★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★ 最新KIZZ 情報!! (09/02/02 更新)
★     
★   『 お知らせ~ [KIZZ]は活動停止します ~ 』
★     
★   kizz_armyでございます。

★   約7年半に渡り、ご愛顧いただきました
★   KISSトリビュートバンド 【KIZZ】ですが、
★   2008年末を持って、活動を停止する事になりました。

★   既にライブも決定している中での決断だったため、
★   関係各位には多大なるご迷惑を
★   お掛けしたことを改めてお詫び申し上げます。
★   
★   まさに、「語りつくせば尽きないけれど…」と
★   言った思いではありますが、
★   またいつの日か、違った形になるかもしれませんが、
★   なんらかの形でみなさまとお会いできる日が来る事を
★   ちょっと期待して…

★   ほんとうにいままでありがとうございました。
★   皆様の KISSライフが 更に充実する事を願いまして…


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

《ニュース!!》
   『KIZZ』の出演している映画がありました!
   タイトルは「スペースポリス」

   詳細は該当記事にて…
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

≪クイックリンクコーナー≫
【KISS トリビュートバンド [KIZZ]】 ホームページへ…
【Charトリビュートバンド[Smoky]】Blogへ…
kizz_armyへのメールはkizz_army@hotmail.comまで…
「kizz_army」のジャンル別Blogリンク!!
興味のあるジャンルのタイトルをクリック!! (^^)

== フォトリーディング&マインドマップ活用の読書記録 ==
<< 知識増量堂 ブックセンター >>

==世界遺産を見たぁ~~~~いい!!==
≪ 世界遺産に魅せられて… ≫

==日常を向上させるヒントや情報のBlog==
≪ 日 常 向 上 旅 団 ≫

==映画鑑賞専用Blog==
≪シネ、シネ、シネマ団≫

==コンサートや、観劇、スポーツ観戦のBlog==
≪鑑賞、観戦、観劇…やっぱり生がいい≫

==テレビ観賞専用Blog==
≪テレビっこ、世にはばからせていただきます。≫

==食べ物の情報、食い物屋の情報等のBlog==
≪マスタ! おまかせでお願い!≫

==きれいな日本語を話したい! って事でそのまんま!==
《きれいな日本語を話したい!》

カテゴリ:映画(新作 劇場鑑賞)( 36 )
映画観ました! 『 SPACE BATTLESHIP ヤマト 』


みなさま、新年あけましておめでとうございます。

全国100万人のkizz_armyブログファンのみなさま、
大変ご無沙汰しております。


「どっこい、私は生きている!!」


でございます。(^^;

本年も、ひとつよろしくお願いいたしますm(__)m


さて、2011年、一発目のお話は、

『 SPACE BATTLESHIP ヤマト 』

なぁのだぁ~~~~♪



『 SPACE BATTLESHIP ヤマト 』 <これから見る方編>




『 SPACE BATTLESHIP ヤマト 』 <もう見ちゃった方編> Part1




『 SPACE BATTLESHIP ヤマト 』 <もう見ちゃった方編> Part2

[PR]
by kizz_army | 2011-01-05 11:16 | 映画(新作 劇場鑑賞)
『 映画見ました! 【 スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 】』
この記事は移動しました。


《 シネ、シネ、シネマ団 》


ってブログの、


『 スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』



でございます。

一応原文も残しましょう!
[PR]
by kizz_army | 2008-03-04 10:37 | 映画(新作 劇場鑑賞)
『 映画みました! 【アイ・アム・レジェンド】 』
この記事は移動しました。


《 シネ、シネ、シネマ団 》


ってブログの、


『 アイ・アム・レジェンド 』



でございます。

一応原文も残しましょう!
[PR]
by kizz_army | 2008-01-30 09:12 | 映画(新作 劇場鑑賞)
『 映画みました! 【ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記】 』
この記事は移動しました。


《 シネ、シネ、シネマ団 》


ってブログの、


『 ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記 』



でございます。

一応原文も残しましょう!
[PR]
by kizz_army | 2008-01-23 09:54 | 映画(新作 劇場鑑賞)
『 映画みました! 【アース】 』
「またかよ?」… と、皆様思われるかもしれませんが、
あえて言わせていただきます!

ふざけるな! と… (^^;


いや、ここで言っているのは作品自体の良し悪しではありません。
その、宣伝方法… 告知方法… についてなんですね。

だって、これ…

単なる NHKドキュメンタリー番組、

「プラネット・アース」の総集編 じゃん!!!


