★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★ 最新KIZZ 情報!! (09/02/02 更新)
★     
★   『 お知らせ~ [KIZZ]は活動停止します ~ 』
★     
★   kizz_armyでございます。

★   約7年半に渡り、ご愛顧いただきました
★   KISSトリビュートバンド 【KIZZ】ですが、
★   2008年末を持って、活動を停止する事になりました。

★   既にライブも決定している中での決断だったため、
★   関係各位には多大なるご迷惑を
★   お掛けしたことを改めてお詫び申し上げます。
★   
★   まさに、「語りつくせば尽きないけれど…」と
★   言った思いではありますが、
★   またいつの日か、違った形になるかもしれませんが、
★   なんらかの形でみなさまとお会いできる日が来る事を
★   ちょっと期待して…

★   ほんとうにいままでありがとうございました。
★   皆様の KISSライフが 更に充実する事を願いまして…


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

《ニュース!!》
   『KIZZ』の出演している映画がありました!
   タイトルは「スペースポリス」

   詳細は該当記事にて…
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

≪クイックリンクコーナー≫
【KISS トリビュートバンド [KIZZ]】 ホームページへ…
【Charトリビュートバンド[Smoky]】Blogへ…
kizz_armyへのメールはkizz_army@hotmail.comまで…
「kizz_army」のジャンル別Blogリンク!!
興味のあるジャンルのタイトルをクリック!! (^^)

== フォトリーディング&マインドマップ活用の読書記録 ==
<< 知識増量堂 ブックセンター >>

==世界遺産を見たぁ~~~~いい!!==
≪ 世界遺産に魅せられて… ≫

==日常を向上させるヒントや情報のBlog==
≪ 日 常 向 上 旅 団 ≫

==映画鑑賞専用Blog==
≪シネ、シネ、シネマ団≫

==コンサートや、観劇、スポーツ観戦のBlog==
≪鑑賞、観戦、観劇…やっぱり生がいい≫

==テレビ観賞専用Blog==
≪テレビっこ、世にはばからせていただきます。≫

==食べ物の情報、食い物屋の情報等のBlog==
≪マスタ! おまかせでお願い!≫

==きれいな日本語を話したい! って事でそのまんま!==
《きれいな日本語を話したい!》

カテゴリ:映画(新作 劇場鑑賞)( 36 )
《 映画観ました!【スパイダーマン3 】》

※基本的にストーリー的なネタバレはありませんが、
事前情報を一切仕入れたくない方は読まないほうがいいかもぉ~! ♪


さてさて…

便利っちゅうか…
なんかお得っちゅうか…

流れ的にそんな感じになってますよねぇ?

え? 何がかって?

まぁ、昔に比べれば、

「●●●● 2」
とか…
「●●●● 3」
とか…

続編モノの映画っちゅうのが非常に多いような気がしてまして、
で、その続編が新作として公開される時には、
前作をかならずTVでオンエアーしてくれる…

ありがたいこってす…
便利っちゅうか、お得な感じなんですわ(^^)


えっと、「スパイダーマン」の場合は「2」を先にどっかの
TV局やってたのかなぁ?

「もう一回、ちゃんと復習しておいた方がいいかなぁ~」
なんて、見るかどうか迷ったりするんだよね(^^;


まあ「2」はいいや…
どっちかってぇと「1」をもう一度見たいなあ…

なんて思っていると、ちゃんとやってくれたりして… (^^)/

するってぇとバカなもんだね(^^;
やっぱり「2」を見たくなって…
すぐに毎度おなじみ「TUSTAYA」さんまで自転車を走らせ…
「2」もしっかりと把握した上で、「3」に望んだわけです。

まぁ、あの意味ありげな「3」の予告編…
予告編を見ただけで
「えぇ?? どうなっちゃうのぉ??」
ってな感じでさぁね(^^)

ってことで、毎度お馴染み、f[オールナイト上映」にて
鑑賞させていただきました!

先週は、木曜の夜が徹夜で仕事でさぁ(--;
そのまま、金曜は普通の時間まで仕事して
明けて、土曜日ですわ!
この日は朝から、テニスをやりまして…
昼食食べて、軽く仮眠を取ったあと、
「KIZZ」リハですよ!
一応ね、マネージャーとしても、スタジオに行くわけなんですね。

3時間のスタジオリハの後、ベース担当っちゅうか、
ジーン担当っちゅうか…「泥悶」氏と軽く呑みまして…

少々休憩の後は、いざオールナイト「スパイダーマン3」に出陣ですわ!

お蔭様で、充実しております(^^; うははは…

でもって、そこまでして見た「スパイダーマン3」

「1」「2」と連続して鑑賞して、期待はさらに高まってますからね。
最初から、ドキドキですわ! (^^)/

でもって、どうだったかってぇとですねぇ…


ちょぉ~~~~~~~~~~~、つまらん!


びっくりしたわ!

