★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★ 最新KIZZ 情報!! (09/02/02 更新)
★     
★   『 お知らせ~ [KIZZ]は活動停止します ~ 』
★     
★   kizz_armyでございます。

★   約7年半に渡り、ご愛顧いただきました
★   KISSトリビュートバンド 【KIZZ】ですが、
★   2008年末を持って、活動を停止する事になりました。

★   既にライブも決定している中での決断だったため、
★   関係各位には多大なるご迷惑を
★   お掛けしたことを改めてお詫び申し上げます。
★   
★   まさに、「語りつくせば尽きないけれど…」と
★   言った思いではありますが、
★   またいつの日か、違った形になるかもしれませんが、
★   なんらかの形でみなさまとお会いできる日が来る事を
★   ちょっと期待して…

★   ほんとうにいままでありがとうございました。
★   皆様の KISSライフが 更に充実する事を願いまして…


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

《ニュース!!》
   『KIZZ』の出演している映画がありました!
   タイトルは「スペースポリス」

   詳細は該当記事にて…
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

≪クイックリンクコーナー≫
【KISS トリビュートバンド [KIZZ]】 ホームページへ…
【Charトリビュートバンド[Smoky]】Blogへ…
kizz_armyへのメールはkizz_army@hotmail.comまで…
「kizz_army」のジャンル別Blogリンク!!
興味のあるジャンルのタイトルをクリック!! (^^)

== フォトリーディング&マインドマップ活用の読書記録 ==
<< 知識増量堂 ブックセンター >>

==世界遺産を見たぁ~~~~いい!!==
≪ 世界遺産に魅せられて… ≫

==日常を向上させるヒントや情報のBlog==
≪ 日 常 向 上 旅 団 ≫

==映画鑑賞専用Blog==
≪シネ、シネ、シネマ団≫

==コンサートや、観劇、スポーツ観戦のBlog==
≪鑑賞、観戦、観劇…やっぱり生がいい≫

==テレビ観賞専用Blog==
≪テレビっこ、世にはばからせていただきます。≫

==食べ物の情報、食い物屋の情報等のBlog==
≪マスタ! おまかせでお願い!≫

==きれいな日本語を話したい! って事でそのまんま!==
《きれいな日本語を話したい!》

『味噌汁、右側だとあぶないっすよ!(^^;』

「きれいな日本語」やら、
「箸の持ち方」やら、
「日本て、いいね」
なんて話題が続いたところでっ!!

日本の食文化のひとつ、【配膳】のお話…(^^)
おいしいもののお話、番外編と言ったところかな?


【基本的な配膳】
・手前真ん中:箸置+お箸
・手前左手 :ご飯茶碗
・手前右側 :汁椀
・左手奥 :副菜
・右手奥 :主菜
・真ん中 :香の物

となっておりますが!
さて、これを日常の生活でみなさん意識してますか?(^^)


って言ったってねぇ、おかずの品数やら、一皿盛のお惣菜やらが
あったりするわけで、これを厳守する事はなかなか難しいっすよね?(^^;
しかし、割と日本の家庭で普遍的なモノがあります。

それは、「ご飯」と「味噌汁」

これは知っているのと知らないのとではやっぱり差がでますよん♪

出す方も、出される方も知らない場合は、割りと平和的な状態が続くでしょうが、
出す方が知らないで適当に置いてしまうと…
ちょっと恥ずかしい思いをするかもしれませんね。

「まぁいやだわぁ~こちらの奥さんたら配膳の仕方もしらないのかしらん♪」

なんてね…(^^;


しかし!!!
なぜこうなったのか?(--;

これがさぁ~調べると又奥が深いのよねぇ~(^^;

そもそも!平安時代に将軍足利義満によって「本膳料理」なるものが
確立された所から始まるらしい…

あしかがのよしみっちゃんがね、まぁ形式化してくれたわけだぁね(^^)

「ご飯の茶碗は左手で持って頂く…その為にはご飯は左だよなぁ?!」
これが一番の基本になって、この配置が生まれたんじゃないかな…
あとね。まぁ、見た目ってのもあると思うのよ(^^;
御飯茶碗と、汁椀の丸い器が並んでた方がバランスいいじゃない?
あと、右奥が主菜ってのも結構取りやすい気もするしね。

しかぁし、この配置やら作法やらには大前提となる条件があるのですよ!!

