^;

いやだからって、あそこに居る人たちはみんなが凄い!
ってのはわかってますから…

競技の種類に関係なく、あそこに居る為に
「どれ程の努力をしなければならないか?」
ってのは充分理解してますから~(^^;

ほら、やっぱりアタシラみたいな一般人がエンターテイメントとして
楽しむには、多少「エズラ」ってのも、重要じゃん?(^^;

なわけで、ほとんど「オリンピック自体」を見てなかったわけですが、
さすがに、「女子のフィギアだけは見ないとね。」
って事で、がんばりました(^^)v

まあ、専門的な事はわからないわけですが、

「まったくミスは許されない」

って言う、精神状態の中でみんなすごいよねぇ~

ジャンプの失敗の後の心情を考えると、こっちがオロオロしちまうわ!

時間の都合で、ちょっと飛ばしてみた部分もありますが、
全体を通してみてみると…

金メダルを取った荒川さんの演技ってさぁ、

「な ん か 違 う」

って感じしませんでした?

そりゃ期待の日本人だからってのもありますが、
それを差し引いたとしても、画面から伝わってくる何かが違った
って気がして仕方なかったんですよねぇ~♪

「理屈じゃない何か」ってのはやっぱりあって、でもって、
人間ってそれを「理屈じゃない感覚」でちゃんとわかるんだな…
なんて思ってしまいましたよ。

だって、ほら、会場でも
「初めてのスタンディングオベーション」
だったんでしょ?

でもって、それは、審査員と言う特別な人たちは
数値に置き換えられたわけでしょぉ?

人が判断する競技ってどうもイマイチ好きじゃないんだけど、
「みんなが納得する感覚の一致」を見たようで、
なんだかうれしいっすよね(^^)


いやぁ~~~すばらしかった!

拍手! 拍手! でございます。



荒川さんおめでとう!

村主さんも、おしかったねぇ~~

ミキティは、まだ若いしね。
「メダルはいらない、とにかく4回転を飛ぶ!」
って発言は、それはそれで素晴らしいと思っちゃったよ!


がんばって起きて見てよかった! (^^)


「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
[人気blogランキング]←クリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2006-02-24 09:45 | スポーツ
『マリア・シャラポア ジャパンツアー』

ご存知の様に、「シャラポア」って言えば、まぁアタクシも
注目しておるわけでして…

実際に、今年は「生シャラポア」も見る事ができたりね。

そんなシャラポアがジャパンツアーをやるとか?

ネットのニュースかなんかで見たんだけど、

「シャラポアのジャパンツアーってなにやんだ?」

って単純に思ったのね。(^^;

まさか、バンド? なわきゃないやね。


「普段はあまり国際的なテニス大会なんか開かれないような
地方の人たちにプロの試合を見せてやろう!」


位の話かな… と、まぁ漠然と思っていたくらいなのですが、
先々週になりますかねぇ~

とあるテニスコートにて、この「シャラポア ジャパンツアー」
フライヤーが置いてあったのですよ。

「お! 例のヤツだな… どんな事やるのかなぁ~~」

と、手にとって見ますと…


一部:マリア・シャラポア ファッションショー
二部:ダブルスの試合(1セットマッチ) 杉山の愛ちゃんとペア
三部:シングルスの試合(3セットマッチ) 杉山の愛ちゃんと対戦
総合司会:松岡修三


場所は
・大阪城ホール
・名古屋レインボーホール
・有明コロシアム
の三箇所のみ…

でもって、肝心のチケット代…

アリーナ席:12,000円也


オイオイオイオイオイオイオイオイ! まじっすか?(^^;


「クィーン」のS席と同じ値段でんがな!

なんつったって、今回の「クィーン」の来日の最大の焦点と言えば
チケット代でしたからね(嘘)(でも、半分ホント)

う~~~~ん…
これまた随分と吹っかけてきたもんですよね
そんな事言ったら怒られるかな…(^^;

だって、シャラポアなんて、その稼ぎは天文学的数字なんでしょ?