そこには、アタクシが期待した「スパイダーマン」はおりませんでした。


「そりゃアンタ!アンタの好みに合わせて作ってるわけじゃないんだから!」

って言われるかもしれないし、「そりゃそうだろう…」とも思うんで
たまたま好みに外れた映画を見てしまったって事で、
こっちも、それなりに感想を述べさせていただきますと…(^^;


完全に B級SFヒーローモノ&3流ギャグマンガ風ヒーローモノになっちゃってました。

あぁ~~~もう、まいっちゃったよ…

原作なんて読んだことないからさぁ~(^^;
あれはあれで実は原作にもあるエピソードをやってるってんなら
まぁ、ほんとそれはそれで仕方のない所かもしれないんですが、
それでもなぁ~~ (--;

なんちゅうかあれよ、昔テレビでやってた、
超B級、超マイナーヒーローモノ…

「コンドールマン」とか…
「ダイヤモンドアイ」とか…
「怪傑ズバット」とか…

そんなんと同じ様な匂いを感じてしまいましたよ。

しかも!! 天文学的な制作費の差を考えると、
「まだ上記作品の方が意義があるんじゃねぇの?」
なんて思ってしまいますわ!

あれって「完結編」なの?(^^;
別にそんな事も言ってなかった様な気がするけど…
だとすると、「4」とかもあるかもしれないんでしょ?

それへの「布石」とかって意義もまったくない様な気がするし…

なんだか、「弱ったもんだね」って感じしかのこっとらんのです。


でもって、これは「1」からずっと…なんだけど、
「MJ]ってさぁ~ すっげぇ~キュートに見える時と、
妙に老けて、全然可愛くない時があるんだよねぇ~

それも気になって仕方のない所だったりします。(^^;

って事で!

「スパイダーマン3」あんまりオススメじゃありません(^^;

夜中の2時過ぎに、ブツブツいいながら家に帰ったよ! もう!

では、ここからは既に見た方専用ルーム…
[PR]
by kizz_army | 2007-05-28 10:04 | 映画(新作 劇場鑑賞)
《映画観ました!【ナイトミュージアム 】》
※一応ストーリー的なネタばれはありませんが、
 事前情報を仕入れたくない方は読まない方がいいかもぉ~~(^^;


ここ数年、見た映画の中で一番おもしろかったかも! (^^;

大 傑 作!

でした。

何度か映画館で予告編を見たり、
最近では頻繁にTVのCMを見たり…

その時はなんとなく、

「ちょっと好みのジャンルかも?」

程度位にしか思ってなかったんですね(^^;

しかも、もしかすると、「単なる子供だまし」っぽいかも
知れないって言う心配もちょっとあったんだよね。

それでも
「一応チェックしておかないとなぁ~~」
って事で、観に行ってきました(^^)

多少ね、ジャンル的な好みってものがあるって事は
十分承知の上であえて言いますが、

最高!! でした(^^)


散々、「映画」のカテゴリの中でも「おもしろかった!」って
言ってる作品結構あるけど、ちょっと次元の違う「おもしろさ」でした。

アタシャね、一番好きな映画が
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」
なのね。

二番目が
「タイタニック」

でもって、この「ナイトミュージアム」ったら、

「三番目に入れてもいいかも?」

位に思っちゃいました。

アタシラってさぁ、なんか普通に「おもしろい」って使うじゃない?
でも、この「おもしろい」って表現が微妙でさぁ~

本当に笑っちゃう「おもしろさ」と、総合的な「おもしろさ」
両方の意味で使えるじゃない?

この作品で言えば、その両方を兼ね備えた映画だって言えるんだよね。

まぁ~~~~~~~~~~~、笑った笑った (^O^)

今でさえ、一つ一つの場面を思い出す度に笑っちゃう(^^;

しかも、その「お笑いの部分」が非常にうまく作ってあるのね。
「複線のある映画」ってホント好きでさぁ~
とにかく、イチイチ細かいんだよね。笑いどころが…

もうねぇ~アタシャ、映画館でこんなに笑い続けていたのは
初めてってくらいに笑ってました。
ちょっと恥ずかしい位にね…(^^;

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」にも言える事なんだけど、
とにかく無駄な場面がないんだよねぇ~

瞬間瞬間が全部「ネタ」みたいな…(^^;
なにかしらの意味があるような作りになってるわけさ…

楽しくて楽しくて仕方ありませんでしたよ! (^^)/

わかった! わかったよ!

アタクシの好きなジャンルが!

「SF コミカル ファンタジー エンターテイメント」

とでも、言えばいいのかな… (^^)

この作品だって、単なる「コメディ」なんて
ジャンルで括って欲しくないね!

いやぁ~ びっくりする位おもしろかったです。


あのね、この本篇が始まる前の予告編に登場する作品が
凄かったのよ。

「スパーダーマン 3」でしょ?
「ダイハード 4.0」でしょ?
「パイレーツ・オブ・カリビアン」でしょ?

もう、間違いなく超絶な面白さを誇る
大作、名作、揃いなわけですよ。

予告編見るだけで、次元の違う映像が繰り広げられてるからね。

「ダイハード」なんて、予告編だけで、思わず

「うわぁ!」

って声出しちゃったもん(^^;

「パイレーツ」だって、前二作をはるかに上回る様な
壮大な映像だったよ(^^;

本編見たら、そらもう大絶賛間違いなさそうな
作品群ではありますが、その辺りを抑えて、
アタシャこの「ナイトミュージアム」を推したいくらい
楽しませてくれた作品でございました。

ダメだ! この記事書くためにいろいろ思い出してるだけで
笑っちゃうぅ~~~~~~~ (^^)

って事で、「ナイトミュージアム」、超おススメですっ!!

ただ、一点気になることが…

実は、この作品の原題は

「NIGHT AT THE MUSEUM」

なんですな… ちょっと意味違うじゃんねぇ?

