★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★ 最新KIZZ 情報!! (09/02/02 更新)
★     
★   『 お知らせ~ [KIZZ]は活動停止します ~ 』
★     
★   kizz_armyでございます。

★   約7年半に渡り、ご愛顧いただきました
★   KISSトリビュートバンド 【KIZZ】ですが、
★   2008年末を持って、活動を停止する事になりました。

★   既にライブも決定している中での決断だったため、
★   関係各位には多大なるご迷惑を
★   お掛けしたことを改めてお詫び申し上げます。
★   
★   まさに、「語りつくせば尽きないけれど…」と
★   言った思いではありますが、
★   またいつの日か、違った形になるかもしれませんが、
★   なんらかの形でみなさまとお会いできる日が来る事を
★   ちょっと期待して…

★   ほんとうにいままでありがとうございました。
★   皆様の KISSライフが 更に充実する事を願いまして…


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

《ニュース!!》
   『KIZZ』の出演している映画がありました!
   タイトルは「スペースポリス」

   詳細は該当記事にて…
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

≪クイックリンクコーナー≫
【KISS トリビュートバンド [KIZZ]】 ホームページへ…
【Charトリビュートバンド[Smoky]】Blogへ…
kizz_armyへのメールはkizz_army@hotmail.comまで…
「kizz_army」のジャンル別Blogリンク!!
興味のあるジャンルのタイトルをクリック!! (^^)

== フォトリーディング&マインドマップ活用の読書記録 ==
<< 知識増量堂 ブックセンター >>

==世界遺産を見たぁ~~~~いい!!==
≪ 世界遺産に魅せられて… ≫

==日常を向上させるヒントや情報のBlog==
≪ 日 常 向 上 旅 団 ≫

==映画鑑賞専用Blog==
≪シネ、シネ、シネマ団≫

==コンサートや、観劇、スポーツ観戦のBlog==
≪鑑賞、観戦、観劇…やっぱり生がいい≫

==テレビ観賞専用Blog==
≪テレビっこ、世にはばからせていただきます。≫

==食べ物の情報、食い物屋の情報等のBlog==
≪マスタ! おまかせでお願い!≫

==きれいな日本語を話したい! って事でそのまんま!==
《きれいな日本語を話したい!》

カテゴリ:お酒( 16 )
『 風林火山「甲斐の地酒のみくらべ」ふろしきセット 』
『 山梨県立博物館 』

『 甲府善光寺 』

『 武田神社 』

『 山梨県立美術館 』

『 甲府城 』

と続いてきた 「山梨箱物巡りの旅」も、考えたら
昨日で終わってました。 ウハハハ…

しかも、結果的に「甲府城」なんて全然箱物じゃねぇし…(^^;

さて「甲府城」へ向かう時、甲府駅前を通るんですね。
ってまぁ甲府駅付近の駐車場を使ったからなんですが…(^^;

(後で知ったのですが、ガイド本には「駐車場なし」となっていた
「甲府城」…実は駐車場あるみたいです。(--; )

で、甲府駅の駅ビルって「エクラン」ってのがあるんですわ

そこにね、フラッと入ってみたんだけど、
こんなの見つけちゃったんだわさ…


『 風林火山「甲斐の地酒のみくらべ」ふろしきセット 』


a0018005_948548.jpg


これがさぁ、単なる「企画みやげ物」かと思いきや、
4本全てが「純米酒」と言う、若干のこだわりを感じる商品! (^^)

だいたいこう言うのって「本醸造」あたりを抱き合わて
お茶を濁すパターンが多い中…

「お! これいいじゃん!」

と思わせてくれる内容(^^)v

その内容は…


風:甲斐の開運(河口湖町) 純米酒
林:七賢(白州町台ヶ原) 純米酒
火:春鶯囀(増穂町青柳) 純米酒
山:谷桜(北杜市大泉) 純米酒  

各180ml 1本


となってまして…

「七賢」なんて山梨じゃかなり有名だからねぇ

これが、「風林火山」の例の文字を染め抜いた
風呂敷に包まれてるわけなんですな

なもんで、ゲットしてみました!


この商品… もう一点魅力を感じたところがありまして…

それは!!

「飲み比べ可能」だって事!


「利き酒」じゃないけど、いろいろ飲み比べてみたいって事ありません?

まぁねぇ、お酒に強い人は普通にお店でもいろんな種類を試すって
ことが出来るかもしれませんが、アタシャそれは無理!(^^;

かと言って、家に一升瓶並べて飲み比べやるほどじゃないじゃん?(^^;

でも! このセットだったら

「あなたも 気軽に飲み比べが…」

みたいな感じジャン!!! (^^)



更に! 普段から割りと「結構味がわかりますよ派」を気取ってるわけでしょ?

一口ずつ飲み比べて、その繊細な違いを堪能しながら、

「なるほどね、これは若干淡麗なつくりなんだ…」

とかつぶやきながら、超自己満足な世界に浸りたいわけじゃん! (^^;

って事で!!!

早速、実行してみましたよ!(^^)


山梨の厳選純米酒、4種飲み比べ!!


一通り、飲み比べた後に思ったことは…


「う~~~~ん、 よぉわからん!」


みんなそれなりにうまいんだわ!

劇的な違いはわからないんだなぁ~~ (^^;

(ノ∇≦、)ノ彡☆ キャハハ!!バンバンッ!!

笑っちゃうよね。


「う~~む、結局アタクシの味覚なんてそんなもんか…」と… (^^;

そんな結論に達した、2月の寒い夜でございました。


でもまぁ、これだけでも相当楽しんでる感じでしょ?(^^;

このセット、金2000円也でございまして、
充分以上に元は取っているかな…ってね。


って事で! この「風林火山 純米酒セット」に興味の出てきた方…

通販でも買えるみたいなんで、ご検討くださいな(^^)

楽天市場 虎屋リカーショップ 風林火山特集
Webページ=>http://www.rakuten.co.jp/toraya/750095/750099/
[PR]
by kizz_army | 2008-02-20 09:52 | お酒
『 ニッカ 余市 カスク 15年 』

世の中ってのは、不思議なもんです。

言葉に出した瞬間に一気に世界が広がるって事があるんですね。


まぁ、ちょっと違うけど、以前「尿管結石」の話をしたことがあります。

その時も同じような事がありました。
それまであまり「尿管結石」なんて言葉自体聞いた事なかったものが…
各所で、「いやぁ~尿管結石で入院しちゃって…」なんて話をすると…
まぁ、出るわ出るわ…

・だれそれがなったことがある
・ビール飲むといいらしいじゃん?
・スカイがいいらしいよ?
等… 等…


なんだよ! 結構みんな知ってるんじゃん!! みたいな… (^^;

そんな感じわかります?