最初はね、「見る映画リスト」には入ってなかったのさ…

「なんか自然をテーマにしたドキュメンタリーがある」

位の認識だったのね。

でも、オールナイト上映もやってるし、

看板見たら

・「ディープ・ブルー」「プラネット・アース」のスタッフが集結
・最新機材を使用した圧倒的映像
・製作5年
・撮影日数のべ2000日
・影地全世界200か所以上


なんかすごそうじゃん!
あとでDVDとかテレビで見るのなら
今、映画館の大画面で見ておいた方がよさそうな作品ジャン?

しかも、ここ一番重要ね。
「プラネット・アース」って言葉が出て来ている所…

・「ディープ・ブルー」「プラネット・アース」のスタッフが集結

って言われたら、「再度集結」したと思うのが普通じゃありませんこと?(^^;

「プラネット・アース」は凄かった! そして、素晴らしかった…

撮影秘話なども交えた構成もよかった!

その感動がまた味わえるのかも? って思ったらかなり傾くでしょ?
「見たい心」が… (^^;

また、微妙なのが「Yahoo」とかの映画紹介には
「プラネット・アース」って言葉は出てこないんだわ!
劇場前の看板にはちゃんと書いてあるのに…


もう、だまされた感満点です!

お金返してほしいです。
使った労力と時間返してほしいです。


始まってしばらくすると、

「あれ? なんか見たことある」

そして、

「ん? これも見たことなるような…」

最後には…

「なんだよ! 全部見たことあるんじゃねぇの?」


がっかりですよがっかり! (T_T)


でもまぁ、ここまではね。
既に「プラネット・アース」を見てしまっていると言う
個人的な事情によるもの…

ここからは、それをさて置いての話… (^^;

映像はね、ほんと素晴らしいと思うのさ…
普通なら絶対に見られないような景色やら、自然、動物の営みを
間近で観察しているような疑似体験ができる。

さらに、「どうやって撮影したの?」って凄い映像も満載…

こんな映画を見せてくれる親を持つ子供は幸せかも??
なんて事も思ったりした位さ…

でも「Yahoo」のユーザーレビューとか見るとかなり不満の声が…

大勢を占める意見が「ストーリーがなくつまらん、たいくつ…」

でもさぁ、これってそういう映画なわけじゃん?(^^;

渡辺謙さんの語りで、淡々と映像が進んでいくんだろうな…

位な事は、アタクシでもわかった(^^;
だから、その部分で不満が残ることはなかったんですよ。


でも! 実際にそういう人もいたわけでしょ?
つまり、冒頭に書いた件といい、「アナウンス不足」は否めないわけですよね。


細かい事を言う前に!

タイトルよりも、大きくわかりやすく…


「NHKドキュメンタリー 【プラネット・アース】の 再編集劇場版!」


「ストーリーはありません! 圧巻の映像と音楽、語りのみです!」


とすべきなんじゃないでしょうかねぇ~(--;


でもこれって、この映画だけの問題じゃないんだよね。

作品の本質とは関係のない、あえて勘違いを誘うような作りの
予告編が横行しているのもまた事実のような気がします。

作品を見る前にネットでの「ユーザーレビュー」を見るって手もあるけど、
思わぬ「ネタばれ」に遭遇する危険性もあるので、難しいところなのよね(^^;


って事で!

「プラネット・アース」を見てない方!
ストーリーのないドキュメンタリーと認識して見られる方!
自然の圧倒的な映像美、地球環境とかに興味のある方!


すべてを満たす方にはオススメかもしれません(^^;
[PR]
by kizz_army | 2008-01-22 10:15 | 映画(新作 劇場鑑賞)
『映画見ました!【ヱヴァンゲリヲン新劇場版】 』
※えっと、基本的にストーリーには触れませんが、
事前情報を仕入れたくない方は読まない方がいいかも…


碇シンジ

アタシャ、この名前を一生忘れない! って思ったね。

事の発端は…

「テレビ朝日」- 「炎のチャレンジャー これが出来たら100万円!」

ご存知の方も多いと思いますが、
アタシャ、一般の方から見たらかなり、
「オタク」と言うジャンルに属している感じ…

まぁ、本当の「オタクさん」からしたら、
とてもじゃないけど「ぬるすぎ」って感じ…

そういう、中途半端な位置づけにおるんですね。

そんなアタクシですので、既に10年近く前ですが、

「炎のチャレンジャー」
    ー「アニメキャラクター100問 連続正解できたら100万円 」

などと言うものに、のこのこと出場したわけです。


そもそも、アタクシの「オタク的特長」としては
「勉強しない」ってのがあります。(^^;

資料とかって収拾しないんです。
基本的に、当時のリアルタイムに見た記憶だけに頼る「オタク」なんですね(^^;

なので!