どこかの記事でも言ってますが、
今はほとんどの洋画が原題をそのままカタカナ表記しただけの
邦題が付いてます。

下手な邦題付けて、興行成績悪かった時の原因にさせられるのが
いやだからとかなんとか…

でも、やっぱり魅力ある邦題付けてほしいよね。
しかも、カタカナ表記にして、
ちょっと意味が変わってしまうなんてのは言語道断!

「KISS」の曲を思い出してよ!

「Baby Driver」「激烈! ベイビー・ドライバー」よ?

「激烈」よ「激烈」!

「Mr. Speed」「情炎! ミスター・スピード」よ?

「I Want You」に至っては「いかすぜあの娘」よ?
かけらも残ってないからね。

更には! 「Take Me」「燃える欲望」だからね。
「どっから出てきたんだよ!」位の勢いってもんがあるからね(^^;

少しは、見習いましょう! ウハハハ…

「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
ここをクリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2007-04-09 09:39 | 映画(新作 劇場鑑賞)
《映画観ました!【パフューム ある人殺しの物語 】》
『 映画見ました! 【敬愛なるベートーヴェン】』
の記事でちょっと触れてますように、
妙に中世の雰囲気に惹かれます、ワタクシkizz_army、
【パフューム】ってな映画を観てきましたよん♪

予告編での謳い文句が

「劇場で嗅げ!」

だからねぇ(^^;
嗅ぎにいかないわけにはいかないじゃん?


さてこの日、ちょうど世間様は春分の日なるものでして…(^^;
いつもは、「オールナイト上映」を狙っていくワタクシめが
珍しく朝一の上映時間を狙って、フラフラと映画館へ
向ってみたのでございました。(^^)

そしたらさぁ~ なんと、一番乗りでした(^^)/
ウハハハ…

いいねぇ~~ 一番いい席取り放題!(^^)/
一瞬ガラガラの映画館を想像したのですが、
実はこの日「レディースデイ」なんてのが
休日と重なっておりまして、結構女性のお客さん入ってましたねぇ~

既に前売りチケットを購入してしまっていたワタクシ、
そう言った事のメリットは受けられずの鑑賞となりました(^^;

さてこの映画!ひとことでいいますと

「おとぎ話」

ですな…(^^;
実は、原作があるんですね。
それを知っちゃうとなおさら「おとぎ話」感満点です(^^;

まぁ、原作がどんなつくりになってるのかは知りませんが、
映画の作りは、「おはなし風」なんですね。


なんかねぇ~ シドニーシェルダン作「家出のドリッピー」
でも、聞いているかの気分なんですわ(^^;
けっこう筋を語るナレーションが多いのね。

でもって、かなり「アダルティなおとぎ話」なのよん♪

なんちゅうか、「不必要」と思われる、
エログロシーンが妙に多い(--;

しかもね、この監督の描写ってのが凄く生々しいのさ…
っていうか「生々しすぎる」って方がいいかなぁ~

これが「よくも/わるくも」なのね。
だから、エログロシーンも正視に堪えられないような
感じがどっさり…(^^;

「トム・ティクヴァ」って監督なんだけど、
【パフューム】のおかげで、この監督が1993年に作った
「マリアの受難」って映画が、日本で公開されるのね。

その予告編を見たんだけど、
「まぁ~~~~~、見たくない!」(^^;
予告編を見ただけで、すっげぇ~いやな気分になるのさ…(^^;
ジャンル的には「サイコロジカル・スリラー」って事なんで
まぁ、あえてそういう作りにしてるんだろうけど、
それでも、いやぁ~~~な感じなのさ…

ところがね、これが上にも書いてるように
「よくも/わるくも」
でさぁ~

だからこそ生きる素晴らしいシーンも満載なのよ♪
どっちかにして欲しいよね(^^;

この映画の主題である「香り」ってのが、
その描写のおかげでほんとに際立つ…

「香り」も「臭い」も、ほんとに漂ってきそうなわけさ…
「ミクロ感」と「マクロ感」の使い方に長けてるっちゅうか…

人物の超アップ!ほんとうに体臭が感じられそうな
アップ映像で、心理描写したと思えば…
壮大な景色を一望できる俯瞰でため息をつかせたり…
生々しさを伝えるこだわり感といい、そのテクニックといい
非常に感嘆させられましたよ!

なんかねぇ、割と一般的には評価低いみたいなんですわ、この映画…
でもねぇ~あたしゃ、評価高いよ!

すごいわこの監督…「鬼才」であり、「奇才」だと思う…

「はぁ? そんなわけないじゃん!!!」

って思うところも確かにある、(まぁそれは原作のせいだし)
でも、頭の中心でそう思っても、それを周りから納得させてしまう
それまでの「つくりこみ」がある映画だと思ったのよ。

1シーン、1シーンが非常に濃いと言うか、
単位量あたりの価値が高いと言うか…

147分と言う上映時間ですが、まったくと言っていいほど
苦になりませんでしたねぇ~
すぐに、もう一度見たい位でした。

「なるほどねぇ~」

と、納得して見終えることができました。

後ねぇ、出演陣がいいねぇ~ みんなうまい!!
なんかしんないけど、みんなすごくわかりやすい英語なんだよね。
(だからって、セリフを理解してたわけじゃないけど(^^;)

「えもいわれぬインパクト」を植えつけられた映画でした。

「壮大なおとぎ話」でしたなぁ~~~


それでも、あのエログロシーンは不必要だと思うけど…(^^;

ってことで、
【パフューム ある人殺しの物語 】
かなりお奨めです!!