さて、今回は「カスク」って単語でのお話…

えっと、前回話題にしました「サントリー 山崎 オーナーズ カスク」

初めて「カスク」ってモノを経験した、わずか四日後…

「えぇ? なんでそんな人と知り合いなの?」

って感じの、素性(笑)をお話しすると、「へぇ~~!!」って
なっちゃう様な方と、飲み会を催しましてですねぇ、
例の「鮨久」さんへと、お邪魔したんですよ。

その方、仮にMさんとしておきますが…(^^;

例のごとく、「なんだこれ!」って位にうまいネタを
食わせてもらってですねぇ(^^;
(またその話も後日しますが…)

気分よく話に華を咲かせていたわけなんですよ。

そりゃ、うまいもん食ってりゃ話も弾むってもんです。

でね、Mさんもそっち方面嫌いな方じゃないんで、、
早速、数日前に出会った「カスク」の話を、
声高々にしてあげたわけですよ(^^) アハハ…

その時も、当然カウンターで盛り上がっていたんですが…

そしたらさぁ~

「鮨久」のマスターがさぁ~

「これ、もらったものなんですけどね…」

って言って、
おもむろに、カウンターの隅に置いてあった、
小さめのボトルを出して見せてくれるわけですよ。

そのラベルには、

「 余市 カスク 15年」と言う大き目の文字と…

樽番号が燦然と輝いておるわけですよ…

「余市」と言えば、「ニッカ」のシングルモルトブランドの代表格…

最初は単なる「余市」のミニボトルかと思ったんですが、
きっちりと、「カスク」の文字がっ!!!


「なんかね、蒸留所の樽から直接このボトルに詰めたものらしいんですよ」

なんてすごい事を言いながら、おもむろに
ガラスのお猪口にその琥珀の色の液体を注ぎ始めました。

あっという間に、「余市 カスク 15年」は、
ボトルの中から、アタクシとMさんの目の前移動したんです(^^;

「えぇ?? いいんですかぁ??」

と、言いながらも、そのラッキーさ加減に打ち震えながら、

ひとペロ… ふたペロ…


すいませんねぇ~ いつもおんなじで…(^^;
まいどおなじみのセリフを吐かせていただきます。

なんじゃこりゃぁ~~~~~~~~!!

でした… (^^;

蒸留所ごとにそれぞれ特徴があるからこそ、その世界がおもしろわけで、
一概にどっちが いい/悪い ってな話はできないわけですが、
この「余市 カスク 15年」は ヤバイ! (^^;

ちょうどねぇ、『 スプリングバンク 21年』
飲んだ時の感じにすごく似てるんです。

えもいわれぬ、カラメル味っちゅうか 蜂蜜味っちゅうか…

「山崎 オーナーズ カスク」も衝撃的だったけど、
もしかすると、「ちょっと上回るかぁ?」って位の至福の味でございました。

ね? 不思議でしょ?

たった数日の内に、それまで一度も口にしたことのなかったもの…
しかも、「そんなモノもあるんだなぁ~」って思っていたものが
一気に押し寄せてきたわけですからね。(^^;

「言ってみるもんだ」ってのは、ほんとうにあるんですわ!


しかぁ~~~~~~し! この「カスク」ってのは、最大の弱点がありまして…

まぁねぇ、これぞ「諸刃の剣」ちゅうか、「表裏一体」っちゅうか…(^^;

あのね、その時もちょうどその小瓶に少し残っていたモノだったんですよ。

つまり!

「もうあの味には絶対に出会えない」

っていう、そりゃもう、絶対的な悲しさを最初から宿命として背負っているのが
「カスク」だったりするわけです。

「ひと樽モノ」ですからね。 同じものは金輪際ありえないわけなんです。


そんな悲しい宿命に思いを馳せ、
名残惜しそうに飲み終わったお猪口に視線を移しますと、
ガラスのお猪口は、真っ白… スリガラスの様に白濁しておりまして…

実は、この「白濁」も「本物」の証…
加工してないウィスキーって、中の成分により「白濁」するものなんですよ。


そんな情景も、さらに名残惜しさに輪をかけるわけじゃぁございませんかぁ!!
グッスン… (T_T)


ふぅ~~~~~~~… まいったまいった! (^^;


さぁ! って事で! たまたま行ったショットバーとかでも、
「CASK」とか「カスク」とかって文字を見つけたら、
「あぁ、あれかぁ~~」って事で、
ちょっと試して見てはいかがでございましょうか?

ただし!! アルコール度数は大体60度を超えますんで、
くれぐれも飲みすぎにはご注意くださいね。(^^;


この記事を読んだあなた!!

しばらく、みょぉ~~~に「カスク」って言葉が
頭から離れない事、請け合いでございますよん♪ ウフッ!…
[PR]
by kizz_army | 2007-07-17 09:59 | お酒
『 サントリー 山崎 オーナーズ カスク (後編)』

『 サントリー 山崎 オーナーズ カスク (前編)』
の続きです。


さて、「焼酎とホルモン焼き」のお店で出された
いつもとは違う、ちょっと小さなメニュー…

チラッと「カスク」の文字が…

だけどさぁ~ そんな所にそんなもんがあるとは思わないジャン?

実は、最初は、そのメニューもろくすっぽ見ず(^^;
かるぅ~~~~~~~く、スルーしてしまっていたんです。ウハハ…

だけどね、バックカウンターにも同じものを指し示すと思われる、
テーブル用のPOPメニューがあってね。

どうやら、本当にあの「カスク」…
つまり「ひと樽モノのウィスキー」を置いているらしいのよ。

なもんで、ちょっと興味を示していると、
最初にくれたメニューを再度見せてくれました。

そしたら、なんと、あの、サントリー山崎蒸留所の「カスク」
限定177本

うぉ~~~~~~!! なんてこった… こんな所でこんなモノに出会えるとは…

ちょっと高級感漂うショットバーならわかるよ?

なぜに「ホルモン焼き屋」で? (^^; って事ジャン?

こりゃもう、飲むしかないよね。 でしょ? でしょ?

最初はストレートで…

ひとペロ… ふたペロ…


なんじゃこりゃ!! 「極上…」


まいったよ! ほんと参った!!

しっかりと山崎らしさが残ったまま… いや、違うな…

山崎らしさを凝縮した… と言ったほうがいいかもしれん!