昔のその手のジャンルには、ある程度の自信があるものの、
自分の中での「最近」のアニメキャラクターには正直弱いんですな…

そんな中での、11問目だったでしょうか…

出たんですよ、碇シンジ君の顔が… (^^;

「あちゃぁ~ 出ちゃったよ… たしかエヴァンゲリオンの人だったけど…」

って事でチャレンジは終了(^^;

なもんで、

碇シンジ… アタシャあなたのことを忘れないよ!

って事になった次第でございます。

あの番組を見ていた方…
もしかすると、実写版kizz_armyを見ていたかもしれない…
と言うおはなし…(^^;


更にこんな人がおりました。


「最近 パチンコのエヴァにはまっちゃってさぁ」
「DVDレンタルして見始めたら更にはまっちゃって…」


なんだってさ…(^^)


でもって、これをタイムリーと言うんですね。
その「エヴァンゲリオン」の劇場版リメイク作品が公開されるとか…

とはいえ、既に公開も終了しておりまして…(^^;

若干のタイムラグはありますが、続編も公開されると言うことで、
遅ればせながら「エヴァンゲリオン」のお話です。


えぇ~~… 通常なら、既にこの前振りの部分だけで、
「一本分」の記事量ですわな… (^^;


さて、そんなkizz_armyが見た「新世紀 エヴァンゲリオン」
どんなだったのかと言うと…

まず、声を大にして言いたいのが、

「エバンゲリオン」じゃなくて、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」だって事ね(^^;

「バン」じゃなくて「ヴァン」、まではなんとなく意識してたけど、
「ヱ」だったとはね。
「ヲン」だったとはね。(^^;


で、率直な感想を申し上げますと、
非常に消化不良を起こしております。(^^;

それがあれの演出なのかもしれません。
のちのち、だんだんとわかってくる所が、ミソなのかもしれません。

かもしれない…のかもしれないけど、
とにかく意味がわからず見続けるのは若干しんどかったです(^^;

・敵対しているものはなんなのか?
・どういう経緯で「エヴァンゲリヲン」なるものがあるのか?
・なぜ搭乗するものが厳選されるのか?

もしかして、アタクシの理解力がなさすぎ?(^^;

あの手のものは、最初に全部語ってくれた方が
アタクシ、入り込みやすいんですけど…

・謎の星ガミラスが侵略のために遊星爆弾をつかって地球を攻撃
・地球は遊星爆弾の影響で放射能に犯された
・イスカンダル星から救いのメッセージが届く
・そのメッセージは放射能除去装置を取りに来いと言うものだった
・宇宙戦艦ヤマトはその装置を受け取りに行くために旅立った

てな感じで、最初に説明してくれないとさぁ(^^;

でね、なんとなくだけど話の中心は、
「碇シンジ君の苦悩」
の様な気がしてるのね。

でもさぁ、それって…

仮面ライダー1号 然り…
バビル二世 然り…

自分の意思とは関係なく、無理やりなにかと戦わなくてはならない
シチュエーションって別に目新しくないじゃない?
みんな苦悩してるわけですよ。(^^;

劇場版を見た限りでは、なにかぐっと引き込まれる目新しい設定や仕掛けが
あるような感じがしなかったのよねぇ~


なので、現在の所…
「なにがみんなをそんなに熱くしているのか?」
かがちょっとわかんない状態です。


でもって、久々に劇場版アニメーションを見たのですが…
すごいね、 絵のきれいさが… びっくりですよ。

もうほとんど実写とかわんない…

と思った瞬間…

でも、それじゃアニメである意味がないんじゃないの?