「まだ稼ぐのかよっ!」 (by 三村)

ってなもんですわ。
そりゃ、ほんとうのファンにしたら実は「お安い」のかも知れませんがねえ
有名なファッションショーのチケットなんて何万もするって聞くし…
それと比べていいのかどうかはわかりませんけどね(^^;

公式HPはここね=> 「マリア・シャラポア ジャパンツアー」

最近は「だっぶるお~け~」とか言って、CMにも出まくりだけど、
上記のHPなんかの写真を見ると、


「天はニブツを与えず」


なんてのが、大嘘だってのをまざまざと認識させられますなぁ~~(^^;


それを考えると「ファッションショー」も見てみたい気もするけど、
それこそ、5m以内で見られるとかじゃなきゃ、あんまり意味ないよねぇ~~

ま、もし行く予定にしている方がいらっしゃいましたら。
どんな様子だったのか、教えてねん♪


「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
[人気blogランキング]←クリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2005-11-08 10:28 | スポーツ
『ウィンブルドンテニス 2005』
今日はテニスのお話…

週末…ま、おとといの土曜日なんですが、テニスに誘われました。(^^)

朝もちょいとテニスして、そのままお誘いを受けたテニスの集まりへ…

な、な、な、なんと…
もちろん途中休憩はしますが、朝からの分を含めますと
約6時間、テニス三昧の土曜日をすごしてしまいました(^^;

でまぁ、ちょっとこの写真を見てよ!

a0018005_9472186.jpg
a0018005_948389.jpg
ま、ちょっと見づらいでしょうが、普通のテニスコートですわな!
しかし! しかし! なんと! (^^;
これが個人の家の裏庭だってぇんだから驚き!

ま、詳しい場所は言えませんが、凄い人もいるもんですよね。
コートの種類はいわゆる「オムニコート」ってヤツで、人工芝に
若干の砂が入っていると言う、どちらかと言えば高級仕様…(^^;

なんせ、まず周りを金網で囲うところからですよね、その手前には
ちょっとした雑木林風に木々が植えられておりまして、
その中にコートがわるわけですよ!

こっそりと話したところ、「千万単位の金が掛かっているんじゃないか?」
ってんですから、更に驚き…
誘ってくれた方の伝(つて)で借りられているのですが、
只も同然っていうんですからねぇ~ いやはや驚きですがな!(^^;;

でもって、集まった方々はアタクシなんぞよりは、かなりの先輩方…
なのに、うまいんだ!これが! びっくりするよね。(^^;
アタクシなんぞ、タジタジですよ! パワーあるんだもん!

って、そんな中! 同じ週末には、「ウィンブルドン 2005」
決勝が行われたと言う、「やる方」「見る方」共々、
「テニス テニス テニス」の週末でございました!

ま、惜しいところでシャラポアも負けちゃいました…
「生シャラポア」を見に行ったこともあるkizz_armyとしては
残念な事ですが、それ程ですねぇ~

「続けて勝つ」

って事は難しいわけですよ! ましてや常人離れしたプロスポーツの世界での
話ですからねぇ~

そんな事を思うと、

「シュティフィ・グラフ」と言う選手がいかに凄かったのか?

ってのが、更に! 更に! 判ってくるってな次第なんですな!

だって、考えてみてくださいよ!
あの松井だって、イチローだって調子の悪い時はあります。
鳴り物入りでプロになったピッチャーだって、ずっと勝ち続けるわけじゃありません。

他のプロスポーツだって、ちょっと眺め回してみれば、
「勝ち続ける事」ってのがいかに難しいかってのはわかりますよねぇ?

ビジュアル的にも、「グラフ」のファンでしたからね(^^)
「やっぱり、彼女はすごかったんだ!」 って…


あぁ~~~あ、一度でいいから「生グラフ」も見たかったなぁ~


でもって、!その凄さを、今この瞬間に具現化しちゃってる人がいます!

そう! 今年の男子の覇者「フェデラー」です!

あたしゃね、男子の試合って殆ど見なかった!
華やかさもないしね。 どうも大味な感じがしちゃってですねぇ~(^^;

所が! 去年あたりから、この「フェデラー」の試合には
非常に熱くさせられてまして(^^;

この人ほど「オールラウンド」って言葉がドンピシャではまる人いないんじゃないの?

最近は、男子でもバックハンドは「両手」で打つ人がかなり増えてるわけですよ。
所が「フェデラー」のシングルバックハンドと来たら…


そのフォームの美しさだけでもうっとり(^^)


力強い、バックハンドの応酬が続いたと思えば、スライスのバックハンドも
すごいっすからねっ!

「テニス雑誌」でバックハンドスライスの特集やら、解説記事やらには
かならず、この「フェデラー」の分解写真が載る位ですよ!


昨夜の試合だってさぁ~ほんと、「いいもん見せてもらった!」
と、単純に思えるような試合だったじゃないですか!

珍しく、既に今から来年の「ウィンブルドン 2006」が楽しみになってしまう位
じゃありませんこと?

自分がはまっているからって、言うのもなんなんですが…


テニスっていいよ! (^^)


「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
[人気blogランキング]←クリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2005-07-04 09:44 | スポーツ