久々、うまい「モルト」を飲んじまった!

スモーキーなフレバーが、脳天つきぬきまっせぇ~~~!!


俄然興味でてきたんで、マスターに聞いたら…

「ひと樽」買っちゃったんだって! (^^; ギャハハ…すげぇ~~

早速調べました。

サントリーの「山崎」「白州」各蒸留所では
「The Owner’s CASK 」
として、樽売りをやってるんですね。

で、その値段が、だいたい1リットル 1万円…

つまり、マスターってば150万~200万位だして、
「樽買い」してきたって事になるわけですわ…

その時聞いたんですよ。

「マスター! そういうの好きなんですか?」
って…

「好きなんですよ~~」 だって…

そりゃそうだ! じゃなきゃ、買わんわ! (^^;

普通にお店でショット売りもしてたんだけど、
「ボトルキープ」&「ボトル持ち帰り」ってのもやっていてね。

買ってきちゃいました。 ボトルで… (^^)

a0018005_2354129.jpg



どうよ? すごいっしょ?

あのね、「樽売り」って言ってもね、こうやって
全部をボトルに詰めて、化粧箱に入れて、さらには
「樽の番号」やら「ボトルのシリアル番号」やらが記入された
「証明書」まで付けてくれて、山崎から送ってくれるらしいんだよね。

まさに、「オーナーズ カスク」の名にふさわしい 高級品…

で、さすがに「原酒」だよねぇ~~

そのまま飲むと、アルコール度数 62度…

「うまい、うまい!」

なんて言って、調子に乗って飲んだら、
何年かぶりで気持ち悪くなってしまいました。 (T_T)

しょぉもなぁ~~~~~~ (^^;

しかしまぁ、衝撃的なうまさだったなぁ~

買ってきたボトルはまだ開けてません。
ちょっと、飲むのもったいないくらいだもん… (^^;

でも、せっかく珍しいもの手に入れたんで、
小さなボトルに入れて、こういうの好きな知り合いには
少し味見させてあげようと思っております。

「振舞い酒じゃぁ~~~~~~~~~~~~!!!」


しかしまぁ、世の中って不思議なもんやね。

それから、たった五日後… なんと別の「カスク」に出会う事となるわけです…

しかも、寿司屋で… (^^;


今まで、自分の住む世界にはあまりなじみのないものが
一気にある時期に集中する…

そう言う事って時々ありますよねぇ?

でも、ほんと不思議…

さぁ! その「NIKKA 余市 15年 カスク」の話は、
また後日…
[PR]
by kizz_army | 2007-07-13 09:50 | お酒
『 サントリー 山崎 オーナーズ カスク (前編)』
----------------------
サァ、イラハイ、イラハイィ~~!!

ホラホラ、そこのオネェサン!

もう一歩前に出て見てって!

そして、聞いてって!

これにとりいだしましたる一本のボトル!

「The Owner’s Cask」

と申します!

「ザ」じゃないよ、「ザ」じゃ…

「ディ」だからね。「ディ」ね。

「母音」の前の「THE」は「ディ」だからねぇ~

とにかくね、おねぇさん、と・に・か・く、

今日は、「カスク」って言葉だけでも覚えて帰ってよ

絶対に損はしないからさ…

さ、さ、さ、もう一歩前に出てね。

後ろのお客さん見えなくなっちゃうからさ…

----------------------





とまぁ、「カスク」ってなんぞや? って話ね(^^;

その筋にちょっと興味がある方はご存知かもしれませんが、
まぁ、普通に生活してる分にはあんまり聞かない単語かもしれませんね。

「シングルモルト」ってなジャンルのウィスキーがあります。
当店でも、何度か扱ったことあります。

『シングルモルトのススメ』

『シングルモルトのススメ 2!!』

あたりね。

他にもあるんで、「お酒」なんてカテゴリを探してみてちょ…

あんまりお酒に興味がない方でも、さすがに今時
「山崎12年」なんてのは、一度は聞いたことあるんじゃない?

どうよ?(^^;

ジャパニーズシングルモルトウィスキーの代表格
と言ってもいい位のブランドね。

ウィスキーって樽で熟成されるわけじゃん?
あのウィスキーの色自体樽に入れて初めて付く色だし…
でまぁ、あれって、サントリーの山崎蒸留所の12年ものの
たくさんある樽をブレンドして、「山崎12年」ってブランドの味にしてるって
感じなわけなのよね。

でね、「カスク」ってのは、「樽」って事で、
純粋な「一樽」ものの事を指すわけよ。

だから、山崎に限らず、各蒸留所毎に「カスク」って存在するんさ…

本当に、純粋に、ひと樽の原酒って事なのさ

でも、あまり一般的じゃないというか、普通に出回らないというか、
一応希少価値があるわけよ!

当然、
「そんなんがあるってのは知ってるけど、飲んだことはないなぁ~」
って事なのさ…

さぁ! ここまでを念頭に置いての本題… (^^;


実は、最近、またもや「いい店」見つけちゃってサァ~ (^^)

「ホルモン焼き屋」さん、なんだけど、「焼酎屋」さんでもありぃ=の、
更に、「梅酒」の種類も盛りだくさん…

「ホルモン関係」も、なんか変わったもの置いてあってサァ~

「おっぱい」とか「心臓の弁」とか「どっかの動脈」とか… (^^;
「ハラミ」のうまさときたら、劇的…
かなりいい「ヒレステーキ」でさえも、足元にも及ばないくらいのうまさだったわ!!

カウンター10席位しかなくてね。 この前なんか2時間位待っちゃったよ(--;

まぁ、そうは言っても、席が空いたら携帯に電話してくれるシステムなんで
いろいろ用足しもできるから、そんなに苦にはならなかったんだけどね(^^;

まぁ、そのお店の話はまた機会があれば…
ほんとはあまり教えたくないんだけど…(^^;

で、最初に渡されたメニューの中に、
いつものメニューより一回り小さいメニューが…


って、長くなってきたから、一応分けよっと… (^^;

前編はここまで!
[PR]
by kizz_army | 2007-07-13 09:44 | お酒
『 赤いスパークリングワイン 【10V スパークリングシラーズ】』
先頃、話題沸騰だった「赤いシリーズリメイク版」の最新作!
「赤いスパークリングワイン」の登場です! って、嘘… (^^;


ちょっとおもしろいワインを飲んだのでご紹介します(^^;

