★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★ 最新KIZZ 情報!! (09/02/02 更新)
★     
★   『 お知らせ~ [KIZZ]は活動停止します ~ 』
★     
★   kizz_armyでございます。

★   約7年半に渡り、ご愛顧いただきました
★   KISSトリビュートバンド 【KIZZ】ですが、
★   2008年末を持って、活動を停止する事になりました。

★   既にライブも決定している中での決断だったため、
★   関係各位には多大なるご迷惑を
★   お掛けしたことを改めてお詫び申し上げます。
★   
★   まさに、「語りつくせば尽きないけれど…」と
★   言った思いではありますが、
★   またいつの日か、違った形になるかもしれませんが、
★   なんらかの形でみなさまとお会いできる日が来る事を
★   ちょっと期待して…

★   ほんとうにいままでありがとうございました。
★   皆様の KISSライフが 更に充実する事を願いまして…


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

《ニュース!!》
   『KIZZ』の出演している映画がありました!
   タイトルは「スペースポリス」

   詳細は該当記事にて…
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

≪クイックリンクコーナー≫
【KISS トリビュートバンド [KIZZ]】 ホームページへ…
【Charトリビュートバンド[Smoky]】Blogへ…
kizz_armyへのメールはkizz_army@hotmail.comまで…
「kizz_army」のジャンル別Blogリンク!!
興味のあるジャンルのタイトルをクリック!! (^^)

== フォトリーディング&マインドマップ活用の読書記録 ==
<< 知識増量堂 ブックセンター >>

==世界遺産を見たぁ~~~~いい!!==
≪ 世界遺産に魅せられて… ≫

==日常を向上させるヒントや情報のBlog==
≪ 日 常 向 上 旅 団 ≫

==映画鑑賞専用Blog==
≪シネ、シネ、シネマ団≫

==コンサートや、観劇、スポーツ観戦のBlog==
≪鑑賞、観戦、観劇…やっぱり生がいい≫

==テレビ観賞専用Blog==
≪テレビっこ、世にはばからせていただきます。≫

==食べ物の情報、食い物屋の情報等のBlog==
≪マスタ! おまかせでお願い!≫

==きれいな日本語を話したい! って事でそのまんま!==
《きれいな日本語を話したい!》

『 山梨箱物巡りの旅 ~甲府善光寺~ 』
神社仏閣をですねぇ、「箱物巡りシリーズ」なんかに入れたら
罰が当たりそうな気もしないでもないですが…(^^;

タイトルでは「甲府善光寺」としましたが、
「甲斐善光寺」、「甲州善光寺」とも呼ばれたりします。

公式ホームページ=>http://www.kai-zenkoji.or.jp/2/index.html

かの有名な「川中島の戦い」において、
戦火が「信州善光寺」に及ぶのを懸念した武田信玄が
本尊を移すと同時に建立したのがこの「甲府善光寺」…

なんだけど、あくまでも「と言われている」ってレベルみたいね。
本家「信州善光寺」の本尊の流転には諸説あるようですね。

でまぁ、毎度の事ながら実際にその場に行ってみると、
やっといろいろ調べてみるって事が恒例になっておりまして(^^;

山門、本堂とも「重要文化財」に指定されているだけあって、
やっぱり「ライブ」を見ると、興奮するね(^^)

その全体的なたたずまいやら、細部にわたる彫刻や絵の類の装飾、
歴史を感じさせるそういった全てのものが、
えもいわれぬジンワリとした感動を呼び起こすわけですが…

現存のものって、一度焼失したあと再建されたもんだったんだね。

なぁ~~んだ… (^^;

なんて言ったら怒られるな(^^;

再建されてからも200年以上は経ってるわけですからね。

でもさぁ~ オリジナルは更に200年前
今からだと400年前って事になるんだもんなぁ~

火事って怖いよねぇ~ 日本の建築物の大敵だよねぇ?


「アンコールワット」とか「インド」とかに行って思ったのはさぁ、
あっちって結局「石の文化」なわけじゃん?

割と火には強いとも言えるわけジャン?

そういう面からも日本建築って繊細だよね?

だから、オリジナルじゃなくたって200年の歳月を
乗り越えてきてるってのはやっぱり価値あるわね。


宝物館もあってね、本堂との共通拝観料が金500也

予定が詰まっていたので、アタシャ、パスしたんだけどさぁ~
ちょうど同じ頃に来ていた随分と若いカップルがちゃんと
本堂の中まで見学していたねぇ~ えらいねぇ~ (^^)

本堂の中には「鳴龍」と言うシステムが設置してありまして…
簡単に言いますと、

非常にナチュラルな木のぬくもりを感じさせる「アナログディレイ」
(タイムはショート、リピートはちょっと多めな設定?(^^;)

てな感じ… (^^;

早い話が、手をパンと叩くと、本堂の中に反響して微妙なエコーがかかるんですね。
これを龍が鳴くが如しって事で「鳴龍」と呼ぶようです。

で、前述のカップルがこれを試していたので、
アタクシも労せずこの「鳴龍」のおこぼれにあずかった次第でございます(^^)

参道脇にぽつんとあるお茶屋さんもいい雰囲気を醸し出しております。

古い寺院が苦にならない方… 訪れてみてはいかがでしょうか…
[PR]
by kizz_army | 2008-02-13 10:20 | 旅行&レジャー情報
<< 『 山梨箱物巡りの旅 ~武田神... 『 山梨箱物巡りの旅 ~山梨県... >>