それは!
はい!ドラムロール!!
ダラララララララララララ…

「畳の上で、お膳を使って食べる」って言うこと…
(※右利き前提だってのもある)

時代を考えれば、間違いのない事実でしょう…
ってか、他の状況なんか、微塵も考えてないと思いますよ。(^^;

さてこれが、少し時代が進んで「ちゃぶ台&畳」の時代になったとしましょう…
狭いながらも楽しい我が家…日本の庶民の一般的な姿ですがな!

ここでも、まだまだこの形式はOK!
でっかい皿に肉ジャガ…ちゃぶ台の真ん中にドンと鎮座まします。
あとは、それぞれに焼き魚でもありゃいいっすかね。漬物とね。

そして、威厳ある昭和のお父さんは

「ご飯は左! 味噌汁は右!」
「ご飯は左手でちゃんと持って、箸は正しく持つ!」

ってね(^^)
ちゃぶ台ひっくり返すとこまでいっちゃうのは多少特殊な人でしょうが…


さて、これが現代になりますってと、いささか問題が出てきます(^^;

まずまぁ、殆どの家が「テーブル&イス」になってませんか?
更には、ハンバーグを箸で食べたり、パスタも箸で食べたり、
たまにステーキなんかやると、ナイフとフォーク使ったり、
ちょっと和食っぽいトンカツでも、ナイフとフォーク使ったり…

もうめちゃめちゃだ~ね(^^)
この多国籍感、無国籍感が又よかったりするのですが、
それでも、やっぱり「ご飯と味噌汁」は食卓にあったりするのですね。


内容にバリエーションが出て来たことも大きな違いのひとつですが、
「実はあまり気がつかない、大きな違いが」ここに存在するのです。

それは!
はい!ドラムロール!! あ、しつこいっすか?(^^;

えっとですね。「お膳&畳」と「テーブル&イス」では
若干、「肘から料理までの距離」が違うような気がするんですね。

この「テーブル&イス」の状態で、古来の形式を守って、
「味噌汁」を右手前に置いた状態だと、ナイフとフォークは使えませんし、
ハンバーグやらを箸で切って食べると言うような場合も、
「味噌汁」が邪魔になります。ってか危ない!
右手で汁椀を引っ掛ける可能性がものすごく高くなるわけですよ!

御飯茶碗がちょっと倒れた位なら、被害は大してありませんが、
熱々の「味噌汁」を引っ掛けたらやばいっすよねぇ?

これは、上から若干見下ろして箸を使うことになる「お膳&畳」でも根本的な
所では解決されていないような気がしますね。
そもそも、汁椀だって左手で持って頂くでしょう?(^^;

つまり、ここまでの考察で、
「汁椀は右」は、単に「ご飯が左」ってのがありきで、
相対するものという位置づけで、見た目重視に決められたのではないか?


と思われるわけです。

ナイフとフォークを使う洋食では、ご存知の通り、ステーキ等のメイン料理が
真ん中手前、ライス/パンは左側となっております。

食べる物がこれだけ変化している以上、付随する食文化も多少変化しなければ
ならない時期に来ているのではないでしょうか?
適当ではない、あたらしい文化的な作法が確立されればいいんですがねぇ~

kizz_armyのお勧めとしては…

【kizz_army的な配膳】
・手前真ん中:箸置+お箸
・手前左手 :ご飯茶碗
・手前右側 :主菜
・左手奥脇 :味噌汁
・右手奥 :副菜
・右手奥脇 :酒(^^)

となります。

とは言え、基本を知っている事は大事ですよね♪
更に、来客のときは敢えて配膳を変えていることを告げないとなりませんけどね(^^;




「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
ここをクリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2004-09-30 12:11 | グルメ
<< 『続・味噌汁、右側だとあぶない... 『よくぞ日本人に生まれけり』 >>