とも思ったのね。

だってね、景色とか戦闘シーンとかそりゃもう超リアル…
ほんと実写と変わらないわけですよ。 リアリティありあり…

でも、そこに出てくる人間だけが「アニメのキャラ」そのもの…

おかしくね? (^^;

すごく違和感を感じましたね。
ジャパニメーションも岐路にたたされているのかもしれません。

このギャップ感、違和感を感じさせないものの代表がきっと
「スタジオジブリ作品じゃないかな?」と思いましたね。

アニメーション作品としては、これからはあっちの形態の方がいいのかもしれん…
(もちろん、内容の良し悪しは別にしてね)

特に「トランスフォーマー」なんていう現時点では究極ともいえる
「実写版SFロボット系作品」が作られてしまうご時世ですからねぇ~
※実際「エヴァ」の実写版も作成されるって話らしい…


せっかくなので、続編も見に行くと思いますが、
最後まで見終わった時の感想が、アタクシ本人も楽しみです(^^;

このままなのか?
絶賛にかわるのか?
[PR]
by kizz_army | 2007-12-14 09:14 | 映画(新作 劇場鑑賞)
『映画見ました!【バイオハザードⅢ】 』
※えっと基本的に「Ⅲ」のストーリーや内容に付いては触れません。
しかし!! 【バイオハザード】って映画がどういうものかってのは知ってる…
って言うのを前提で書きます。
なので、【バイオハザード】自体についてあまり知りたくない方は
読まないほうがいいかもしれません。



って事で! アタクシ、「Ⅰ」も「Ⅱ」もテレビで見ました(^^;
(当然、録画してですが…)

あ、もちろんゲームなんかやったことないけど、
「どんなゲームなのか?」は知ってました。

で、映画のポスターや、知っている範囲でのゲームの内容とかから、
アタクシこの映画、勝手に「SF」と言うジャンルのものだと思っていたんですね。

ほら、皆さんご存知のようにそのジャンルって
アタクシの一番好きなジャンルじゃん?

なので!

「Ⅰ」を見たときは、正直がっかりしました。


「なんじゃこりゃ! 」… と… (^^;


「なぜ、最初から<ゾンビ リメーク版>としなかったのか!」 と…

時や場所、設定が違うだけでアタシャ、普及の名作(?)「ゾンビ」との
違いがわからなかったんですわ!

そしたらあれなんだね。
「ゾンビ」って既にひとつのジャンルを形成していたんだね。

そういうジャンルに属した映画って事なんですね。
そりゃまぁ、素人目には「同じ」に見えても仕方ないって事でさぁね(^^;


まあそれならそれでいいよ! わかったよ! (^^;

でも、どうしても納得の行かない事が…

「T-ウィルス」によってゾンビとなった彼らが、人を襲う理由…

「生物としての根源的な欲求(食欲)により人を襲う」

って言うんだよね。

でもさぁ~ だったらなんで「共食い」しないの?(^^;

テレビ放送だと、意外に重要な所がカットされていたりするじゃない?
もしかして、カットされた所で説明されていたのかも?
とかも思ってたんだけど… (真相はどうなの?(^^;)


一応その説明を考えてみたのね。
考えられるのはせいぜい体温の問題位…

ゾンビ化すると体温ないけど、生身の人間は体温があるので
それを判断材料にしている、っていうか体温のあるもののみ
「食」の対象としているんじゃないか?って事ね。

でもさぁ、それって普通に備わってる能力じゃないよねぇ?
ゾンビ化するとそんなすばらしい
サーモグラフィみたいな能力も備わっちゃうかな?(^^;

普通動物が根源的に餌の対象としてみるのは、
「動いているもの」とかじゃん?

いろいろ考えてもどうも納得がいかない所です。

そこでアタクシ、この問題を、この映画の

「致命的欠陥」

と、位置づけることにいたしました(^^;

「じゃなんで続きをみるんだよ!?」

って、疑問もごもっともでございます。

一番単純な理由として、
「続きがどうなるか知りたかった」
ってのが大きいですね。

「主役のねぇちゃんがどうなっていくのか?」
割と気になるところです(^^;


でですねぇ、「Ⅱ」を見終わる頃でしょうか…
ある事に気がつきました。

実はこの映画違う所に魅力があったんですね。

まぁねぇ、たぶんゲームの方は実際それが最大の魅力なのかもしれません。

それは、
「異形のものを完膚なきまでに破壊する快感」
です。

「ゾンビだから…」
「やらなきゃやられるから…」

って理由で、まぁ~むごたらしく破壊していくわけじゃない?(^^;
マシンガン打ちまくりでさぁね。

飛び散る肉片、吹き上がる血飛沫(しぶき)…

「やっちゃえやっちゃえ!」

ってなもんですわ! (^^)/

この快感を楽しみにしてる部分って、きっとあると思うんですね。
知らず知らずのうちに… (--;
あなたの意識のふかぁ~~~~い所で… (^^;