「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
ここをクリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2007-03-26 10:46 | 映画(新作 劇場鑑賞)
《 映画見ました! 【マリー・アントワネット】 》
大変ですっ!

kizz_armyがTVに出てました!

なぁ~~んてね(^^;
いやね、ほら先日の
《東レ・パン・パシフィック・オープンテニス 2007》
あったじゃん?

でもって、TBSさんが緊急放送を決定した
「シャラポア vs 杉山」
の試合ね。

あれさぁ~ シャラポアの向こう側… 審判台越しに見えるあの姿は!!!

ワタクシでございました。 ウハハハハ…
映ってやんの! (^^;

まぁ、いくらなんでもあれをビデオに録画してる人も少ないと思うんで
今更そんな事言われても、確認のしようがないでしょうし…

しかも、録画してたって、そんな程度のもんイチイチ確認する程
暇な人もおらんでしょ… (^^)


って事で、それはさておきまして、
前回の予告どおり「マリー・アントワネット」を鑑賞してきました。

以前も言いましたが、ワタクシ、妙に「中世」の匂いと言いましょうか、
色合いと言いましょうか、そういうのに魅かれる部分がありまして、
割と楽しみにこの「マリー・アントワネット」見にいったんですよね。

「ヒストリーチャンネル」なんて所がありましてね。
ここで「マリー・アントワネット」の予習番組もやっておりまして、
それも、ちゃんと見て下準備もして、鑑賞に挑んだのでございました。

でまぁ~~~ びっくりしたね。 この映画!

凄いのよとにかく!!


なんせ、


全 く 内 容 が な い !


ギャハハハハハ…

敢えて、意味づけをするのなら…

豪華な衣装、豪華な宮廷内の様子や調度品、豪華な食事、きらびやかさ…

そういうのを、「みせびらかす」映画… と、言えるのではないでしょうか!

なんつったって、制作費の半分は衣装代って事らしいんで…

なもんだから、特にもう書くこともないんだよね。

「ヒストリーチャンネル」の番組の方が、よっぽどおもしろかったわ!

主演の「キルステン・ダンスト」
「スパイダーマン」のねぇちゃんだったんだね。
アタシャ、そんな事も知らんでみたんですが…(^^;

非常にキュートに見える時もあれば、なんだか妙におばさんぽく見えたり…(^^;

まぁ、そんな程度だからさぁ、とにかくアタシャ、
あのベルサイユ宮殿の噴水が気になって気になって…

あれって、どういう仕組みで動作してるんですか?

もちろん、今みたいに電動ポンプで噴き出させてるわけじゃないよねぇ?

今ネットで調べたんだけど、わかんないんだよねぇ~
「なにか」で圧力かけてんのかねぇ~ でも、その「なにか」ってなに?(^^;

知ってる人いたら、おせぇてぇ~~~…


しかしあれよ、「マリー・アントワネット」も可愛そうな人よね。
もちろん、「ほんとうはどんな人だったか?」なんてのは、わかんないよ?(^^;
でもさぁ、最初からそういう家柄で育って、
そういう生活したら、それが「普通」だもんねぇ~

あの有名な「パンがないなら、ケーキを食べればいい」なんてのも
本当は言った事実はないらしいじゃん?

たしかに、民衆を無視した格差社会への不満が爆発して、
「平等を勝ち取った正義の革命」みたいな印象のある
「フランス革命」だけど、単なる「暴動」っちゃぁ「暴動」だからね。(^^;

「悪政に対する正当な革命だ!」といくら叫んでみたところで、
同じ理由で、アタクシなんぞが今行動を起こしてみ?
単に捕まるだけじゃん? (^^;

まあ、そういうのも含めてね、歴史を紐解くってのは
おもしろかったりするんだけどね。(^^)

って事で、別に「オススメ」じゃないけど、(^^;
「どんなもんか?」興味のある方は、お試しくださいな…



「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
ここをクリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2007-02-13 09:59 | 映画(新作 劇場鑑賞)
『 映画見ました! 【ディパーテッド】』
※基本的にストーリー的なネタバレはありません。
しかし、事前情報を仕入れたくない方は読まない方がいいかも?


さて、「百貨店の映画」かな? と思ったわけですが… (大嘘)

劇場での予告編を見て、
「おもしろそうかなぁ~~」
と、思ったんで見てきました。

主演は、
レオナルド・ディカプリオとマット・デイモン

ディカプリオっちゃぁ、言わずもがな、ワタクシ今まで見た映画の中で
二番目に大好きな「タイタニック」があるわけですが、
その流れで、「ビーチ」なんて映画を見て非常にがっかりしたのを覚えています。
海はきれいだったけどさぁ~~(^^;
まぁ、あれはディカプリオどうのこうのって言う問題じゃないですけどね(^^;

なんかね、勝手に想像していたのは、
「アクションサスペンス」みたいなのなんだよね。

でも、全然違いました。

しかも、香港映画『インファナル・アフェア』のリメイク版だなんて
事も全く知らずに見たからね
あっと、『インファナル・アフェア』も見てないけどね(^^;

よく言うけど、アタシャほんとに人の名前と顔を覚えるのが苦手…
映画が始まってしばらくしても、
ディカプリオとデイモンの区別がつかないわけよ… (^^;
いかに人の顔の認識能力が低いか?又酷いか?わかるでしょ?

