★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★ 最新KIZZ 情報!! (09/02/02 更新)
★     
★   『 お知らせ~ [KIZZ]は活動停止します ~ 』
★     
★   kizz_armyでございます。

★   約7年半に渡り、ご愛顧いただきました
★   KISSトリビュートバンド 【KIZZ】ですが、
★   2008年末を持って、活動を停止する事になりました。

★   既にライブも決定している中での決断だったため、
★   関係各位には多大なるご迷惑を
★   お掛けしたことを改めてお詫び申し上げます。
★   
★   まさに、「語りつくせば尽きないけれど…」と
★   言った思いではありますが、
★   またいつの日か、違った形になるかもしれませんが、
★   なんらかの形でみなさまとお会いできる日が来る事を
★   ちょっと期待して…

★   ほんとうにいままでありがとうございました。
★   皆様の KISSライフが 更に充実する事を願いまして…


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

《ニュース!!》
   『KIZZ』の出演している映画がありました!
   タイトルは「スペースポリス」

   詳細は該当記事にて…
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

≪クイックリンクコーナー≫
【KISS トリビュートバンド [KIZZ]】 ホームページへ…
【Charトリビュートバンド[Smoky]】Blogへ…
kizz_armyへのメールはkizz_army@hotmail.comまで…
「kizz_army」のジャンル別Blogリンク!!
興味のあるジャンルのタイトルをクリック!! (^^)

== フォトリーディング&マインドマップ活用の読書記録 ==
<< 知識増量堂 ブックセンター >>

==世界遺産を見たぁ~~~~いい!!==
≪ 世界遺産に魅せられて… ≫

==日常を向上させるヒントや情報のBlog==
≪ 日 常 向 上 旅 団 ≫

==映画鑑賞専用Blog==
≪シネ、シネ、シネマ団≫

==コンサートや、観劇、スポーツ観戦のBlog==
≪鑑賞、観戦、観劇…やっぱり生がいい≫

==テレビ観賞専用Blog==
≪テレビっこ、世にはばからせていただきます。≫

==食べ物の情報、食い物屋の情報等のBlog==
≪マスタ! おまかせでお願い!≫

==きれいな日本語を話したい! って事でそのまんま!==
《きれいな日本語を話したい!》

カテゴリ:恵を喰らふ!( 40 )
『恵みを喰らふ!Vol.41【 殻つき 生トリガイ 】』
前回の『 ニッカ 余市 カスク 15年 』 の話の途中で、
<(またその話も後日しますが…)>ってくだりが指し示すところの
話でございます。(^^;

まぁねぇ、「トリガイ」自体はそんな珍しいものもでなくて、
普通に「スシネタ」なんかとしてお目にかかるわけなんですが…

通常、お寿司屋さんで置いてあるものも既にさばいてあって
プラスチックケースかなんかに、整然と並んでるのヤツなわけですよ。

よく見ますよねぇ?

イカの先っちょの部分が、黒くなっちゃった的なヤツ…(^^;

あれって、いわゆる貝の足の部分なんだそうです。
そこを切り開くと、あんな形になるらしいんですわ。

とまぁ、アタシラが目にするのは、そういう状態になってるヤツ…

その足の部分がトリのくちばしに似てるから「トリガイ」って言うなんて
説もあるんだってさ…


ところが!!

始めて見ましたよ! 「殻つき生トリガイ」


いつもの事ながらカウンターに座っていたんで、
マスターがなんか貝をさばいているのは見えてたんですよ。

しかも、なぜかガラス板の上で…

とすると、おもむろにゲタ(あの寿司を乗せる木のヤツね)に
(この時点ではまだ、つまみを食べていたんだけど…)
今までさばいていたその貝を、一掴み乗せてくれたんです。

それが!
本日の主題でありますところの!
生トリガイ!
だったんですねぇ~

そりゃね、今一応時期なわけですよ…
上で言ってるプラスチックケースに並んだトリガイだってうまいのよ!

でもね、見てる前で、殻つきのヤツをばらしてそのまま食べるトリガイは…

もうねぇ~

次 元 が 違 う!!

トロォ~~~~~~~~~っとしてるのさ!

ごめん、もう一回言うね。

トロォ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~としてるのよ!


でもって、甘い! 甘い! 甘い!

なんかのお茶のCMで有名になっちゃったけど、知ってる?

「甘い」って書いても「うまい」って読むんだよ。

だから、上の「甘い! 甘い! 甘い!」は

あまい! あまい! あまい! & うまい! うまい! うまい!

って事を表現したいわけさ! (^^)


「なんだよ! 今まで食べたトリガイのなかで一番うまいぞ!」

って単純に思っちゃったんだけど、そりゃそうだよね。
「茹で」 vs 「生」
ってだけで、まぁある意味別もんだもんねぇ~~~~!


そのうまさにもんどりうっておりますと… (^^;

マスターが説明してくれます。

そう、ガラス版まな板の話を…

なんかね、普通のまな板を使ってトリガイをさばくとね、
トリガイの特徴である、あの濃い茶色と言うか、黒い色が全部はがれちゃって
ひじょぉ~~~に、おいしくなさそうになってしまうんだってさ!