つっても、もらい物なんだけどね。ウハハハ…
オーストラリアのお土産としてもらいました。

ご存知のように、「シャンパン」ってぇと、今や
「フランス、シャンパーニュ地方で作られたある基準をクリアしている発泡性ワイン」
のみに使える呼称だと言うのは割りと一般化してきてますよね。
テレビあたりだと、この辺だいぶ徹底されて来てるみたいだよね。

抽象的表現だけど「ちゃんとしたシャンパン」となると、
まあ、値段もそれなりだぁね。

だけど、「シャンパン」vs「スパークリングワイン」って言う
単純な分け方だとこれが又困るんだよね(--;

なんでかっつぅと、「スパークリングワイン」って言っても、
「自然発酵により炭酸を含有しているモノ」

「後で人工的に炭酸を添加しているモノ」
があるんだよねぇ~

昔からクリスマス辺りになると、
やっすぅ~く雰囲気だけ味わえるようなのは断然後者が多いわけです。

まぁ、明記してあるものもあるけど、「だいたい値段みりゃわかる」
って感じですかね(^^;
それにしたって、見ただけでわかるちゃんとした名前の区別が
あってもいいような気がするんだけどなぁ~

さて、で、そのお土産にもらったのは、「10V」って
ボトルに大きく書いてあって、瓶の形もラベルとかもそれなり…

なもんで、それなりの「前菜(つまみ)」を用意せにゃならんでしょ!(^^)

つっても、なんやかんや作るのもめんどっちぃので、
仕事帰りに某デパ地下に行きまして。
「生ハムサラダ」「トマトとえびのサラダ」をゲット!
あと、チーズも食べたいなぁ~ って事で例の「チーズ王国」へ…

ざっと眺めたけど、やっぱり目に入るのはアオカビ系…
「ロックフォール」が妥当かなぁ~~ と思って眺めるんだけど
高いんだよねぇ~これが…(^^;

100gで¥1400位だからね(--;
一番ちっちゃいカットで、800円弱

ふとその脇を見ると、「!!! どっかで聞いた名前」が…

『恵を喰らふ! Vol.14【ブルーチーズ】』

で紹介されております。

「クラッハ・グラン・クリュー」が…

こっちだと、100gで1600越
一番小さいカットで、800円強
やっぱ、たっけぇな(^^;

う~~~~~~~~、迷う!!

「ロックフォール」の臭さも捨てがたいし、
「クラッハ・グラン・クリュー」、うまかったしなぁ~

決められない(--;

「チーズ王国」の冷蔵ショーケースの前で
仁王立ちになったまま動かなくなりました。

どっちにしようかなぁ~~~???

とそこへ、「チーズ王国」の店舗エリアの端の方から
視界に入ってきた、妙にあわてているオヤジ…(^^;
手には小さめのコロ付キャリーバッグ

なにかひとつ手にとった後、アタクシの横に来て
従業員のおねぇチャンに、一言…

「ロックフォールのちいちゃいやつ頂戴よ…」

おねぇちゃんは、小さめのやつを手に取ったのですが、

「もっと小さいのでいいよ」 と…

そして、おねぇちゃんが手を伸ばしたのは、
今まさに、アタクシが手に取ろうと思っていた
「ロックフォール」の一番小さいカットのヤツ…


あ”ぁぁぁぁぁぁぁぁああああぁぁぁあぁぁぁぁああああっっっっ!!!!


アフターフェスティバル!! 「アトノマツリ」でございます。

おかげで、迷う必要がなくなりました。 ありがとう!(嘘)
クショォ~~~~~、やられた!! (T_T)

ちょっと高いけど、「クラッハ・グラン・クリュー」を手に取る
kizz_armyであったのでございます。(--;

でもって、一緒に買ったのが「クリスプブレッド」ってな、
クラッカーみたいなヤツ…
奇遇な事に、「オーストラリア産」…(^^;
これに、チーズを乗っけて食べるんだぁ~


ふぅ~~~~~~~っっ… やっとワインの話だ…(^^;


まぁ、一応それなりのオードブル的なモノも調達できましたんで、
いよいよ、「10Vスパークリング」を開栓いたします!

よく、この手のモノを開けるときに、派手に音を出して
栓を飛ばしたりしますが、あれは正式なところでは大NGですからね。(^^;
あと、家だと蛍光灯とかに当たるとほんと危ないので気をつけましょう!

しずかぁ~~に、音がなるべくしないように開けるのがGood!って事で、
慎重に開栓いたします。
(まぁ、別に家でそこまで慎重にやるこたぁないのですが…)

そしたらさぁ、栓がちゃんとコルクだったんだよね。
割とちゃんとしたモノの様です。

これも大きなポイントだよね。
やっすいのは、プラスチックだったりしますからねぇ~

でもって、グラスにそっと注ぎます。


うわっ!!!! なんじゃこりゃぁ~~~~~~~!!

かぁ~~~っっ! びっくらこいた、オラ、自分が何か間違ったのかと思った…

はたまた、なにか世間的な大きな間違いか、
怪奇現象が起きたのかと思っちまったわい!


だって、グラスに注がれたその液体は、「赤ワイン」だったんだもん!!

普通スパークリングワインつったらねぇ= シャンパンに代表されるように
黄金色(又はほのかなロゼ色)の液体を想像するじゃん!

それが、いきなり血の様な赤が出てきてみ?
そりゃおどろくっちゅうねん!

なんと、赤ワインのスパークリングワインだったんですねぇ~
ここまでもろに赤ワインのスパークリングって初めてかも!!

ちょっと甘いけど、それなりにうまかったよ。
でもって、敢えて言うなら「炭酸ブドウ液」だね(^^; アハハ…

みんなで、ワイワイいいながら飲むにはもってこいな感じ…
パーティー向けワインって趣でございますよん♪
ちょっとギリギリだけど、クリスマスなんかには最高なんじゃん?
でも、妙に酔っ払った。(^^;

つまみは、「クラッハ・グラン・クリュー」

やっぱ、これ美味いわ!

なんとも言えない、濃厚な旨味があるねぇ~
値段だけの事はある?

てなわけで、こんな感じの食卓になったわけです。

a0018005_9292073.jpg

グラスの下のほうの茶色いのが「クリスプブレッド」ね。
左がちょっと手を加えた「生ハムサラダ」。
右側が「クラッハ・グラン・クリュー」です。

画像には写ってないけど、
実はこの後のメインディッシュは「ビーフシチュー」(^^)

あの「シャトルシェフ」を利用して、
三日間煮込んだ「ビーフシチュー」… (^^)v

生マッシュルームどっさりの、
「ビーフシチュー」… (^^)♪

更に、デザートは「Pastel」の「なめらかプリン」

家にいながら、ちょっとしたコース料理な気分を
味あわせていただきましたとさ… (^^)

あぁ~ うまかった!