そんな事も影響しまして、前半たるい…(--;
小一時間は、非常に眠かったです。 ウハハハ…
だって、期待してたアクションシーンとか出てこないしさ…(^^;

でもまぁ、中盤から後半にかけては、どんな映画かが多少わかってくると
結構引き込まれますね。

何に引き込まれるかってぇと、ディカプリオとデイモンの心理描写ね。

この二人なかなかうまいです!

表情とか、しぐさとか、言い回しとか…

二人の置かれた立場での、心理をとてもうまく表現していると思いました。
だから、それがこっちにもビンビン伝わってくるのよね。
そういうのを楽しむ作品みたいです。

とは言え、152分は長い! (^^;
逆に捉えるとお徳感はあるかもしれんけどね。

あと、下ネタセリフが不必要に多いかなぁ~~
お色気シーンも別にいらんっちゃぁいらんし…
バイオレンスシーンも結構過激… まぁ、これはね。
マフィアって所の異常性、恐怖性を描くって事に置いては
効果あるのかもしれんけどさ…

「えぇ?? そんなぁ~~~~…」ってな展開も
びっくりさせられたし、損した感じにはなりませんでした。(^^;

でもねぇ…
「あれ? あれはどうなっちゃったの?」とか
「なんで ここで彼が出てくるの?」とか

結構見終わった後でも、「????」な事が解明されないままなんだよね。

だからさぁ~ 映画館を出て、ラーメン食ってる間に
非常な不安感に教われました(^^;

なんでかってぇとね。
ほら、この映画長いじゃん? だからね、エンドロールが流れ始めたら
席をたったわけ…

でも、よく考えてみて…

『映画見ました! 【X-MEN:ファイナル ディシジョン】』

の記事の中でも言ってるでしょ?

>これからは、どんな映画みてもうかつに席たてねぇじゃんかよ!(^^;

ってさ…

そうなんです、もしかしたらエンドロールが終わった後に、
その謎の部分が解明されるシーンがあったのかも?

って、非常に不安になったわけなんですよ!(^^;


今の所の情報では、そういうものはなかったようですが…

ほんと、もうこれからは、エンドロールが流れ始めても
うかつに席は立てませんな… ウハハハ…

「ディパーテッド」… まぁ、オススメかな?(^^;


次回は「マリーアントワネット」鑑賞予定です。

って事で、ここからは見た方専用ルーム…
[PR]
by kizz_army | 2007-02-08 09:48 | 映画(新作 劇場鑑賞)
『 映画見ました! 【敬愛なるベートーヴェン】』


さぁさぁさぁ!
な、な、な、なんと!!

1月1日元旦は、毎年毎年映画の日だよ!

なもん、すごい人で大混雑だろ?!

って事で敬遠するのが普通ですが、
穴場を狙って行って来ました。(^^;

どうせ、混雑してたとしても、1000円!
そりゃ、立ち見なんて事になればあきらめますがね。

選んだ作品は「敬愛なるベートーヴェン」
実は、先日「007/カジノロワイアル」を見に行った時に
隣の劇場でやってたんで、見たくなったのよ(^^;

普段は、ほとんどがSFとか、アクションとかばっかり
見てますからね。たまにはこう言うのもいいじゃない?

それに、ほら一応クラシックだって興味あるし、
なんかさぁ、あぁいう中世の歴史モノの色合いって
妙に惹かれるんだよね。

だから次に狙ってるのが「パフューム」って映画…
更に「マリー・アントワネット」ってのもやるんだね。

最近時代劇も妙に好きでさぁ~~ ウハハハ…


さて、見に行った劇場はなんと、席数が50!
ちっちゃい映画館でさぁ~
それでも、スクリーンの大きさは、
「Mr.&Mrs. スミス」見た時よりは若干大きくて
こういうジャンルを見るのにはそんなに不満はなかったよ。

しかも、それでも半分位なんだよね、埋まった席は…(^^;
割とゆったりと鑑賞できました。ラッキーラッキー!
「こいつぁ~春から縁起がいいや!」 ってヤツかな? ♪

でも、ほんとおかしいよねぇ?
なんで、映画って料金一律なん?
劇場の設備や、大きさ、更に作品の長さや質によって
料金が違うのが本筋だと思うんだけどなぁ?
まぁ、言い値になっちゃうからそれはそれで
難しいとは思うけど…(^^;

って事で、以降は細かいストーリーとかには触れませんが
見所みたいな事は書きますんで、ご注意くださいな…



とにかくねぇ、なんか不思議な感じなのよ。
主役の二人の間にあるモノは、常人には理解できない
レベルなんじゃないかな… とか思ってしまいます。

全体的に独特の空気感があります。
それが許容できるか?出来ないか?で
随分と受け取り方が、人によって変わっちゃうんじゃないかな?
って、感じなんだよねぇ~

まぁそれでも、それはそれで物語としては楽しめますけどね。(^^)

で、時代的にはベートヴェンが、かの「第九」を作曲する辺りの話なのね。

当然クライマックスは「第九」の初演奏シーン…

実はね、オイラ「第九」ってあんまり好きじゃないのさ…
(突然一人称が変わってるけど(^^;)

「Rainbow」のライブで、オーケストラとのコラボとかなら
まだ許容範囲だけど、年末になれば猫も杓子も第九、第九ってさぁ~

カーペンターズかよ!