だから、トリガイをさばくときは、
通常のまな板ではなくガラスの板を使うんだってさぁ~

もうさぁ、それ用のガラス板が置いてあるところからしてうれしいじゃない?

だって、殻つき生トリガイを割と普通に扱ってるって事なわけじゃん?

「ガラスのまな板」なんて、即行、歌になりそうジャン? アハハ…

あぁ~~~~、うまかった(^^)


ってことで、「ガラスのまな板」でさばく「生トリガイ」… お奨めです!!
[PR]
by kizz_army | 2007-07-19 10:10 | 恵を喰らふ!
『恵みを喰らふ!Vol.40【 子持ち昆布 】』

「子持ち昆布」

別に大して珍しいものでもないと思ってました。

旅館の料理とか…
結婚式の和食系とか…

ちょぴっと添えられていたりする「子持ち昆布」…

昆布の表面にうっすらと付いた魚の卵…

はっきりいいます。

子供の頃からだけど…

アタシャ、昆布になんかの卵を
貼り付けているものだと思っておりました。(^^;

更にいいますと…

やっぱり、子供の頃からだけど…

「別にあえて昆布に卵を貼り付けなくてもいいじゃん…」

と…

しかしまぁ、毎度の事ながら知らないってのは恐ろしいものでして…

先日も、よくこのBlogに登場するお店での事…

メニューに「こもちこんぶ」って書いてあるんだよねぇ~

「なんであんなものが、この店のメニューに?」

って思うわけでさぁね(^^;

「マスターが敢えてメニューに載せる位だから
絶対に普通の子持ち昆布じゃねぇな…」
 と… (^^;

「一体、どんなもんが出てくるんだ?」 
と…(^^;

興味津々でさぁね。

でもって、出てきたのがこれ…

a0018005_21435215.jpg


アタシャ初めて見たよ!

これがホンマモノ、「天然子持ち昆布」だそうな…

しかも、最近じゃほんとうに「幻の逸品」になりつつあるんだとか…

市場でも入ってこないんだってさ!

マスター曰く、「ほんとうに食べられなくなるかもよ」だって…(--;


調べました。

実際問題、卵を貼り付けているモノもあるそうな…

でもって、今「天然」と言って売られているものも
生簀にニシンを追い込み、そこに昆布を垂らして
強制的に産卵させるんだとか…

しかも、多いのが「カナダ産」

う~~~む… (--)


そもそも、なんでそんなに珍重されるかってぇと
「昆布」も「数の子」目出度い食べ物なんだよね。

おせち料理に入る理由なんかによく書いてあったりするじゃない?

「子持ち昆布」ってそれが両方くっついてるわけでしょ?

「更におめでたい!」って事になるらしいですわ!

なるほどねぇ~~って感じでしょ? 
あれ? 既にご存知でした?(^^;


でもって、食べた感じはどうだったかってぇと…

ここまで卵の部分に厚みがあるとやっぱり違うね!

プチプチ感はそのままに、
卵同士のくっつき具合が数の子より柔らかいんで、
数の子みたいなコリコリ感とは違った
非常に具合のいい食感なんですねぇ~

味のしみ具合もいいもんだから、うまみがジワァ~~~~と、
そして、プチプチ…

プチプチジワァ~~~~~~~~…

ジワァ~~~プチプチ……

でもって、ほのかに昆布の旨味が…

あの、今まで食べていた 2cm×5cm 位の昆布に
一層のみ、お情け程度にニシンの卵がちりばめられた「アレ」は
一体なんだったんだ! と… (^^;

同じ名前でいいのか? と… (^^;

って事で、「天然 子持ち昆布」… お奨めです。


でもって、ここからは…


『恵みを喰らふ!Vol.40.5【 鱧の肝 】』


まぁ、一個の記事にするほどでもないんで、ついでに…(^^;

以前、鱧の記事も書きましたねぇ~

やっぱり、この季節になりますと押さえておきたい食材です(^^;

まぁ、今回も当然ながら押さえておいたわけですが…
脇に「ハモノキモ」を添えてくれました。

a0018005_2144784.jpg


すんませんねぇ~ イマイチな画像で…(^^;
なんか脳みそみたいだけど、手前にあるのが「肝」です。

とにかく、よほどの鮮度がなければ食べられないらしいです。
しかも! 一匹に一個…

貴重なモノを食べさせていただきました。(^^)

これがねぇ~ ほんとうにレバーな味なんだよねぇ(^^)

でさぁ~ 考えたら「うなぎの肝」だって
滋養強壮の代表みたいなもんじゃん?