あ、そうそう「10V スパークリング」も通販で手に入るようです。

「オーストラリア おみやげ宅配サービス」

なぜか、3本セットのみの販売なんだけどね。
他にも扱ってる所あるんだけど、3本セットってのも、値段も同じ…
有名な酒屋さんとかには、置いてあるのかなぁ?


「クラッハ・グラン・クリュー」はもよりの「チーズ王国」にて…(^^;

「Pastel」もどっか近くにあるっしょ?(^^;

であれよ、たまにゃ、家でコース料理ってのもいいよ!

デパ地下あたりで、全部調達すりゃいいんだからさぁ~

イタリアン系、フレンチ系の惣菜屋なんて、
そのまま若干コジャレタオードブルになるようなもの結構売ってるし…

スープだって、紙パックで売ってるじゃん?
ちょっと奮発するなら、有名シェフの缶詰とかあるし…

メインにする料理だって今いろいろ売ってるよねぇ?

しかも、結構美味そうな
「ロールキャベツ」とか
「ハンバーグ」とか
「ローストビーフ」とか
って、ああいった所の定番じゃん?

それで、最後の閉めに「寿司」食ったりもできるわけよ?

デザートだって選り取りみどり…


順番にあたためて食卓に運べばいいだけだからね。
これだったら、ワインもちょっと奮発してもいい位…
外で食べるよりはかなり安く済むはず!!

普段やらないだろうから、その時は
ちゃんとナイフ・フォークを並べたりしてさ…(^^;

クリスマスなんてどこ行ったって混んでるんだから、
これだったら、事前に用意しておく事もできるしね。

そういうのたまにはどうっすかね?

普段からやってる方にとっては、
別にどうってことないかもしれないけどね…(^^;


「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
ここをクリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2006-12-22 09:28 | お酒
『【ホットワイン】ついでに【たまご酒】』
どうやら、風邪を引いてしまったようです。(T_T)

ほんとに、今、風邪なんか引いておられんのです!(--;

月曜の午後位から喉に異変が…
火曜の朝には喉に激痛

便利な事に、昨今はコンビにでもトローチ位は売っているんでねぇ~
早速買って、舐めまくり…(^^;

でも、一粒30円位するのね(--; ま、背に腹は変えられんけど…

一応薬も飲んでみました。
しかし、これが効き過ぎるんだなぁ~…

いや、風邪の症状が緩和されるならまだしも、とにかく意識が朦朧と…(^^;


仕事にならん!


とすると、藁にもすがる思いで、いろいろ試したくなるのよね。
特に夜寝る前…

すぐに、思いつくのは「タマゴ酒」よね♪
でもねぇ~、アタシャ飲んだことないのよ!
おふくろさんの家系に習慣がないと、ほとんど経験することなく
大人になっちゃう事って結構あるよね。(^^;

次に思いついたのが、「ホットワイン」

なもん、単にワインをあっためりゃいいんだろ!

っとは思ったものの、一応ネットで検索(^^;

なんかね。ヨーロッパの方じゃほんとメジャーで、普段から普通に
飲まれてるんだってさっ!

でもって、ちゃんと名前があるのねんのねんのねん!


ドイツ」:「グリューワイン」
フランス:「ヴァン・ショー」
イギリス:「マールワイン」

で、こう呼ばれる時はね。
いろいろ入れるらしいのね。香辛料やらを…

多く目に付いたのが、


シナモン、グローブ、ナツメグ、オールスパイス

柑橘類の皮、蜂蜜、砂糖、しょうが等々…等々…

早い話、こうなってくるとカクテルに近いやね。
沸騰させないように暖めて、後は好みでスパイスとなるものを
加えるってな感じなんでしょうなぁ~~

単純に「ホットワイン」つったら、プレーンでいいじゃん!
そのまま、暖めて飲むのが「ホットワイン」でいいじゃん!(^^;

いろいろ入れるのは、それぞれカッコいい名前をつけてよ!
ってな感じよねぇ~~?(^^;

でもって、ちょうど余ってた甘口の赤ワインがあったので
電子レンジで暖めて飲んでみました(^^)

甘口の赤ワインってのも、始末にこまるよね(^^;
料理にも使えないし…

でもって、暖めると、これがねぇ~、割といける(^^)
結構癖になるかも…

普通で飲んだときより「果汁っぽさ」が際立つような気がするのね。
渋みが薄らぐ代わりに、「酸っぱさ」(酸味というよりも…)が出て来る。
「すっぱぁ~~~!!」って言いながら、飲む感じよ♪
まぁ、そのあたりは使ってるワインにも因るんでしょうがね。

あまり、「オサケェ~~~~」って感じはしなくなって、ジュースみたい(^^)
暖まるしね。そのマイナーぶりに比べて「価値ある一品」かもよぉ~~!


で、ついでに調べたのが「たまご酒」

料理関係のレシピをネットで検索する時に
一番面倒なのが、一般的な表記法が複数ある食材…

代表選手が「タマゴ」…(^^;
どういう事かっていいますと…

「たまご酒」
「タマゴ酒」
「玉子酒」
「卵酒」

ってな具合よ!
あと、「茄子」とかもね。

天下の「Google」は検索オプションがあって、
それを指定すれば、こんなもの一発で解決なんだけど、
せっかちなアタシニャ、ちょっとそれが面倒だったりして…(^^;


で、いろいろ「たまご酒」も調べますとおもしろい!

もともと、ワタクシのイメージとしては、

「ユルユルの茶碗蒸し」

程度のイメージしかなかったのね。
ゆで卵でも、玉子焼きでもつまみにして、
熱燗あおれば同じじゃねぇのぉ?って感じもするしさぁ~~!
卵スープに多めに酒いれるとかダメなの?とか…(^^;

でね。普通に作った熱々の「たまご酒」ってのはダメなんだってさ!

卵が風邪によいとされる理由のひとつは

「白身に塩化リゾチームが含まれている」って事なんだって…

この時期TVCMで「風邪薬のCM」流れ始めるとさかんに言ってるよね!

「塩化リゾチーム配合!!」ってさ!