ってなもんでさぁね。 あっと、ごめん、ちょっと難しかったかな(^^;

どうもうねぇ、「クラシックも好き」って言っても「歌曲」はイマイチなんだよね。
そんな事も手伝って「第九」ってあまり好きじゃなかったんだけど…

この映画見て、一気に印象変わったね。

なんの捻りもなく、単純に言わせてもらうけど、

感動した!!!

多分、生の演奏を間近で聞いても、ここまで感動しないんじゃないかな?って思う
そこまでのストーリーも当然影響してると思うけど、
カメラワークがいいね!
演奏者の表情のアップなんかが、いい味出してる!

中世のヨーロッパのクラシックのコンサートなんて
タイムマシーンでもなけりゃ体験できないわけで…
そういう意味ではSFと同じだよね。こういうのってさ…(^^)

この場面だけでも、「見る価値あり」って思った。
だからこのシーンはもっと長くても良かったかも…(^^;


とにかくねぇ、不思議な雰囲気のある映画です。
単純に「たまにはこういうのもいいかも?」とか思っちゃう…

そんなんを味わいたい方には、オススメデスよん♪


「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
ここをクリックお願いしまぁす。

でもって、ここからは見た人用…クリックしてねん♪
[PR]
by kizz_army | 2007-01-11 11:58 | 映画(新作 劇場鑑賞)
『 映画見ました! 【犬神家の一族】』
製作発表の時からずっと楽しみにしていた

「犬神家の一族(2006年版)」

を見てきました!!

金田一耕介シリーズ

なんてカテゴリがある位ですからねぇ~
自ずと、この映画への意気込みもわかるってもんでしょ?(^^;
って事で、このBlogにしては、珍しく

「完全ネタバレ」

で、お送りしますので、
それをご了承の上読んでくださいね。

まぁ、早い話見た人、或いは中身を知ってから見たい人限定
ってことやね(^^;

では、クリックしてお入りください。(^^)
[PR]
by kizz_army | 2006-12-26 10:34 | 映画(新作 劇場鑑賞)
『 映画見ました! 【007/カジノ・ロワイヤル】』
※一応ネタバレしないように気を使っております。
ストーリー等には極力触れませんが、
事前情報を一切仕入れたくない方は読み飛ばして下され…
反転表示の所は、大筋には関係ないけど、
一応注意が必要な箇所って感じかな…(^^;



「これぞ、老舗の味!!」


って所かね(^^;


ってわけで、「007」の最新作「カジノ・ロワイヤル」
鑑賞してまいりました。

とにかく何が困るって、チケットを買うにしろ、
本日の混雑具合を映画館に問い合わせるにしろ、

「ゼロゼロセブン」って言うのか?
「ダブルオーセブン」って言うのか?
って、問題…

最後の最後まで、非常に悩みこけていたわけですが、
映画館の入り口の誘導のおねえさんが、
「ダブルオーセブン」って言っていたので、
これからは、迷わずに「ダブルオーセブン」って言う事にしました(^^)/

まぁ、古い人間の部類のアタシャね、やっぱりジェームス・ボンドと言えば
「ショーン・コネリー」なわけさ…(^^;

なもんだから、どうも「ロジャー・ムーア」とかは最後まで違和感が…

そんなアタクシも「ピアース・ブロスナン」はねぇ、
なんかカッコよくてね、「いいじゃん!」って感じだったのよ。
前作、前々作と、映画館にちゃんと足を運びました。

そんな中! 突然の「ピアース・ブロスナン」降板のニュース!
加えて入ってきたニュースは、その後任に決まった
「ダニエル・クレイグ」の評判の悪さ…(^^;

大袈裟に言ったら、ファンの間では
暴動が起こりそうな位の評判の悪さだとか…

しかも、そのニュースに使われてた写真見たときは、
アタシでさえ、「うわ、これじゃみんな怒るわ!」って
印象を抱く感じの写真写りだったんだよね(^^;

それでも、今回は

「007誕生秘話が語られる」

なんて事を、散々宣伝されたら、やっぱ見たいじゃん?(^^;
それと、新しいジェームズ・ボンドもどんなもんか一応
この目で確認しないとさ…
TVで予告編を見た時には、「思ったより悪くないかも?」
て思ったってのもあるんだよね。

で、どうだったか? って?(^^;

おもしろかったですよ。 とても、楽しめました。

あれなのよ! もうねぇ、今までの「007シリーズ」とは、
ガラッと雰囲気が違う感じなのよ。

シリーズとしての基本やお約束を押さえつつ、老舗の味を出しながらも
全体的に非常にハードボイルドでクールな感じがしました。

このボンドを見てしまうと、「ショーン・コネリー」って
なんかさぁ、すごくエンターテイメント重視型ボンドだったんだな…
って感じがするのね。

今回のボンドは妙に「リアル」…
「ほんとにこんなんだったんじゃないかな?」
って、思っちゃう…

ほんと、アタクシってばいい加減だからねぇ~
もしかしたら、「ダニエル・クレイグ」一番いいんじゃねぇの?
なんて思ったりして… ウハハハ…

そりゃぁもう、こんなもん好みの問題だからね。
「いい」って人もいりゃあ、「だめ」って人もいるんじゃん?