同じニョロニョロ系の鱧の肝刺し…

そりゃもう、こんなもの食ったひにゃぁ~ グフフフフフフ… (^^;


『恵みを喰らふ!Vol.40.75【 どんぶり茶碗蒸し 】』


更には、この日の締め… (^^;

あたしゃ、「茶碗蒸し」大好きでねぇ~
どっさり食べたいんですわ(^^;

時期になると、このお店には
「白子茶碗蒸し」
とか、
「鮭といくらの親子茶碗蒸し」
とか、
たまらん一品がメニューに載るんですが、
今はまぁ、時期はずれ…

でも、この日、昼間から妙に「茶碗蒸し」が食べたくてねぇ~(^^;

そんな話をしたら、「茶碗蒸し」、作ってくれました。

a0018005_21441927.jpg


どぉ~~~~~~~んと、「どんぶり茶碗蒸し」

まぁ~~~~~~~~、どれほど満足したことでございましょう…(^^)



『恵みを喰らふ!Vol.40.98【 キスの刺身 】』


あ! もう一個忘れてた…

「キスの刺身」… なんてのも食べました。

てんぷらダネとしても、アタクシ大好きな「キス」…

刺身なんて食ったことねぇ~~~(^^;

なんで、食べてみました。(^^)





うまかった! 非常にうまかった! 以上! ギャハハハ…
[PR]
by kizz_army | 2007-07-10 09:48 | 恵を喰らふ!
『恵みを喰らふ!Vol.39【 岩ガキ 】』
ちょっと前なら、薀蓄(うんちく)、または「トリビア」として割と通用したモノに


「牡蠣は R の付く月に食べるべし!」

ってやつがありますよね。


でもまぁ、こんなんも今となっては一般常識とでもいいましょうか…(^^;
あまりにも語りつくされすぎて、特に珍しくもなくなってしまいました。


そして、次に出てきたのが…

「Rが付かない月だって うまい牡蠣がある」

ってやつね。

まぁ、これもかなり一般的になって、薀蓄、トリビアの域を脱してしまった
感がありますよねぇ~ (^^;

でもって、その「Rが付かない月でもうまい牡蠣」ってのが、
ご存知のように「岩ガキ」ってヤツでございます。

実はこの「岩ガキ」ですが、何度も記事にしようと思っていたのですが、
なんかいっつも思い立つのが「時期の終わり頃」なんですわ(^^;

どうせなら、ちゃんとオンシーズンに書いたほうがいいじゃん?(^^)/


なもので、数年越しの暖め期間を経ていよいよ公開となったわけです。

大袈裟だね(^^;


まぁ、もともと貝類全般的に「大好き」でして、「生牡蠣」なんていわれると
もうたまらんわけですわ。

でもあれなんだね、「生牡蠣」って別に「すごく新鮮」ってわけじゃないんだよね。

「生で食えるように処理してる」ってだけらしいじゃん?

でもって、うまみがあるのは「加熱用」の方だって言うんだから、
「生もの好き」のアタシニャちょっと微妙な話…


そんな中! 初めて「岩ガキ」を食べ時にゃ、ほんと泣いたわ!(T_T)

なんなんだ、あのうまさは!


「こいつ、極上ホワイトソースをたらふく食ったんじゃねぇの?」

てな感じのクリーミーさ加減…

また、大きさが違うじゃない?
通常の大き目の牡蠣の何倍もあるわけでしょ?

そのガタイのよさから溢れ出るあのネットリクリーム…

ぐおぉ~~~~、たまらん… (--;

焼いたり、天ぷらとかもうまいけど、やっぱり岩ガキは
生食にかぎりますぜ、だんな!


だけど、ちょっと値段がね(^^;

まあ、「かなり特大」の部類に入るんだろうけど、
一個、一個だよ?

¥1300

だからね。
最初は、うまさでめまいを起こす前に、
値段でめまいを起こしそうだったからね。(^^;


でもね、それ位の価値ある一品だと思いますわ!

別の店で、中ぶりのヤツ食べたのね。

それで ¥800だったけど、やっぱりちょっと特大モノに比べると落ちるかなぁ~

普通、でかくなると大味になる傾向があるけど、
「岩ガキ」に関してはそんなことないみたいよ。


って事で、これからの季節特に!

「岩ガキ」超お奨めですよん♪
[PR]
by kizz_army | 2007-07-02 11:56 | 恵を喰らふ!
『恵みを喰らふ!Vol.38【 鯛の白子焼き 】』
さて、先日ちょっとおもしろい飲み会を企画しました。

「飲み会」って言うか、「お食事会」?(^^;

「呑み」がメインじゃなくて「食べる」方がメインの集まりね。

メンバーは、某アイアンメイデンのトリビュートバンドのメンバーご夫妻…
それと、いつもお世話になっております。Naokissと言う
KISSファンサイトの掲示板や、
このBlogのコメントでもお世話になっている女性お二人…

そして、アタクシ kizz_armyの5人

※一応個人情報保護のため、詳細は書きませんでしたが、
ご要望があればきちんと明記いたしますので、ご一報ください。(^^)
ウハハハ…

行ったお店は、毎度お馴染み 「とびうお」 ってお店…

料理も一応頼んでおいたのですが、
別に細かく指定したわけじゃなくていつもの様にほぼお任せ…

でね、その中で出てきたのが

「鯛の白子 焼き」

なわけなんですよ!

前回このお店に行った時に教えてもらったんだけど、
今ね、どの魚も結構「卵」を持ってるらしいのね。
そういう時期ってことらしいんですわ…

でも、当然「卵」だけじゃ駄目なわけで…(^^;

って事よね。

そんな話を聞いた直後、この前「アジ」を家で焼いて食べた時、
やっぱり「卵」持ってたわぁ~~♪

でね、その時も
「『鯛の白子』をメニューに加えようか考えてる…」
なんてマスター言ってたんだよね。

そんな経緯もあり、今回登場したのが「鯛の白子焼」なんですなぁ~


いやぁ~~ うまかった! (^^)


以前「ふぐの白子」も大絶賛してた私ですが…
負けず劣らずだね!

