★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★ 最新KIZZ 情報!! (09/02/02 更新)
★     
★   『 お知らせ~ [KIZZ]は活動停止します ~ 』
★     
★   kizz_armyでございます。

★   約7年半に渡り、ご愛顧いただきました
★   KISSトリビュートバンド 【KIZZ】ですが、
★   2008年末を持って、活動を停止する事になりました。

★   既にライブも決定している中での決断だったため、
★   関係各位には多大なるご迷惑を
★   お掛けしたことを改めてお詫び申し上げます。
★   
★   まさに、「語りつくせば尽きないけれど…」と
★   言った思いではありますが、
★   またいつの日か、違った形になるかもしれませんが、
★   なんらかの形でみなさまとお会いできる日が来る事を
★   ちょっと期待して…

★   ほんとうにいままでありがとうございました。
★   皆様の KISSライフが 更に充実する事を願いまして…


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

《ニュース!!》
   『KIZZ』の出演している映画がありました!
   タイトルは「スペースポリス」

   詳細は該当記事にて…
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

≪クイックリンクコーナー≫
【KISS トリビュートバンド [KIZZ]】 ホームページへ…
【Charトリビュートバンド[Smoky]】Blogへ…
kizz_armyへのメールはkizz_army@hotmail.comまで…
「kizz_army」のジャンル別Blogリンク!!
興味のあるジャンルのタイトルをクリック!! (^^)

== フォトリーディング&マインドマップ活用の読書記録 ==
<< 知識増量堂 ブックセンター >>

==世界遺産を見たぁ~~~~いい!!==
≪ 世界遺産に魅せられて… ≫

==日常を向上させるヒントや情報のBlog==
≪ 日 常 向 上 旅 団 ≫

==映画鑑賞専用Blog==
≪シネ、シネ、シネマ団≫

==コンサートや、観劇、スポーツ観戦のBlog==
≪鑑賞、観戦、観劇…やっぱり生がいい≫

==テレビ観賞専用Blog==
≪テレビっこ、世にはばからせていただきます。≫

==食べ物の情報、食い物屋の情報等のBlog==
≪マスタ! おまかせでお願い!≫

==きれいな日本語を話したい! って事でそのまんま!==
《きれいな日本語を話したい!》

『 ぶっちゃけインドってどうなのよ? 【インド旅行記-アンベール城編】』
さてさて、「タージマハール」以外の
インドの観光地 ってのはどんなもんなのでしょうか?

一般的な知名度は知りませんが、正直…

「アンベール城」

なんて聞いたことありませんわ! (^^;

しかも、「アンベール城」は今回のツアーの最大のウリである所の、

「5つの世界遺産観光付き」

の、「5つの世界遺産」にも入っとらんのですよ。

そのあたり含めまして、足を踏み入れた「アンベール城」…


アワワワワワワワ…


あたしゃねぇ! 感動したよ! マジで!


すげぇ遺跡ジャン!


ったく、何考えてこんなもん作ったんだか… (^^;

最初に説明を受けたのが「謁見の間」

まぁ、王様が謁見するところでさぁね…(^^;

ホールみたいな所なんだけど、いきなりここで度肝をぬかれたわ!

まぁ見てよ…

a0018005_938673.jpg

a0018005_9382697.jpg

この細工の細かさ、流麗さ、芸術的センス…

こういう彫刻が
すべての柱、
すべての結合部分、
すべての梁の部分

に施されてるのさ…

最初っからそんなんでしょ?

順に城内を回るたびに、驚きの連続でございます。

これが庭の噴水… 噴水よ?

a0018005_9391067.jpg


あぁた! 日本じゃちょうど「関が原の戦い」とかの頃よ?


結局、こんな山の頂にお城を作っちゃう最大の理由は
戦争のときの防衛目的なわけよね。

戦闘時にはこの立地が、最大の威力を発揮するわけだぁ~!

でも、最大のウィークポイントが「水」なんだってさ…

とにかく、常にふもとから水を運ばにゃならんわけだからねえ
飲み水の確保さえも大変なわけですよ…

それを、あぁた! 噴水って!

あまつさえ! 天然クーラーよろしく、
部屋の壁に水を流して涼を得ていたってんだから驚きでしょ?


