★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★ 最新KIZZ 情報!! (09/02/02 更新)
★     
★   『 お知らせ~ [KIZZ]は活動停止します ~ 』
★     
★   kizz_armyでございます。

★   約7年半に渡り、ご愛顧いただきました
★   KISSトリビュートバンド 【KIZZ】ですが、
★   2008年末を持って、活動を停止する事になりました。

★   既にライブも決定している中での決断だったため、
★   関係各位には多大なるご迷惑を
★   お掛けしたことを改めてお詫び申し上げます。
★   
★   まさに、「語りつくせば尽きないけれど…」と
★   言った思いではありますが、
★   またいつの日か、違った形になるかもしれませんが、
★   なんらかの形でみなさまとお会いできる日が来る事を
★   ちょっと期待して…

★   ほんとうにいままでありがとうございました。
★   皆様の KISSライフが 更に充実する事を願いまして…


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

《ニュース!!》
   『KIZZ』の出演している映画がありました!
   タイトルは「スペースポリス」

   詳細は該当記事にて…
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

≪クイックリンクコーナー≫
【KISS トリビュートバンド [KIZZ]】 ホームページへ…
【Charトリビュートバンド[Smoky]】Blogへ…
kizz_armyへのメールはkizz_army@hotmail.comまで…
「kizz_army」のジャンル別Blogリンク!!
興味のあるジャンルのタイトルをクリック!! (^^)

== フォトリーディング&マインドマップ活用の読書記録 ==
<< 知識増量堂 ブックセンター >>

==世界遺産を見たぁ~~~~いい!!==
≪ 世界遺産に魅せられて… ≫

==日常を向上させるヒントや情報のBlog==
≪ 日 常 向 上 旅 団 ≫

==映画鑑賞専用Blog==
≪シネ、シネ、シネマ団≫

==コンサートや、観劇、スポーツ観戦のBlog==
≪鑑賞、観戦、観劇…やっぱり生がいい≫

==テレビ観賞専用Blog==
≪テレビっこ、世にはばからせていただきます。≫

==食べ物の情報、食い物屋の情報等のBlog==
≪マスタ! おまかせでお願い!≫

==きれいな日本語を話したい! って事でそのまんま!==
《きれいな日本語を話したい!》

『 The Road to Angkor Wat ~アンコールワットへの道~(Part15)』
「Part14」のつづきです。

「Part15」「アンコール ワット ー 夕暮れ編」です。


さて、ここで初めて遺跡に設置されている
トイレを使ってみることにしました(^^;

だってねぇ~ ここアンコール遺跡にあるトイレは、
あの、新宿駅やら、品川駅やらにあるものの、
下々(シモジモ)の部類に入るアタクシなんぞは使ったことのない
「有料トイレ」なんだもぉ~~ん…(^^)

ちょっとどんな感じが覗いておかないとね(^^;


なんてね…

まぁ、確かに有料ではあるんですが、実は例の「遺跡観光パス」
持っていると無料なんですね(^^;

でもって、現地のトイレ事情とか心配な方もおられると思いますが、
ホテル、レストラン、そしてこの有料トイレ… 普通にきれいでしたよ。

ちなみに、「遺跡観光パス」を持っていないと、いぃくらかぁ?(^^;

ちゃんとチェックしてきました。
「2000リエル」でした!

2000リエルって?(^^;

現地の通貨単位は「リエル」

でもって、1ドルが4000リエル

今日のレートだと…

1ドル=約114円だね。 まぁ、50円ちょいってこと
「あの遺跡を守る為…」ってな名目だったらちょうどいい値段なのかも?

あ、現地の人は又違う値段なんだよ。
あくまでも「外国人旅行者価格」です。



でもって、「アンコールワット遺跡ツアー」では
ほとんどと言っていいくらいに「日没鑑賞」と「日の出鑑賞」
セットになっております。

「アンコールワット」本体を見た後は「日没鑑賞」となるんですね。

「アンコールワット」本体から程近い所に

「プノンバケン」

という、小高い山があるんです。
頂上はやはり遺跡になってまして、ここがっ!

地元の人のデートスポットにもなっている

「サンセット鑑賞エリア」!