「ふぐの白子」だとさぁ~ もう、とにかく濃厚じゃん?
ほんと「ホワイトソース」みたいじゃん?

でもねぇ~「鯛の白子」は、もちょっと淡白なのさ…
もっともっと、ずっと繊細な感じの味なのね。
なのに、旨味はたぷぅ~~~~~~~りと… ウホホホホ…

淡白だからって、ベシャベシャした感じもなく、
しっかりと濃厚さを保ったまま、繊細な感じなわけよ!

くぅ~~、たまらんでしょ? (^^)

また、塩加減がいいんだわ!
まさに、いい塩梅ってヤツよ! (^^)/

これと比べちゃうと、ほんと申し訳ないんだけど
スーパーで売ってるような「たらの白子」は、
ぐんと順位を落としちゃう感じだよね。(^^;


いつもの事だけど、ほんと食べるのがもったいなくなる位の
うまさだったわぁ~~ (^^)


なんかさぁ~ いっつも、ひとりでこのBlogに
「あれがうまい」「これがうまい」「あれはだめだ」って
わりと大袈裟に書いてる様に思われてるんじゃないかな?

なんて部分もあるわけよ?(^^;

でも、今回は証人が4人もいるからね。

普段の「恵みを喰らふ!」が、いかに真実を伝えているか
わかってもらったと思うよ… ギャハハハハ…

「そんなこたぁなかった」とか言われると身も蓋もないけど…(--;


てなわけで、今が「旬」の様ですので、
機会があったらぜひお試しくださませぇ~~


「鯛の白子」オススメデス!!
[PR]
by kizz_army | 2007-05-01 11:05 | 恵を喰らふ!
『恵みを喰らふ!Vol.37【生食 金柑(キンカン)】』
今朝、「朝ズバ」@TBSをご覧になっていた方も結構多いんじゃん?

宮崎の名産 「生食 金柑」 食べて、みのさん驚いてたでしょ?

アタクシも、まぁ驚いた!!(^^;

「生食 金柑」 超 オススメです!!


以上!!


って事で、こちら記事を見ていただきましょうか!

『ラジオ発!!』
って記事なんですが、

まぁ~~~~~、いまや飛ぶ鳥を落とす勢いの
東国原宮崎県知事ですが…

上記の記事にありますように、
最初に登場したのは、「たけしのオールナイトニッポン」
「弟子募集コーナー!!」
だったんですね。

その頃のビートたけしさんは、彼の事を


「ヒガシクニハラ」

と読んでいました。
とくにヒガシさんも否定もしなかったんだよね(^^;

最初に「弟子募集コーナー」に応募してきたのは大学生二人…
その内の一人だったわけですが、
もう一人の方はすぐに逃げちゃったんだよね。

今はどこでなにをしているのやら…

きっと、
「俺は、あの東国原知事といっしょに最初の弟子だったんだぜ!!」

とかって、自慢しているのではないでしょうか??(^^)

「不幸の弟子 コーナー」とかあってねぇ~~
「不幸の手紙」みたいに、無理やり「弟子」を送りつける
ってコーナーで、今の宮崎県知事も、応募のあった聴視者の家に
無理やり行かされて泣いてました。(^^;

それが、県知事だもんねぇ~ すごいよねぇ~~

でもって、なにかと「宮崎の特産品」がTVで映し出される事が
非常に多くなっておりまして…

最近の報道にもあるようにさぁ~ あれの経済効果は、まぁ半端じゃないよね(^^;

そこで、ここでひとつワタクシも「それに加担してみよう!」ってな企画…(^^;

いやね、こっそり白状すると、
ワタクシ「金柑」ってあまり好きじゃありませんでした。

まぁ、ここで言ってる「金柑」ってのは、よくある甘露煮のやつね。
元々甘いもの自体が若干苦手なもんでね。

べっとりした砂糖の甘みと微妙な苦さの金柑本体…

どうも苦手でした(^^;

ところが!

初めて、「生食用 金柑」を食べた衝撃ときたら!!

当然に、ほろ苦いものだと思って恐る恐るかじってみたのですが、
まぁ~~~~~~~~、甘いこと甘いこと!!!

自然のフルーツが持つ人工的でない甘み! たまりません。

芯の部分はちょっと酸っぱいんだけど、
それでも皮の近辺の甘さが勝ちます。


ほんとおいしいから、試してみてください。

ネットで探せば通販もいっぱいあります。

こんなサイトもありました。

「たまたま&完熟 金柑」


でね、もうひとつよく最近TVで紹介されてるものに
「日向夏」ってのがあるのね。

これは、わりと昔から宮崎の名産としては知られてるんだけど、
もうひとつ!!

「スィート・スプリング」ってのがあるのよ…

これは「八朔」と「みかん」の交配種らしいんだけど、
これもねぇ~ 見た目すごく酸っぱそうなんだけどおいしい!!

薄皮ごと食べても全然OK!