そのものが、白身に含まれてるってんだから、知ってか知らずか
昔の人はすごいやねぇ~

でもね。70℃以上になると壊れちゃうんだって(^^;
だから、熱々に作るのは「だぁめだぁめだぁめ!」って事らしい…

他にも、


「オポムチン」(卵白):善玉コレステロールの増加
「シアル酸」(からざ):インフルエンザの薬の原料となる物質
「レシチン」(卵黄):記憶力、集中力アップ!
「メチオニン」:アルコール分解の手助け


と、役立つ成分満載なんですわ!


では、最後に「スパスパ人間学」で紹介されていた「たまご酒」のレシピ…


   卵白(全卵でもOK):1個
   黒酢 :大さじ1
   しょうが汁 :小さじ1
   牛乳 :400cc
   蜂蜜 :大さじ2
   酒 :20cc

    卵白を泡立てないように泡だて器等でよくほぐす
    そこに、黒酢、しょうが汁を投入!
    牛乳、蜂蜜、酒を鍋で温める(70℃以下)
    (きちんと温度計で計らにゃならんらしい(^^;)
    最後に両方混ぜる…


「ホットワイン」があるからこれは試してないのよね。
でも、牛乳400CCって多くねぇ?(^^;

って事で、風邪にはご用心よっ♪!


「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
[人気blogランキング]←クリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2005-11-11 10:04 | お酒
『日本酒 十四代 本丸』
またまた 『酒洛(シャラ)弐番所』へ行ってきました。

えっと、だから昨日の更新がなかったわけではありません(^^;
せっかく、「ケシミン」で異常な盛り上がりをみせているのに、
コメントの返事もできなくてすいませんでした。m(__)m
ニャハハ…(^^;

さて、『酒洛(シャラ)』ですが、前回行ったときから、
日本酒のメニューの中に気になる箇所が…


ーーーーーーーーーーーーーーーー
【十四代 本丸】
毎週、月曜日に入荷します。
すぐに売切れてしまう幻の名酒。
週初めのご来店が確実です。
ーーーーーーーーーーーーーーーー

とかなんとか…

う~~~ん、気になる…(^^;


「どんな味やねん!」
「どんなうまさやねん!」


っちゅうことですわ!

ま、そんなうたい文句はあるものの「酒度」とかの表示が
なかったので、一応お兄さんに聞いてみました。

「辛口ですか?」 と…

そしたら、

「そうでもない」

って、言うんですね(^^;
ちょっと迷いましたが、まぁ話のタネにもなりますから
注文してみました。

なんつったって、あぁ~た! 「幻の名酒」ですからね。

で、この幻の名酒…
もう、香りからしてひじょぉ~~~にフルーティな感じ
ちょびっとすすって見ると、味も香りそのままに、フルーティ!

なんちゅうかなぁ~ ありふれた言い方ですが「ワイン」みたい?

ほのかな甘みとですねぇ、独特の酸味が感じられました。
この酸味が「フルーティさ」を際立たせてるんでしょうねぇ~
極端に言えば、「柑橘系」みたいな感じ…

飲んだ瞬間に、「うまい!!」とはなりませんでした(^^;

「なるほどなるほど…」

ってな印象っすかね(^^;
ハッキリ言って、kizz_armyとしては、「イマイチ好みじゃない」です。

肴をつまみながら、飲み進めましてもこの「イマイチ感」が
持続しましてですね。どうにも、酒が進みません。
なんか、次の一口へ行くのに抵抗を感じる微妙な具合…(^^;

と、ここで「重要な情報」がもたらされました!!!

この「十四代 本丸」 実は「本醸造酒」だと言うのです。


がぁ~~~~~んん!!

なんだよ! そういう事かよ!(^^;
微妙に、酒が進まない理由がわかりました。
違和感の正体はこれだったんですね。(^^;;;;

なぜ、そう思ったのかは既に「前回の話」で説明した通りでございまして…

ちょっと、がっかり…

でもまぁ、ネットで情報を探しますと、「入手し難い」ってのは間違いのない
事実でして、「おいしい」と言う方が殆どです。
中には、「最高の本醸造酒」だと仰る方も…

と言うわけで、単にkizz_armyの好みではない…
と言う認識が正しいのかもしれません…(^^;

「幻の名酒」… 試して見てはいかがでしょうか?

って事で、一応つづく…(^^;

その他の日本酒ネタ…
『純米吟醸 ゆり』


「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
[人気blogランキング]←クリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2005-06-01 09:44 | お酒
『居酒屋【酒洛 弐番所】& 地酒【誉 凱陣】』
えっと、全部漢字ですね(^^;
しかも、普段使わないよう字が多いし…(--;

先日の『シングルモルトのススメ2』なる記事で、
ちらっと日本酒に触れましたよねぇ?

でもって、それについてのコメントもいただきましたし、
非常にタイムリーなので、本物の日本酒が飲めるお店の紹介…

なんの事はない…
【Queenだらけのコピーバンド大会】を見た後に
夕飯を兼ねて、行ったお店なんです(^^)

場所は高田馬場!!
「なかなかのお店なんだよ」との紹介を受けまして
今回尋ねたのは

「酒洛 弐番所」(シャラ ニバンショ)と言うお店、
場所は地図を見てもらえばわかると思うのですが… -> ぐるなび

「BIG BOX」のすぐ脇…駅から近いです。
「弐番所」と付いているのは、同じ高田馬場に「本所」と言う
本店みたいなお店があるからなんですねぇ~

ここのウリはなんと言っても、「50種類」に及ぶ地酒の数々!!

「お!聞いた事あるねぇ~~~」
「飲んだ事もあるねぇ~~~」

って銘柄から、
「へぇ~~そんなのもあるんだ」

ってモノまで、50種類はすごいよね(^^)

でもって、その中の30種類は日本全国からの選りすぐり…
その30種類にて、「全国地酒ラリー」なんて企画もやっております。

この30種類を制覇すると、商品がもらえるみたい…
おもしろいでしょ?(^^)

で、その中から厳選して今回選んだのは…

「福井  黒龍   純米吟醸」
「香川  誉 凱陣  純米吟醸」


「吟醸」だの「純米吟醸」だの「純米」だの…
わけわからんすよね(^^;

一応自分が選ぶときの基準としては「純米」と付くか付かないか?
ま、詳しい事は専門のHPとかを参照していただくとして…

「純米」付かない場合は例の悪の権化「醸造アルコール」が使われている
可能性があるんですねぇ~~

だから、それを基準に選んでいます。
いくら「大吟醸」でも、この「醸造アルコール」が入っていると、
「なんか変」な感じがするんですよねぇ~

でもって、次の基準は「酒度」
最近はメニューにもちゃんと表記してくれている所が増えています。
この「酒洛」も当然表記されていますよ。(^^)v

甘い日本酒は好みじゃありません…(--;
ってか、刺身とかに合う訳がないんですよねぇ~(^^;

なもんで、出来れば「+5」以上の辛口のお酒がいい!!!

