★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★ 最新KIZZ 情報!! (09/02/02 更新)
★     
★   『 お知らせ~ [KIZZ]は活動停止します ~ 』
★     
★   kizz_armyでございます。

★   約7年半に渡り、ご愛顧いただきました
★   KISSトリビュートバンド 【KIZZ】ですが、
★   2008年末を持って、活動を停止する事になりました。

★   既にライブも決定している中での決断だったため、
★   関係各位には多大なるご迷惑を
★   お掛けしたことを改めてお詫び申し上げます。
★   
★   まさに、「語りつくせば尽きないけれど…」と
★   言った思いではありますが、
★   またいつの日か、違った形になるかもしれませんが、
★   なんらかの形でみなさまとお会いできる日が来る事を
★   ちょっと期待して…

★   ほんとうにいままでありがとうございました。
★   皆様の KISSライフが 更に充実する事を願いまして…


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

《ニュース!!》
   『KIZZ』の出演している映画がありました!
   タイトルは「スペースポリス」

   詳細は該当記事にて…
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

≪クイックリンクコーナー≫
【KISS トリビュートバンド [KIZZ]】 ホームページへ…
【Charトリビュートバンド[Smoky]】Blogへ…
kizz_armyへのメールはkizz_army@hotmail.comまで…
「kizz_army」のジャンル別Blogリンク!!
興味のあるジャンルのタイトルをクリック!! (^^)

== フォトリーディング&マインドマップ活用の読書記録 ==
<< 知識増量堂 ブックセンター >>

==世界遺産を見たぁ~~~~いい!!==
≪ 世界遺産に魅せられて… ≫

==日常を向上させるヒントや情報のBlog==
≪ 日 常 向 上 旅 団 ≫

==映画鑑賞専用Blog==
≪シネ、シネ、シネマ団≫

==コンサートや、観劇、スポーツ観戦のBlog==
≪鑑賞、観戦、観劇…やっぱり生がいい≫

==テレビ観賞専用Blog==
≪テレビっこ、世にはばからせていただきます。≫

==食べ物の情報、食い物屋の情報等のBlog==
≪マスタ! おまかせでお願い!≫

==きれいな日本語を話したい! って事でそのまんま!==
《きれいな日本語を話したい!》

ドラマ『エースをねらえ!~奇跡への挑戦~』

ドラマ『エースをねらえ!』(過去記事転載)

ドラマ『エースをねらえ!』(終了時過去記事転載)

と、ネタ振りも無事終了いたしまして、いよいよ本筋であるところの

「エースをねらえ!~奇跡への挑戦~」

のお話…

しつこいようですが、原作、ドラマ共々内容を知りたくない方は
読まないようにしてくださいね(^^;


さ、いかがでございましたぁ?このSP版は?

kizz_army的には…

「ダメだ、ダメだ、ダメだぁ~~~!!」(^^;


とにかく、ストーリーがダメっすねぇ~~
もったいない…
せっかく、連ドラの時に出来上がったキャラやら、路線やらを生かしきれて
ないんじゃないのぉ~??って感じかなぁ~~

でもね。よかった所もあるのよ…(^^)

・桂大悟(寺脇康文)
これは、いい配役だったすねぇ~
最近寺脇さんってぇと、すっかり「王様のブランチ」って感じだったのですが、
このキャストはベストに近かったんじゃないでしょうか!
あまりにはまっているので、原作漫画がそのまま生身になったような感じがして
心打たれましたよぉ!!

・オープニング
いきなり寺の情景からはいりましたよねぇ?
これはよかった!あの雰囲気から桂大悟の登場が予感され、
凛とした姿の彼の登場を想像した所に例のテーマソング!
この時点でkizz_army既に、涙ボロボロです…(;_・)

・寺とその周辺の風景
すばらしかったですねぇ~
まるで、NHKの自然をテーマにした特集番組を見ている様でした。
まだまだあんなすばらしい景色を持った所があるんですね。
日本てすばらしいのねぇ~♪

・原作へのこだわり(特に衣服)
これってば、原作を見てない人にとっては、「なんじゃぁ???」
って感じだったでしょうね(^^;
特に桂大悟のパーカー姿…、托鉢僧のいでたち…
かなり奇異に感じられたんじゃないのぉ??(^^;
原作の絵を知っていても、「あのフードはないだろ?」と思ったくらいだからなぁ~
でも、こだわりが伝わってきたのはいいです。(^^)
あと、ひろみのウェアもちょっと原作を意識しているのでは?と思えたよん♪

・ひろみの慟哭(どうこく)
慟哭って言葉が頻繁に出てくるのですが、このスペシャルが放映されると知って
一番気になったのが、「上戸あやが、ひろみの慟哭をいかに演じるか?」って
所だったんですよ。思っていたよりは、うまく演じていたんではないでしょうか?
(^^)

・みんなテニスがじょうず!
いやぁ~みんなテニスがじょうず(に見えた)(^^;
フォームだけ見てるとほんと綺麗ですよねぇ~
サービスのフォームだけはさすがに難しそうだったけど…
さすが!松岡氏!(^^)
藤堂、尾崎の二人は普段テニスやってるんじゃないのぉ?