機会があれば、ぜひお試しあれぇ~~~!! (^^)v


「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
ここをクリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2007-02-16 10:25 | 恵を喰らふ!
『恵みを喰らふ!Vol.36【食用菊<かきのもと>】』
『恵みを喰らふ!』二連荘でございます。

昨日は「すっぽんの生血」だったわけですが、

よくよく考えてみたらお酒(焼酎)で割ってあるわけですから、
「すっぽんの生血」と言ったって、早い話カクテルのようなもの…

赤いカクテルの筆頭に「ブラッディ・メアリ」ってのがありますが、
あれは早話が「モドキ」なわけです。
「血っぽい」って事ね。
ところが、こっちはホンモノだからねっ!(^^;

いっその事、カクテルとして名前を付けりゃ普通に
ショットバーとかでも売れるんじゃねぇの?

ってなわけで、すっぽんにちなんで、微妙に和風っぽくして、

「Bloody OKIKU」とか
「Bloody OIWA」とかってのはどうよ?


さて、今朝ふと思いついた事も織り交ぜながら…(^^;
「OKIKU」つながりもありぃので、本日は「食用菊」のお話…

加えて!

『映画見ました!【ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟】』

『 【化け物の文化誌展】@ 国立科学博物館 』

につづく、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ほらみてみぃ~!
「ディズニーシー」の事ばっかり書いてるから、
もう終わっちゃったじゃん!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

シリーズの第三弾でございます(^^;ウハハハ…


「菊の花は食べられる」ってのは、皆さんご存知かとは思いますが、
飾りでちょっとお皿に乗っていたりしても、あまり食べませんよね?

刺身の盛り合わせなんか注文すると、割と「ツマ」まで全部食べてしまうのですが、
さすがに小さな飾りの菊の花までは食べないわけです。(^^;

ところが先日…

例のお店で、例の如く一杯やっていたのですが…
最後の方になって、「磯辺巻です」と言って出されたのが

海苔に巻かれた、濃いピンクというか淡い紫というか
なにか葉っぱのような茎のような一見よくわからないモノ…

「なんだろうなぁ~」

ひとつつまんで口にいれると、
軽くおひたしになってるんですわ!
なもんで、ダシ醤油のうまみがジワッと広がりまして…
その後には、その真ん中のなにやらよくわからないものの
シャキシャキとした、ここちよい触感が…

この時点ではまだ「なんなんだろうなぁ~」と言う感じだったのですが、
すぐに、ほのかぁ~~~~♪に、菊の花の香りが…

それがまたあれよ! 墓参りに行く時に持っていくような菊の
ちょっとどぎつい香りとは違うのよ…

ほんとに、

ほのかぁ~~~~~~~~♪ に…香る…

単なる菊の花びらをおひたしにしたものを
海苔巻きにしただけなんだけど、これがまぁうまい!

「マスター これって菊?」

と聞くと…

なんかね、菊の花でも「かきのもと」って言う種類なんだってさ
これを仕入れにこの日は新潟まで行ってきたんだとか…

この「かきのもと」… ネットで調べると割と有名なんだわさ!
「名産」になってるのね。

わかるよ! だってたしかに美味い!

見た目もいいし…
なんつったって、「花びらをおいしく食べる」って言うその食文化がいいよね。
「粋」っちゅうか、「風流」っちゅうかさぁ~


まぁ、残念ながら時期も終わったようでして…(^^;
また来年の秋って事になるわけですが、
結構衝撃的なうまさでしたよ(^^)

「食用菊 <かきのもと>」
ちょっと覚えておいて損はないかもよ…

知ってる人は知ってるんだろうけどね…(^^;

またお気に入りが増えました(^^)


「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
ここをクリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2006-12-05 09:46 | 恵を喰らふ!
『恵みを喰らふ!Vol.35【すっぽん生き血】』
久々の『恵みを喰らふ!』は、だよ 血!!

ちぃ~~~~~~~~~~~~~!!

こんなのね… (^^;

a0018005_1043273.jpg


まぁ、薄々おわかりの様に…
アタシャ、全くと言っていい位「好き嫌い」がない!

「なんでもおいしく食べる党」(^^)v

でもねぇ、つったってさすがに「ゲテモノ系」はねぇ~
「蜂の子」「いなご」位は大丈夫だし、
例の「カンボジア」でも軽い昆虫系もちょっと試してみようかなとは
思ったものの…

あの、「旅行系バラエティ番組」のレポーターの登竜門!

「生きたままの馬鹿でかいイモムシ一気食い」

は、通常状態ではちと無理かな… と… (^^;

ある人にとっては、それと同じ様なカテゴリかもしれん…
だけど、一応高級食材って事でアタシラなんかの一般庶民としては、
憧れ的な感覚もある料理に
「すっぽんまるごとコース」
ってのがあるんだわねぇ~~♪

滋養強壮に最高!

しかも「鍋~雑炊」のうまさに至っては…

みたいな話って結構聞く…

今調べてみると、だいたいコースで6000円~8000円
すっぽん丸ごと一匹のコースで、12000円(人数関係なし)
(ちょっと高級になると、一人前10000円とかもあるけど…)

う~~~~ん、思ってたよりは高くないね(^^;
普通のコース料理と同じくらいじゃん?