ま、そんな事も加味して選んだのが上の二銘柄なんです。

「誉 凱陣」…

選んで大正解でした!! これうまいわ!!(*^_^*)
びっくり!!

すんごい辛口に感じるのね。
でもって、濃厚な旨味がズズン!と舌に乗っかります。

これだったら、脂のたっぷりノッタ系の刺身の濃厚な美味さにも
負けないんじゃない?
いわゆる「腰がある」とでも、言えばいいんでしょうか?(^^;

なんかね。名前もちょっと変わってるから選んでみたんだけど、
いやいや、これはいいの選んじゃいました(^^)/

でもって、「黒龍」の方ですが…
ま、「誉 凱陣」と飲み比べちゃったから尚更なのかも知れないのですが、
こっちは、かなりの「すっきり系」…「繊細な感じ」とでも言えばいいのかな?
もちろん、ダメなわけじゃないですよ。充分ウマイです。

でも、「誉 凱陣」の方が好みかな…
この極辛口の舌感とズンと来る重みに惚れました(^^)

「誉 凱陣」…超オススメです!

でもって、この「酒洛」ですが、お店自体も超オススメ!
なんつったって、料理もうまい!

特に「刺身」
「割烹居酒屋」って感じじゃなくて、「普通の居酒屋さん」って感じなんですが、
その「新鮮さ」、「選別眼」に脱帽です。

特に今の時期のオススメが「あなごの炙りお造り」…
あなごの刺身よ!! あなごの…

名前の通り、ちょっと炙ってお造りにしてあるのですが、
ちょっと鱧(はも)を連想させる歯ごたえと、鱧(はも)を凌ぐかもしれない旨味…
いやぁ~参った!! こういう感じのお店で、こういうレベルの魚が出てくるとは…

更に!!「カンパチ」にも、参った…
とんでもない歯応えが待っておりました。
いや、「固い」って事じゃないのよ(^^;
「いかに新鮮か?」ってののひとつの指標に「歯応え」ってあると思うんですね。
身が締まってるってことやね!(^^)
「大絶賛」に値する「お造り」でした…

え?ちょっと大袈裟?(^^;
いやいや、もうひとつその理由があるんです。

「値段が安い!」


このレベルの刺身を、他所で食べたら、1.5倍位の値段取られる可能性大!!
(いや、もっと取られるかも…)
ちょうどカウンターに座ったので、オープンキッチンのすぐそこにいる
「お造り」担当の方とちょっと話もしたんです。
値段の事言ったら、「それがなんと言ってもうちのウリです」
みたいな事言ってました(^^)

居酒屋なのに、厨房はレストランみたいでしてねぇ~
みんなコック服なんですよ。

チーフらしき方の手際のよさ、チームワーク、充実したメニューの数々…
これをカウンター越しから見ているだけでも、楽しみが増えます。

「ズワイガニとたらの芽の天ぷら」も美味かった!
「新筍の煮物」も美味かった!

「たこの明石焼き風」は普通すぎたけどな…(^^;

「旬のオススメメニュー」から選ぶのが「○」でしょう!

従業員の対応も、かなりの高得点です。
ひとりおねぇちゃんがいたのですが、気遣い、言葉遣い、とてもよかったです。

あ!そうそう、日本酒だけじゃなくて「焼酎」も充実しています。
でもって、日本酒も含めて値段がやっぱりリーズナブル…

場所もいいしねぇ~~ひさびさのヒット!!

「酒洛」…超オススメです!(^^)v

でもって、もう一件!!

Mr.Speedさんからのオススメのお店…

『やき龍』
まだ行った事はないのですが、ぜひ行ってみたい!
ホームページみただけでも、結構期待できそう…
場所もわかりやすいしさぁ~

次のターゲット決定ですな!
でも、「酒洛」…又行きたい…(^^)


「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
[人気blogランキング]←クリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2005-04-26 11:10 | お酒
『シングルモルトのススメ 2!!』
なんかねぇ、ここに来て各社「モルト」ってのをキーワードにして
盛んに攻撃を仕掛けてきてる様な気がしてしょうがないんですよ(^^;

これも、勝手に推測させていただきますれば、
もしかすると、先日の「オヤジバンド」の話で書いた
「Over 40」ってのが、ターゲット…
昨今のブームに乗っかり、かなりのピンポイントで
狙い撃ちされてるんじゃないかな?なんて思ったりするんですね。

「Over 40」については、メディアでもいろいろ分析されているとは
思いますが、単純に考えてもこの世代の方ってたぶん、

「自分のスタイルに拘(こだわ)る世代」

なんじゃないかな?なんて思ったりするわけです(^^;
でもって、その為には結構お金も使っちゃう
じゃない?(^^;

とすると、特に男性向けには「シングルモルト」なんて
キーワードはなかなかそそられるものがあるんじゃないでしょうか?

メーカーも商売ですからいろいろ考えますわなぁ~♪

一方では、味を犠牲にしてもとにかく安い「第3のビール」なんてモノを
盛んに宣伝してると思えば、
一方では「多少いいお値段ですが、味にこだわれよ!」ってな感じの商品を
押したり…大変ですわな(^^;

そりゃね、もちろん年代によって自分の自由になるお金に多少の違いは
あるでしょうが、kizz_armyが思うに、やっぱり年代に関係なく
「いいもの、美味いもの」を見つけるって言うのは、
なんとなく人生を豊かにしてくれるような気がするのですよ。

もちろん基本はTPOに合わせてですよぉ?

みんなでワイワイ騒ぐのが目的のときは、サワーやら、発泡酒やらの方が
いいでしょう!

でも、たまにちゃんとした食事をする時なんかはやっぱり
サワーじゃぁねぇ?(^^:
純米酒位は飲みながら、飯食いたい物です。

よく「日本酒はダメ」って人がいますが、一度ちゃんとした「純米酒」なり
「純米吟醸」
なりを飲んでみてくださいよ。
それでもダメなら仕方ないですが…(^^;

いっしょに刺身なんか食ったときの感動は比べようもありませんぜっ!(^^)

同じ様に…
たまには、二件目はカラオケじゃなくて、「ショットバー」なんかいかがですか?

