★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★ 最新KIZZ 情報!! (09/02/02 更新)
★     
★   『 お知らせ~ [KIZZ]は活動停止します ~ 』
★     
★   kizz_armyでございます。

★   約7年半に渡り、ご愛顧いただきました
★   KISSトリビュートバンド 【KIZZ】ですが、
★   2008年末を持って、活動を停止する事になりました。

★   既にライブも決定している中での決断だったため、
★   関係各位には多大なるご迷惑を
★   お掛けしたことを改めてお詫び申し上げます。
★   
★   まさに、「語りつくせば尽きないけれど…」と
★   言った思いではありますが、
★   またいつの日か、違った形になるかもしれませんが、
★   なんらかの形でみなさまとお会いできる日が来る事を
★   ちょっと期待して…

★   ほんとうにいままでありがとうございました。
★   皆様の KISSライフが 更に充実する事を願いまして…


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

《ニュース!!》
   『KIZZ』の出演している映画がありました!
   タイトルは「スペースポリス」

   詳細は該当記事にて…
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

≪クイックリンクコーナー≫
【KISS トリビュートバンド [KIZZ]】 ホームページへ…
【Charトリビュートバンド[Smoky]】Blogへ…
kizz_armyへのメールはkizz_army@hotmail.comまで…
「kizz_army」のジャンル別Blogリンク!!
興味のあるジャンルのタイトルをクリック!! (^^)

== フォトリーディング&マインドマップ活用の読書記録 ==
<< 知識増量堂 ブックセンター >>

==世界遺産を見たぁ~~~~いい!!==
≪ 世界遺産に魅せられて… ≫

==日常を向上させるヒントや情報のBlog==
≪ 日 常 向 上 旅 団 ≫

==映画鑑賞専用Blog==
≪シネ、シネ、シネマ団≫

==コンサートや、観劇、スポーツ観戦のBlog==
≪鑑賞、観戦、観劇…やっぱり生がいい≫

==テレビ観賞専用Blog==
≪テレビっこ、世にはばからせていただきます。≫

==食べ物の情報、食い物屋の情報等のBlog==
≪マスタ! おまかせでお願い!≫

==きれいな日本語を話したい! って事でそのまんま!==
《きれいな日本語を話したい!》

『 The Road to Angkor Wat ~アンコールワットへの道~(Part10)』
「Part9」のつづきです。

「Part10」「アンコール トム遺跡ーその他遺跡編」です。


繰り返しますが、「アンコール トム」は「大きな街」
その中に遺跡が点在しています。

メインの「バイヨン寺院」以外にも見所がたくさんあるのよねぇ~

作られた時期も微妙に違っていたり、装飾のテーマがそれぞれ違っていたり、
もちろん、その目的も違っていたり…

しかも、それぞれ伝説が付属していたり…(^^)
これが又おもしろんだよ!

「バイヨン寺院」からは徒歩の移動になるんで、
例のおみやげ売りの子供たちにいっぱい囲まれながら、
次々と遺跡を回っていきます。



・「パプーオン」


「パプーオン」の意味は「隠し子」なんだそうな…

「隠し子」つったらねぇ~ 世間一般的な意味はあれじゃんねぇ?(^^;
当然ワタクシもそういう類の伝説なのかと思いきや…



昔々… ろんぐろんぐあごーだわさ!

シャムの王とカンボジアの王は兄弟だったんだってさ!
まぁ、仲がよかったんだろうね。

シャムの王様は、自分の子供をカンボジアの王様に預けたのね。
と、ここで登場するのはいかにも悪そうな側近の家来ね。
いるよね。ありがちだよね。 余計な事言うヤツ…(^^;

カンボジアの王様に耳打ちするわけさ…

「シャムの王様は自分の子供にカンボジアでの実権を握らせて、」
「そのうちカンボジアを乗っ取ってしまおうって思ってるに違いないっすよ!」

ってね…

だいたい、王様ってのは、こういうのに乗せられるよね。
預かった子供を殺しちゃうんだよねぇ~(T_T)
そしたら、そりゃ、タイの王様は怒るよねぇ
大群ひきつれて侵攻してきたわけさ…

カンボジア王の奥さんは、
「こりゃ、当然自分の子供は真っ先に殺されるぅ~~!!」
って事で、この寺院に「隠した」んだってさ…
だから、「隠し子寺院」なんて呼ばれてるってな話…