前編通して、「うまない!」って思ったのは、
巧みに「はやりモノ」を取り入れてるんだよね。

冒頭のアクションで使われていたのは「世界まるみえTV」で紹介されていた
「ストリートパフォーマンス集団」が使っている技だし、

日本でも一部ではかなり話題になって大人気だった
「人体展」の会場をフューチャーしたり…

先日もニュースで大々的に取り上げていた
「二階建てジャンボジェット」
「テロの標的」に使ったり…

これは日本だけでかもしれないけど、占い系の
「コールドリーディング」的な技をつかったプロファイリングもどき合戦とか…

いろいろ楽しませてくれるんだよね。

アクションもド派手でさぁ~ よくもまぁあぁいう
「ドキドキの後にスッキリ!!」みたいなアクションシーンを
考え付くモンだよねぇ(^^;

でもって、タイトルが「カジノ・ロワイアル」って位だからねぇ~
「カジノ」での「ポーカー」の心理合戦は見応えあるね。(^^)v

とまぁ、期待以上に楽しめたわけですが、
ちょっと長すぎるね。(^^;
がんばって、始まる前に搾り出しておいてください(^^;ウハハハ…

先に行っておくけど、
「007/カジノ・ロワイヤル」
オススメデス!!

って事で、以降は見た方用コーナー…
[PR]
by kizz_army | 2006-12-18 10:27 | 映画(新作 劇場鑑賞)
『映画見ました!【ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟】』
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ほらみてみぃ~!

「ディズニーシー」の事ばっかり書いてるから、
もう終わっちゃったじゃん!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ってわけで、すっかり劇場公開も終わってしまい、
まったくタイムリーではなくなった

『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』

のお話… (^^;

「ウルトラマン」の映画ですからねぇ~
当初は、若干ながらも劇場に見に行こうかどうしようか躊躇していたわけですが…

こんなサイト
2006/9/17(日)の記事やら…

こぉ~~なBlogの こんな記事やら…

を読んで見ますと、かなり評判がいいわけなんですわ!

こりゃ見に行くっきゃないね♪


って事で、こんなページにて、都内での上映館を調べますってぇと…

あり?(--;

なんと、「新宿」ですらやってない!
いけそうなところは「立川」とか「池袋」とか…
「錦糸町」だと「ギリ」って感じ…


具体的にいいますと、10/21に見に行ったのですが、
その時点では、数少ない上映館もほとんどが
「朝一度だけの上映」とかだったり… (;_;)

そんな中「シネリーブル池袋」は凄いよ!

わかってらっしゃる(^^)v

なんと、20:50からの上映ってのがあったんだよね。
終わるの22:30だぜぇ???(^^;

こんなん、もう、あきらかに、ワタクシの様な若干特異な人間を
相手にした時間設定としか考えられないじゃん? ウハハハ…

だからね。行ってきたのよ。「池袋」なんて所に… 久々に…


以前、『Mr.&Mrs. スミス』 を見たときに、
あまりのスクリーンの小ささに驚いたわけですが、
「シネリーブル池袋」も、そこまでとはいかないまでも、
ちょっと小さめのスクリーンでしたね。

でもって、150席位の座席にはそれでも50人位は入っていたでしょうか…
でも、子供は一人でした(^^;

てな感じで、周りの様子なんぞも確認していると、
いよいよ本編の始まり…(^^)/


いやね、まぁ、本人が一番驚いたわけですが、
な、な、な、なんと!!

本編始まって、5秒で、 涙ボロボロになってしまいました(T_T)

だってさぁ~ 聞いてよ!

ウルトラマンの戦闘シーンの音がだよ! サラウンドしてるんだぜっ!

こんなもん、最近の映画だったら至極当然、
っていうかもうほとんど気にもしなくなっている事なんですが、
あのモノラルでしか聞いたことのない、
エフェクトサウンドがサラウンドしてるってだけで、もうねぇ~

感動感動! また感動!!

更に、CGを使ったウルトラ兄弟の空中アクション

昔だったら、空中で戦うシーンなんてほとんどないし、
あったとしてもショボイもんだった…

それがまぁ、飛び回る飛び回る…
でもって、 スゥ~~~っと空中でみんなが並んで停止する場面なんて…

もう、どうしたらいいかわからんほどカッコいい!!


そういう事情なもんですから、オープニングから最後まで、
約5分~10分おきには、マブタと言うダムが決壊してたわけなんですぅ~

とは言っても、本人の自覚にかかわらず、旗から見たら
アタクシだって、所謂「いい大人」…

「この状況はいくらなんでも恥ずかしいだろう…」

とも、思うわけなんですわ(^^;

なもんだから、何食わぬ素振りで、そっと首をかしげた振りをして
指でコソコソと拭うしかなかったわけなんですね。 ウハハハ… (^^)


そういう特撮や特殊効果以外でも、見所はたくさん!!

出演者よかったねぇ~ 子役の子も非常に演技がうまかったです。
メビウスと絡む、おねぇちゃん役の「いとう あいこ」さん? 彼女もいいねぇ~

やっぱり、子供が主役だと感情移入の仕方が違ってくるよね。
どうしても、自分に重ねてみちゃうからさっ! って…(^^;


この映画はタイトルを見てもわかる通りに、ウルトラ兄弟が出演します。
しかも…

ハヤタ、モロボシダン、郷秀樹、北斗星司が勢ぞろい…
ー東光太郎(タロウ) オオトリゲン(レオ)は
どうしても仕事の都合がつかなかったらしいー

これがまぁ、みんなカッコいいんだ!