でもまぁ、「今日はなに食べる?」で、
普通に「すっぽん」は出てこないやね(^^;

実はアタクシすっぽん料理を食べに行ったんじゃないんです(^^;

普段は「すっぽん料理」はないお店なんですが、
その時は、特別に予約が入っていて、調度「すっぽん料理」を
出すところだったんですねぇ~

そしたらさぁ~ (^^;
マスターが「ちょっと血、飲んでみる?」とか言うからさぁ~

そんなもん、断るわけないじゃん! うははは…

で、どんなんだったか?

もちろん、 血の味です!!!

なんて… (^^;

実際はそんなに血の味はしませんでした。
「生血」と言っても焼酎で割ってあってね。

グラスを口に近づけた時は、一瞬かなり生臭い臭いがしたんですが、
飲んでみると、そうでもないんですよ。

怪我をした時なんかに傷口を舐めた時ほどの「血の味」はしませんでした。(^^;

とは言え、ドロォ~~~~ッとしてますからねぇ~
(焼酎で割ってあるとは言えどんどん固まる)

「うぅ~~~~、血だぁ~~~~…」って感覚は堪能できまっせ!

まぁねぇ、早い話が「こりゃうまい!」って部類のモノじゃないわけでして…
じゃ、なぜそんなものを…って言うと、ご存知のように
「滋養強壮系」なわけですよね?

もしかして、これってやばいのかなぁ?
もう、目が爛々(らんらん)としちゃって夜も眠れない位なのかなぁ?
ヘタしたら、走り回らずにはいられない程になっちゃうとか?


なんて、色々考えちまいましたよ!
実際には、別になんともなく普通に眠れましたけどね… うははは…

とはいえねぇ、なんか「すっぽん」って全体的に薬効があるみたいですねぇ

参考:

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/gion-asi/supponkosu.htm




機会があれば、「すっぽん丸ごとコース」も行って見たいもんですな!(^^;
これからの季節… いいんじゃないのぉ~~~♪


「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
ここをクリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2006-12-04 10:42 | 恵を喰らふ!
『恵みを喰らふ!Vol.34【タコの卵】(別バージョン)』

えっと、(別バージョン)って書いたのは…


「たしか、前に【タコの卵】の事書いたよなぁ~」

って思ったからさ…

でもって、『恵みを喰らふ!』のカテゴリの所を調べたり、
記事の管理の所で調べてもそんな記事ないんだよね(^^;

よくよく見てみると、実はこのBlogで

『恵みを喰らふ!』

が始まったのは「Vol.8」からなんだね。
知らなかったよぉぉ~~(^^;

じゃ、その前の七個分はどこへ行った?
って話になるわけだけど、実は前身の「掲示板版」の方に書いていたんだね。
で、掲示板の方に行って調べてみると、な、な、な、なんと!

「タコの卵」って、『恵みを喰らふ!』の記念すべき第一回だったんだね。
驚き驚き… って事で、まずはその第一回の記事の転載から…

ってここに融合するのはもったいないので、一個前の記事にしちゃいました。

つまり、ここまで書いたところで、昨日の記事を作ったわけ…
ウハハハ…

さて… で、「タコの卵」の別バージョンだけど…
食べたのはこんな感じ…

a0018005_937486.jpg

携帯だから、画像はイマイチだけど、
そうね、ぱっと見 「イカ飯」みたいな…
「ゆで卵のでかいヤツ」みたいな…(^^;
そんな感じ…

おなじ「タコの卵」なのに、昨日の記事のヤツは
「ぶどうの房」みたいな感じなのに、まったく見た目からして違うのよ!

なぜ、こんなに違うかってぇと、「房風」になる前の状態が
こんな感じらしいのよね。

早い話が、卵を産む前の状態をタコの中から取り出したモノなのさ!

「房状」の方は既に体外に出た状態って事じゃないかな…

この事からもおわかりいただけますように、
「房状」の方が希少価値は高いわけですよ。

だって、体内にまだある場合は、タコ自体を獲ったら入ってますからね(^^;

さぁ! でもって、味のほうはいかに!!

まぁね、それ自体にはそんなに味はないのよ。(^^;
煮物なんでねぇ~ 煮物の味といえばそれまで…

でも、食感がおもしろいね。一般的な魚卵類より更にキメが細かい感じね。
ミリ単位以下位に小さいから、「粒」として感じない位…

ちょっと「サトイモの煮物」を彷彿とさせる食感…
若干のねっとり感がありますね。

でも、その極小粒の一つ一つが生命体になるかと思うと
ちょっとおそろしさってぇか、自然の偉大さを感じるね。

なんて、そんな高尚な事を考えながら、

「こりゃなかなかの珍味だね!」なんて思いつつ、
頬張ってるんだから、笑っちまう…(^^;

まぁねぇ、それだけの数の卵を産むって事は、
いかに他の生物の餌になってしまう確率が高いかって事だからね。

「美味いじゃん!」とか言われて、
アタクシのおなかに入った方が幸じゃん! そうじゃん!… (^^)ウハハハ…


この状態の「タコの卵」は割と市場に出回るみたいですな!