でもね、よくよく考えるとこの感覚って非情に危険を感じるわけです。

これって「人間が根源的にもっているダークサイド」じゃないかな?
って、思ったのね。

もちろん映画の中じゃ、生命の危険にさらされてるわけだから
「マシンガン打ちまくり」でもいいんだけど、それを見ている側の感情ね。

なんかね、「差別」とか…、「いじめ」とか… って
そのあたりの「ダークサイド」を制御しきれない時に起こる問題じゃないのかな?
って思ってしまったんですね。

逆に、普段の若干の鬱積や鬱憤をこういった映画や、
ゲームで発散できればそれはそれでOKだと思うんですね。

実際、アクションカッコいいし、スカッとするし、
アイディアおもしろな…って所もあるしね(^^)

「Ⅰ」を見て、「なんじゃこりゃ」と思った割には
それなりに楽しんだ自分がおるんですね(^^;

なので、シリーズ通して見てしまった… と…

そうそうそういえば、もうひとつ
「なんじゃそれ!」って思ったことがひとつ…

その日、12/1でした。映画の日でした!
当然の事ながらオールナイト上映を狙って行ったのですが、
オールナイト上映は通常通り¥1300

ひとつ前の上映回は ¥1000
しかも、入れ替えで出て来た人数はそんなに多くない…

非常な挫折感を味わった、
たまたまぶちあたった「映画の日」の鑑賞でございました。

まぁ、それはどうでもいいけど…(^^;

「Ⅰ」「Ⅱ」を見た人は「Ⅲ」も見ておいた方がいいんじゃん?
内容的には、「スパイダーマン」とかのアメコミっぽくなってる部分もあるけど、
まぁ、この手のジャンルも、劇場で見ると恐怖も快感も倍増するからさ…(^^;

でも、でかい音出しゃびっくりすると思ってる節はどうもいただけないな…
怖がらせるなら、設定やストーリーや演出で!
[PR]
by kizz_army | 2007-12-11 09:37 | 映画(新作 劇場鑑賞)
『 映画観ました!【 トランスフォーマー 】』
※一応ストーリー的なネタばれはありませんが、
 事前情報を仕入れたくない方は読まない方がいいかもぉ~~


予告編やらを見る限り…

「バルキリー(@超時空要塞マクロス)」かよ!

って感じだったわけですが、
「日本発で、原作らしきものがある」
なんて噂が耳に…

でもって、調べるとこの「トランスフォーマー」ったら、

・GIジョー
   ↓
・変身サイボーグ
   ↓
・ミクロマン
   ↓
・ダイアクロン
   ↓
・トランスフォーマー

てな流れがあって、あくまで玩具としてのキャラで
漫画やアニメはそこから派生したものだ

って事らしい…


うぉ~~~! 変身サイボーグ!!!

うひょぉ~~~!! ミクロマン!!


なっつかしいですねぇ~~ (^^)

でもって、この辺りの知識はきちんと押さえておいた方がいいって事ね。

更に言うなら、

・この流れを見てピンと来ない人
・ロボットアニメ系とかまったく興味ない人
・CGにいい印象を持っていない人

は、この映画見ても「イマイチ感」な可能性が高いかも…(^^;


しかし! 上記のどれにも当てはまらない、アタクシでさえ、
ちょっとねぇ、不安はあったのよ。

「単なるアニメの実写化」ひいては、「子供だまし的」な作品かも? と…

でも、一応押さえとかないとならないじゃん?(^^)

見てきましたよ! ほんでもって驚いた!

すげぇよ、この映画…

いるね!
ほんとにいるわ!
トランスフォーマー… (^^;

映像技術もここまで来たかっ!!!

ってなもんよ!

この技術を使ってさぁ、「ゲッターロボ」とか「マジンガーZ シリーズ」あたりを
映画化したら、すげぇ事になるんじゃねぇのぉ??

なんかね、ストーリーの始まりは「大丈夫かな?」って感じだったんだけど、
一応それはそれで「前振り」として、後になって意味を持ってくるし
途中からのド迫力映像には、その最初の「大丈夫かな?」感も吹っ飛ぶわ!


「トランスフォーマー」本当に襲来したら????