ガイドさんも、ちゃんと説明してくれます。

で、ここでもうひとつ有名なのが「空中参道」ってヤツ…

参道がね、地面より2m位高さがあるのよ…
まぁ、地面っていっても、実際はお堀と言うか、池なんだけど…
お堀に水がいっぱいになると、まるで水の上を歩いてるような
感じになるらしいのね。

でもって、これがその参道… 奥に見えるのが寺院本体…

a0018005_17421368.jpg



なんかねぇ、奥に涅槃像とかの見所があるらしいんだけど、
現在修復工事中で、「空中参道」を渡るのみ!
中には入れませんでした。



・「ピミアナカス」


「空中楼閣」ってな意味の寺院らしいです。

ですが…

なんとなく、アタクシのイメージでは「神殿」に近いものではないかな?と…

ここの伝説はこんなん…

まぁ、名前からもわかるように、
ここは下の部分は単なるピラミッド状に石が積んであるだけで、
高さ12mの頂上部分がちょっと神殿ぽい作りになってるんですね。

でもって、ここに、九つの頭を持った蛇の精がおるんだとさ…
これがまぁ、女性に姿を変えるわけなんだね。

王様はっ! 毎晩! 奥さんと寝る前に!

ここにやってきて、この蛇の精と「いたさないと」いけないっちゅうんだわさ!
絶対に毎日じゃないといけないんだよ!
そうしないと、早死にするんだってよ!

オイオイオイ!
それを律儀に守った方が、「早死にするぞ!」 (^^;

だいたい、ある程度の年齢になれば
「ちょっとちょっと、歳を考えなさいよ!」
って言われるだろうしね。

ったく、それ位だれだってわかるじゃんねぇ?
ガイドブックにもぜひ追記していただきたい所ですな!(^^)v

で! ここからがメインイベント!
この王様になった気分で、頂上まで登る事ができるんですね。

所が… 階段っていったって、階段じゃないのよ…
ピラミッドみたいに、石を少しずらした感じで積んで行った
その段差が階段になってるだけ…

しかも、めっちゃ急勾配!(--;

I’m a Rock Climer!! ってなもんよ!

階段上がるっていうより、よじ登るって感じね。
その段差の部分だって、足を横にした時くらいの幅しかないんだから!
正面向いて登る事さえ出来ない!

それでも、なんとかよじ登って見下ろした風景がこれ…

a0018005_17422957.jpg


登りきって見下ろした時の方が、すくむね(^^;

なんとかよじ登っただけで結構へとへと…
でもって、急勾配だからねぇ、実は降りるほうが大変!!

ちょっとでも、高所に不安のある方! 足を滑らせ易い方!
無理して登らない方がいいかもよぉ~~(^^;

上り下りだけで、修行じみてるってのにさぁ~~

毎晩通った王様! あんた凄いよ! (^^;



・「象のテラス」「ライ王のテラス」


高さ約3.5m 長さ 300m以上
詰まれた石を正面からみると、その表面に、
ぎっしりと像の彫刻がしてあるのが「像のテラス」…

上部は、平らなテラス状になっていて、
ここに仁王立ちになったら気分はもう王様(^^;


なんでも、このテラスの前にて兵士と謁見したとか…
目の前に、軍勢がひしめき合う所を想像すると、映画の1シーンみたいだわさ…

「ライ王のテラス」の方は、「像のテラス」の延長みたいに作られていてねぇ。
こっちは、高さが約6m 長さ約25m …

やっぱり、積まれた石の表面に彫刻がしてあるんだけど、こっちは象じゃなくて
神話系の彫刻が施されています。



ってなわけで、「アンコール トム」の主要観光名所を一巡りしました。
他にもいくつかあるんですけど、まぁ、ある意味駆け足観光ですからね。

こんなもんでしょ? (^^;




「ピミアナカス」のその急勾配の階段とか
どんな感じかちょっと見てみたくなりました?

「象のテラス」とか言っても、
イマイチ形とかわかんないですよねぇ?(^^;

もちょっと写真撮ってくればよかったですね(^^;

って事で、
「アンコール遺跡群フォトギャラリー」と言うサイトを紹介します。

各遺跡ごとに沢山写真があるので、ぜひぜひ参考にしてみてくださいね。
遺跡の名前をキーワードにすればすぐに見つかると思いますよ。

このBlogとあわせてご覧になれば、「楽しさ倍増!」
なんてね。あははは…


って事で! 午後はいよいよ「アンコール ワット」へ乗り込みます。

つづく…



「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
[人気blogランキング]←クリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2006-07-03 09:25 | 旅行&レジャー情報
<< 『 The Road to A... 『 The Road to A... >>