なんですね。(^^)


一応、「山」って付いてますからね。
でもって、「プノンパケン山の頂上にてサンセット観光」とか
って書いてありますから、

「多少は登るんだろうなぁ~」

位の覚悟は出来ていたわけです。

登り口に到着しますってぇと、セレブな方々は例の「観光像」
チャーターしまして、次々と「象専用登山口」から
山道へと分け入っています。

登り20ドル… 降りは15ドル… だったと思います(^^;


で、私たちが登る所は… といいますと…


(! ̄д ̄)えぇぇぇ


なんだかしらんが、結構大規模ながけ崩れがあって、
山肌むき出しになっちゃいました。ってな感じで、

岩やら、木の根っこやらがむき出しになった、
かぁ~~~~~なり急斜面な普通の山道…
って言うより、単なる山の斜面… (^^;

所謂「山道」の様に蛇行はしていません。
斜面を真っ直ぐ上に向かって進むのみ!

しかも赤土っぽい地面は、
「ぬかるんでる時に転んだらどんなんなっちゃうんだぁ??」
ってな恐怖心をあおる色と艶… (^^;

とにかく! なにも言わずに! ただひたすらに!

がんばって登ります。
10分~15分位かなぁ~

頂上に辿り着く頃には、もう

(;´Д`)ハァハァ (;´  Д`)ハァハァ (;´   Д `)ハァハァハァハァ :.` ;:.・∵ ゚ д:.`

でもって、汗だく…

辿り着いたはいいけど、実はここまでの苦労は、ほぉ~んの「プロローグ」…

頂上にあるのは「遺跡」…

もうわかりました?(^^;

「ピミアナカス」の様に…
「アンコールワット 中央祠堂の頂上」の様に…
又、例の階段を登らないとならないんです。
しかも、ここのも急勾配なんだよねぇ(--;

更に、一段の幅が狭い…
更に! 一段の手前の角が削れて丸みを帯びている…
更に更に! 丸みを帯びてるだけじゃなくて、若干手前に傾斜してる…
更に更に更に! 細かい砂がちりばめられて、「さぁすべりなさい!」状態である…


恐いんだよ!

今までで最強!! (^^;

日に三回もこの「階段もどき」をのぼらにゃならんとは…

で、やっとの事で、ほんとの頂上に辿り着いても…

あれなのよ! ほら… 今まであっちこっち思い思いの観光してた人達も、
夕暮れ時に合わせて一気にここに押し寄せるわけよ…
加えて、さっきも言ったけど現地の方のデートスポットでもあるからね。

場所取りが始まるわけよね。


幸いに、日没予定時刻より小一時間も前に辿り着いたので、
割といい場所はゲットできたものの…
でもって、眺めも凄くいいものの…

ほら、最初の頃言ったじゃない?
今ってさぁ~ 一応「雨季」なのよ…

ガイドさんはもちろん、そこにいる人達も殆どの人がわかってるんだよね。

「地平線に沈む夕日は見られない」って…

ギャハハハ… ( ̄▽ ̄)ノ_彡☆バンバン!

それでも、一縷(いちる)の望みをかけて待つわけですが…
結局みられないんだよね(^^;

いくら、上空が晴れていても、目の前が晴れていても…
ずぅ~~~~~~~~~~~っと、はるか彼方の地平線まで
その間にまったくなにもない状態ってのはむずかしいんだわさ…

でもまぁ、傾いていく夕日は見られるよ。
だんだんオレンジに染まっていく感じも体験はできる(^^;
こんな感じ…

a0018005_17444618.jpg



でもって、ここは眺めがいいからね。
鬱蒼(うっそう)と茂る緑に囲まれた「アンコールワット」が
見えたりもするんだよね。

アンコールワット名物、「観光気球」
上がったり下がったりするのが見えましたねぇ~


時期的な問題で、「苦労の割りに実入りの少ない」スポットでございました。
でも、見渡す限り高い山のない、広大な眺めはそれだけでも素晴らしいけどね(^^)


って事でつづく…


「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
[人気blogランキング]←クリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2006-07-06 09:01 | 旅行&レジャー情報
<< 『 The Road to A... 『 The Road to A... >>