「たこまんま」とか言われてるらしいよ…

なんか「ごはん」に食感が似てるからだとか…
確かにわからなくもないかも…
まぁ、ほんと「ごはん」よりは極小粒だけどね。


って事で、「タコの卵」2バージョン制覇しました(^^;


言わずもがな、この「タコの卵」も「例のお店」で食べたのですが、
最初に「刺身盛り合わせ」を頼んだら…


「【幻の魚】がちょっと入ってるから…」

とか言われて…

「あ、これかな?」

ってのが、ちょっとハマチのような、カンパチの様な…

きたぁ~~~~~~!!

「シマアジじゃないっすかぁ?」 => 参照記事

と、ちょっと得意げに言ったら…

「違う違う、アジ、マアジ… 」

と…

なんでも、めったに獲れない「巨大アジ」がいるらしい…
しかも、でかいのに「大味」にならずたっぷりと脂がのるんだとか…

う~~~~ん、「シマアジ」に続く衝撃…(^^;


いや、意識してたわけじゃないのよ、ほんとに…
ついつち、口をついて出ちゃったのよ!

「マスター! こりゃもう、アジの味じゃないね!」

って…

そしたらさぁ~

カウンターの隣に座っていたお客さんに

「それはちょっと寒いんじゃないの?」

みたいな事いわれちゃってさぁ~ (--;

ほんと、言い始めたときは意識してなかったんだって!
言い終わる瞬間位に、気づいたけど… (^^;


ってわけで、「タコの卵の煮物」オススメです。



「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
ここをクリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2006-09-28 09:37 | 恵を喰らふ!
『恵みを喰らふ!Vol.1【タコの卵】』
先に予告しちゃいますが、次回のネタも【タコの卵】です。

でもって、鋭い方はお気づきの事かと思いますが、
前回の『恵みを喰らふ!』は 「Vol.33」なんですね。

所が今回、いきなり「Vol.1」…

その辺りの詳細も次回に譲るといたしまして。
早速行ってみましょう!

つっても、昔書いたのを転載&編集しただけなんだけどね(^^;

しかも、書いたのは3年も前… (@_@)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「恵みを喰らう! Vol.1」2003/11/18 17:16


「恵みを喰らう!」…

ちょっと珍しくて旨いものを紹介してしまおう!
ってな企画ですかな・・・

とは言っても、大丈夫!
超高級食材とかは出てきません!

料理番組や旅番組でおいしいもの紹介されてるの見るのも大好きですが、
どうも、「どっちの料理ショー」はいけません。
だって、あの番組で使っている食材は簡単に手には入りませんからねぇ~~

ま、最高級の食材は手に入らなくても、作り方とか
参考になる時もあるのでたまには見たりするんですけどね。

そこで、あまりスーパーとかでは売ってないけど、
たまたま居酒屋で・・・とかネットで探せば・・・とか
そんなレベルのものを紹介できたらなぁ~と思います。

もちろん「そんなの知ってるよぉ~」って方もいらっしゃると
思いますが、「へぇ~そんなのあるんだ。今度食べてみよ」
って方がちょっとでもいればうれしいかな・・と・・(^^;

で、その一回目・・・
「たこの卵」

見た目はぶどうの房の様な感じです。
って…
あっ! 書いてて思い出した!

そうそう、昔、テレビのCMでありましたねぇ~
「ぼくたこの赤ちゃん! うんしょうんしょ…」ってやつ…
あれって、そんな感じのたこの卵が映っていた様な気がしてきました。

だから、魚卵のように一粒一粒が分かれてないんですよ。
一房に細長い卵がいっぱいぶら下がっています。

でもって、自分が食べたのは「だしつゆ」に浸かってる感じの
物だったんですが、プチっと噛むとそりゃもう濃厚なとろっとした中身が、
これまた濃厚な旨みといっしょに口に広がります。

めちゃくちゃ日本酒に合うんです!

う~~、書いていてよだれが・・・(--;

イクラのような魚の生臭さっぽいのが希薄なんですよね。
その分濃厚な旨みが際立ちます。クリィーミーな感じです。

また、ちょっと珍しいから気分も高揚しますし、
形から目も楽しませてくれます。

産卵の時期ってのがきっとあると思うので
旬があると思いますが、自分が食べたのは夏前位だったかなぁ~

いかがでした?食べたくなりました?
そんなにたくさんネタがあるわけではありませんが、
時々やってみたいと思います。

う~~、たこの卵くいてぇ~~!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

って事で

『恵みを喰らふ!』第一回目でした。(^^;
しかも「喰らふ!」じゃなくて「喰らう!」だったのね。

なんだか、今読んでもうまそうだねぇ~

思わずよだれが… (^^;


でもって、「これこそ写真があった方がいいよなぁ~」と思ったんで
探したんだけど、なかなかないんだね。

雰囲気がわかるのがこれ…

『北海道食の旬暦』


やっぱりうまそう…


「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
ここをクリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2006-09-27 10:04 | 恵を喰らふ!
『恵みを喰らふ!Vol.33【しまあじ】(神田 鮨久 Part2)』

先週末、すっかりお気に入りになった

『【 鮨 久 】@神田 』

に、またもやお邪魔してきました。

ほんとならさぁ~ 「旬」の魚もちゃんと勉強して、
「今まさにこの魚…」なんてのを注文するっていう
ちょっと通っぽい食べ方もいいのかもしれないけど…

そんな事するなら、やっぱりマスターにお任せするのが一番!