次に驚いたのが、「勝利の間」って所…
ここはねぇ、タイル代わりに、壁一面に「鏡」が使われているんです。

ありえないでしょ? (^^;

しかも、その鏡の質がいいんだ… 今の鏡と遜色なくて、
400年経ったいまも光り輝いているわけですよ。

ここの画像がないのが非常に痛いのですが… m(__)m
とにかく、壁に光が乱反射して美しいの一言…

なんでも、部屋の中でろうそくを灯すと 明るさが何倍にもなったとか…

金属を磨いたわけではなく、ちゃんとガラスを使って作った鏡の質の高さ…
その時代にそういう加工技術があったってだけで驚きなんですが、
それをそういう使い方をするアイディアの凄さね、
これ、物凄く感じました。

結局ね、この後どこへ行ってもそうなんだけど、
当時の王様の権力の偉大さね。

でもって、「贅を尽くす」ってのはこういう事なんだって言う「贅沢度」…
さらに、その「贅を尽くす」って事を
「具現化し、見せるアイディア」ってのが凄いと思った。

鏡の使い方にしろ、水の使い方にしろ…

「それは大変でしょ」とか「それはもったいないでしょ」ってのに
もろに逆行していく事のうまさね。

まぁ、それの最たるものが「タージマハール」って事になるんでしょうが…

最初の観光地って事も多少あったかもしれませんが、
隅から隅まですばらしい遺跡でございます。

「これで世界遺産に入ってない」ってんだから、弱っちゃうよね(^^;


よく映画で使う技法なんだけど…
う~~ん、わかりやすいのは「タイタニック」かな…

海に沈むタイタニックの内部の様子に、
段々と色が付いて、現役だった頃のきらびやかな映像になる

ってな効果あるじゃん?


こういう遺跡に立つとさ… 頭の中でそれと同じ事が起きるのさ…
だって、本当に今いるこの場所に、
当時の王様やお姫様が存在していたわけじゃない?

きらびやかに着飾った王族がそこを行き来してた。
今目の前に広がる景色と同じものを見ていた。

この感覚を味わうってのが アタクシの一番の遺跡めぐりの楽しみ方なんです。


そこから派生して、
彫刻を彫る職人さん、
御付の人たち、
噴水とか、水を流すクーラーとかを考え付くアイディアマンたち、
そんな人たちもそこに存在していたという 「不思議感覚」
なんかたまんないんのさっ (^^)

出発前に、ごちゃごちゃ考えていたのが吹き飛びました(^^;

のっけからですが、

「やっぱり きてよかったな…」

と… ね。

すっかり、ハイテンションになった 「アンベール城」観光も
終わりに近づいたところで、 ガイドのVさんから質問が…

「帰り道は ゾウはないんですよ」
「ジープをチャーターするか、徒歩で降りることになりますけどどうしますか?」


アタクシ一人なら問答無用に「徒歩」なのですが、
そうじゃありませんからねぇ~
一応御一行皆様の希望と言うのも尊重しなければなりません(^^;

そしたらさぁ、女子学生さんの一人だったかなぁ?
うまいこと言うんだよ。

全員、せぇので希望を言いましょう!

ってね。

なので、「せぇ~の!」で 同時にどちらかを言います。

「せぇ=のぉ~=! とほ!!!」

いやぁ~~~~~、きれいに揃ったね!
ま、当然といえば当然なんだけどさ!(^^)

ここで、ジープの選択は通常ありえんわな…(^^;

でもって、「乗象」してきた道とは違う通路を通って
自分の足で遺跡を感じながら斜面を下ったのです。

なんかね、象と同じ道を通ると象に踏まれちゃうんだってさ(^^;
死んじゃう人が結構いるってことで、別の通路を通るとの事…


でね、観光中もそうだったんだけど、
道々すれ違う、原色のサリーを着た女性達
なんかしらんが、ベッピンさんぞろいなんだよねぇ~~(^^)

きれいなねぇちゃんばっかり!

でもって、男性も足が長くてカッコいいんだわさ!
ウェストのベルトの位置なんか「ありえへん位置」だからね(^^;

ちょっと、あぁた! 日本でテレビにでたらかなり人気出るかもよ?

なんて感じの人いっぱいなのさ!

でね、男性も女性も顔の特徴として、お目目がくりっと大きいんだよ!
ア・タ・ク・シの様に!!! (0_0)… (^^;


って事で、のっけから大興奮の「アンベール城」でございました。
[PR]
by kizz_army | 2007-11-05 09:40 | 旅行&レジャー情報
<< 『 ぶっちゃけインドってどうな... 『 ぶっちゃけインドってどうな... >>