その時の、軍や国家の対応も割りとリアリティあるし、
とにかく、「トランスフォーマー」が「そこにいる感」
醸し出す、細かいこだわりがアタクシにとっては、非常に好印象!! (^^)v

そんで、一応お笑いにはかなりうるさいと自負している
アタクシも結構わらえるシーンやセリフがちりばめられてるのもよかったよ

まぁねぇ、これは結構「トランスフォーマー」のキャラに頼ってる部分もあって
あの「ボビーブラウン」のいう事が妙におかしいのと同じレベルっちゃぁ
同じなんだけど、それでも一人で大爆笑してしまいましたよ。

そうなんだよ… 不思議なことに 周りはあまり笑わなかったね。

「eBay!」なんてセリフは最高に面白かったんだけど、
周りはクスリとも来ないんだわさ!

「eBay」ってそんな認知度低いのかなぁ?
まぁ、日本にゃ既にないから仕方のないところか…

いっそのこと、字幕は全部
「Yahooオークション」
にした方がよかったか?(^^;


確かにねストーリー的には、
「なんでやねん!」「ありえへん!」
って所もあるけど、トランスフォーマー自体や、戦闘シーンの鑑賞で
その辺りは帳消しにできるレベルだと思いますわ!


とにかく「ジャパニーズアニメーション」「ハリウッドSFX映画」
いいとこどり、
おいしいとこどり、
おやのそうどり、
もってけどろぼう!

的な所がいいわけよ!

トランスフォーマーのキャラにゾッコン!とでも申しましょうかね(^^)

まぁ、なんやかんや言っても根底にながれているのは、「日本のアニメ」です。
これは、間違いない!! (^^;

それがわかっていても楽しめそうな方は、存分に堪能できる事でしょう!

そうじゃない方は、基本的な所で受け付けられないかもしれません…(^^;

<最後にちょっとだけ見た人専用ルーム>
[PR]
by kizz_army | 2007-08-29 09:48 | 映画(新作 劇場鑑賞)
『 映画観ました!【 ダイハード 4.0 】』
※一応ストーリー的なネタばれはありませんが、
 事前情報を仕入れたくない方は読まない方がいいかもぉ~~


もうねぇ、あれよ!

この映画見たら、

「スパイ○ーマ○ 3」とか…

「パイ○ーツ ホニャララ」とか…

「カス」に思えるね。

あ! 言っちゃった (^^;

《映画観ました!【ナイトミュージアム 】》

の話の所で、言ってます。

-----------------------
「ダイハード」なんて、予告編だけで、思わず

「うわぁ!」

って声出しちゃったもん(^^;
-----------------------

なんか、それが2時間ずっと続く感じ…
あっという間に終わっちゃった(--;

「いつもの様に… いつもの如く事が起こる…」

って言う、「マンネリの美学」をここまで昇華させてくれるとは…


とにかくアクションのアイディアがいい! 凄い! 素晴らしい!!

何百本とある、アクション映画…
アクションシーンもどんどん派手になって来ていて、
ちょっとやそっとのシーンじゃ「大したことない」なんて
思われてしまう昨今にあってですねぇ~

まぁ~~~~~~、やりたい放題!!
ムチャクチャでっせ! (^^;


「えぇ? まさか… まさか、それやっちゃうの?」
「ぎょへぇ~~ ほんとうにやりやがった!!」
「ギャハハハハ…」

ってな、感じよ…

かと思えば、意表を突いたアイディアで唸らせてくれたり…
ってか、驚かせてくれたり…(^^;

「緩急うまく使う」じゃないけど、バラエティにとんだ
アクションシーン満載でございます。

ハリウッド映画は、やっぱこれよねぇ~!(^^)/
スケールが違うって! スケールが!!

でもって、「4」じゃなくて「4.0」ってなってるのも
内容からして、非常に納得がいく所…

ある意味、

「パニック映画」

つってもいい位に柱となっているストーリーもおもしろい!
でもって、単純だからグチャグチャと考えなくていいし!


そりゃね、もちろん、

「ありえへん!」

とか、

「な、あほな!」

って所も、たくさぁ~~んあるけど、
なんかそれさえも楽しめちゃうレベルなんだよね。

「そこも折り込み済み」みたいなさぁ~~

「あんた! わざとやってるでしょ?」 みたいな?