「旬」の魚はもちろん、なんつったってその日あるネタで
一番旨い物を知ってるのは、マスターに他ならないから、だからね(^^)

あれ? でも、鮨屋さんだとやっぱり「マスター」じゃなくて、
「大将」って呼んだ方がいいのかな? でも、ちと、恥ずかしい… (*^_^*)

「マスター」で行きましょう!(^^;

前回行った時もさぁ~ 結構混んでたのよ。

だからね、「一応予約しておいた方がいいかなぁ~」と思って
昼間電話してみたのさ…

そしたらさぁ~ もうカウンターは満席だって言うの(;_;)

やっぱり、お鮨屋さんの醍醐味はカウンター席じゃん!

絶対そうじゃん!

でもまぁ、座れないよりマシだからさ、
ちょっと残念だけど、仕方ないやね。

って事で、ほぼ予約の時に告げた時間通りに
お店の前に辿り着くと、

お店の前になにやら、怪しい人影が…(^^;

なんだか知らないけど、マスターったら、お店の前で
ウロウロしてまして…(^^;
(体操でもしてたのかな?)

微妙にこっち見ては、会釈のような事してるんです。
さらに近づくと…

「遅いじゃないですか!」

と…

「あれ? なんでばれたんだろう…」(^^;

いやね、実は予約の時名前を言ったのですが、
単に名前を言っただけだったんです。

そしたら、マスターったら、「あれ、もしかしたら…」
って事で、着信履歴から調べて、

「kizz_armyがくるぞ!」

ってわかってしまったんだってさ… やってくれますねぇ(^^;

しかも、お店に入ると、なぜか予約の席がカウンターになってまして…
なんかやりくりしてくれたみたいです。 感激!!m(__)m


さて、話を元に戻して、「マスターにお任せ」の件(くだり)から…(^^;

まぁ、「肴」用の御造りから始まったわけですが、
びっくりしたのが「ハマチ」よ「ハマチ」…

その歯ごたえと来たらさぁ~
やっぱりねぇ、「身の締まり」ってのが鮮度の尺度だね。

いわゆる「だれてる」のは駄目よ…
って、普段はわからないんだけどさぁ~ アハハ…(^^;

こうもあからさまに違いのあるものを食べさせられると、
びっくりしちゃうよね。ほんとに…

でもって、なんかしらんが「どれを食っても旨い」
どれも食べるのが惜しくなるくらい…

「どれから食べるか?」
「どれを最後に残すか?」

葛藤に次ぐ、葛藤でございます。(^^;

ホッキ貝なんか、「知床」で食べたのより旨いかも!って位だし…
イカも甘いのなんのって!
赤貝の旨味の来たら…
シメ鯖の、シメ具合に至っては…

ほら、別にがんがん酒呑むわけじゃないじゃん?

だから、もう続けて「握り」に行っちゃうわけ…
でもって、「握り」もまぁ、出るもの出るもの、
驚愕のうまさですわ! (^^)

「いわし」はとろけるわ!
「しゃこ」は身が厚いわ!


そうそう、途中で「しめ鯖焼き」っての出してくれたのね。
「お造り用のしめ鯖」を単に焼いただけ
って言うんだけど、まぁ、これが又おいしい!

酢の酸味がすごく自然なのよ。最初から「そういうもの」みたいな感じ…

大、大、大満足でした。

そんなんだからさぁ~
お客さん来るのよ。
入ったときには既に満席に近かったからね。
結構な数のお客さん断ってました。

たらふくおいしいもの食べてたからねぇ
せっかく来たお客さんに、なんか申し訳なくなっちゃいました。(^^;


ふぅ~~、 行ってよかった(^^)
でもって、予約しといてよかった(^^)


さて、帰り際…
やっぱりこれだけおいしかったら一言言いたくなります。

kizz_army:「いやぁ~ ハマチ最高でしたよ! ちょっとびっくりする位に…」
マスター:「いや、あれはハマチじゃなくて、アジよ…」
kizz_ary:「え? ん? あの御造りに入ってたやつですよ?!」
マスター:「そう、あれね。アジなんだよ シマアジ…」
kizz_army:「えぇぇぇぇぇ???????」(@_@)
kizz_army:「ハマチでも相当おいしい部類だと思って食べてましたよ」



そうなんですねぇ~
最初に「びっくりするほどおいしいと思っていたハマチ」は、実は、

「シ マ ア ジ」

だったんです。(^^;


これはまぁ、びっくりしたのと同時に、知らないってのはあかんなぁ~と…
でも、ほんと「すごくおいしいハマチかカンパチ」だと思ったんだもん!


って事で!

「シマアジ」&「鮨久」 オススメです。


なことやってたら、土曜の夜… 又熱出ちゃいました(^^;
咳が出るようになっちゃったよぉ~~ん♪


「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
ここをクリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2006-09-11 11:22 | 恵を喰らふ!