ハヤタ隊員は、一言一言に重みがあるんだよね。
セリフを言うたびに、思わず頷いてします。

郷秀樹は、カッコよすぎる! なんだこのおっさん!
メチャメチャカッコいい! とにかくカッコいい!
最近はなんかのCMに出てたけど、こんなにカッコよくなかったぞ…
役者さんてすげぇな…
又、セリフの渋いこと渋いこと… 卒倒しそう♪

北斗星司は、まだまだ若いね!微妙に初々しさが残るほど…
あの頃のキャラそのまんまの感じさ! いい感じ…

そして、モロボシダン
いつまで経っても永遠のヒーロー
その悲哀ささえも感じる、彼の存在はウルトラシリーズの中でも別格の存在…
この映画では、ヒゲを蓄えて、いっそう貫禄が… 貫禄が… 貫禄が…
あれ? なんか、何度見ても「カトちゃん」にしか見えない…
うわぁ~~~~~~~~ん! (T_T)
アタクシのモロボシダンがぁ~~~!! (^^;
ヒゲはなかった方がよかったかもなぁ~~(^^;


ウルトラ兄弟が出るからって事でしょうねぇ
まぁ、小ネタ満載…

「わかってらっしゃる!」的なシーンやら、設定が更に涙を誘うわけですわ!

「ウルトラサイン」が出てきたときは、思わず立ち上がりそうに
なっちゃったからね! (^^)

ネタバレになるから、もう書かないけどさ!
ほんとは、もっといっぱい書きたいけど、今日はこれくらいで
勘弁しといてあげるね(^^)


劇場に見に行って、ほんと良かったよ!(^^)/


とここで、残念ながら見逃してしまった方に朗報!!

既に、2007/1/26にDVDの発売が決定しております。

詳しくは、公式ホームページを見て頂戴!

でもって、出演者のコメントも読んでみて! 泣けるぜ!!!


「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
ここをクリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2006-11-15 10:27 | 映画(新作 劇場鑑賞)
『映画見ました! 【X-MEN:ファイナル ディシジョン】』
いやぁ~ いい天気の連休でしたねぇ~~

そんな天気の中、ほの暗い劇場にこもって


「X-MEN:ファイナル ディシジョン」


なる映画を見てまいりました(^^)/

基本的には今週までが公開期間なのかな?
見たいと思っていた方はお早めに…(^^;

でもって、いつもの様に極力ストーリーには触れませんが
事前情報を仕入れたくない方は、読まない方がいいかも…


なんかシリーズモノになって、それなりに人気もありそうなのに
なぜか若干マイナー感が漂ってる感じがするのはワタクシだけでしょうか?(^^;

いやね、実際「アメコミ」の実写版って溢れちゃってるじゃない?
だから、最初はあまり興味がなかったのよ「X-MEN」自体にね。

でも、人から薦められて見たら割とおもしろかったのよね(^^)

でもって、続編も続けて見たのかな? やっぱりおもしろかったわけさ…

で、今回の「Part3」の公開に合わせてテレビで連続で「1」&「2」
やってくれちゃったじゃない?

非常に、いい具合に思い出したところで「3」の鑑賞をしてきたわけでございます。

だって、結構忘れてたからね(^^; 「1」も「2」も…


で、端的に言っちゃいますと、「イマイチ」でした。(^^;
とにかくねぇ~、導入部がタルイ! ユルユルですわ!

好みの問題もあるでしょうが、「2」の方が断然よかったなぁ~
基本情報を調べますってぇと、「監督が変わっている」んだね。

それが最大の要因か??!!

って感じよね。


戦闘シーンのシチュエーションとか小道具のアイディアもいいし、楽しめるんだけど
なんか各キャラクターをもちょっと掘り下げて欲しいかな?
って、思っちゃった… 「なぜそうなるのか?」が弱いような…(^^;
「2」からのストーリー的なつながりがなぁ~
もうちょっと論理的なつながり、起きた事象に対する「動機付け」が欲しいな…


まぁねぇ~ その鬱憤を晴らすかのように戦闘シーンは大迫力だわね。

ど派手な戦闘シーンの特撮もいいけど、
この映画の場合各キャラクターの造形を表現する小技的な特撮がいいね。

みんなメチャクチャなキャラなのにあんまりインチキっぽくない…(^^;
ほんとに居そうだもん!

これぞ「アメコミ」!

って世界に浸りたい方にはオススメかも?(^^;

同じ「アメコミ」と言えば、本編前の予告でやっていた
「スパイダーマン3」
前に見た予告より随分と映像が増えて、更におもしろそうでんなぁ~~


あ! そうそう! ここで「デジャビュー」みたいな出来事が…
最近そういうの多いの?
でもって、みんな事前にネットでレビューとか見てから
劇場に行くのかねぇ?(^^;

それはなにかといいますってぇと…
エンドロールが始まっても、ほとんどの人が席を立たないわけよ
ね? なんか前もあったシチュエーションでしょ?

「もしかして、またかよ?」

ってな感じで、最後の最後まで見ていると、やっぱりありました。
「おまけ映像」がっ!!

これからは、どんな映画みてもうかつに席たてねぇじゃんかよ!(^^;
しかも、内容が意味深だしぃ~~~!!

って事で、ここからは見た方専用ルームね!
[PR]
by kizz_army | 2006-10-10 11:03 | 映画(新作 劇場鑑賞)