とまぁ、いい所もあるのですがねぇ~

細かく行きますよぉ~~(^^;

・桂大悟登場の衝撃
これ、じぇんじぇんだめあるよ(^^;
ひろみと藤堂しか渡米してないって設定になっちゃってるので
無理かもしれないけど、アメリカで試合しているひろみと
宗方コーチの死を知ってしまった、周りの人間の思いが交錯する中で、
宗方、桂の現役時代を知っているお蝶婦人が、桂大悟の姿を見かけて
驚きの中で、「代わりにいらしたのですね」ってセリフが出てこないとさぁ~

この周りの人たちの「宗像コーチへの思い&ひろみへのいたわり」がもっともっと
描かれないとじぇんじぇんダメジャン!
後から全員アメリカに追いかけて行くっていう設定に変えてでも、
ここは入れて欲しかった。

・宗方と桂の関係
ライバルであり、親友であるこの二人の関係ももっと深く描かないとさぁ~
最後に二人で酒を酌み交わすシーンとかさ…
原作の方なんか、いま思い出すだけで泣けるわ!
桂の後姿を見送る宗方の姿ときたひにゃ…きたひにゃぁ~~(;_q)

・桂が僧侶になる道を選んだ理由
そんな設定じゃ、ぜんぜん重みがないじゃないか!
本質が損なわれとるよ…(--;

・宗方コーチの死を知るひろみ
帰国後すぐに、日記を手渡され読んだ後打ちひしがれて朝を迎えるひろみ…
同じようなシーンをあえて数日後の設定にしたのはなぜ?
ここも、ちと理解に苦しむのよねぇ~

・宗方コーチの墓参り
なんとか最悪の状態を脱して、やっと宗方コーチの墓参りにいける様になったひろみ…
「やっとお墓参りに来られる様になりました」
って、ひろみ本人に言わせるなよぉ!!!
ここは、蘭子が、
「やっとここに来られるまでになったのね」
涙するシーンじゃなきゃ、だめでしょぉ~
まあね。最初の段階で周りの人たちの慟哭やら、ひろみへの思いやらが
描ききれてないから、そうなっちゃったんだろうけどね。

・藤堂さんがひろみのコーチ
恋愛モノとして見せるためにはこういう選択だったんですかね(--;

・ひろみvsお蘭
が、後半のメインになっちゃったのね。
無理やり感が否めませぬ。

・ミズノのラケットって…(^^;
なんで、宗方コーチのラケットだけミズノなんですか?
ストーリ的には関係ないんですがね(^^;
ミズノのラケットって使ってる人見たことないんですけど…

・藤堂さん
どうしても、最後まで藤堂さんとして認められなかった…(^^;
もうちょっと「ぽい」人いなかったのかなぁ~

って事で、きっとスポンサーのしがらみやら、時間制限やら、
目に見えぬ縛りがあったのかもしれません。
だから仕方ないのかな?とも思いますが、

スタッフの原作の細かい所へのこだわりが見える分、
ストーリーへの不満が残りますねぇ~
原作者はあれでよくOKだしましたねぇ(--;

宗方コーチが死んでからの方が内容が濃いのに2時間に詰め込むって事
自体無理がありますよねぇ~~
大河ドラマの様相を呈してきますからねぇ~原作の後半は…

原作を知っている人には、中途半端…
原作を知らない人には、よくわからない部分あり…
って感じで、どっちつかずになってしまったんじゃないでしょうかねぇ~

続編をドラマ化出来るという幸運な状況にあったのなら、
ちゃんとした連続枠で原作に忠実にやってほしかったなぁ~~
う~~ん、残念…


「おもれぇ!」「役に立った!」と思ったら(^^;
ここをクリックお願いしまぁす。
[PR]
by kizz_army | 2004-09-27 14:13 | テレビ番組
<< ドラマ『逃亡者』 ドラマ『エースをねらえ!』(終... >>