観客に

「ありえへん!」って突っ込みいれて楽しんでねぇ~~

って言ってるとしか思えん(^^;


って事で、ここ何本かかなりの欲求不満状態だったのが
一気に解消された感じの「ダイハード 4.0」でございました。


もう今日は、「見た方専用ルーム」もいらねぇや!(^^;

単純に楽しめるもん!

「ダイハード 4.0」
めっちゃおすすめでっせぇ!!


さて、実は例の如く「オールナイト上映」にて楽しんだのですが、
実は、その後まだ一仕事… (^^;

次回は、そのお話です。
キーワードは「小笹の羊羹」
乞うご期待… (^^)
[PR]
by kizz_army | 2007-07-23 09:25 | 映画(新作 劇場鑑賞)
《 映画観ました!【パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド 】》

※基本的にストーリー的なネタバレはありませんが、
事前情報を一切仕入れたくない方は読まないほうがいいかもぉ~! ♪



てなわけで、そろそろ映画館も空き始めてる頃かな?
って事で、「パイレーツ オブ カリビアン」を見に行ってきました。

まあ、このBlogの映画の話題をいくつか読んだ事のある方ならご存知のように
ここ数年は、ほとんどの作品を「オールナイト上映」にて
鑑賞させていただいておりまして。

まあ、ぶっちゃけ夜遅いわけですよ。そりゃ、多少眠いわけですよ。

でも、今までこんな事はなかったのね。 それはなにかってぇと…


アタクシ、この作品見ながら何度も気を失いました。ギャハハハ…

まぁ、そりゃ一瞬だけどさぁ~ セリフひとつかふたつが飛ぶ位の瞬断だけど、
そういうのが、何度あったことか…

ふぅあぁ~~~~~~~~、眠かったぁっ(^^)/

もうねぇ、なりふり構わずこのまま熟睡したら
どんなに気持ちいいか?? って言う誘惑に何度も負けそうになりました。

その日の体調ってものもあるだろうけど、例の「スパイダーマン3」でさえ
そこまでにはならなかったもんなぁ~

まぁ、どこが一番酷かったか、あとのコーナーで言うけどさ…(^^;


今さあ、一応ね、前作の記事を読んでみたわけさ…

「パイレーツ・オブ・カリビアン ~デッド・マンズ・チェスト」

かなりおもしろかったらしいじゃん! (^^;

そりゃもう、「3」を期待してる感じが充満してるわけじゃん?

なのに…


なんだこれ? (^^;


「映像技術」やら「大作ならではのスペクタクル」とかでなら
多少「すげぇなぁ~」って部分もあるけど、
ストーリーとか内容とかって見地で言ったら
ちょっとさぁ、あまりにも酷くない?(--;


本来のジャックの魅力の微塵もなく…
ウィルの魅力も…あったかなぁ?
そりゃまぁ、エリザベスは美人さんだけどさぁ~(^^;


あのね、思うんだけどさぁ~
結局「海賊」って最後まで「道化」じゃなきゃいけないと思うのね。

結果的に「ヒーロー」になっちゃったとしても、
それは「あくまで結果的にそうなっちゃっただけ」って部分を
残さないといけないと思うのさ…

そりゃね、「東インド会社」が完全なる「善」だとは言えないかもしれないけど、
やっぱり、海賊は海賊であって絶対に「正義」ではないわけじゃん?

そこんところを、もうちょっと踏まえて作らないとおかしな事になるんじゃないか?
って思っちゃった…

例えば、「ルパン3世」って早い話が泥棒なわけじゃん?
本来なら罰せられる存在なわけでしょ?
でもやっぱり「道化」的な部分があるから、
まあ笑っていられるんじゃないかな?って思うのね。

「パイレーツ オブ カリビアン」の「1」「2」だと、
まだそういう部分ってあったような気がしたのさ…

だって、いきなり島に乗り上げて住民を蹂躙してたわけじゃん?

なんかねぇ、「デッドマンズチェスト」なんてものが出現したあたりから
根本的な部分で道を間違えてる様な気がしてきちゃいました(^^;


「むりやり続編」のしわ寄せなんでしょうかねぇ~ (^^;


「1」「2」と見たら、そりゃ「3」も見ない訳にはいかないでしょうが…

心して、おのぞみ下さいませ… (^^;

てなわけで、ここからは恒例の

見た方同士で楽しむコーナー
[PR]
by kizz_army | 2007-06-25 15:31 | 映画(新作 劇場鑑賞)