そこで、「シングルモルト」なんぞをチビチビやれば…
なんかねぇ~、単なるお酒も、いろぉ~~んな付加価値が付いて
思っている以上に贅沢な気分になれるもんですよ。

気取った事しろって事じゃありませんからね。(^^;
そのあたりお間違いのないようにたのんますよ!!(^^;

先日書いた「山菜の天ぷら」を食べに行った時もね。
結構、歳の離れた方々と一緒に行ったのよ。(もちろん年下(^^;)
同じ様に、その美味さに感動したのね。

アチキシがやっとこの歳でたどり着いた味に…
その人たちは10年以上も早く辿りついちゃったわけですからねぇ~

いいよなぁ…(^^;

たまに美味いもの食うために、普段は節約したっていいじゃないっすか!(^^;
「美味いもの貯金」「美味い酒貯金」もいいかもよ(^^)

「シングルモルト」なんてのも、試してみてダメだったら他の選択肢に
目を向ければいいしね。

そういうちゃんとしたお酒ってのは、ほんと変な酔い方し難いですよ。
(もちろん量によりますが…(^^;)

キーワードは「醸造アルコール」
これを使っているお酒はだめね(--;

そういう意味じゃ、昨今流行の「本格焼酎」なんてのはいいね。
全然「本格」じゃないんだけどね(--;

だって、あれが「普通」…あれが「焼酎」…
他の物が「インチキ」であるだけだかんね!(^^;
わざわざ「本格」とつけるのもおかしな話…

と言うわけで、実は今サントリーが大々的にシングルモルトを
宣伝しているのですよ。それがこれ ↓

「ゆるやかに愉しく、シングルモルト。」

ちょっと見てみてくださいな…
でもって、最後には…な、な、なんと、シングルモルトがあたるアンケート
やってます。これチャンスじゃないですか?

シングルモルトに出会えるチャンスかも?
選択する際のおススメは「山崎12年」かな…
とにかく癖がないので、最初はいいかも…



って事で、おススメの日本酒はこちら ↓
『純米吟醸 ゆり』


「シングルモルト」関係の記事はこちら ↓
シングルモルト『スプリングバンク 21年』
「シングルモルトのススメ」

実はこれ、本日二本目の記事…
一本目はこちらー>『オリジナリティの限界 (ディズニー)』




「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
[人気blogランキング]←クリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2005-04-22 11:42 | お酒
『エールタイプ? ラガータイプ? あなたはどっち?』
「尿管結石」なんて普段は聞かないキーワードなのに、
ひとたび口に出すと…

「自分もやった事ある」
とか…
「だれだれがなった」
とか…

なんだ、みんな知ってるんじゃん?ってな感じ…(^^;

でもって、
「ビール飲むといいんだよね」
「スイカ食べるといいんだって」
「縄跳びするといいらすぅぃ~~いよぉ~~~」
と、話は広がります。

さて、現在では「ビールや利尿剤」による強制的な結石の排出は
お奨めできないらしいです(^^;
多量の水分摂取による、自然排出がよいらすぅぃ~~よぉ~~(^^)

「縄跳び」も、強制排出のひとつ…
実際に効果がある事もあるらしいのですが、
水分と一緒に押し出すわけではないので、激痛を伴うとの事…
やだやだ…(--;

って事で!!!
ビールつながりで、ビールの話っ!!!(^^;


「へぇ~~…そんなんもあるんだ?」と、
たまたま知ったジャンル…たいして珍しくもないモノだと思いきや、
再度詳しくその世界を調べてみると…

まぁ~~~、マニアックなんだねこれが…驚くよほんとに…

ビールっちゃぁねぇ~せいぜい、ビンビールか?ジョッキの生ビールか?
はたまた、ドライか?そうじゃないか?位だったでしょ?

ま、今はビンビールや缶ビールも「生」があるけど…
昔は違ったからねぇ~
外人さんがお店に来て、
「Beer Please」
と言ったら、

「Draft? or Lager?」(生ですか? ビンですか?)
程度で済んでいたのさっ!(^^;昔はシンプルだったんだがや!

しかも、そんなにこだわらない…
お店にあるモノを注文する位だよねぇ~~~


所がですな…今一般的に「ビール」と言われているのは
殆どが「ラガータイプ」と呼ばれているもの…

もうひとつ「エールタイプ」ってのがあるんですわ!
知ってましたか?

この「エールタイプビール」にはまっている人ってのが又いるわけですよ。
でもって、独自のマニアックな世界を形成しているんですねぇ~~
そこをちょいと覗いてみると…

あまりの衝撃写真が載っている本を開きかけて、
思わずバタンと本を閉じてしまうような、そんな感じ…
見てはいけないものを見てしまった感じ…

それほどマニアックなのよ…(^^;
「足踏み入れたら、あかんでぇ~~、はまりまっせぇ~~」
みたいな…

最近でも聞いた事ありませんか?
「古代エヂプトでも、ビールが飲まれていた!!!」
なんて話…

実は、古代からあるビールはこっちの「エールタイプ」のビールらしいんですねぇ~
「ラガータイプ」の歴史は割りと浅いって事なんですな。

「一番の違いはなにか?」ってぇと、
発酵に使う酵母の違いらしいんです。

当然出来上がりも違うわけでして、大きな特徴としてはフルーティな感じ…
「麦汁を発酵させてそのまんま」ってな感じかなぁ~~
そうそう、すっきりしてないのよね。モヤモヤした感じ…(^^;

でもって、やっかいなのが、その種類が膨大だって事…
産地やら、その特徴やらで細かぁ~~く分けられてるのよねぇ~

スコッチやらワインと同じ位のはまり甲斐がありそうなわけですよ。

「もうこれ以上、手を広げられませぇ~~~ん(T_T)」

と、なるわけです(^^;

この「エールビール」ですが、たまたま目をつけていたShotBarが
かなりの品揃えをしておりまして…

それもそのはず、よく看板を見ますれば…
「ビールとスコッチの専門店」だそうで…(^^;

ほぉ~~~~んと、いろんなジャンル、世界があるのねぇ~~

ちょっと興味を持ったあなた!
そう言った「エールタイプビール」が飲めるお店のガイドも用意しました!
これねー> 「お店ガイド]

飲みに言ったときのウンチクにも最適なネタじゃございません事?(^^;
でもひとつ難点が…、普通のビールよりちょいと高いです。
飲み比べるなら、数人で行かないと結構きついかもねぇ~~~


「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
[人気blogランキング]←クリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2005-03-25 11:30 | お酒