★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★ 最新KIZZ 情報!! (09/02/02 更新)
★     
★   『 お知らせ~ [KIZZ]は活動停止します ~ 』
★     
★   kizz_armyでございます。

★   約7年半に渡り、ご愛顧いただきました
★   KISSトリビュートバンド 【KIZZ】ですが、
★   2008年末を持って、活動を停止する事になりました。

★   既にライブも決定している中での決断だったため、
★   関係各位には多大なるご迷惑を
★   お掛けしたことを改めてお詫び申し上げます。
★   
★   まさに、「語りつくせば尽きないけれど…」と
★   言った思いではありますが、
★   またいつの日か、違った形になるかもしれませんが、
★   なんらかの形でみなさまとお会いできる日が来る事を
★   ちょっと期待して…

★   ほんとうにいままでありがとうございました。
★   皆様の KISSライフが 更に充実する事を願いまして…


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

《ニュース!!》
   『KIZZ』の出演している映画がありました!
   タイトルは「スペースポリス」

   詳細は該当記事にて…
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

≪クイックリンクコーナー≫
【KISS トリビュートバンド [KIZZ]】 ホームページへ…
【Charトリビュートバンド[Smoky]】Blogへ…
kizz_armyへのメールはkizz_army@hotmail.comまで…
「kizz_army」のジャンル別Blogリンク!!
興味のあるジャンルのタイトルをクリック!! (^^)

== フォトリーディング&マインドマップ活用の読書記録 ==
<< 知識増量堂 ブックセンター >>

==世界遺産を見たぁ~~~~いい!!==
≪ 世界遺産に魅せられて… ≫

==日常を向上させるヒントや情報のBlog==
≪ 日 常 向 上 旅 団 ≫

==映画鑑賞専用Blog==
≪シネ、シネ、シネマ団≫

==コンサートや、観劇、スポーツ観戦のBlog==
≪鑑賞、観戦、観劇…やっぱり生がいい≫

==テレビ観賞専用Blog==
≪テレビっこ、世にはばからせていただきます。≫

==食べ物の情報、食い物屋の情報等のBlog==
≪マスタ! おまかせでお願い!≫

==きれいな日本語を話したい! って事でそのまんま!==
《きれいな日本語を話したい!》

『 The Road to Angkor Wat ~アンコールワットへの道~(Part19)』
「Part18」のつづきです。

「Part19」「バンテアイ・スレイ遺跡編」です。


神秘の遺跡「タ・プローム」を後にしますと…

車は一気に田舎道を突き進みます。

次の目的地は「バンテアイ・スレイ遺跡」って所…
「女性の石」ってな意味らしいです。

ここが又ちょっと離れてるんだよね。
更に車で40分位


ただ道路だけ… みたいな所をしばらく走るんですね。
で、途中には村もありまして、昔ながらの生活を送っているようでございます。

なのに! なぁのに…
家の軒先では、PETボトルにガソリン入れて売ってるんですよねぇ(^^;

まぁ、観光客相手の車やバイクの非常用
又はガソリンスタンド代わりって事みたいですけどね。
日本なんかではあまりみられない光景が続きます。
高床式の家とかなんだよね。家もさぁ~

赤土の砂埃を巻き上げながら着いた所が、「東洋のモナリザ」
有名な遺跡 「バンテアイ・スレイ遺跡」でございます。

まぁ、名前が難しくていけないよね。どこへ行ってもさぁ~(^^;

「タ・プローム」位ならなんとか覚えられるけど…


パンテスアスレイ?

バンテスアイレス?

ブエノスアイレス?

(それはブラジルだろ!)

なんだか、さっぱり覚えられん(^^;

よく出てきた「ピミアナカス」なんてのもそうだよね…


ピアミナカス?

ピミアカナス?

ピナミアカスナ?

まぁ、単に出てくるカタカナを適当に並び替えてるだけだけど…(^^;

どれも、なんとなくそれっぽいから困っちまうよね。

って、なこたぁどうでもいいや…(^^;


ココが又、今迄の遺跡とガラッと雰囲気が違うんだわさ…


全体的に赤味が強いのね。


a0018005_17472727.jpg



でもって、まぁここも「隙間なく」と言っていい位に
建物に彫刻が施されているわけですが、
その彫刻の「彫りが深い」んですよ。

だから、非常に立体的になってるわけなですね。

a0018005_17471796.jpg


ちょっと西洋の寺院っぽい感じもする…

彫りが深いって簡単にいいますが、よくよく考えてみると
石の面に向かって、ぼぼ垂直に彫り進めないと、
この彫りの深さにはならないような気がするんですね。
彫られた所が、斜めになってないからねぇ~

アタシラが、木版画なんかを彫るときって、彫刻等を斜めにして彫りますよねぇ?
彫り口も当然斜めになるわけで…

しかも、相手は木じゃなくて、石… (--;
ったく、ほんとにどうやって彫ったんでしょう?(^^??


まぁ、とにかく、その赤味と、彫りの深い彫刻の素晴らしさが一体となって
この遺跡も「魅せられる」んですよぉ~
ほんと素晴らしいです!


でさっきも言ったけど、有名なのが「東洋のモナリザ」と言われている彫刻…

こんなヤツ…

a0018005_1747329.jpg


実は、これと同じ様なヤツガ、表に4つ…裏手に4つあるのですが、
物の本によると、「東洋のモナリザ」と呼ばれるのは裏手にある一体のみ…

でも、裏手にある4体全てを「東洋のモナリザ」って言う場合もあるみたい…

上の写真のはその中でも一番の美人さんと呼ばれているヤツなんだよね。
ちょうど一番うまく撮れたのよ(^^)v

この「東洋のモナリザ」、非常に有名なわけですが、それには理由がありまして、

時は1924年
フランスの作家アンドレ・マルロー(後に文化大臣になったそうな)
って人が、この彫刻を見てあまりに素晴らしいので、
盗掘し、持って帰ろうとしたんだってさ…
でもって、逮捕されて禁固刑になったんだって…
ばかだよねぇ~(^^;

まぁねぇ、そういう著名な人さえも、そんな事をしてしまうくらいにすばらしい彫刻!

って事で有名… … … らしい… (^^;

実際に見ればわかるけど、既に建物の一部になってるわけだし、
それなりのでかさがあるわけで、簡単にポケットに入れられるモンじゃないわけよ!
それを、あぁ~た、国外に持ち出そうってんだから…
何考えてんだか… (^^;

建物自体から、その部分だけ抜き取る技術だけで凄い!っちゅうねん…
それとも、周りはかなり壊して抜き出したのかなぁ?(^^;


って事で、「タ・プローム」といい、この「バンテアイ・スレイ」といい、
なんか「アンコール ワット」以外でも素晴らしい遺跡がいっぱいあるんだね。

ビックりですよ!

しかし、まぁ~~~~~~~~、暑いわ!
日光をさえぎる物ほとんどありませんからねぇ~~

なんか普通に見学してるような感じもありますが、
常に汗だくでございます(^^;


さってっと…

続きましては、三日目の昼飯だわさ! (^^)



つづく…


「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
[人気blogランキング]←クリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2006-07-11 08:53 | 旅行&レジャー情報
<< 『 The Road to A... 『 The Road to A... >>